On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:エフゲニー・プルシェンコ

2016-10-14-17-07-26

2016-10-14-17-07-36



 2015年2月20日発売。いやぁ、もっとはやく読むべきでした。ギャグ漫画タッチの敷居の低さと、しかし同時に、情報自体はかなりマニアックなものも詰め込んでいて、広い層にオススメできます。例えば、

 ・ 雑誌は沢山ありすぎてどれを買っていいかわからない。

 ・ 自分が応援しているスケーター以外の男女シングル選手の特徴、できればちょっと昔の名選手を手っ取りばやくおさらいしたい。

 ・ 現地観戦をするためにもう一押し、背中を押してほしい。

 この辺りを「欲して」いる方は、すぐにでも入手すべきです。これまで100冊以上の雑誌を紹介しておきながら何ですが、どの雑誌を買うよりも必要十分な情報を得られると思います。

 あまりネタバレしてしまうと面白さが半減するので、2点だけ。

 一つは、ページをめくり始めて、私が真っ先に心を鷲掴みにされたのが、「プルシェンコとはどういう選手か」についての記述と描写ですね。プル様をいちおう生で見たことのある私には、とうてい思いつかない巧い表現でありつつ、でも、そう!そうっ!そうだよ!と一発で納得できましたね。

 ギャグタッチの絵柄とともに、こう説明されています。

  「すっごい勢いと、ドヤ顔!!」

  「音にはビシビシはまってるんだけど、(ヤグディンと全然違って)世界観がどうとか振り付けがどうとかじゃなく、俺を見ろ!』って感じで、ただひたすらにプルシェンコ!

  「惹きつけられるけど、世界観にと言うより、存在感にですね。ヤグディンの演技は全方位に向いてます。磁場が広いというか・・・。見ている人をいつの間にか巻き込んでしまう「共有感」があるんです。プルシェンコは、『こっちが強引に引き寄せられるようなブラックホールみたいな演技』です。」

  「ヤツ(プル様)が(ショーのリンクに)現れた瞬間、リンクが縮んだのだ。観客は興奮し、それまでヒッソリ座っていた近くの女性も突如動きだし、(フォーッ!!!と)奇声を発し始めた。

 「フォー!」というふうには、私には聞こえなかったですけど、以前もどこかで書きましたが、周囲からは間違いなく歓声ではなくて悲鳴が上がっていましたね。ほとんどゆづファンばかりの14年のTogether on Iceでの話です。

 しかも、登場したから悲鳴が上がるんじゃなく、パワフルで、客席に突っ込んでくるんじゃないかというスピード感で、官能的で、そしてドヤってて、そんなプル様の演技にみんながつき動かされるように、徐々に悲鳴に変わっていった、そんな記憶が蘇ってきます。

 ところで、スポーツであれ芸能であれ、いろんなジャンルで言えるかもしれませんが、少し前のスターを無茶苦茶に褒めちぎりつつも、「いまの選手はうーたらかーたら」と、自分の不勉強を棚に上げてまともに見てもいない現役選手をディスる人って、ほんと信用ならんわと私は思っています。

 ただ、プルシェンコは、あんなスケーターが今後出てくるだろうか?というほどの独特な存在感とオーラの持ち主なので、羽生君を除けば、その次に「生でぜひ見てほしい!」と、私もお勧めしたいですね。

 やや長くなったので、もう一つは短めに。羽生君に関しては、最終盤になってようやく登場という感じ。そもそも本書がカバーしている時期がソチ五輪までなのでしょうがないんですが、

 古くからフィギュアスケートを見てきたファンが、羽生君にいつから注目し、彼の何をどう見ているのか?

 
という点で、なるほどなぁという記述が随所にあります。

 これって実は、私たちが、未来を担う若手選手の何をどう見るとより楽しめるか?というヒントでもあるので、歴史を学ぶ大切さと、歴史を知る人の視点を学ぶ重要性を気づかされましたね。

 全体として選手に対する評価・眼差しは、男女、国内・海外問わず、とてもフェアです。でも、「あるある!」と思わされるネタはぶっちゃけてくれているので、大いに笑わせてくれますね。

 詰まっている情報自体は(特にコラムは)マニアックなので、ギャグ漫画タッチの3頭身キャラがいい意味で、「読んでいて疲れさせない」効果を生んでいます。すでに、今月発売されたばかりの第二弾『フィギュアの季節です』も購入済。



 こちらも近日中にご紹介したいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-09-11-16-10-47

2016-09-11-16-11-09

2016-09-11-16-11-44

2016-09-11-16-13-14

2016-09-11-16-13-19

2016-09-11-16-13-32

2016-09-11-16-13-38

2016-09-11-16-13-55

2016-09-11-16-14-05

2016-09-11-16-14-22

2016-09-11-16-14-31

2016-09-11-16-14-38

2016-09-11-16-14-46

2016-09-11-16-14-51

2016-09-11-16-15-10

2016-09-11-16-15-18

2016-09-11-16-15-28

2016-09-11-16-15-40

2016-09-11-16-15-51

2016-09-11-16-15-57

2016-09-11-16-16-06

2016-09-11-16-16-15

2016-09-11-16-16-21

2016-09-11-16-16-38

2016-09-11-16-16-48

2016-09-11-16-16-57

2016-09-11-16-17-09

2016-09-11-16-17-23

2016-09-11-16-18-20

2016-09-11-16-19-41

2016-09-11-16-19-47

2016-09-11-16-20-24

2016-09-11-16-20-49

2016-09-11-16-20-57

2016-09-11-16-21-01

2016-09-11-16-21-21

2016-09-11-16-21-41


 
 2011年2月12日発売。2010-2011シーズンといえば、『メソッド』を開きながらチェックしていますが、15歳→16歳の時期で、羽生君のシニアデビューの年です。GPシリーズには、NHK杯(名古屋・4位)、ロステレコム杯(モスクワ・7位)に出場。長野で行われた全日本選手権は4位でした。

 これまで10-11シーズンの雑誌は2冊取り上げていまして、いずれもWFSで「46号」と「47号」でした。シニアの壁に阻まれた試合結果に対し、羽生君の発言には、悔しさと、メラメラと闘志をたぎらせるような、とんがった、熱い言葉が多いです。併せてご覧ください。

 さて、こちらのロングインタビューですが、11年2月発売ながら、シーズンイン直前に行われたものです。「シニアデビューの意気込みを語る!」という主旨です。おそらく画像を拡大表示することで全文読めると思いますので、私が気になった部分のみピックアップします。

  「アイスショーでプルシェンコ選手やジョニー選手とも知り合って・・・ふたりとも、僕のことをけっこう褒めてくれたんですよ。プルシェンコ選手はジャンプを褒めてくれたし、彼がビールマンを教えてくれたら、けっこう速く回れるようになっちゃった! ジョニー選手には、『君はすごく音を理解できてる。大丈夫だから、頑張って!』なんて言ってもらえた。ふたりとも、僕が本当に憧れていたトップの選手――大好きだったし、ずっと応援してきたし、憧れというか夢、の存在です。彼らにそうやって褒めてもらえるなんて、すごく自信にもなりましたし、『やっぱり頑張んなきゃな!』って気にもなりました。僕にとってのヒーローであり、神様だった人と、友達・・・まではいかなくても、先輩・後輩みたいな感じで、こんなふうに話せる。すごく嬉しいことですよね。

 もはや、羽生君こそが世界中の若手のスケーターの目標・手本となる一人で、アイスショーへの出演というのは、このような形で若い世代に様々な影響を与えているわけですね。

  「僕はどちらかというと・・・ひとりでいることが嫌なタイプです。仲良くなった友達とも、たとえば同じキーホルダーを持っていたいからプレゼントしたりする。なんとなく、人とのつながりを求めていたい。ひとりひとりの人と、つながりを求めて生きる男、なんです。だからスケートをやめちゃったら、そんな人とのつながりも終わっちゃう。ひとりになっちゃう・・・。

 ひとりになることはありませんよ!てか、この雑誌の内容が事実だとして、青嶋さん、よくこんな発言を引き出せるものだなぁと、感心します。

 しかし、いまのご時世、それが15歳の時の発言とはいえ、「人とのつながり」というものを、こんな風にピュアに語る人がいますか?なんかもう、羽生君には絶対にSNS等には染まらないでほしい。

 例えば、突然Twitterをはじめたりして、マメにエゴサーチしていちいちリツイートやいいねに勤しむような、売れないグラビアアイドルみたいなことはしないでほしい!せめてインスタぐらいで・・・。画像での発信だけなら荒れることもないので。他にも、

 「なぁ、羽生はん、会員制サロンでもやってみまへんか?もうかりまっせ!ダルビッシュはんが月額11000円やから、月額1万5千、いや2万でもガッポリいけまっせ!」

 こういう金儲け話を持ち掛けて、「あ、ゆづはんは何も書く必要ないでっせ。わしが会員向けメッセージは全部書きますさかい。かまへんかまへん。心配せんといてください」とか、このようなヤクザな連中がわんさか沸いてくると予想します。

 私は、羽生君には、たとえプロ転向後であっても、プロスケーターとして、フィギュアスケートだけに集中してほしいと願う一人です。解説は織田君と鈴木アッコさんでいいでしょう。
「アイスショーに足を運ぶ」ことを、コンサートやスポーツ観戦に行くぐらいメジャーな文化に押し上げるには、羽生君の力が絶対に必要だと思うのです。

 最後に一つだけ。「好きな衣装・MI:2」とありますが、「MI:2のテーマ」というと、私的には、Limp Bizkitのアレンジが大好きなんですよね!ずいぶん前になりますが、幕張でライブを見たこともあるので。



 3:00辺りから、誰でも知ってるこのテーマを彼らが演奏すると、ガツン!ガツン!という感じになります。フィギュアスケートにはちょっと厳しいかな・・・。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-06-12-19-08-07

2016-06-12-19-08-14

2016-06-12-19-08-38

2016-06-12-19-08-59

2016-06-12-19-09-08

2016-06-12-19-10-32

2016-06-12-19-10-50

2016-06-12-19-12-34

2016-06-12-19-13-02

2016-06-12-19-13-21

2016-06-12-19-14-07

2016-06-12-19-14-21


 
 アクセスが不安定でご迷惑をお掛けしております。独自ドメインに変更したのがちょうど先週の日曜日だったんですが、1日のPVが10分の1に、ブログランキングが20位ダウンしました。正直、心が折れそうですが、怪我で療養中の羽生君に比べれば、自分の苦労なんて屁でもないんだ!と、なんとか頑張りたいと思います。皆さまには、ご不便をお掛けして、本当に申し訳ありません。

 さて、ブックオフ発掘品の続編です。この「アイスショーの世界」という雑誌は、ワールドフィギュアスケートの別冊で、昨年7月に創刊。おそらく年一冊の刊行ペースで、今日ご紹介するものが創刊号です。

 例のごとく、この表紙だけを見れば、一般的な羽生君ファンなら購入を見送るはず。しかし、上に貼ったように、この雑誌のお堅い印象からは意外なテイストの写真がたくさん掲載されています。

 まず、ポスターが二枚封入されていて、一枚がマッチー、二枚目が羽生君。DOI恒例の浴衣でのアフターパーティの様子です。この浴衣取材だけで8ページもあり、他の登場選手の浴衣姿が網羅されていて面白いです。

 浴衣取材の中で羽生君へのQ&Aがあり、

 「気がついたら二十歳で、自分が先輩でいるのがとても不思議。さらに、昌磨が先輩っぽくしてることが不思議

 と、そうだよなー、雑誌で見かける数年前の昌磨は完全に小学生だもんなぁと、子どもの成長を見守ってきた親の気持ちになります。

 WFSの別冊ということなので、海外のアイスショーも取材されています。豪華客船の中にアイスリンクを作ってショーが催される「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」や、プルシェンコ率いる「スノー・キング」とか、この辺りは写真を見てるだけでもど迫力。ただ、客船の方はともかく、大規模なショーを日本に呼んでも、デカい箱に客を集めきれるのかという問題はありますね。

 参考までに、ボイジャーの方の価格は以下の通り。日本発着のクルーズには織田君も登場していたようです。

 ※ ボイジャーオブザシーズ 航空券付クルーズツアーコースの紹介

 他に、ジェフリー・バトルのインタビューがありますが、羽生君について、

 「彼ははじめから演技者としての資質があって、いま思えば、僕が最初にパリの散歩道を振り付けたときから、現在(バラ1)のユヅルの姿が見えていたのかなと思う」

 そんな感じで、羽生君の進化・成長を賞賛しています。新シーズンもジェフにお任せするのか、だとしたら、また違ったスタイルのプログラムになるのかな?と、今から楽しみです。


 今年も、「アイスショーの世界」の第二号が来月発売予定ですが、羽生君は春以降のアイスショーを全てキャンセルしているわけで、誌面における羽生君の登場頻度はどのぐらいになるんでしょうか。逆に、何をねじこんでくるのか全く予想できないので、中身を見ずにアマゾンでポチるのはさすがにリスキーですが、書店で必ずチェックしてみようと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ