On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:アイスショー

2017-05-27-13-16-09

makuhari


 土曜日のFaOI幕張に行ってきました。座席はKブロックのスタンドの4列目です。

2017-05-27-13-39-19

2017-05-27-13-40-51

 幕張は何度も来てるはずなんですが、東京駅で京葉線に乗ったと思って油断していました。すると、実は武蔵野線だったことに西船橋に着いてから気づき、戻るのに時間がかかって、結局、開演30分ほど前にようやく現地につきました。焦りましたよ。

 当然ながら、タオルもTシャツも完売です。ちなみに、Tシャツは全サイズ、つまりXLなんかも売り切れ。おそらく、わざわざ並ばれた方は、きっと並んでいる間にお目当てのサイズが売り切れてしまって、仕方なく寝巻目的or記念として巨大サイズも購入されたのでしょう。

 95%以上が女性客。先月の国別対抗戦と客層はやや違っていて、外国人(国別で私の左隣は中国人の若いカップルでした)や子ども連れのファミリーはあまり見かけなかったですね。国別と比べてはるかにチケットを取るのが難しいので、これは仕方のない所。

 今回、一日一公演ということで、内容はギュー詰め。14:00開演で、途中休憩が20~30分ありましたが、終わったのは17:30前ですから、まぁ、疲れました。公演の印象を、つらつらと書いていきます。

 ・オープニングは、羽生君だけ明らかに別の動きをしています。国別の女子シングル(フリー)の最終Gの6連で、メドベだけ動きがまるで違うことに衝撃を受けましたが、このオープニングの羽生君のダンスのキレキレ具合は、

  ひとりだけ、氷上ではなく、床の上で踊ってるんじゃないか!

 と思えるほど。そういえば、東京駅で「LOVE ON THE FLOOR」の広告を見かけましたが、羽生君にもプロ転向後にそういう仕事が来てもおかしくないと感じますね。

 ・オープニングの後、羽生君は、結局バラ1まで出てこないので、他のスケーターを堪能することになるんですけど、今回とくに女子選手を中心に個人的に好きなスケーターが参加している中、

  第1部の主役は完全にバルデさん!

 そんな感じでした。そして失礼ながら、「あれ?NHK杯も来てたし、引退してないよね?」と、休憩時間にスマホでwikiを調べてみたり・・・。いや、もう、完全にプロのエンターテイナーの仕事ぶりで、BS朝日の放送でカットされていないことを祈りたいです。

 ・話をオープニングに戻すと、誰に対する声援が大きかったかというと、羽生君を別格として外すとすれば、

  プル様、ジョニー、ジェフ、ランビ先生へのエールがのっけから熱すぎる!

 これには、ちょっとビックリしました。ゆづファンであると同時に、というか、年季の入ったベテランのスケオタさんがゆづを支持してくれるとともに、ゆづから入った勉強熱心なファンが先輩たちへのリスペクトも忘れないという、素晴らしい雰囲気でした。熱狂的なファンのいる野外フェスやジョイント公演では、なかなかこうはいきません。

 ・大黒摩季さんが、まったく衰えを知らない声量と歌唱力で会場を何度も沸かせてくれましたが、いやいや、安藤美姫さんとの「夏が来る」のコラボは、笑いを噛みこらえながら、見守っていました。なんてったって、この歌詞ですよ。ミキティはよくこの選曲にOKを出したなぁ・・・と。

 で、歌い終わった後、大黒さんがその辺りの経緯をいちいち説明するので、おい、傷口に塩を塗っとるやんけ!と思いつつも、

  やっぱり、安藤美姫というキャラはフィギュアスケート界には絶対に必要!

 そういう認識を持つに至りました。インスタでの空気読めない炎上投稿だけの人ではなく、自虐路線もできる。そして、大庭雅さんへの振付提供も含めて、後輩スケーターの面倒見もいいですしね。今回、ハビの「パイレーツ」のチョイ役も含めて、3回出てましたか。いろんな面を持っている人だから、ぜひ頑張ってほしいと思います。

 ・現役選手で言うと、まず、本田真凜ちゃんが素晴らしかったです。来季EXとアナウンスされている「CRIME TALE」ですが、いやぁ、すべてのジャンプをミスなくきっちり決めて、いまの時点で身体がめちゃくちゃキレてます。

  明日試合があったとして、このプログラムでSPに出場したら、簡単に70点を超えるんじゃないか?

 というクオリティの高さ。これからシニアに上がるというのに、なんというか、

  私を見て!私はスターなんだから!

 そんな、ある意味で図々しいぐらいのオーラというか風格も出てきています。GPシリーズのアサインはかなり厳しい所に入ってますが、海外のメダル候補相手に堂々と戦ってくれるような期待感があります。

 ・ゲストスケーターでいえば、ポゴちゃんが最高すぎました。現役の女子シングル選手では個人的に一番好きな選手です。第一部の「アンナ・カレーニナ」も印象的でしたが、第二部のゲストアーティストとのコラボの「The Rose」は最高です。

  本人も、アーティストも、観客もみんながみんな感動していたんじゃないか

 スタオベが鳴りやまない素晴らしい瞬間でした。さすがにこれが放送でカットされていることはないと思いますが、BS朝日さん、お願いしますよ!

 ・さて真打ちの、羽生君のバラ1。私が見た土曜日は、4Loはパンクでしたけど、リンクも狭いし、試合のようにフェンスも無いので、無理する必要はまったくないですね。それは、現地で見ていたみんなが思っていることでしょう。

 3Aは相変わらず至高のクオリティ。後半に投入された4T+3Tも、私自身ここ最近「パリ散」で4Tを毎日見ているので分かってはいたことだけど、いまの時点でもまったく不安感はないですね。

  3Aと4Tは寝てても跳べる!

 そういう表現をしたくなるぐらい。単にバラ1という選曲だけでなく、4Tを入れたことが、

  ゆづは平昌五輪は本気で勝ちに来ている!

 そういうメッセージとして受け取りました。

 しかし、バラ1というプログラムを改めて見ると、厳粛なピアノの調べで空気を一変させ、観客も我を忘れて氷上の羽生君に視線を一点集中という感じですが、その後の、Let's Go Crazyとの対比が凄すぎます。とくに、距離たっぷりロングサイドを使ったズサーには、

  きぃゃああああああああ!

 という悲鳴で、会場が震えていました。とんでもなく、現実離れした瞬間に立ち会っている、と思いましたね。

 同様に、「現実離れ」といえば、海外のゲストスケーター、男女含めても、羽生君の顔がダントツでちいさすぎる!という点も付け加えておきます。

 繰り返しになりますが、BS朝日の放送で何がカットされ、何が採用されているか、ぜひセンス良くセレクトしていただきたいと思います。プロの方が編集されるんですから、大丈夫ですよね。期待してますよ。

2017-05-28-07-55-28

2017-05-28-07-55-56

2017-05-28-08-20-52

2017-05-28-08-21-45

2017-05-28-08-22-01

 プログラムの中から数ページ貼ってみました。ランビ先生が羽生君の魅力を語ってくださっているので、ぜひ読んでみてください。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-09-07-17-52-28

2016-09-07-17-52-35

2016-09-07-17-52-56

2016-09-07-17-53-09

2016-09-07-17-53-19

2016-09-07-17-53-29

2016-09-07-17-53-43

2016-09-07-17-53-53

2016-09-07-17-54-04

2016-09-07-17-54-16

2016-09-07-17-54-27

2016-09-07-17-54-39

2016-09-07-17-54-52

2016-09-07-17-55-04

2016-09-07-17-55-13

2016-09-07-17-55-23

2016-09-07-17-55-32

2016-09-07-17-55-44

2016-09-07-17-55-54

2016-09-07-17-56-04

2016-09-07-17-56-32

2016-09-07-17-56-40

2016-09-07-17-56-48

2016-09-07-17-56-56

2016-09-07-17-57-04

2016-09-07-17-57-12

2016-09-07-17-57-18

2016-09-07-17-57-25

2016-09-07-17-57-32

2016-09-07-17-57-39

2016-09-07-17-57-49

2016-09-07-17-57-57

2016-09-07-17-58-07

2016-09-07-17-58-15

2016-09-07-17-58-22

2016-09-07-17-58-36

2016-09-07-17-59-05

2016-09-07-17-59-13

2016-09-07-17-59-27

2016-09-07-17-59-39

2016-09-07-17-59-45



 2016年2月25日発売。なんだかかなり久々な気がする「応援ブック」の登場です。2016年のボストンのワールドよりも前の出版のため、15-16シーズンのワールドを除く大会およびアイスショーの「総まとめ」という趣きです。

 表紙には大きく「希望への祈り」とあり、併せて目次も見る限りは、「祈り」あるいは「鎮魂」をテーマにした、ややシリアスな仕上がりなのかな?という先入観でページをめくってみると、実は、まったく違うコンセプトで作られていることに気づきました。それは、

 ゆづ君の笑顔フォト大全集!ベストオブベスト!スーパーウルトラコンプリート写真集!

 こんなサブタイトルを表紙にドン!という方が、売り上げはもっと伸びたんじゃないかと思うわけです。

 写真のセレクションも、もちろん、ゆづファンの皆さまを笑顔にするような素晴らしいものが揃っているんですが、例えば、「悔しさも・・・チャンピオンの微笑み 複雑な笑顔」という、全日本の記者会見のドデカ写真なんかは、

 ちょっとこれ鼻毛の剃り残しあるんじゃない?ちょっとちょっと大丈夫?

 と、年々、髭と鼻毛の処理する頻度が増えている一同性の立場から、心配になるショットも・・・。

 しかし、それにしてもスケートカナダ(GPカナダ大会)の、練習着にマスク姿の羽生君の写真にまで「ゆづの笑顔」印がついていますが、こんな写真までドーン!と1ページ丸々使う所が面白い!このようなアイデアは、ここ最近取り上げてきた格調高いマジメ路線の雑誌の編集会議ではまず間違いなく却下されることでしょう。

 「ファン通信」や「応援ブック」は、マメに出版してくれる半面、例えば、ある号は「オータムクラシックとスケートカナダ」、その次は「NHK杯とGPファイナル」、そのまた次は「全日本と年明けのアイスショー」、さらに次の号はワールドまで時間があるので「今シーズンのアイスショー総まとめ」とか、中身を見る前から、ある程度予想できてしまうんですよね。

 ただ、今回の場合、「笑顔」という裏コンセプトがあるのは面白いし、さらに、「ブライアン・オーサーが贈った言葉」という企画も、目の付け所が素晴らしいと思います。「羽生結弦語録」的なものは山ほど見てきているので、これはとても新鮮だし、ゆづ尽くしの「応援ブック」がブライアンに光を当ててくれることが嬉しいですね。

 これまで私がいろんな雑誌のレビューでも文句をたれてきた、「このセリフは寒い」等々、もちろん本誌にもあるっちゃあるんですが、そういう部分が気にならないぐらい、随所に工夫がこらしてあります。

 「応援ブックはいつも同じじゃん!」という先入観をお持ちの方にも、本号は楽しめる部分がたくさんあると思いますよ。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-08-28-12-20-35

2016-08-28-12-21-04

2016-08-28-12-21-53

2016-08-28-12-22-11

2016-08-28-12-22-24

2016-08-28-12-22-43

2016-08-28-12-22-54

2016-08-28-12-23-03

2016-08-28-12-23-14

2016-08-28-12-23-38

2016-08-28-12-23-49

2016-08-28-12-24-01

2016-08-28-12-24-12

2016-08-28-12-24-31

2016-08-28-12-24-41

2016-08-28-12-24-53

2016-08-28-12-25-07

2016-08-28-12-25-18

2016-08-28-12-25-31

2016-08-28-12-25-57

2016-08-28-12-26-05

2016-08-28-12-26-24

2016-08-28-12-26-51

2016-08-28-12-27-08

2016-08-28-12-27-24

2016-08-28-12-27-32

2016-08-28-12-27-40

2016-08-28-12-27-52

2016-08-28-12-28-04

2016-08-28-12-28-13

2016-08-28-12-28-45

2016-08-28-12-29-09

2016-08-28-12-29-22

2016-08-28-12-29-35

2016-08-28-12-29-46

2016-08-28-12-29-57

2016-08-28-12-30-08

2016-08-27-10-48-45



 日テレの24時間テレビの羽生君出演シーン、無事に見れました。まずは「動けている姿」を確認できて、ひとまずホッとしています。羽生君がくまモンをいたわる姿は優しさに溢れていましたね。そして、くまモンの中の人は、あのピタッとベストポジションを確保しつづける雰囲気から、女性だと思うのですが、実際はどうなのでしょう・・・。

 さて、本誌は、2015年8月22日発売。「銀盤の王子たち」をレビューするのは3冊目です。創刊号は、写真の大きさと余計なコピーの少なさ、テキストの読みやすさ等を評価しました。

 ところが、第2号では、阿部奈々美先生の顔写真をどっかの女性コーチと間違えるという致命的な編集ミスが発覚。「女性のためのフィギュアスケートマガジン」という謳い文句が、だからといって欠陥品を出していいのか?と、むしろ女性ファンの反感を買いかねないような、下手を打ってたわけですね。

 さて、第3号です。まず驚いたのは、写真にいちいちセリフが追加されている点。過去の2冊と比べても一目瞭然、というか、文字を埋めずにはいられない!とばかりに、特にひどいのが、Vertigoの「クールに決める」とか、「硬軟どちらもこなすのがゆづ」とか、SEIMEIもけっこうひどいし、読んでて寒すぎる・・・。こんなものをどうして採用したんでしょうね?

 両面ポスターもあり、ポストカードもあり、写真も大きくて良いものが多いんです。多少くだけた雰囲気ですが、各企画も悪くない。でも、はっきりよかった部分が改悪されて、本当に残念です。

 別に私は、コピーやセリフが全て不必要、という立場ではないんです。例えば、15-16シーズンガイドの各選手紹介記事で、選手の特徴を補足する意味では効果的ですし、巻末の「ゆづのツーショットアルバム」は、そのツーショットの経緯・背景を説明するために、ある程度の情報を添えないと、その写真の意味するところが分かりにくいですから。

 ウチの本棚には、この第3号までしかないので、その後の新しい号で上記の点が改善されたかどうかは分かりません。ためしにアマゾンのレビューを見てみると、雑誌の内容とは基本的に無関係な「週刊大衆」ネタでものすごい荒れ方をしていて、多少は同情してしまいますが。

 昨年は8月にも刊行されていますが、その予定が無いとなると、現時点では休刊状態なのかもしれませんね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-08-26-17-57-31

2016-08-26-18-04-34

2016-08-26-17-59-05

2016-08-26-17-59-19

2016-08-26-17-59-41

2016-08-26-17-59-51

2016-08-26-18-00-00

2016-08-26-18-00-09

2016-08-26-18-00-20

2016-08-26-18-00-41

2016-08-26-18-00-50

2016-08-26-18-00-59

2016-08-26-18-01-07

2016-08-26-18-01-14

2016-08-26-18-01-20

2016-08-26-18-01-27

2016-08-26-18-01-38

2016-08-26-18-01-45

2016-08-26-18-01-51

2016-08-26-18-02-02

2016-08-26-18-02-11

2016-08-26-18-02-24

2016-08-26-18-03-04

2016-08-26-18-03-13

2016-08-26-18-03-24

2016-08-26-18-03-36

2016-08-26-18-05-49

2016-08-26-18-04-09

2016-08-26-18-04-14

2016-08-26-18-06-05

2016-08-26-18-06-31

2016-08-26-18-04-24



 2015年7月23日発売。間違って2冊買ってしまった応援ブックです。このひとつ前の号でも、新横浜のショーでの「SEIMEI」の写真が公開されていましたが、本書にはこれでもかというボリュームで収められています。

 シーズンイン後の試合での「SEIMEI」の衣装と、この時期の衣装とでは、特に肩の切れ込みの部分にかなりの変更が加えられたことは、皆さんもご存じかと思われます。

 大会では基本的に明るい照明の下で演技をするのに対し、ショーでは暗めの中で行われますが、シーズン前の「SEIMEI」の写真を見て改めて感じたのは、

 SEIMEIの衣装はショーの方が映える!

 ということですね。数年後、アイスショーで、また「SEIMEI」を見てみたいなと思います。

 それ以外のショーの写真は、「Vertigo」と「Believe」に、アンコールで4回転ループを跳んだブルーの衣装の3種類。比較的大きめで躍動感のある写真が多く、従来の「応援ブック」クオリティからいうと、かなり頑張っていると思います。

 その他に、都築先生と佐野先生の対談で興味深かった部分がありまして、それは、「和テイストの音楽は、滑りにくくないですか?」という質問に対する、佐野先生の以下の答え。

  「和テイストの音楽でも、滑りにくさはないと思いますよ。私も演歌を使ってアイスショーを滑ったことがあるのですが、出来も良かったですし、気持ち良く滑ることができました。アイスショーでは森進一さんの「北の蛍」や石川さゆりさんの「天城越え」などを選曲しました。演歌の世界観を出すために、振り付けだけでなく、照明にまでこだわりました。和の楽曲でも問題なく、演技をすることができました」

 「和」ということなら、津軽三味線や和太鼓との共演なら分かるとして、歌詞付きの演歌をそのまま流したんですかね?演歌はコーチの趣味なのか、佐野先生の希望なのか、この対談では分かりませんが、当時ショーに足を運んだファンがそれを受け入れられたのだとしたら、なんという心の広さなんでしょう。個人的には、羽生君のバックに演歌が原曲で・・・
というのはさすがに抵抗がありますが(汗)。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-08-19-22-09-29

2016-08-19-22-09-37

2016-08-19-22-10-03

2016-08-19-22-10-21



 2016年8月19日発売。嘘でも何でもなくて、実物を手に取ってから思い出したんですが、8月発売のこの13号は2014-2015シーズン回想特集だったわけですね。

 となると、14-15の他誌の写真を連日大量にお見せしていたので、13号の面白みが減退してしまうんじゃないか?と、反省しています。もう一か月ぐらいずらせばよかったかもしれません。すみませんでした。

 新刊本ですので、中の写真は貼りません。簡単に私見を述べさせていただきます。

 ・14-15シーズンの具体的な時期は、14年4月の春の園遊会から仙台への凱旋パレード、アイスショー、そしてシーズンインして、15年4月の国別対抗戦までです。厳密に言うと、13-14の後ろがちょっと入っている感じではあります。

 ・ 全113ページ中、羽生君関連は93ページ。やはり毎度ながらものすごいゆづ君率です。いわゆる企画系の記事は無く、頭から写真のみゴリゴリ並べて、テキストも必要最小限です。

 ・ それ以外は、羽生君は不参加の7月の国内アイスショー。THE ICE大阪公演と、プリンスアイスワールド東京公演、Dreams on Ice長岡公演の3つ。ひときわ目を引いたのは、メドベージェワのセーラームーン。真央ちゃんと草太君の大きめの写真もあります。

 ・羽生君に話を戻して、写真の並び自体は上述のように時系列的で、パラパラとめくっているだけで14-15シーズンの記憶が蘇ると思います。

 ・写真のセレクションの方は、あくまでも試合中心で、バラ1とオペラ座、公式練習、キスクラが多め。これに、外国特派員協会やNHK杯での記者会見、全日本選手権の開会式等でのスーツ姿、オリンピック・パラリンピック記念品贈呈式や凱旋パレードでのソチ選手団のグレーのジャケットぐらい。リンク外・オフ時の私服写真はゼロです。

 ・ 衝突のあった中国杯の画像は最小限に留めていますね。特に出血系はほぼ皆無です。シーズン中ならばともかく、もう時間も経ってますし、わざわざ取り上げることもないだろう・・・という判断なんでしょう。

 ・ここからは軽く不満も。14-15と区切っていて仕方のない部分もありますが、それにしても、ショーやEXの写真が、小さいものも含めても10カットあるかないかで、ちょっと少なすぎるかなと。

 ・ 写真の質に関して、疑問符のつくものがあります。例えば、49頁のGPファイナルのフリーの写真は、かなり粗くないですか?でも、それよりはるかに大きくて鮮明な写真もたくさんあるので、こんな質の悪いものをわざわざ入れる必要ある?と、「質より量」もけっこうなんですが、せっかくの高品質なものがそれに埋もれてしまうのは、ちょっともったいない気がします。

 その結果、14-15シーズン中に出ていた写真重視の各誌と比べて、特に優れている部分はあるのかな?と、この点はやや疑問が残ります。繰り返し眺めたい!と思える写真はいったい何枚あるかというと・・・・・。ただ、一冊にまとまっているのはやはりこの雑誌の強みで、とても便利な一冊であることは確かですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ