On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:Ice_Jewels

IMG_0427

FullSizeRender

IMG_0458

IMG_0460



 エテリ組は、将来有望な女子スケーターがどんどん登場している状況にあって、そこで、読者の方々と一致した見解というのは、メドちゃんは突如現れた天才スケーターというわけではなく、チームの指導力も非常に優れているということでした。

 シニア1年目のザギちゃんが平昌五輪で金メダルを獲りましたが、男子で言えば、ジュンファン君が金メダルを獲るようなものですから、やはりこれは偉業です。以前、ミヤネ屋でもこの両チームが特集されたことがありますが、エテリ組とクリケットの「違い」を想像してみるのも、楽しい作業です。

 新シーズンが始まって、エテリ組のスケーターは順調に伸びるのかどうか。一方、クリケットのスケーターでは誰が輝くのか。この辺りも楽しみですね。

IMG_0472

 さて、Ice Jewelsの「ロシア雑誌紹介コーナー」の中で、メドベのママとおばあちゃんのインタが掲載されていました。親が子どもについて語る場合、自慢大会になるか、あるいは「ウチの子はまだまだ!」と謙遜するか(日本的現象かもしれません)のどちらかになりがちで、このインタの約8割は「ウチの子は賢い!」というお話でした。

 ところが、メドベママがフィギュアスケート経験者ということもあり、エテリコーチとの関係について、おばあちゃんが面白いエピソードを語っていました。

  「エテリさんを子どもの頃から知っています。ジャンナ(メドベママ)のコーチとエテリさんのコーチは夫婦でしたから。そして今度はジェーニャ(メドベ)が滑るようになって、再び氷上のエテリさんを見かけました。彼女の指導の幅広さ、教え子たちへの要求、子どもたちの動きを見ましたが、他の同年代の子どもたちとは大違いでした。彼女は子どもたちを2~3人単位で次々と『コンベアー式』に指導していました。結果や目的を意識したそのやり方が気に入りました

 「コンベアー式」という言葉を聞くと、「だから同じようなスケーターばかりなのか」と思いがちですが、私は少し違う印象を受けました。

 例えば、クリケットの練習風景から私がイメージするのは、トレーシーに率いられるスケーティングの全体練習と、個々人がランスルー等をする際にコーチが適宜アドバイスをする個人練習の二つですね。

 で、このおばあちゃんの話からエテリ組の練習を想像すると、おそらくレベル別に、約2~3人のグループがいくつもあって、それをエテリやドゥダコフが順番に見て回る。グループ内の2~3人の間で競わせて、グループ間での昇格・降格もあるかもしれない・・・。

 クリケットが「超エリート難関私立校に通いながら、凄腕家庭教師を(しかも科目別に何人も)雇っているイメージ」だとすると、エテリ組は「少人数制でレベル別のスパルタ学習塾のイメージ」でしょうか。日本のフィギュアの現場はどうでしょうね。少なくとも、日本の受験産業から想像できるような「システマチック」なものは確立されていないような気もします。

FullSizeRender

 さて、そんな凄いエテリ組ですけど、ミラノワールド後のザギちゃんのインタがWFSに掲載されています。フリーは得意としていたのに、なぜあんな崩れ方をしたのか。

  「体調は整っていました。ここ(ミラノ)に来てからの練習で、どちらのプログラムも通し稽古をして、ミス1つなく滑れていました。それでもこういうことはあるんです。いずれ起こることだったんですよ」

  「・・・原因はたくさんあったと思います。まず、ここへ来てインターネットを覗いたら、私について書かれた記事がいっぱい目に入りました。気にしないようにしたんですが、無理だったようですね。インスタグラムをチェックしても、私が(世界選手権の)代表チームのリーダーだと書いてある記事に何度も出くわしてしまいました。この試合ではもっといい演技を見せたかった。新たな経験になりましたし、まだできないことに挑戦するよりも、プログラムをミスなく滑ることだけを目指して頑張ろうと思います。練習でやっていることをそのままできるように

 SNSに関しては、メドちゃんも色々ありますけど、こういう部分をエテリが厳しく指導しない所が興味深いですよね。「一切やるな」って言いそうじゃないですか。

 ただ、なぜそうしないのか?って考えると、日頃の練習で命を削るぐらい追い込んでいるから、「SNSをやる元気があるなら、ご自由にどうぞ」という考え方なのかもしれません。

 これは、アーティスティックスイミングの井村ヘッドコーチが、代表合宿をする際に、いちおう休日や自由時間を設けていて、「遊びに行く余裕があるなら、行っておいで」というスタンスなのを思い出しました。力士並の食事をしないと痩せてしまうほどのハードトレーニングを課しているのは有名な話です。でも、彼女のことだから、スマホを見つけたらプールに投げ込むとか、へし折るとか平気でやりそうですが。

FullSizeRender

 楽しい話もご紹介します。例の秋田犬の件です。

  「(日本からプレゼントしたいというオファーの電話が)25本くらいかかってきました。母にまでかかってきました。(故郷の)イジェフスクとカザンも犬をくれると言うんです。秋田犬を繁殖しているあらゆる場所から連絡をもらいました。私はおとなしい子が欲しいんですよ!見た目は同じでも(と写真を指さす)、性格はいろいろなんです。メスのほうがおとなしいらしいんですけど」

  「(秋田犬は)誇り高いんですよね。強い主人を選ぶって本で読みました。飼う子が私を選んでくれるといいんだけど!そうしたらだいぶ楽になるでしょう。秋田犬について書かれた本を読んだり、飼い方の学習ビデオを見たりしていますし、調教師の人の力もちょっと借りたいと思っています

 ウチの近所でも、ワンちゃんを散歩させている飼い主さんをよく見かけますが、柴犬やトイプードルが多いですね。秋田犬を見たことは一度も無いかもしれません。

 ところで、ザギちゃんの新SPは「オペラ座の怪人」であると、アナウンスがされたようです。彼女のプログラムの選曲に関しては、やはり手堅く行ってる印象です。そうなると、メドちゃんは何を滑るのかも楽しみですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0458

IMG_0460



 ジュエルズの最新号の続きです。バックナンバーのレビューは「こちら」で。

 この雑誌の羽生君のインタでは、取材者のクレジットが無いんですけど、いつも質問が的確でありつつ、他誌ではまず読めないようなデリケートな部分にも踏み込んでくるので、

  もしかすると取材者は存在しなくて、羽生君の自問自答なんじゃないか?

 とさえ感じることもあります。今回取り上げる箇所は、「CWW」という名前こそ出ませんが、CWWに「関連」した部分がやはり気になりました。

 このインタビューが行われたのは「平昌五輪から一ヶ月後(3月下旬)」で、しかも「スケート靴は一度もはいていません」と羽生君が発言していますね。ところが、こんな発言もあります。

  「先日、小さい頃から今までの演技を見直そうと思って(映像を)見ていたのですが、ケガをしている時の方が頑張っているんですよね。窮地に追い込まれている時の方がいい演技をしているのかなと思います」

 テレ朝の関係者とCWWの準備を五輪直後から(靴をはける前から)進めていたと、何日目の公演か忘れましたが、確か羽生君がそう話していた記憶があります。もちろん、「滑るつもり」じゃなきゃ、過去の映像を見るわけがないですよね。

 そう考えると、3日間で9つのプログラムを滑るための準備は、実質半月ほどで仕上げた、ということになりますか。ただ、スケート靴をはかない時期に、それこそ「綿密なイメトレ」で、何をやるべきかしっかりと固めていたのだと思います。

 そして、このインタの最後の部分はとても印象的な発言で締められています。

  「ファンの皆様それぞれに、僕を応援してくださるようになったきっかけの演技があると思うんです。たとえば、ソチオリンピックの演技だったり、ニースの演技だったり、ノービス選手権の演技だったり……。それぞれいろいろなものがあると思うのですが、今まで見てくださって本当にありがとうございます」

  「今回のオリンピックを見て、これからもしかしたら過去の演技を見てくださる方もいるかもしれませんが、ノービスのころからのファンの方は僕の全部のスケートをご存じで、その全部のスケートを好きになってくださっているのが、すごくありがたいなと思っています。プログラム一つひとつにいろいろな思いがあるので、それをちゃんと見ていただけて、とてもうれしいです

 CWWを堪能した後にこの文面を目にすると、もどかしさもありつつ、ただ、この発言は、CWWのことだけを言っていないような気もします。

 あくまでも、私の願望に基づくわがままな推測です。個人的に、羽生君には、他人がやったことのあるような有名曲を、もうプログラムに選んでほしくないんですよね。フィギュアスケートの「王道曲」ではない、マニアックな曲をチョイスしてほしい。ただ、その点、ジェフの「引き出しの豊富さ」を皆さんご存じでしょうし、私もあまり心配していません。

 一方で、羽生結弦というスケーターの中に「生き続けてきたもの」あるいは「受け継がれてきたもの」を堅持してほしいという気持ちもあります。それは、パリ散やM:I-2のようなロックなのか?ロミジュリやオペラ座のような映画(舞台)音楽なのか?そう考えると、今回のCWW用に採用した、少し昔のプログラムを新シーズン用に作り変えるというのも、あるのかもしれない。

 そこで、FaOIの出演決定が意味するものは何か?つまり、FaOIで何をやるの?ということなんです。さすがにスワンは無いだろうな・・・と思いつつも、せっかくCWW用に準備をしたんだから、ジャンプ入りでどれかやってくれるのでは?と。

 CWWで、ジャンプを今にも跳びそうでヒヤヒヤしたといえば、ツィゴイネとロミジュリでしたが、個人的に見たいのは、悲愴です。成熟した大人の男性となった、いまの羽生君が演じても、十分に釣り合いが取れている曲調だし、新しいファンにはあまり馴染みのない曲でもあるので。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0458

IMG_0459

IMG_0460



 2018年4月28日発売。税込み価格「1,836円」。バックナンバーのレビューは「こちら」。

 この雑誌は、事実上「羽生結弦オフィシャルブック」と言っても良い内容で、いわゆる「ぴょん落ち」という方であっても、ぜひ、3月に発売された「フォトブック」と本書を「基本文献」として持っておいてもらいたいですね。

 まず、写真やポスターについては、いちいち注釈をつける必要のないさすがのクオリティ。すべての写真が田中宣明さん撮影のもので、統一感がありつつも、例えば、メダリストセレモニーやEX練習のものは、「こんなのあったんだ!」という意外性のあるショットが随所に見られます。他誌になると、アフロから写真を「借りて」雑誌を作っているので、「これ、どこかで見てるなぁ・・・」という写真被りがけっこうあるんですよね。

 さて、今日は羽生君のインタに集中します。しかも一点のみ!ジュエルズに掲載される羽生君のインタは独占取材なんで、すなわち彼の生の声なんです。だから、とことんまで彼の発する言葉の意味を考えてみたくなるんですよね。

 今回、興味深かった話は、「肉体的に調子が良い時に、良い精神状態で演技できるわけではない」ということです。つまり、「ケガしている時の方が、良い演技ができている」とのこと。

 なぜ、肉体的に調子が良い時は、良い演技につながらないのか。

  「たぶん、調子のいい時って自分の平均の実力よりも高いところにいるので、その高いところからさらに高いところをめざしてしまうから変な力みになって、崩れていくのかなって思います

  「自分自身で追い込むのも大事なんですが、その追い込み方がハイレベルになってしまうのかなと思います。平均値よりも上の状態から追い込むから、肉体的に限界なのかな?自分の実力ギリギリの限界を目指しすぎてしまうのかなと思います

 このインタの中で、「調子が良かった」のが、昨年のロステレ杯の時という話でした。ロステレといえば、フリーで4Lzは成功しましたが、SPはジャンプにミスがあって出遅れましたし、フリーも細かいミスがいくつかあって、ネイサンに負けた試合です。

 おそらく試合前の調整は上手く行っていて、フリーの構成は5クワドで臨んでいました。このような時に、コーチの存在が必要なんだと思います。例えば、練習で4Lzを成功して、フリーのランスルーでも5クワド構成をノーミスできていた、と。しかし、それを試合でできるかどうか、選手本人の性格面も考えつつ、構成を最終的に決定するのでしょう。・・・そこで、ふと思ったのが、練習でめちゃくちゃ選手を追い込んで、試合の構成はやや落とす「エテリ組」なんですけど、羽生君が言ってるのは、その考え方ともちょっと違う気がします。

 ところで、すげーレベルの低い話で恐縮ですが、私は、暇な時に「ぴよ将棋」というスマホの将棋アプリとよく指すんです。で、先日レベル13「ひよな」(初段)に勝利しまして、なんだ俺は初段以上か!と思っていたら、翌日ボロ負け。さらに、連戦連敗。で、以前勝てていたレベル12「ピヨ郎」(1級)にも勝てない。レベル11「ひよえ」(2級)にも負ける。もう将棋なんてやめてやろうかな!と思いつつ、レベル10「ピヨ士」(3級)に快勝。

 これが何を意味するのか。自分にとっての「発見」は、一度でもレベル13に勝てれば、レベル12以下に毎回勝利できるわけではないということ。調子によっては、レベル10でも大接戦になるし、レベル13相手にまぐれで一発入るときもある。そのような3~4レベルの間で、自分の好不調の並も影響しつつ、勝ったり負けたり推移しているのです。ちなみに、最高レベル30の「ピヨ帝」(六段)はめちゃくちゃ強くて、これに勝てると将棋のアマチュア大会で、県代表クラスの実力と言われています。

 ちなみに、将棋の話をしたのは、まったく無関係ではなくて、実は、私が提言したいのは、

  現役選手がフィギュアスケートの解説をすること!

 ということなんですよね。将棋番組の解説というのは基本的に現役のプロ棋士の仕事であって、唯一例外的に、引退したひふみんが呼ばれることもありました。

 対人競技の将棋でさえ、プロ棋士が解説をしているのだから、自分が良い演技さえすれば相手関係なく勝ち負けが決まるフィギュアスケートでできないわけがない。

 例えば、羽生君が出場しないGPシリーズの試合について、羽生君が解説するということは、不可能ではない。自分がテレ朝の関係者なら羽生君を説得したいですね。将棋界、つまり羽生竜王でも普通にやってることなんですよ!と口説きたいです。

 話を戻して、「好不調云々」の件をフィギュアスケートで言うと、どうなのか。4Lzや4Loを跳べる人なら、毎回4Tや4Sを成功できるかというと、そうとは限らない。しかも、羽生君の場合、難しいジャンプを跳べているようなイケイケの時ほど、逆に力んでしまってミスが出てしまう、と。

 今回の平昌五輪は、巷では、「怪我で構成を落として安全策で臨んだから、勝てた」というような話になっていますよね。

 で、もし怪我をしていなければ、4Lzは分からないですが、4Loを入れていた可能性はかなり高いかもしれません。ただ、両方とも入れずに今回と同じ構成だったかもしれません。

 今回の話の面白いところは、足首の不安のまったく無い状態で、バラ1・SEIMEIを今大会とまったく同じ構成で挑んだとしても、今大会以上の演技ができたかどうか分からない、という点なんです。

 もちろん、「ケガをしている時の方がうまくいっている」というのは、羽生君は半分冗談で言っているはずで(ボストンワールドなんてやっぱり厳しかったじゃないですか)、ケガを抱えていながらもうまくいった試合での「自身の精神状態の分析」を、これからの重要テーマにしていくのだろうと思います。それは、単にリハビリ期間の具体的なトレーニングメニューが良かったからか、あるいはケガをしている時に特有のルーティンを何かやっていたのか、おそらくノートにたくさん書き留めていることでしょう。

 これから彼に取材する記者さんたちには、「ケガをしていた時の羽生結弦」にメスを入れる作業をぜひやってもらいたいです。私も、書籍・雑誌等から、そのヒントを探してみようかなと思っています。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0025

FullSizeRender



 2018年3月9日発売。関連書籍のバックナンバーはこちら(「PHOTOBOOK 2015-2016 2016-2017」「Ice Jewels」)。

 ある意味で予想通りの内容でした。一つは、素晴らしさが予想通りだったこと。もう一つは、EX(スワン)のショットが収録されていないことです。そして、2枚目の画像の通り、FIGURE SKATERSよりもちょっと大きいです。

 過去にジュエルズを買ったことのある方、田中宣明さんの写真をご存じの方は、ネット注文でもいいし、ご近所の書店に取り寄せてもらうのもいいし、実物を見てから!」なんてことは考えずに、さっさと入手のための手続きをしましょう。我々が求めていたものがここにあります。

 通常、「必ず買いましょう!」と私が太鼓判を押すものは、あまり内容について触れないのですが、それではあまりに不親切なので、ネタバレにならない程度に感想をまとめておきます。

 (1)ほぼ羽生結弦オンリー

 羽生君を表紙にしながらも「肝心の内容は他の選手ばかり」という、悪質な誌面構成に裏切られることもありますが、本誌でその心配はいりません。他の選手も入ったショットは、SPの6練前の場内アナウンスの様子(1枚、28~29頁)、SP後会見でハビ&宇野選手と(1枚、43頁)、フリー後にゆづ・ハビ・宇野選手でハグ(1枚、55頁)、メダルセレモニー(1枚、56~57頁)の、以上4枚のみです。

 (2)時系列的な並びで写真がデカい

 ページ数とカット数を誇るタイプのフォトブックではなく、この大判サイズなので、写真の一枚一枚がデカいです。見開き2ページを使った写真が多く、一番小さくても、1ページの4分の1サイズまで。写真の並びも時系列的な配置で、ストレスなく楽しめます。写真のキメが粗いこともなく、当然ながら、ページの谷間に顔が来る写真はありません。

 (3)無駄な文字情報を極限まで排除

 煽りコピー的なデカ文字もなく、折山淑美さんのテキスト(12頁・39頁・48頁)も「ここしかない!」という場所に配置されていて、今季の平昌五輪までの状況と試合内容をすばやく振り返ることに特化しています。巻末にSPとフリーのプロトコルを貼ってあるところも、ジュエルズ・フォトブック流です。

 (4)私の一押しショット

 顔にフォーカスしたメインリンクでのUAウェア姿(24~25頁)は、ちょっと珍しいです。これがまず印象に残りました。もう一枚も黒の練習着姿で、サブリンクでのキリっと厳しい表情(27頁下)もいいです。あと一枚を選ぶなら、バラ1でのイーグル(32~33頁)。イーグルといえば180度に脚が開く部分に注目しがちですが、このショットのアングルによって、羽生君の身体のラインの美しさも一目でわかります。

 写真のセレクションはオンアイス中心ですが、記者会見のショットもそれなりに入っています。ただ、2ページで1枚というものが多いので、全60ページがあっという間に感じるかもしれません。

 物足りなさを感じるようならば、スワンを含む新刊を待つか、FIGURE SKATERSMemorialの購入を検討するか、ということになるでしょう。



 世界ジュニアの女子SPも観戦中。ライストの調子が悪いので、昨日より苦労しています。コストルナヤのスコアは「71.63」で、まぁまぁという所ですが、本人は首をかしげていました。TESカウンターで、ステップのレベルが3だったのは、ちょっと理由が分かりません。TESの速報値「42.54」から「41.54」まで下がったのは、エッジにアテンションがついたのかなと予想。

 世界ジュニア開催中ですが、明日の記事はSportivaのレビューを優先したいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9972

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_9975



 2018年3月1日発売。定価「1620円」。目次と奥付を貼りましたが、最後のスペシャルインタビューとあとがき以外は、すべてジュエルズに掲載済のインタビューです。ただ、今からジュエルズのバックナンバー(定価1512円、Vol.07のみ1836円)を7冊すべて買い揃えたら相当な出費になりますので、平昌五輪をきっかけに羽生君のファンになった方には、お得な内容になっています。

 写真については、チラっと見たところ、ジュエルズと「ダブり」はあるんですが(例えば、本書9頁と、ジュエルズVol.01の6頁)、すべてそのまま収録されているわけじゃなさそうです。

 さて、スペシャルインタビューについてですが、これ、いつの発言だと思いますか?まず、NHK杯の怪我の話が一切出てこないので、おそらくその前じゃないかな?と思います。

 また、4Lzの話も出てきますが、ひとつ前の「9 歴史への第一歩」(ジュエルズVol.07)はロステレ後に行われたインタだから、ロステレ~NHK杯の間におこなわれたもの、ということなのでしょう。

 内容については、いつにも増してエモーショナルで、でも、最後の部分はスピンの話で唐突に終わるので、消化不良気味な感じはします。ただ、おそらく4月か5月頃にジュエルズの新刊が出るはずなんですが、そこにこのインタが入ると、けっこう浮くかもしれません。

 うーん、アマゾンのレビューはやたら評価が高いですが、平昌五輪の内容は一切含まれていないし、こんなに急いで出す必要あった?と。ジュエルズのインタに田中さんの写真と、素材は最高なんだから、わざわざ書籍化するんだったら、もっといい内容にできたはずです。

 文句ばかり言ってますが、とてもいい本です。でも、もっとよくなったでしょ?と、そこはチクっと言っておきたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ