On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:アルトゥール・ダニエリャン

alena2



 個人的に関心のあるスケーターからピックアップしていきます。まずはコストルナヤから。今季の彼女は、EXでもSPの「アディオス・ノニーノ」を演じていたので、これは初めて見ました。後半からカルメンの「ハバネラ」ですね。アレンジは違いますが、デールマンの今季SPも「ハバネラ」でした。

 構成は「アディオス・ノニーノ」のEXバージョンに近くて、3-3のコンビネーションジャンプを2本と、最後をイナバウアーからの2A。衣装がSPと同様に赤でかぶっているので、せっかくなんだから、別の色合いのものを見たかったなと思います。でも、まぁ、そこは来季のお楽しみということで。



 この子を見ていて思うのは、スタイル(体型)という意味では子どもっぽいんだけど、身体能力という面では間違いなく恵まれているわけで、フィギュアスケート、しかも女子シングルでそのような選手が評価されるというのは、時代も大きく変わってきたなぁ・・・としみじみ感じます。

 かつて、90年前後に伊藤みどりさんが、欧米選手にジャンプの技術で立ち向かった構図がありましたが、今はそのまったく逆というか、むしろロシアの若手が世界中に向けてそんな挑戦をしている状況かもしれません。まだまだ日本人選手も技術面で進化できるはず!と、トゥルソワを見てそう思います。



 「眉毛が太い」という部分だけじゃなくて、実はダニエリャンって、壷井達也君に似た雰囲気を感じます。しかし、この曲を聞くと、佐藤洸彬君の「フィガロスピン」を思い出さずにはいられないですが、残念ながら「ふぃ~~~がろ、ふぃがろふぃがろ」の所は入っていません。

 今大会調子のよかった3Aは抜けましたが、この子は3Loが上手いし、なんといってもスピンのポジションと回転速度、そして柔軟性も素晴らしい。これぐらいできる人って、ジェイソンか羽生君ぐらい?と、ジャンプ以外も見所たくさんで、応援したくなる選手です。



 いやあ、EXでは、もういろんなプレッシャーから解放されたのか、須本君はいい演技をしましたよ。3Aをラクラクと決めてから、スケーティングがよく伸びるし、全身を大きく使った、実に伸び伸びした演技だと思います。

 女性ヴォーカルかどうかはともかく、来季以降の競技用のプロで、ゆったりとしたヴォーカル曲やピアノ曲なんかも合うんじゃないかな?という気がします。



 最後に山下さんを。SPとフリーの衣装はともにパープル系で似ていたので、こちらの淡いグリーンはとても新鮮に見えます。

 ジャンプで転倒がありましたが、このEXではスケーティングのスピードの速さが目立ちます。やはりこのレベルの選手になると、これぐらいのかっ飛び具合で突っ込んでいかないと、演技の中にダイナミズムが生まれないのでしょうね。

 さて、シニアの方のワールドはもう来週ですか。男女ともに、有力選手で誰が出てくるのかまだ正確に把握できていませんが、新たにブレイクする選手が出てくるかかどうか、楽しみです。

 個人的には樋口新葉ちゃんに頑張ってもらいたい。昨年末以降辛い時期を過ごしてきたはずですから、笑顔で今季を締めくくってほしいです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

alexey

 すでに大会は終わっていますが、男子フリーの振り返りです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 まず、SP終えた時点で、私は優勝確実だと思っていたクラスノジョンが、冒頭の4Sで転倒して、そのまま途中棄権しました。足首を骨折したという情報もありますが、やっぱり羽生君の件を思い出してしまうわけで、これは本当に心配です。

 しかし、フィギュアスケートって、選手が棄権の意思をジャッジ席に伝えに行って、曲を止めて、そこからまだモタモタ・チンタラやってるんですよね。コーチなにやってんの?はやく出してあげなよ!と思うんですが・・・。



 クラスノジョンの後に三宅君のフリーの演技を見ると、ただのガス欠じゃなくて、どこか怪我してない?と心配になる内容でした。幸い、そういう情報は入ってないので、何事も無ければよいですが。総合18位でフィニッシュ。まだ若いし、この悔しさをバネに頑張ってもらいたいです。



 演技後の須本君のコメントでは、表彰台を意識していたとのこと。冒頭の3A+2Tを成功して、いいじゃん!と思ったら、つぎの3Aでミスが出た後、そこからは「これ以上ミスをしたら表彰台が・・・」という焦りからか、冷静さを欠いた内容になってしまいました。

 ただ、演技後の本人の悔しがる様子を見て、須本君でもこんな風に感情を出すのか!と、彼の熱い魂を見ましたね。来季もジュニアでやるようなので、4T導入も視野にいれつつ、一層のレベルアップを期待しています。



 ここからは、上位3人を。フリーで見事に追い上げて銅メダルを獲得したリッツォさん。平昌五輪の団体戦でも頑張っていて、イタリアの男子シングルはこの人!という風格が出てきています。このビートルズメドレーは、選曲があまりにベタすぎて、昨季のPさんのSPみたいなマニアックな選曲の方が私好みなんですが、まぁ、それはそれということで(笑)。



 実を言うと、SPの演技は見ていなかったんですが、銀メダルに輝いたロシアのアルトゥール・ダニエリャン選手。顔を見たらまだ子どもという感じで、それもそのはず身長156cmの14歳です。

 ただ、3Aはかなり余裕があるし、細かくステップを挟みつつ、スケーティングも複雑。指先まで柔らかな上半身の動き、キビキビした美しい所作で、スピンも上手い。

 むしろ金メダルを獲ったエロホフよりも、彼の方がよっぽどエテリ組っぽいというか・・・。



 
8位だったSPの動画も貼っておきます。「ポエタ」というとランビさんとか草太君とか、印象的なプログラムが多いですが、こちらもなかなかなもんですね。

 3Aはやっぱり完全にモノにしていて、転倒とURのあったコンビネーションジャンプも、「え?3Loの後ろにトウループをつけられるの?」と、これはかなり珍しい。スピン・ステップすべてレベルを取れていて、ミスがなければSPの時点で3番以内に入っていたでしょうね。

danielian

sotskova

 右の女性のコーチ見たことあるなぁ・・・と思ったら、ソツコワの先生ですね。同じチームで練習しているのかもしれません。要注目ですね。



 金メダルはエテリ組のエロホフ。エテリのチームは女子だけじゃないぞ!と存在感を見せて、見事にタイトル獲得です。

 冒頭の4T+3Tはかなり余裕があってキレイ。4Sは惜しくもSO。3A+2Tも乱れました。後半もちょこちょことミスはありましたが、SPの貯金とクワドを降りたことで逃げ切った感じです。それにしても、エテリがいないと、男性コーチ陣の表情のにこやかなこと(笑)。

 世間的にはトゥルソワの話ばかりになっていますが、男子に関しては、銀のダニエリャン選手が気に入りました。WFSかLifeあたりでインタが掲載されれればいいなぁ・・・と思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ