On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:いとうやまね

IMG_0500

IMG_0501



 2018年1月24日発売。税込み価格「1,620円」。いとうやまねさんの著書・エッセイについてのレビューは「こちら」で。

 本書の出版時期といえば、羽生君が平昌オリンピックに出場するかどうかさえ不透明という状況でした。だから当時の私は、「よし、読むぞ!」という気にはなれず、「いつか読もう」という感じでしたね。結果的に、五輪連覇を果たし、一連の素晴らしいイベントを経て、いまこの本と向きあえるというのは、本当にハッピーです。

 本書は、羽生君のプログラムの解説に限っても、パリ散、新ロミジュリ、バラ1、SEIMEI、レックレ、ホプレガ、スワンと、ソチ以降はほぼ完備されており、他のスケーターのプログラム解説もたくさん収録されているので、持っておいて損は無いと思います。

 で、パラパラとめくっていて、「おっ!」と思ったテキストが2本あって、ひとつはプルさんのニジンスキーの解説。もうひとつは、「The Final Time Traveler」についての短いコラムでした。ニジンスキーは明日見ていく予定ですので、今日はトラベラーの方をご紹介します。

 トラベラーについて基本情報を確認しておきます。なぜこの曲を14-15シーズンのEX用に使用したのか、実のところ私は、羽生君自身の考えをくわしく知らないのです。ウチにある書籍・雑誌をザッと見てみると、『メソッド』や『蒼い炎II』には記述が見当たらず、まず目を引いたのは、「Days Plus 2014 August」の中の、新潟FaOI(14年7月12・13日)のレポでした。そのショーで羽生君は、サラ・オレインさんによるこの曲の生歌をバックに滑っています。

 羽生君は、その年の夏のショーでは、6月の幕張FaOIで、郷ひろみさんとのコラボで「言えないよ」を披露。同月仙台でTOIを開催。別府のショーでは「ホワイトレジェンド」と「言えないよ」。DOIで、バラ1お披露目。前述の新潟FaOIは、時期的にその後になります。

 もともとこの楽曲は、2012年発売の「タイムトラベラーズ」というアドベンチャーゲームのエンディングテーマでした。その曲に歌詞をつけて、サラさんが歌うことになりました。ちなみに、本書の中で、「羽生本人が好きなゲームだという」と書かれています。

 本書のコラムのために、いとうさんは、わざわざこのゲームを約2日間ぶっ通しでプレーした上で、ゲーム・ディレクターのイシイ・ジロウ氏に取材。で、サラさんが歌うまでの裏話がけっこう込み入っているのです。

  「まず、イシイさんのシナリオをもとに、作曲家の坂本英城さんが曲をつくった。そこにイシイさんが(ゲームの主人公の)少女の視点で『散文詩』を書いた。それをサラさんに渡して『英訳』してもらった。さらにサラさんが『英語の歌詞』としてつくりこんだ。今度はその『英語の歌詞を和訳』してもらい、イシイさんが『日本語の歌詞』に改良した。この時点ですでに5工程である。ちょっとした伝言ゲームである。(この曲には)さまざまなバージョンがあり、英語もの、日本語もの、まじったもの、羽生選手が演じたロングバージョンなど。インストものはさらに多い

 このゲームにまつわる「背景」については、イシイさんの以下のツイートをご紹介しておけば、十分ですね。





 イシイさんが言及した14年ファイナルのEXを。この動画が画質では最強かもしれません。約3年半前の映像ですから、羽生君もハビも、さすがに今より顔つきが子どもっぽいですね。

 いとうさんはコラムの中で、羽生君のトラベラーでの滑りをこう評しています。

  「うつむきながら静寂のときを置くと、羽生はゆっくりとピアノの音に身を委ねる。その表情は穏やかだ。海の底を思わせる照明が、氷の白を青く染める。アイスブルーのドレープをまとい、飾り花と散りばめられたストーンが、滑りと同期して光を放つ」

  「力強いキャメルスピンにはじまる、羽生の多様で繊細な回転は“逆行する時の流れ”や時計の針を想起させる。(ゲームの)本編では、文字盤が左回転しながら不思議な光を放つ、近未来的な腕時計も登場する」

  「時を経て、エンディング曲を東日本大震災の被災者であるスケーターが演じることになった。そして、その振り付けを担当したのは、イシイと同じく阪神淡路の当事者である、宮本賢二だった。この演目には、あらゆる感情を包み込む、慈愛に満ちた表現を感じる。例えばだが、誰も知り得ない『時間軸』で3人は繋がっていたのかもしれない

 さすがプロのライターさんです。私が付け加えることはありません。

 ここ最近は、CWWで採用されたプログラムに私ものめりこんでいたんですが、羽生君の演技は、すべてのプログラムが手抜き無しの名演揃いです。また機会があれば、EXプロも皆さんと一緒に見ていきたいです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-12-30-13-24-53

2017-12-30-13-25-30

2017-12-30-13-25-57

2017-12-30-13-26-14

2017-12-30-13-26-33



 2017年12月7日発売。ちょうど名古屋のファイナルの頃に出た雑誌で、けっこう時間が経っているのですが、せっかくなのでご紹介します。

 こちらの雑誌、もちろん初めて購入しました。「外国人から見た日本のココがすごい!」的なテレビ番組はわりとありますけど、中身をパラパラとめくった感じでは、まさにそういう内容です。

 で、今回ご紹介する、いとうやまねさん執筆の記事(全8頁)は、単にSEIMEIの解説記事というよりは、羽生結弦というスケーターがどういう人物なのか、日本文化との関連で紹介するという主旨です。本文の中に、上に貼ったように「外国人からのコメント」も紹介されていたので、そちらもご参照ください。

 (1)ハイブリッドな羽生のスケート

  「負けん気が強く、人一倍練習に時間を割くのはいまと変わらない。コーチが練習時間を制限するほどトレーニングにのめり込んでしまうのだ。努力(=やり続ける)も才能の一つである。優れた資質の上に努力が乗るのだから、誰も敵わないのは当然だろう。羽生は氷を愛し、氷に愛されているのだ」

  「『才能』があるといっても、初期の羽生はいまの優雅さとは程遠い滑り方だった。彼のフォームやスケーティングはカナダで磨かれたものといっても過言ではない。東北での震災の影響で練習拠点を国外に移したのは17歳のときだ。メダリストや名スケーターを多く輩出しているクラブに所属し、世界最高峰の指導者に師事することになる」

  「だから、羽生のスケートはハイブリッドといっていい。国内+国外、そして自らの持つ日本的な感性の鋭いところをうまい具合に併せ持っているのである。ある意味で、とても『日本的』だ。・・・奇跡と努力と様々な運命が育んだ日本の『宝』は、いま大きく花開いている」

 →→海外産の技術を取り入れたハイブリッドを「日本的」と言うのは、製造業の様々な分野や、日本風の洋食などを具体例として挙げて、よく語られますよね。

 ただ、クリケットに行く前からもライバル不在の圧倒的な実力の持ち主だったんだから、「優雅さとは程遠い」というのは、ちょっと言い過ぎでは?・・・と、一瞬感じたんですが、でも、ブライアン自身が「とても才能があるけれども・・・悪く言えば雑、よく言えばワイルドで、ステップやつなぎでミスをする程度のコントロールの甘さがありました」(『チーム・ブライアン』、152頁)と、初めて羽生君を見た時の印象を語っていたので、まぁ、良しとしましょう。

 (2)持ち越したプロを練り直す「職人気質」と日本性

  「オリンピックイヤーに、新しいプログラムを使わず、慣れ親しんだ曲で勝負に挑むことは珍しいことではない。ただし、今回の羽生のように3シーズン同じという選手はめったにいない」

  「それでも羽生本人は、『新プログラムの振付を覚え、演技を一から作り上げていく時間を、前プログラムの完成度を上げることにあてたい』と口にして譲らなかった」

  「これは、一種の『職人気質』といっていい。自分の技能を信じて誇りとし、納得できるまで念入りに仕事をする。華やかな印象を持つ競技の側面で、実に日本的な心意気を感じるのが面白い。羽生の中にある『和』のDNAが発動したといったところだ」

 →→「プログラムの持ち越し」を「職人気質」と見るかどうかは、SEIMEIは比較的早い段階から決めていたのに対し、SPについてはLet's Go Crazyの持ち越しの可能性も無くはなかったので、この2つを比べると、ちょっと状況は違うかもなぁ・・・と。

 この後に、最初にSEIMEIを作る際、シェイリーンと陰陽師の映画を見て振り付けを研究したり、矢野桂一氏との音楽編集の件も、しっかり書かれています。

 私自身としては、バラ1とSEIMEI、つまりジェフとシェイリーンとでは、ゆづの関わり方がやや異なる、と見ています。

 パリ散はブライアンが決めましたし、Let's Go Crazyはジェフの選曲だし、バラ1も「ブライアン、トレーシー、ジェフ、ゆづの4人でのミーティング」(『300点伝説』、26頁)で決まった曲でした。

 一方、オペラ座、SEIMEI、ホプレガは、羽生君が曲を選んできて、シェイリーンと「共同作業」的に作り上げています。プログラム作りにおいて、文字通りの職人という意味で、羽生君が「職人性」を出していたのは、シェイリーン振付のプロの方なのかなと。

 まぁ、しかしフィギュアスケート専門誌でもないのに、そこまでマニアックな内容を書いても読者にはチンプンカンプンのはずなので、これはこれで、興味深い分析に感じました。

 文中には無かったですが、「中国杯の衝突の後でも競技を続行したエピソード」は、あれなんかまさに「大和魂」そのものなので、入れてほしかったかなと思いますね。ただ、SEIMEIと関連づけることや、より最近の事象を取り上げるという狙いがあったなら、なんらかの理由でカットされたのかもしれません。





 さて、フィギュアスケートと関係ない話を一つ。昨日か一昨日、偶然YouTubeで見つけて、ポチったアルバムです。

 アメリカのArch Echoというバンドのデビューアルバム。ヴォーカル無しの5人編成。ジャンルは「ロックインスト」で、ギタリストが2人とも7弦ギターを使用して、低音をゴリゴリに歪ませているんですが、キーボートの役割が大きく、聴いていてあまり疲れません。

 最近のトレンドではありますが、バンド自らアルバム発売と同時に、アルバム全曲をまるごとYouTubeにアップするという良心性。メンバーはみんな若いし、絶対に音楽だけで食ってるはずないなぁ・・・と、彼らを応援する意味で、しっかりお布施しました。



 2曲目の“Afterburger”が気に入っています。FFやロマサガのようなゲームミュージックが好きな方もイケると思います。

 ちなみに黒いTシャツを着たアダムというギタリストの黒ギターは、Ibanez(アイバニーズ)という日本の楽器メーカーのものです。キーボードも「YAMAHA」の文字が見えましたが、海外のほぼ無名の若手アーティストも日本の品を使って素晴らしい音楽を創造してくれている。嬉しいことです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

takasu

 「スポーツ写真家・高須力が描く、アスリートの『情熱の欠片』(後編)

 「前編」ではフィギュアスケートの話がたくさん出てきましたが、残念ながらこの「後編」ではフィギュアの話はゼロでした。

 ただ、随所に面白い話がありました。私自身は、自分用のカメラを持っていないばかりか、スマホで写真を撮ることさえまれな人間でありながら、一丁前に、フィギュアスケート雑誌の写真を批評したりしています。

 なんの知識も技術も無い人間があれこれ批評できるのが「写真の世界」で、しかもカメラマンの方が「この写真の構図にはどんな意味があって、この一枚を選ぶのにどれぐらい大変だったか」というように言葉で説明することもありません。そう考えると、いかに大変な世界なのかがしみじみ分かります。

 ただ、写真のセンスというのは(プロアマ関係なく)きっとあるはずなんです。例えば、私は、猫の飼い主さんのアカウントをたくさんTwitterでフォローしているんですが、どんなに美しいノルウェージャンフォレストキャットを飼っている飼い主さんの写真でも、毎日同じ構図のつまらない写真ばかりアップする方はいます(もちろん、それは飼い主さんの自由です)。

 他方、いわゆる「ぶちゃ猫の代表」とも言える、エキゾチックショートヘアの猫ちゃんの画像や動画をアップする飼い主さんの中には、あえて狙っているのか、いろんな表情や仕草のものをアップし、しかもストーリー性があるというか、だんだん自分がそのにゃんこを飼っているような気持ちになってしまうのですね。

 話が反れましたが、高須さんがおっしゃっているのが、「(アスリートの)顔がしっかり見えて、何をしている分かりやすい写真を、自分のようなコネも何もないフリーランスが撮っても、誰も見向きもしてくれない」と。だから、記事の中で何枚か紹介されていた写真のように、「スピード感」を出すための工夫を、15年続けてきたという話です。

 私は、記事の中で紹介されている「スピード感」のある写真が良いかどうかというと、「数枚だったらいいかな・・・」という感じで、正直どう評価していいかわかりません。

 ただ、先日リンクを貼った「GPファイナルメモリアル」のような、ゆづファンなら悶絶級のショットを数多く世に送りだしてくれるようなカメラマンであっても、それ以外の部分で独自性を出さないと生きていけない・・・。いやはや、厳しい世界です。

 私たちにできることは、ガンガン雑誌を買うぐらいです。シーズン始まったら、皆さまの購買意欲を高められるような記事を、このブログでも発信できたらと思います。

 さて、ここからは独り言です。芸能人だけでなく、フィギュアスケート選手もSNS等でいろんな自画撮りをアップしたりしていますよね。最近は、顔認識アプリで動物の耳やヒゲがついたり、美白アプリとか、まぁいろいろあります。本人の自由なので、そこにあれこれ言うつもりはありません。

 でも、私個人の意見としては、やはり超一流で至高の存在の羽生君には、プロ転向後であってもSNSをやってほしくない!あなたの写真は、いつだってしかるべきプロのカメラマンが撮影すべきなのだと。

 話がとっ散らかりましたが、高須さん、これからも羽生君のかっこいい写真をお願いします!ということで。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、いとうやまねさんが精力的に記事を発表してくださっていますね。

 先日の矢野桂一さん(前編)(後編)に続いて、今日ご紹介するのは、我々スケオタにはお馴染みのスポーツ写真家・高須力さんのインタビューの前編です。

yuzu

 「スポーツ写真家・高須力が描く『フィギュアスケート写真』の世界(前編)

 前半部分で興味深い記述が2つありました。まず、事前にプログラムを「動画」を見て研究している所。撮りたいショットを確認するのもそうですが、リンクのどの位置に陣取るかも、前もって動画でチェックをしている、と。私たちがそういう視点で羽生君の動画を見ることは無いですが、プロカメラマンは面白い部分を見ているものですね。

 これに関連するのが、撮影ポジションに関する、日本と海外の「規則」の違い。海外だと、空いてさえいれば客席からでも撮っていい国もあると。他方で、日本は厳密に撮影場所が決められている。だから、日本で撮れるポジションは外して、(海外では)違うポジションを優先している。

 しかし、客席でも撮れる国って凄いですね・・・。それなら、客もスマホやカメラで撮り放題ということになりますから、それが日本で許されたら大変なことになります。さすがにシニアのGPシリーズを開催する国ではなさそうだし、五輪やワールドはもちろん厳しいでしょう。B級試合か、あるいはジュニアのGPシリーズの開催地辺りでしょうか。

 そして後半部分では、「自分自身の中に入り込めるアスリート」として、羽生君はイチロー選手に匹敵すると述べられていますね。

 ふと思ったのは、将棋の藤井聡太四段の対局の際に、大挙して押しかけたカメラマンが「バシャバシャ!」っとシャッターを切りまくっていますが、実は将棋の場合、カメラマンは、対局が始まると2手目までしか撮影が許されていないんですよね。2手目まで進むと、みんな退室させられてしまいます。当然、「自分自身に入り込んだ」り、「苦悩」するような時間帯ではありません。

 で、次にカメラマンが入れるのは、決着のついた終局後。観戦記者のインタビューに答えている様子や、感想戦の場面ぐらいです。もちろん、棋士が対局中に苦痛に表情を歪める場面は何度もありますが、それは私たちと同じように、中継映像でしか見られないわけです。カメラマンとしては悔しいでしょうね。

 映画などの役者の話も出ていますが、映画の撮影中って、きっとカメラマンってそんなに入れないと思うんですよね。おそらく「公式プログラム」等の写真素材用で、限定的ではないでしょうか。

 写真家といってもいろんなジャンルがありますが、パッと思いつくのは、岩合光昭さんのような動物写真家、モデル・アイドルのグラビアや広告専門のカメラマン、風景写真家、そしてスポーツ写真家・・・。

 今回、スポーツ専門のカメラマンの「勘所」みたいな部分を聞けて、じゃあ、他のジャンルのカメラマンはどんなことを考えているのだろう・・・。あるいは、まったくスポーツと関係のない写真家がゆづを撮ったら、どんな仕上がりになるのだろう?

 最近でいうと、「anan SPECIAL」でそのような試みがなされましたが、ぜひまた他誌でも実現してもらいたい。
 
 いやぁ、後編ではどんな話題につながっていくのか、楽しみです。

 ちなみに、私のブログの中で「高須力」とタグをつけていた雑誌が一冊だけありました。なかなか良い内容だと思うんですが、中古品価格が200円台(送料別)から出ています。ぜひチェックしてみてください。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

yano2

 「音響デザイナー・矢野桂一が語る、華麗なるアイス・ショーの舞台裏(後編)

 いとうやまねさん執筆の矢野桂一さんインタの後編です。ホプレガの裏話が明かされた(前編)については、こちらをどうぞ。
 
 私がこの後編で語りたいのは、一点、FaOI新潟でのパリ散の件です。

 新潟公演の最終日、バラ1の後にパリ散を付けたという話は、「通信」等で知っていたものの、まさか事前に準備されていたものではなかったとは、知りませんでした。

 最近はネット時代ですから、アーティストのツアー中のセットリストはすぐに拡散されて、自分が行った公演日の曲とは何が違うか?というような話が、ファンの間で交わされます。コンサートのジャンルにもよりますけど、何パターンか用意されているとはいえ、ほぼ9割は同じ曲でツアーをするのが普通です。それが、自分たちの曲であってもです。

 例えば、私の好きなドリーム・シアターというバンドは、ツアー前に「ニューアルバムの曲だけでなく、昔のアルバムのこの曲も入れよう」と決まると、その昔の曲のためにメンバー全員で猛練習するというのは有名な話です。

 今回の場合、杏里さんのギタリストの今野竹雄さんが、羽生君から「無茶ぶり」されたわけですが、かりに、杏里さんのFaOIコラボ用とは別の曲をリクエストされたとしても、普通は無理です。

 たまたま、今野さんが「フーチー・クーチー・マン」をセッションでよくやるということだからよかったものの、普通は、他人の曲を、しかも即興のギターソロではなく、羽生君の演技に合わせなきゃいけないというのは、いやぁ、無茶言うなぁ。

 だから、どんな感じだったのか映像を見たいんですが、もしかしたら、この件により放送がポシャったとか・・・。

 個人的に、ホプレガの「2曲つなぎ」の裏話よりも、こちらの方に衝撃を受けましたね。

 ただ、その全てはファンを思ってのことですよね。今でさえ、ここまで遠慮も妥協もなく、羽生君は自分のアイデアを注ぎ込んでくれるわけですから、プロ転向後、自らが座長になったショーが創設された時、いったい、私たちは何を目の当たりにすることになるのか?

 「プロ転向」と聞くと、一瞬暗い気持ちになる方もいらっしゃると思います。少なくとも私はそうです。

 でも、もしかしたら、プロ転向後の、プロスケーター羽生結弦になってこそ、従来の先輩プロスケーターたちとはスケールのまるで違う、前人未踏・前代未聞の、いままで見たこともないような、ゆづワールドを私たちに披露してくれるかもしれませんね。

 「無茶ぶり」だ何だと文句から入りましたが、これは明るい材料というか、将来の楽しみが増えてきました。全休だった昨年のショーを思えば、やはりゆづが来ると何かサプライズがありますね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ