On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:エリザベータ・トゥクタミシェワ

2016-10-16-16-49-29

2016-10-16-16-49-39



 2016年10月7日発売。二日前にレビューした『フィギュアの時間です』の続編をさっそくご紹介します。

 全て読み終えてから、冒頭と、そして、最後の「あとがき」をもう一度見てみると、この内容になるのも仕方ないのかなと思いました。

 すなわち、作者さんが「原稿を描くのに忙しくて現在進行形で情報を追えていなかったこと」と、編集のKさんにかなり「多いです、削ってください」とカットされたことで、結果的に前作と比べて「薄い」印象です。

 前作は、まぁ、昔話が大半で、しかし「歯切れのよいぶっちゃけ」と「勉強になるなぁ」という、二つの意味でおいしい内容でした。

 続編の本作は、「14-15」と「15-16」の2つのシーズンという短いタイムスパンなので、男女シングルの現役選手に対する「分厚く濃い描写とぶっちゃけ」があるのかと思いきや、はっきり言って質・量ともに物足りません。

 例えば、この作者は(と編集者も?)、日本の女子シングル選手に関しては、宮原さんよりも本郷さんが好きなんだろうな・・・というのは、最終第8章を読んでいてすぐに分かりました。もちろん、本郷さんの長所を実に上手く捉えていて、それは別にいいのです。

 しかし、もうそこで、残り10頁ほどなので、じゃ、他の選手についてはどう見てるの?という期待感を奪うかのように、あとは、パタパタっとやっつけ気味に終わってしまいます。巻末の年表を見ていて、あれ?新葉ちゃんは出てきてた?とか、友野君や刑事君を紹介するのもいいけど、草太君はでてきてないよな?とか、やはりこの辺りのホープは最低限押さえておいてほしいよなぁ・・・と、けっこう不満があります。

 他方で、アイスダンスやペアに関する描写はさすがの一言で、今季はまじめに見てみようかな!と、背中を押してくれます。でも、私は、「ブログでレビューする」という目的があったから、集中して頭から一気読みしたから良いとして、これ、一般的なファンからすると、最後の最後の章でやっと「15-16シーズンの日本のシングル選手」の話が出てくるまで、けっこうキツイんじゃない?と思いました。つまり、章の並びが悪い、ということです。

 やっぱり、私たちが容易にイメージできる、最新の現役選手に対して作者はどう見ているか?というものを、最初にある程度提示してもらわないと、海外のしかも引退したアイスダンスやペアの選手の何がどう凄いかとか、「スケオタの日常」や「重箱のスミをつつく話」をされても、ピンとこないんですよね。内容はいいんです。順番がもう少しどうにかならなかったのかなと。

 ということは、まだ読んでいらっしゃらない方は、まず第8章から読んでいただいて、そこからお好みで興味のある章をつまんでいく方が良いのかもしれません。

 文句ばかり書きまくりましたが、個人的にニヤリとさせられた部分を。

 ・ プルシェンコの嫁さんについて。私が見たTogether on Iceでは、本書で描かれているようなあんな薄着だったかどうかは記憶にないですけど、ロングサイド中央・中段のVIP席で、明らかに一般人じゃない風格を漂わせていました。写真は熱心に撮っていましたね。

 ・ リーザについて。本書では「小っちゃいマッチ棒みたい」と描写されています。私も国別対抗と新横浜DOIで目撃しましたが、ホント小さいんですよね。テレビで試合の中継があると、実況スレでは、やれ銀座のチーママだとか、岩下志麻みたいだとか、色々言われてますが、小柄でかわいらしい体型です。

 最後に羽生君に関しては、まぁこんなもんかなぁ・・・と。しっかり描いてくれているし、これ以上「推す」とバランスを欠いてしまうので、十分ですね。そういえば、ハビって出てきてたっけ?と調べ直してみたら、なんと、

  「スペインのハビエル・フェルナンデス君、ハビ、ハビって呼ばれてるけど、同じスペインの同じ年のハビエル・ラジャ君もやっぱり『ハビ』なの?一緒にいる時はどう呼び分けられてるの?」

 という形で、前作で2コマだけ登場していて、本書では一切出てきません。羽生君の最大のライバルなのになぜだろう・・・。そういえば、コーチの話題は扱われていても、ブライアンはコラム扱いだし、振付師の所でジェフは紹介されていても、シェイリーンはまったくないし・・・。

 こういうことを言い始めたらキリが無いのは分かっています。だからこそ、こりゃもう、すぐに第三弾を出さなきゃ、賞味期限切れになってしまいますよ!と、次回作を待ちたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-07-05-17-00-00

2016-07-05-17-03-52

2016-07-05-17-38-48

2016-07-05-17-39-26

2016-07-05-17-39-44

2016-07-05-17-40-36

2016-07-05-17-40-10

2016-07-05-17-41-42

2016-07-05-17-41-12

2016-07-05-17-42-05

2016-07-05-17-42-21

2016-07-05-17-42-54

2016-07-05-17-43-42

2016-07-05-17-45-15

2016-07-05-17-55-03

2016-07-05-17-46-39

2016-07-05-17-46-46

2016-07-05-17-47-42

2016-07-05-17-47-58

2016-07-05-20-07-11

2016-07-05-20-07-43



 2011年11月25日発行(11月12日発売)。今さら説明の必要のない、フィギュアスケート専門誌の老舗。本号が第50号で、創刊号は1999年秋、ミシェル・クワンが表紙を飾っていました。

 羽生君情報の前に、まずは表紙のこの方ですよ。以前レビューしましたが、Number PLUSの「灼熱の銀盤」(2013年11月発売)で、マツコ・デラックス、伊藤みどり、樋口豊の3名による「マニアック鼎談」なる企画がありました。その中で、マツコさんはこう言ってたんですね。

  「顔だけで言えば以前の(エリザベータ・)トゥクタミシェワが好きだったんだけど、今は凄いことになっちゃっているわね」

  「キャシー中島さんみたいになっちゃってるじゃない!驚いたわよ。どんなクールビューティーになるのかと思ってたのに」

 おいアンタ、自分のことを棚に上げてそりゃ言い過ぎだろ!いまだって美人さんじゃないか!と思ってたんですが、後日購入した本誌を見て、ちょっとだけ、ぐぬぬ・・・という感じです。でも、いまのリーザも私は大好きですよ。



 さて、羽生君です。震災から8カ月。練習場所を確保するのも大変だった羽生君は、まさに男子マラソンの川内優輝選手が「レースを練習替わりにして」大会に出まくっていたように、アイスショーに多数出演することでコンディショニングを行っていたことは、皆さんもご存じかと思われます。

 この号での羽生君は、ジャパンオープンへの「サプライズ・ゲスト」にはじまり、「カーニバル・オン・アイス」、「フレンズ・オン・アイス」、「ファンタジー・オン・アイス」と出演しており、その様子がリポートされています。

 画像で貼ったジョニー・ウィアーについては、第49号の「ジョニー・ゆづ対談」(2011年7月FaOI福岡)を以前の記事で紹介しました



 こちらは9月の新潟のFaOIでの単独インタビューです。ここでも、彼は羽生君を高く評価しています。

  「ユヅルに感心するのは、彼はまだ若く自分のスタイルを模索している最中だけど、その滑り、パワー、エモーション、すべてが純粋なところです。彼のように自由な子がいることは本当にすばらしいと思う

  「(将来若いスケーターたちにプログラムを振付てみたいかと訊かれて)もちろん!ユヅルとやってみたいな

 ゆづが「自由な子」って?と思われる方もいるでしょうが、この前の部分も素晴らしい内容なので、引用してみます。

  「ぼくのキャリアはまるでジェットコースターのように浮き沈みが激しかった。ぼくに投げかけられる批判的な言葉が心配だった人も多かったと思います。でも、ぼくはまったく気にしていない。だから、エディット・ピアフ(※プログラム)でもそうした声をそのまま流したんです。むしろそうした言葉がぼくを強くしてくれる。「お前には無理だ」「お前はもうおしまいだ」と言われたって、「いいや、ぼくには未来がある」「ぼくは最高だ」「みんなぼくのことを決して忘れない」ということをいつも示してきた。そうした批判すらもすべて自分のものにしてきたんだ」

  「(「ウィアーさんは本当に強い人なんですね」と訊かれて)それこそぼくが若いスケーターたちに見せたいものなんです。ぼくはオリンピック・チャンピオンでも世界チャンピオンでもない。それでも人々はぼくのことを決して忘れないでしょう。それはぼくが強い人間だからであり、強い個性を持っているからです。「こうしなければいけない」という力に何から何まで従う必要はないんですよ。いい演技ができれば、気にする必要なんてない。音楽や衣装の選択やら政治的な馬鹿げたことでたくさんのプレッシャーがあると思うけれど、ぼくは若いスケーターに自由であってほしい。自分がそのことを示せていたらと願っています」

 私の読む限りでは、ジョニーのいう「自由な子」とは、周りの雑音に惑わされることなく、自分の個性を信じて純粋に演技に没頭できる若者、という意味に受け取りました。そして、羽生君もそんなスケーターであると。

 またジョニー?と若干飽きがきてる方もおられるかもしれませんが、現代の日本人に対する金言でもあると思います。みんな自己評価が低すぎるだろ!他人に振り回されず自分のやりたいようにやれ!と。少なくとも私は、彼のインタビューにはいつも励まされますね。彼の自伝も揃えてみようかと考えちゃうほど。

 最後に、クリケットクラブについて。羽生君が移籍する前、野口美惠さんがクリケットに取材に行かれていて、ブライアンとデイヴィッドのインタビューも収録されています。現地リポートの中で、やはりこの二点が目を引きます。

 ・氷の質は、日本では類を見ないほどなめらかでよく滑る。蹴らないでも進むため悪い癖がつかず、正確なエッジワークを身につけるのに最適な質を、毎日保っている。

 ・日本の場合は、1人のコーチが技術指導から精神ケア、試合戦略まですべての面倒をみて、他のコーチとは交流しないのが原則。カナダでは複数のコーチに習う選手もいるが、全コーチ(21名)と全選手が交流するスタイルは、オーサーオリジナルの手法だ。

 実を言うと、ハビもクリケットに参加したのはこの2011年の夏だったわけで、翌年のワールド後、羽生君がクリケットに加入するというのは、この時に取材している人もされている人も、みんな想像すらしていなかったことが、この記事から伝わってきます。
 
 二人のインタビューからは、ソチの「ソ」の字も出てこないので、運命的な出会いというのは突如、劇的に訪れるものなのかなと感じますね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-06-15-20-50-07

2016-06-15-20-50-16

2016-06-15-20-50-37

2016-06-15-20-52-30

2016-06-15-20-52-44

2016-06-15-20-53-20

2016-06-15-20-53-35

2016-06-15-20-51-35

2016-06-15-20-51-04

2016-06-15-20-52-01


 
 相変わらずlivedoor側から音沙汰無しなんですが、昨日は比較的アクセス状況が良くなっており、このまま改善してくれることを祈るばかりです。アクセスが良い時を見て、ブログランキングへ最新記事の更新情報を送るようにしています。しかし、アクセスが悪い時間帯に「更新情報」のアップが行われると、livedoorトップページが私のブログのURLと認識されて、livedoorのニュースが私の「最新記事」として並んでしまうこともあります。

 皆さまにはご迷惑をお掛けして、申し訳ございません。毎日0時更新は不変ですので、お時間のあるときに遊びに来てください。

 今日ご紹介するのは少し前のNumber PLUSです。2013-14はソチのシーズンですが、この雑誌の発売後、羽生君は福岡のGPファイナルを制し、ソチで金を獲るわけです。


 全97ページのうち、羽生君の特集は14ページ。これに目次裏の写真1ページ、本田先生の解説記事に1ページ。あとは、リバーシブルカバーなので、カバーの裏表紙、カバーを外した中身の裏ページも羽生君。ちょっとボリュームの面では物足りないかもしれません。


 インタビューは、野口美惠さんによるもので、つまり『王者のメソッド』のCHAPTER 6とかぶっています。ただ、「かぶっている」とはいっても、両者を照らし合わせてみると、こちらの方が描写は詳しいです。

 例えば、羽生君がスケートカナダのFSでミスをして、キスクラで採点を待つ間、ブライアンが慰めようとしても、これを無視し、プーさんのティッシュケースをドンと置いて、イラついていたというエピソード。

 他にも、羽生君がハビに対して、4回転サルコウをどうやって跳ぶのかしつこく質問するので、ハビは「最初は嫌そうな顔をしていた」とこの雑誌の中では記述されていますが、『メソッド』では「最初は不思議そうな顔をしていた」と表現がマイルドになっています。さて、どっちが本当なんでしょうね!

 クリケットに移籍して2シーズン目。まだまだ「試行錯誤」という雰囲気がインタビューから伝わってきます。ただ、画像にも貼りましたが、「ジャンプを跳ぶしかない」という方針はさらに難易度を増して、現在の彼の最大の武器になっていますし、この時から、自分の長所を伸ばすことをはっきりと考えていたということですね。


 
 他の見所は、マツコ・デラックス、伊藤みどり、樋口豊先生の座談会ですかね。羽生君のファンにとっては食いつける要素の少ない内容ではありますが、面白かったのは二つ。

 おそらく面識があるんでしょうけど、マツコが、山田満知子先生を、「満知子!」と呼び捨てにしてること。もう一つは、トゥクタミシェワについての評価。

 「顔だけで言えば、以前の(エリザベータ・)トゥクタミシェワが好きだったんだけど、今は凄いことになっちゃってるじゃない!キャシー中島さんみたいになっちゃってるじゃない!驚いたわよ。どんなクールビューティーになるかと思ってたのに」。

 この座談会は2013年ですから、私たちが目撃した、2014-15シーズンの彼女の快進撃の前の話です。しかしキャシー中島って、あなた他人のことをよく言えますなぁ・・・と。いまのリーザは、若い頃の岩下志麻みたいで、色気ムンムンなのが実に個性的で、私は大好きな選手ですけどね。

 2ちゃんねるの実況スレの書き込み(中年男性らしき書き込み多し)を見ていると、李子君(ジジュン・リー)の次に、リーザはインパクトのある外国人女子スケーターとして認識されていると思いますよ。

 他に、「マイベストプログラム」を有識者の方が3本挙げる企画もあります。私が3本選ぶなら、

 ・ 羽生君の2012年ニースの旧ロミジュリ

 ・ 羽生君の2014年ソチ男子シングルのパリ散

 ・ 宮原さんの2015年国別対抗戦のミスサイゴン

 こうなります。なんで国別のミスサイゴンを選んでいるかというと、代々木で実際に観まして、単にノーミスの名演ってだけでなく、周りの女子高生が大泣きしていて、こちらももらい泣きしそうになるほど、衝撃を受けたからです。

2016-06-15-22-02-21

2016-06-15-22-02-55

2016-06-15-22-04-40
 
2016-06-15-22-05-06

2016-06-15-22-06-11

2016-06-15-22-05-51

 あれからまだ一年ちょっとですが、ずいぶん昔のような気がします。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ