On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:エフゲニア・メドベージェワ

sp-jack-a-20180509-870x644

 メドちゃんの移籍報道で大騒ぎですが、The Japan Timesに、ラファのインタがアップされました。「本田真凜ちゃん移籍の裏話」的な内容も含まれていますが、メドちゃんの移籍についても語られています(※この記事のラファの発言は、メド移籍正式発表の数時間前のものです)。

 まず、真凜ちゃんの移籍に関する、ラファの発言を簡単に訳してみました。例のごとく我流です。

  「通常、私から選手にアプローチはしません。(浅田)真央も、ジェフリー(・バトル)だってそうでした。先方が私に話を持ちかけてくるのです」

  「(本田)真凜のことは以前から知っていました。彼女は賢く美しい。向上心もある。私たちはやるべきことを分かっていますよ」

  「彼女は優秀でスケーティング技術も素晴らしいし、流れもある。ジャンプもいい。ただ、新しいジャッジングシステムについて、6月の総会で何が提案されるのか、まだ分かりません。だから、最低でも2年は指導させてほしいと言いました

  「新シーズンのプログラムを準備していますよ。すでにローリー・ニコルがフリープログラムに取り掛かっていて、とても美しくて、ユニークな仕上がりです

 (1)移籍のきっかけ

  「昨年11月、大阪のNHK杯の時です。真凜の父と少し話をしました。彼が私にアプローチしてきたのです。もちろん、面識はありません」

  「『トライアウトを受けさせてほしい』ということでした。『いいですよ』と返答しました。私は、見ず知らずの選手を引き受けたくないし、スカウトするために探し回ったりもしません。教え子たちの指導で手一杯なのです」

 (2)今季の目標

  「目標はシンプルです。グランプリファイナルに進出すること。まずは、それがゴールであるべきです。そして、世界選手権代表に選ばれること。これもシンプルですが、現時点では、最も高い目標といえるでしょう。彼女に全日本優勝を目指せとは言いません。ファイナル進出が叶えばいいですね」

 (3)トレーニングの重点項目

  「(彼女のジャンプの高さは)優先事項ではありません。高さを出すために、ジュニアの選手でウェートトレーニングをする場合もあります。私のチームでもしばしば取り組ませますが、シーズンのいつ、どれぐらいの期間行うかによります」

  「私は、技術とフィジカルを重要視しています。この両者が一体となったとき、メンタルの強さが生まれるのです。全てのスケーターに言えることですが、良いトレーニングをして、フィジカルが強化されれば、遅かれ早かれ、メンタルも強くなるでしょう

 →→ここでいったん切ります。城田さんの本で、特に荒川さんや武史さんに関して、コーチ変更の「壮絶な舞台裏」が明らかにされていますが、父親がコーチ(しかも外国人)に「直談判」というケースって無かったような気がします。

 ここからは私の想像と憶測です。11月のNHK杯といえば、宮原知子ちゃんの復帰戦でしたから、そりゃ濱田コーチは「さとこ!さとこ!」って感じでしたよね。

 一方、10月のスケカナの囲み取材での「濱田コーチと真凜ちゃんの意見の違い」が表面化した時、世間では「真凜はわがまま言わないで、コーチの言う通りやれよ!」って論調でしたけど、親からしたら「ウチのかわいい娘をここには預けられない!」って我慢の限界に達していたのかもしれません。

 ところで、いま変なことが頭に浮かんだんですが、N杯といえば、ブライアンは手術直後で日本に来られず、クリケットからはブリアンしか来ていなかったですよね。もし、羽生君が故障することなく、ブライアンが大阪に来ていたら、本田パパはラファではなくブライアンにアプローチしていたのかも・・・・。歴史に「もし」は禁物ですが、もしかしたら、あったかもしれないですね。

  ※メドベの移籍について

  「私はロシアのメディアに、これは予想できたことだと語りました。チームに若いスケーターが入ってくれば、ベテランのスケーターはチームを離れることもある。つねに起こりうることなんです」

  「リプニツカヤと比べれば、エフゲニアはよい決断をしたと思います。ブライアンは実力のあるコーチであり、彼を支えるコーチ陣も優秀です」

  「ただ、彼女にとってはつらい決断でもあったはず。まず、文化がまるで違う。私たちがやっているような北米流の指導方針に、彼女が対応できるかどうか。ロシアと比べて、アスリート自身が、自分自身の行動に責任を持つことが求められます。簡単ではないけど、彼女ならできると思います」

  「エフゲニアがブライアンの所に行けば、それは二人にとって、困難な挑戦になるでしょう。でも、彼女は最良の選択をしたと思います」
 
 前述のように、この取材の数時間後に、メドベのクリケット移籍が正式に報じられました。もちろん、icenetworkの記事にあったような「具体的な修正点」等のことは、ラファは知らないはずです。

 赤字にしましたが、北米の指導現場では、スケーター自身の自己責任、より具体的には「自己管理能力」が問われるのかなという気がします。

 ブライアンが、エテリの所では「選手に発言権がない」ことを「暴露」していましたが、たしかに「コーチに全て決めてもらう」タイプの選手は、北米スタイルに順応するのは厳しいかもしれませんね。

 ただ、ブライアンは決して選手に丸投げするのではなくて、選手とコミュニケーションを取りつつ、選手本人の意思をしっかり確認して、チームでも共有する。これが、クリケットのスタイルと、私は理解しています。

 そして、メドちゃんは、「こういうスケートをやりたい!」という明確なビジョンと強い意思もあると思います。じゃなければ、エテリの所を出ていく以前に、現役を続ける覚悟と情熱は生まれないと思うのです。

 いろいろありますけど、それぞれの選手にとってベストの環境で、選手それぞれが思い描くベストのスケートを見せてもらいたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

brian

 icenetworkに、メドベ移籍について、フィリップ・ハーシュがブライアンに取材した記事がアップされました。

 すでに全訳をアップしている方もいるんですが、細かい所が気になるので、自分の手で日本語に直してみました。もちろん、我流の意訳です。まず、事実関係を含めた移籍の経緯は以下の通り。

 ・2018年4月2日、ブライアンの元に、メドベから「指導を受けたい」という主旨のメールが届いた。「信じられないことが起きた」と、すぐにトレーシーと相談。

 ・4月にブライアンが、アイスショー(Ice Fantasia 2018、4/20-22)の「ディレクター」として韓国を訪れるので、その際に「個人的に相談をしたい」とのこと。ちなみに、そのショーにはメドベもゲストとして出演。

 ・4月22日、ブライアンは、メドベと彼女のお母さんのジャンナと会合。メドベは「私は変わりたい」と語っていた。ブライアンは、メドベに対して、「キミを、いまのスタイルを守り続けるのではなく、前進させることに力を注ぎたい」と応答。それ以降、メールで連絡を取り続けている。

 二人の間の具体的な会話、およびブライアンが感じたメドベに対する印象、これらを記事からピックアップしてみました。

 「大切なのは、彼女自身が、自分のスケートについて発言権を持つということなんです。だから、音楽について、進むべき方向性について話し合いました。以前の彼女にはそのような『贅沢』が許されていなかったようです。スケートはこう滑りなさい、スピンはこの順番で、このポジションで、そんな感じだったと彼女は語っていました」

 「彼女は、スケートに対する情熱を失っていないし、オリンピックで勝つことがゴールだと語っていたのが印象に残っています」

 「ただ、私が彼女に言ったのは、オリンピックで金メダルを獲るまでに、すべての試合で勝ち続ける必要はないんだと。これは、彼女の目標を知っているすべての人たちに向けたメッセージでもあり、これが私たちの目指しているものです」

 「彼女は、心に激しさを持ったアスリートです。信頼できるし、ヨナのように気持ちも強い。私が彼女に言ったのは、まずは健康でいるということ。だからトロントに来ても、数週間は氷上練習をする必要はないし、それが良いと思います

 「彼女は自分を一から作り直そうとしている。たくさんのタイトルを獲ってきたけど、それは氷山の一角であって、彼女はまだまだもっとできると私は思っています」

 「(フルッツの矯正について)ベストを尽くします。すでにチェックしていますが、ごまかしたり、隠したりするつもりはありません。簡単なことではないですが、彼女はこのことについてもオープンですし、変わろうとしています

 彼女の指導はブライアンとトレーシーで、そして振付はデイヴィッドが行うとのこと。羽生君にもすでに知らせているようです。

 さて、ネット上では「想像力豊かな意見」がいっぱいで「感心」してしまうんですが、まず単純に、「過去の栄光」を全て捨てる覚悟で、クリケットの門を叩いた彼女の決断を評価したいです。

 たしかに、エテリの所に残っていても、例の暗い感じのプログラムで、後半ジャンプにタノ付きで、ジャンプ自体も「どっこいしょ」のままで、というのは変わらないでしょう。

 逆に、ブライアンの指導を受けて、デイヴィッドの(できれば明るい曲の)プログラムを滑って、上記の問題がクリアされるのであれば、どんなスケーターとして変貌するのか?という所は、純粋に興味があります。

 「移籍」という言葉だけを聞くと、例えばサッカーで、現所属チームで干されていた選手が出場機会を求めて別のチームへ、という事例が頭に浮かびます。ただ、今回のケースは、新しい監督がやってきて、チームの中心選手を、彼がいままでプレーしたことのないポジションにコンバートしたことで、その選手が覚醒する、そんなワクワク感にも似ています。マンチェスターシティの監督にグアルディオラが就任して、デ・ブライネやフェルナンジーニョが、「こんな凄い選手だったの?」と世界を驚かせるような変貌です。

 しかし、ヨナやハビや羽生君のケースと違って、メドベはすでに世界的実績を挙げている選手で、実際にどう変わるのか、そしてその変化をジャッジがどう評価するのか、超えなきゃいけないハードルは高いでしょうね。

 ただ、本人がこれだけやる気だし、しかもブライアンもやる気になっている。やっぱスポーツはこうじゃなきゃ!と、新シーズンが楽しみです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

yuzu

 CWWでのプルさんのニジンスキーの情報を調べている中で、「KISS & CRY」の「ウェブサイト」にアクセスしてみると、「仙台パレードのレポート」がアップされていました。予定変更で、こちらについて語りたいと思います。

 レポートのタイトルに「写真20点以上!」とあるように、美麗フォトがいっぱい掲載されています。この記事自体は4月24日にアップされていて、TwitterのTLに流れていた記憶が無いのですが、私が見逃していたのでしょうか・・・。

 最近のキスクラ本誌の方では、田中宣明さんの写真を掲載しているので、このウェブのレポートにも田中さんの写真が入っているかもしれませんね。てか、CWWのレポもアップしていたのだから、キスクラ最新刊用にたっぷり写真をストックしているのでは?はやく発売してもらいたいですね。

 そして、今回のパレードのレポートの締めの言葉が印象的です。

  「新緑に包まれた杜の都仙台で、まぶしい笑顔を見せてくれた羽生選手。これからのさらなる活躍に期待し、全身全霊で応援していきましょう!

 言われなくても、こっちはいつも全身全霊ですよ!と思いつつ、キスクラさんこそ裏切らないでもらいたいですね。ただ、ここ最近の「スケーター別に分割発売」というキスクラの出版方針は、それぞれのオタみんなが幸せになれる方法だと思っています。ぜひこの路線を堅持していただきたい。頼みますよ!

 さて、この凱旋パレードのレポートの一つ前の記事が、メドベのWOWOWのドキュメンタリー番組(4月30日放送)を紹介するものでした。私はこの番組は見れていないのですが、当然ながら「いまの騒動」をフォローしていないはず・・・。

 コメント欄で「静観する」と書いたばかりでアレですが、メドベのエテリとの「師弟関係解消」は、これ確定情報と見ていいかもしれませんね。5月4日にタス通信が伝えて、それを5日の夕方、朝日、日経、共同が報じています。これは日本のスポーツ紙や女性週刊誌の飛ばしsage記事とはレベルが違います。

 でも、「クリケット移籍の可能性」というのは、ロシアのスポーツテレビ局の報道なので、これは分けて考えた方が良さそうです。

 サンボ70の代表者が「クラブには残り、別のコーチの指導を仰ぐ」とコメントしていますが、これって、クリケットで言えば、ブライアンとの師弟関係を解消してもクリケットに残って別のコーチの指導を受けるという意味ですし、そんなのできんの?という気もします。

 これは私の推測ですが、移籍先が正式に決まるまで、練習場所を貸してあげている状態。だから、クラブとしてはこう答えるしかない、という所でしょうか。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0427

FullSizeRender

IMG_0458

IMG_0460



 エテリ組は、将来有望な女子スケーターがどんどん登場している状況にあって、そこで、読者の方々と一致した見解というのは、メドちゃんは突如現れた天才スケーターというわけではなく、チームの指導力も非常に優れているということでした。

 シニア1年目のザギちゃんが平昌五輪で金メダルを獲りましたが、男子で言えば、ジュンファン君が金メダルを獲るようなものですから、やはりこれは偉業です。以前、ミヤネ屋でもこの両チームが特集されたことがありますが、エテリ組とクリケットの「違い」を想像してみるのも、楽しい作業です。

 新シーズンが始まって、エテリ組のスケーターは順調に伸びるのかどうか。一方、クリケットのスケーターでは誰が輝くのか。この辺りも楽しみですね。

IMG_0472

 さて、Ice Jewelsの「ロシア雑誌紹介コーナー」の中で、メドベのママとおばあちゃんのインタが掲載されていました。親が子どもについて語る場合、自慢大会になるか、あるいは「ウチの子はまだまだ!」と謙遜するか(日本的現象かもしれません)のどちらかになりがちで、このインタの約8割は「ウチの子は賢い!」というお話でした。

 ところが、メドベママがフィギュアスケート経験者ということもあり、エテリコーチとの関係について、おばあちゃんが面白いエピソードを語っていました。

  「エテリさんを子どもの頃から知っています。ジャンナ(メドベママ)のコーチとエテリさんのコーチは夫婦でしたから。そして今度はジェーニャ(メドベ)が滑るようになって、再び氷上のエテリさんを見かけました。彼女の指導の幅広さ、教え子たちへの要求、子どもたちの動きを見ましたが、他の同年代の子どもたちとは大違いでした。彼女は子どもたちを2~3人単位で次々と『コンベアー式』に指導していました。結果や目的を意識したそのやり方が気に入りました

 「コンベアー式」という言葉を聞くと、「だから同じようなスケーターばかりなのか」と思いがちですが、私は少し違う印象を受けました。

 例えば、クリケットの練習風景から私がイメージするのは、トレーシーに率いられるスケーティングの全体練習と、個々人がランスルー等をする際にコーチが適宜アドバイスをする個人練習の二つですね。

 で、このおばあちゃんの話からエテリ組の練習を想像すると、おそらくレベル別に、約2~3人のグループがいくつもあって、それをエテリやドゥダコフが順番に見て回る。グループ内の2~3人の間で競わせて、グループ間での昇格・降格もあるかもしれない・・・。

 クリケットが「超エリート難関私立校に通いながら、凄腕家庭教師を(しかも科目別に何人も)雇っているイメージ」だとすると、エテリ組は「少人数制でレベル別のスパルタ学習塾のイメージ」でしょうか。日本のフィギュアの現場はどうでしょうね。少なくとも、日本の受験産業から想像できるような「システマチック」なものは確立されていないような気もします。

FullSizeRender

 さて、そんな凄いエテリ組ですけど、ミラノワールド後のザギちゃんのインタがWFSに掲載されています。フリーは得意としていたのに、なぜあんな崩れ方をしたのか。

  「体調は整っていました。ここ(ミラノ)に来てからの練習で、どちらのプログラムも通し稽古をして、ミス1つなく滑れていました。それでもこういうことはあるんです。いずれ起こることだったんですよ」

  「・・・原因はたくさんあったと思います。まず、ここへ来てインターネットを覗いたら、私について書かれた記事がいっぱい目に入りました。気にしないようにしたんですが、無理だったようですね。インスタグラムをチェックしても、私が(世界選手権の)代表チームのリーダーだと書いてある記事に何度も出くわしてしまいました。この試合ではもっといい演技を見せたかった。新たな経験になりましたし、まだできないことに挑戦するよりも、プログラムをミスなく滑ることだけを目指して頑張ろうと思います。練習でやっていることをそのままできるように

 SNSに関しては、メドちゃんも色々ありますけど、こういう部分をエテリが厳しく指導しない所が興味深いですよね。「一切やるな」って言いそうじゃないですか。

 ただ、なぜそうしないのか?って考えると、日頃の練習で命を削るぐらい追い込んでいるから、「SNSをやる元気があるなら、ご自由にどうぞ」という考え方なのかもしれません。

 これは、アーティスティックスイミングの井村ヘッドコーチが、代表合宿をする際に、いちおう休日や自由時間を設けていて、「遊びに行く余裕があるなら、行っておいで」というスタンスなのを思い出しました。力士並の食事をしないと痩せてしまうほどのハードトレーニングを課しているのは有名な話です。でも、彼女のことだから、スマホを見つけたらプールに投げ込むとか、へし折るとか平気でやりそうですが。

FullSizeRender

 楽しい話もご紹介します。例の秋田犬の件です。

  「(日本からプレゼントしたいというオファーの電話が)25本くらいかかってきました。母にまでかかってきました。(故郷の)イジェフスクとカザンも犬をくれると言うんです。秋田犬を繁殖しているあらゆる場所から連絡をもらいました。私はおとなしい子が欲しいんですよ!見た目は同じでも(と写真を指さす)、性格はいろいろなんです。メスのほうがおとなしいらしいんですけど」

  「(秋田犬は)誇り高いんですよね。強い主人を選ぶって本で読みました。飼う子が私を選んでくれるといいんだけど!そうしたらだいぶ楽になるでしょう。秋田犬について書かれた本を読んだり、飼い方の学習ビデオを見たりしていますし、調教師の人の力もちょっと借りたいと思っています

 ウチの近所でも、ワンちゃんを散歩させている飼い主さんをよく見かけますが、柴犬やトイプードルが多いですね。秋田犬を見たことは一度も無いかもしれません。

 ところで、ザギちゃんの新SPは「オペラ座の怪人」であると、アナウンスがされたようです。彼女のプログラムの選曲に関しては、やはり手堅く行ってる印象です。そうなると、メドちゃんは何を滑るのかも楽しみですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

zagi

 欧州選手権の女子フリーの感想です。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 Jスポで日曜の明け方(3:30)ぐらいから観戦しました。今日も滑走順に上位4人を見ていきます。



 ソツコワちゃんの転倒は久しぶりに見た気がします。転倒のあった後半の3LzはURもつきました。PCSについては後述しますが、今回彼女はよくやっていて、その割に明らかにスコアが抑えられていた印象です。

 ただ、今大会、SP・フリーのミスにより表彰台を逃したことは、気持ちの強い彼女のこと、きっちり五輪本番まで修正し、準備してくるだろうと思います。むしろ、気を引き締める意味で、この4位は良かったんじゃないかと。

 平昌五輪では、よほどのことが無い限り、金・銀はメドベかザギちゃんだと思いますが、銅メダルはソツコワちゃんが最有力だと見ています。もちろん、ちゃんとしたジャッジをしてくれればの話ですが・・・。



 フリーが終わった直後からネット上ではすでに言われていますが、これだけミスがあって、技術点が51.86の演技に、75.09というPCSは何なんだ?という話になっています。およそ23点も演技構成の方が高い。

 単純比較はできませんが、例えば、男子のフリーで、技術点が75点の演技にPCSが98点もつくでしょうか?ありえません。ヘルシンキのジェイソンのフリーだって、88.27(技術点)に89.20(PCS)です。

 100歩譲って、かりにコストナーがこの日ノーミスだったら75点というのも許せますが、1コケ、1抜け、1URで、これだけのスコアをプレゼントするというのは、理解に苦しみます。まぁ、日本でも怪しい採点が横行しているのであまり偉そうには言えませんけども。



 解説の岡部由起子さんも、このパーフェクトな演技を目撃して、笑ってましたね。ただただ、笑うしかないと。

 また、岡部さんが指摘していたのは、2ndに3Loをつけられる利点でした。つまり、コンビネーションジャンプの2ndの選択肢として、多くの女子選手は3Tあるいは2Tの二択ですが、これに3Loもあるので、かりにコンボ予定のエレメンツで転倒があっても、困るような状況になりにくい。

 対照的なケースが、この大会のコストナーのフリー。単発の3T予定の所が2Tに抜けました。彼女の2つのコンビネーションジャンプは、いずれも2ndが2Tなので、結果的に2Tを3回跳んでしまって、一本分が得点無しになりました。

 しかし、今季あれだけ苦労していた「ブラック・スワン」をノーミスしたんだから、フリーは安心して見られましたね。後半に入ってからの、怒涛のジャンプの連続構成も、余裕と自信を持ってサバいていて、簡単に跳んでいってしまう。そこが、「ダイナミズムに欠ける」とか「ガチャガチャと忙しい」という批判もあるんですけど、そこはもう、オリンピックで金メダルを獲れば誰も文句は言わないでしょう。



 メドちゃんは、よく頑張ったと思います。衣装も新調して、大人っぽさがアップ。そして、やはりスケーティングの伸びはザギちゃんより彼女の方がありますし、特に印象的だったのは、スピンの美しさです。

 序盤の3Lzを跳んだ後なんですが、回転は速いし、ポジションは正確だし、知子ちゃんもそうですが、リハビリ期間に一生懸命取り組んだのだと思います。

 プログラムもいいし、スケーティングも、スピンも、表現もいい。プロトコル上では、ルッツにアテンションがついてますけど、これで勝てなかったらしょうがない・・・という内容だったかと。

 正直、怪我する前のメドベに関しては、五輪では2コケぐらいでも余裕で優勝だろうと思っていました。しかし、ザギちゃんのフリーのPCSが75点台まで伸びてくると、二人ともにノーミスだったら、メドちゃんはちょっと勝てないかもしれません。

 気持ち的にはメドちゃんに金メダルを獲らせてあげたいですが、勝負の世界ですからね。最高の舞台でベストの演技を見せてくれることを期待しています。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ