On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:婦人画報

aflo_76043387_Blog横

 4月20日に、婦人画報の中谷ひろみさんの最新コラムがアップされました。バックナンバーのレビューについては「こちら」をどうぞ。

 私のような素人のブログの「感想」とは違った、プロの物書きの「着想」に感心しきりでした。

  「今回、どの演技にも漂うオーラがあった。何度も目にしているプログラムでも、明らかに込められた思いが強かったように感じた。メンバーひとりひとりが、羽生選手からのリスペクトを受け、それに応えようと最高のパフォーマンスを見せてくれたように思う

 その通りなんです。前人未到の五輪連覇を果たした、フィギュアスケート界の「生ける伝説」羽生結弦自らがオファーして、紹介VTRによって「絆」が紹介され、超満員の観衆が迎える。スケーターとして、燃えないわけがないですよね。

  
「人を知る者は智なり、自ら知る者は明なり。自ら勝つ者は強し。足るを知る者は富み、強めて行う者は志を有す。『足るを知る』という言葉で有名な一節が浮かんだ。自分を知り、自分に勝とうと努力をする羽生選手の本質的な強さがここにある。足るを知るというのは身の程をわきまえることではない。自分に足りないものはないと知り、そのことに感謝をしてさらに努力することで志が遂げられる――。まさに、彼の生き方を表しているように思う」

 老子ですね。格調高い話が出てきて、ビックリしました。「足るを知る」の後に続きがあるのは、比較的よく知られています。ググればけっこう出てきます。以前、加島祥造さんの一連の老子訳を集中的に読んだことがありますが。この思想の基本スタンスは、「『他人と比べて、自分はここが足りないから、自分はダメなんだ』という発想はやめなさい」というものでした。ここを押さえておかないと、意味がわからなくなります。

 だって、「足りないものがない状態」、つまり「満足している状態」を知っているなら、というか、もし現在そういう状態だったら、それ以上の努力をする必要がないじゃないですか。満腹状態なら食べる必要がないし、ガッツリ寝た後にまた寝る必要もない。

 したがって、老子が言っているのは、「足りない」の基準、「満足」の基準を、他人に求めずに、自分自身に求めて、それを得るために努力しなさい、というのが、私の理解です。

 では、羽生君自身が、自分の置かれている状況を「足りないものがない状態」であると、そのような主旨の発言をしたことがあるでしょうか?

 今回の通訳の新村香さんや、平昌五輪では田村明子さんに、深々と頭を下げて感謝している彼ですし、身の回りへの気づかい・気配りという面を見れば、「足るを知る」という状態なのでしょう。自分を取り巻く環境、そして「絆」につねに感謝する人です。

 でも、フィギュアスケーター羽生結弦を、彼はどう見ているか?

 例えば、かりに、「4Aを成功させるために、B級試合しか出ない」と彼が宣言したならば、それはもはや「趣味の世界」ですけど、CWWでテレ朝に恩義を感じて(?)、GPシリーズに出ると言っている。この世で最もリスペクトしているスケーターのプルさんから「北京もやるよね?」とハッパもかけられている。きっと「圧倒的に勝ってやる!」と燃えていると思います。

 さらなる周りの期待によって、自分自身にプレッシャーをかけていく。スケーター羽生結弦について、彼は決して満足はしていないでしょう。

 羽生結弦という人は、目標のために突っ走る爆発力がとにかく凄い。「明確な目標」を失った時、つまりスケーターとして「足るを知る」状態になった時の方が、個人的にはやや心配です。だからこそ、しっかり怪我を治して、はやくシーズンが始まってほしいと願っています。
 
 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

11_Blog横

 4月17日に、婦人画報のウェブサイトの中谷ひろみさんのコラムが更新されました。

 本誌(5月号)をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、これは本誌未収録のテキストですね。

 ロシアのアマチュアフォトグラファーで、平昌五輪を現地観戦した「zhem_chug」さんのインタビューが中心です。この方、日本のゆづファンに負けず劣らず、熱い方です。SEIMEIを見た直後をこう回想しています。

  「今回、私はとても緊張していました。それと同時に、ユヅルの勝利に強い確信がありました。運良く、リンクから近い座席から観戦できたのですが、空中からビリビリと電気のようなものを感じたのです。それは、彼が観客に向けてとてつもないエネルギーを与えていたからでしょう。音楽や魔法をうまく表現できないように、私もユヅルのパフォーマンスについて的確に言い表す言葉が見つかりません。その場にいて、この目で見ることができたことがただひたすらに幸せです」

 オリンピックこそ私は現地で見れていませんが、「的確に言い表す言葉が見つからない」という精神状態は、Continuesの初日、ツィゴイネの衣装をまとって羽生君が現れた瞬間が、私にとってはそうでした。

 目の前で起こっていることは何なのか?夢にすら見たことのないこの光景の意味が理解できない・・・。あの時、武蔵野の会場では限りなく悲鳴に近い歓声が聞こえてきましたが、私の場合、「え?」「うそ?」と二言三言、声を発するのがやっとだった気がします。

 金メダルの懸かった五輪のフリーと、アイスショーを比較するつもりはないですが、特別な瞬間とは、そういうものです。

  「私はソチからこの日を待っていました。予知していたと言えるかもしれません。フリープログラムで、ユヅルが私の目の前で2つのミスをしたときでさえ、勝利を疑ってはいませんでした。あの瞬間、私と友人は思わず『耐えて!』と叫びましたが、それは自分たちに言っていたのかもしれません

 自国の選手でもないのに、ここまで感情移入して応援してくれるなんて、嬉しいですね。

  「(フリーの会場から退去する)その時、セルゲイ・ヴォロノフ選手のファンである友人からメッセージが来て、彼がジャーナリストから、今回ユヅルとハビエルのどちらを応援したのか尋ねられたことを知りました。セルゲイは、2人とも、と言った後に、でも困難に直面しているユヅルをより応援したよ、と答えたそうです

 こちらも嬉しいエピソードですね。ヴォロさんは、キャリアの長いベテランスケーターですけど、特に17-18シーズンの輝きは印象深かったですね。ネットで調べてみると、彼は今年の1月に現役続行を表明したという話です。GPシリーズで羽生君と顔を合わせる可能性も十分にありますし、楽しみです!

alena

 彼女のインスタを見てみると、コレ、現地で撮ったの?という、お宝写真がたくさん公開されています。個人的には、「おっ!」という感じでこちらを見つけましたが、ぜひ他の写真もチェックしてみてください。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1_Blog縦

 そういえば、水曜日の羽生結弦展での行き帰りに、女子カーリング韓国代表の「メガネ先輩」と似た眼鏡をしている女性を、少なくとも5~6人は見かけた気がします。あの眼鏡自体は韓国のメーカーのもののようですが、「似た眼鏡」は日本のお馴染みのチェーン店でも簡単に作れるみたいですね。

 さて、今日は話題を二つ。一つめは、婦人画報で評判の中谷ひろみさんのウェブコラムの第二弾が、4月6日にアップされていました(第一弾については「こちら」)。

 内容としては、婦人画報(5月号)の204~205頁の海外フォトグラファーの証言を補完するものです。

 まったく同じテキストなのかな?と思ったんですが、本誌と照合してみると、表現が多少異なるというだけでなくエピソードが多少増えている証言もあるので、おそらく本誌収録の際に字数の関係でカットしたものを、こちらではそのまま収録したのかもしれません。

 例えば、フランスのジャン・カトゥフカメラマンの発言の中で、マルセイユのファイナルの話がありますが、これは本誌にはありませんでした。ぜひチェックしてみてください。

 次に、Continuesの方に。まず、グッズの通信販売が発表されました。素晴らしい決断ですね。羽生結弦展とは違って、このアイスショーは東京で3日間のみの開催ですし、ライブビューイングの方、テレ朝チャンネル2と契約された方も含めて、この決定は歓迎されているのではないでしょうか。

 ジョニーのツイジェフのインスタを見て、いよいよだなぁ・・・と感じつつ、特にジェフのジャンプ練習の動画をぜひ見ていただきたいです。

 スマホを氷の上(あるいはアリーナ席の床の上)に縦置きして撮っていると思いますが、このように見上げるアングルだと「スクリーンでかいな!」という感じなんですけど、これ、スタンド席からスクリーンを見ると、天井のスピーカーやシルバーの(鉄骨の?)部分がけっこうせり出していて、かなりの部分が隠れてしまうんですよね。この点については、私の全日本現地観戦記もご参照ください(「1」「2」「3」「4」)。

 「羽生君とのトークショー」の時間帯は、おそらくスクリーンに頼ることになると思うので、これがどう影響するのかは、ちょっと気になります。

 (1)新宿から京王線を使う際の注意点

 もう一つ、現地へのアクセスについて。おそらく多くの方は新宿駅から京王線を使って飛田給まで来られると思います。「京王線使い」としてアドバイスをするなら、まず、京王線の新宿駅は、「新宿駅西口のエリア」に位置しています。新宿駅のJR各線のホームから向かう場合、「京王線」という掲示を見れば来られるとは思いますが、「西口方面・東口方面」という掲示の方が目につくかもしれませんので、その際は、「西口」を目指してください。ちなみに、東口は歌舞伎町やアルタ方面、南口は高島屋方面で、京王線のホームからは離れてしまいます。

 また注意点として、「京王新線」の「新宿駅」というのも、京王線新宿駅とは別の場所(地下深く)にあるんですが、こちらを目指してはいけません。いちおう、飛田給方面まで行けなくはないですが、特急・準特急は無いので、乗ってから「この電車、遅いぞ!」と焦ることになります。

 また、新宿駅(→時刻表)から特急・準特急に乗る場合、「京王八王子行き」あるいは「高尾山口行き」に乗ってください。この他に「橋本行き」の特急・準特急もあるんですが、それだと、調布から多摩・神奈川方面に行ってしまいます。戻ってくるのはけっこう大変です。新宿から橋本行きに乗ったとしても、高等テクニック(?)として、調布で降りて、京王八王子・高尾山口方面に乗り換えれば済む話ではあるんですが、新しくなった調布駅はホームが2層構造になっていて、乗り換えで若干分かりにくさがあります。

 ちなみに、Continues開催期間は、「京王八王子・高尾山口」行きの特急・準特急が飛田給に臨時停車する旨が発表されていますが、終日臨時停車するわけではありません。例えば、グッズを買うために早く現地入りするとして、その時間帯は飛田給に止まらない可能性があります。その際は、調布で降りて、各駅停車に乗り換える必要があります。調布から飛田給までは2駅です。

 (2)現地会場へのアクセス

 どれぐらい混んでいるかにもよりますが、どんなにノロノロと歩いても、飛田給駅から会場の武蔵野の森総合スポーツプラザまで30分かかることは無いと思います。スタスタと歩ければ10分前後で到着できます。

 全日本を観戦した際に困ったのが、フード関係なんですよね。代々木で国別をやる時のような出店は無く、おそらく今回も会場内のカフェの一部商品を、テイクアウトで購入することになると思います。私は、全日本の2日目からは飛田給駅の北口を出てすぐの「セブンイレブン」でお茶や食事を買っていました。今回もここで調達する予定です。

 こんな所ですね。グッズの通販実施がアナウンスされたことで、転売屋が離脱してくれれば嬉しいですが、どうなることか・・・。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

yuzu

 婦人画報(5月号)の記事が好評の中谷ひろみさん。ブログ読者のjadeさまから、この記事を補完するネットエッセイをお教えいただきました。ありがとうございます!

 まずこちらのエッセイ、「誌面では伝えきれなかった思いも含め、数回にわたり特集をお届けします」とあります。「週1で!」なんて贅沢は言いませんが、隔週ぐらいでアップしてくれると嬉しいです。

 エッセイの内容は、「婦人画報」本誌とのかぶりは基本的にありません。写真も、本誌にはない、地域に密着した素敵なものが掲載されていますね。安心して「婦人画報」をご購入いただいて大丈夫です。

 今回のエッセイのメインテーマの一つは、アイスリンク仙台でスケート教室に通う女の子への取材だと思いますが、「はっ!」と考えさせられる一節がありました。

  「学校で印象的な五輪の試合を調べたら、男女ともカーリングを抑えて、フィギュアスケートでした。女子は羽生選手をかっこいいと言うし、男子は軽々とやってる!と驚いていました」

 もちろん、これを北海道北見市で聞いたら逆の結果かもしれませんが、カーリングは毎晩遅くまで試合が長引いていたし、大人でさえも、ルールや戦術をしっかり把握するのが大変なスポーツでしたよね。

 ただ、この「平昌五輪でいちばん印象に残った選手は?」という質問を、日本全国の小学生に聞いても、間違いなく羽生君がダントツで一位になると思います。

 日本の大人の間では、五輪での金メダル獲得の実績という点から、国民栄誉賞授与をめぐって、内村さんは?北島さんは?野村さんは?という話が飛び交いましたけど、「種目の数が違う」ということに尽きると私は思います。

 体操は個人でも総合・種目別とあるし、団体戦もある。水泳は泳法ごとに分けられているだけでなく、さらに距離ごとに何種目もあるし、リレーもある。柔道は体重別になっている。

 フィギュアスケートは、ペア・カップル競技が日本でほとんど認知されていないに等しいし、団体戦も実施されて2度目で、実質、男子と女子の2種目のみです。やはり、この違いは大きい。こういうことを言うと、「競技人口ガー!」という人が必ずいますが、それを言ったら、女子のレスリングなんてどうなんだ?という話になってしまう。

 我々マニアの間では「PCSが崩壊している」とかそういう話をしますけど、インパクトという意味では、依然として影響の大きいスポーツのはずなんですよね。

 少し前の話になりますが、世界ジュニアのコストルナヤのSPをテレビで流していると、フィギュアスケートの知識のまったく無い4歳下の私の弟が見ていて、

  「この子が凄いのは俺でも分かる」

 と、ボソっと語っていました。

 高度な技術の構成をノーミスして当たり前。選曲・振付も洗練されていて当たり前。そしてビジュアルレベルも高くて当たり前。

 羽生君の平昌五輪での演技をきっかけに、フィギュアスケートってそういう「当たり前の3要素」を兼ね備えたスポーツでしょ?という所に、このスポーツが回帰してもらいたいです。

 オタだ、アンチだという不毛な論争を超えて、美しいものは美しい、美しくないものは美しくないと、堂々と言いたいものです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0146

IMG_0147



 2018年3月31日発売。税込価格「1,200円」。婦人画報のバックナンバーのレビューは「こちら」。

 まずは、関係のない話にしばしお付き合いください。表題の「格調高い」という言葉は、「品格」や「風格」がある、というような意味で一般的にかなり浸透していますが、私のような将棋ファンがこの言葉を聞くと、「格調高い=郷田真隆九段」とイコールで結ばれます。

 この棋士はどういう方かというと、年齢は羽生善治竜王と同年代で若手の頃から凌ぎを削ってきたトップ棋士の一人。しかし、つい最近ようやくご結婚され、やっと携帯電話やPCも持つようになった超アナログ棋士でした。しかもこんな名言を残しています。

  こんな手を指すぐらいなら死んだ方がマシだ!」

 他の棋士が何を言おうが、プロ棋士よりも強い将棋ソフトがどんな手を推奨しようが、自分が指したくない手は指さない。一本筋の通った孤高の棋士で、その独特の将棋哲学が、「格調高い」と評され、将棋ファンはもちろん、若手棋士からもリスペクトされています。



 5分ぐらいからちょっと見てみると面白いです。羽生さんってこんなに苦しい表情して将棋指してるの?と、知らない方はビックリされると思います。

 その意味でいえば、「格調高いって、羽生結弦のためにある言葉なんでは?」と思われる方、その通りです。そして、この「婦人画報」というハイセンスな雑誌が、その誌面コンセプトそのままに羽生結弦という天才を扱うと、不思議なぐらいにまったく違和感がないんですよね。

 「東京案内 2018」とありますけど、六本木のすし屋・天ぷら屋・炭火焼店とか、こんなの接待でしか使わないでしょ!という高級店から、和服、アンティーク、美術品あるいは伝統工芸品の紹介もあります。羽生君の記事を読んだ後に、これらのページをパラパラとめくった後に、また戻ってみると、これが実に気分がいいのです。

 肝心の羽生君の記事の方に。ボリュームは全8ページ(198~205頁)。テキストは中谷ひろみさんで、以前レビューした2月号もゆづ愛に溢れた素晴らしい仕上がりでした。今回も非常に出来がいいです。

 ここ最近、田村明子さんについて皆さまと色々と議論しましたけど、中谷さんのように、フィギュアスケート界としがらみのないライターだからこそ、「良いものは良い!」と最大限の賛辞を何の衒いもなく送ってくれるのだと思います。私自身、どのプロスケーターや、どのライターがどんな嫌なことを書いていたという類の話は、正直疲れてしまう部分もあって、さっさと記憶から消去したい性格です。むしろ、こういう良い文章を大切に記憶したいものですね。

 さて、記事について。まず、前半部分では、中谷さんが今年の3月11日、仙台を訪れた話から始まります。ちょっとした旅行記の装いで、本誌のコンセプトにピッタリです。かつて羽生君も参拝したという「勝利の神」として知られる秋保神社。奉納されたのぼりや、地元の方々の様子も描かれています。

 つぎに、アイスリンク仙台へ。リニューアル後の記事は他誌でも見かけましたが、五輪連覇後の訪問記は雑誌では初登場ではないでしょうか?子どもから大人までリンクは大盛況。館内には羽生君への応援メッセージで埋め尽くされているようです。私も、22日の凱旋パレードには行く予定なので、なんとか時間を見つけて、アイリンだけは寄り道したいです。もし叶えば、4年ぶりの訪問になります。
 
 この後に、平昌五輪の現地観戦レポートが続きます。中谷さんは、SEIMEIのすべてのジャンプが終わって、コレオシークエンスが始まる時に、「くるぞ!くるぞ!」「行け!」と心で叫んだのだそうです。私がNHKの放送でこの瞬間を目撃した時は、「よし!勝てる!これならもう勝てる!」とつぶやいていました。

 このSEIMEIのコレオシークエンスについて、中谷さんは、「なんとも幸福そうな顔で笑っていた。これまで何度か見てきたこのプログラムで、こんな表情を見たことがない」と描写しています。これは我々ファンも同じで、安堵というか、この3ヶ月の不安と苦しみからようやく解放される・・・と感じたファンもいらっしゃるはずです。

 締めの2ページでは、平昌五輪公式フォトエージェンシーの「ゲッティ」所属の海外カメラマンからコメントを取っています。能登さんや田中さん、あるいは毛受さんの「ゆづ評」は我々もよく知る所ですが、海外のカメラマンに取材するというのは斬新な試みです。

 しかも、羽生君についての論評だけではありません。

  「このチームは、コミュニケーションを常に取っていました。コーチは身振り手振りで何度もアドバイスを送り、それに応じる羽生選手の真摯さが印象的でした。それは、どんな質問にも笑顔で答えていた記者会見でも同じでしたね」

  「コーチとの会話も多く、本当に深い信頼関係を築いていました」

 もちろん、ゆづに送る視線も一味違います。

  「羽生選手の演技はとても気迫に溢れていて、思わず写真を撮ることを忘れて見とれてしまいそうだった。いままでこんな選手に出会ったことはない」

  「被写体として撮影しがいのある選手。氷に一歩踏み出しただけで、会場全体の空気が変わる。熱狂的なファンのエネルギーが、彼の原動力になっているよう。もの静かな振る舞いからは自信が伝わってくる。ファンやジャッジにお礼を伝えていたのも印象的」

 あまり紹介しすぎると購入した時の感動が減りますから、これぐらいに留めておきます。ただ、もう一つ、購入の後押しをするなら、本書の利点は、例えば、スポーツ雑誌やフィギュアスケート専門誌の場合、見たくもない選手の顔を見てストレスが溜まる・・・そういうことが起こらない点ですね。

 そうそう、ピエールエルメの青山店が本誌で紹介されていましたが、マカロンはたまに買います。渋谷ヒカリエか新宿伊勢丹で買うことが多いですが、以前空いている時間帯に訪れると、「試食」と言ってはあまりに豪華な、マカロン一個まるまるいただいたことがあります。まぁ、あれ一度きりなので、さすがに二度目はないかな・・・。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ