On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:ガブリエル・デールマン

gaby

 今日もカナダ選手権です。男女フリーの感想を。リザルト関係は「こちら」。



 3Fにアテンションがついていますが、文句なしのパーフェクトな内容でした。肺炎だっていう話もあって、それでよく、2本揃えられたなと。

 今季の彼女はオフの手術の影響で、GPシリーズはミスが見られ、どうなんだろうなぁ・・・と心配していました。しかし、良いトレーニングを積んで、ピタっとこのナショナルに合わせてきたのでしょう。

 彼女の努力とメンタルの強さは言うまでもないですが、「さすが、クリケットの調整能力!」と、そこも強調しておきたいです。羽生君にもブライアンがいてくれるんだから大丈夫!と、信じたいと思います。



 ナショナルなんでスコアこそ147.32と出ているんですが、後半のジャンプで3つミスが出ました。3Loでお手つき、3Fでコケ、3連コンボのループがシングルに。

 名古屋のファイナルのフリーでも、後半のみ3ミスでした。これは、スケカナ・フランス杯から続いています。

 スケカナとフランス杯のフリーは、前半のジャンプでもミスがあったので、改善傾向にあるとも言えますが、もうフリー自体に完全に苦手意識があるというか・・・。しかも、今大会のように得意のSPでもミスが出ると、平昌五輪でのメダルは厳しいかもしれません。



 日曜の朝7時頃に男子のフリーも始まっていたんですが、最終グループだけ残して、数時間後、午前10時半過ぎから再開という、不思議なタイムスケジュールでした。

 冒頭に2本の4Tでしたが、1本目のお手付き、成功した2本目も含めて、思っていたよりも出来は良いですね。「自分はいまのクワド時代にはついていけない・・・」的なコメントが何かと紹介されがちですが、五輪でも2本きっちり降りれば、十分に戦えると思います。

 むしろアクセルの方が残念な内容でした。結局2Aが3本になってしまって、1本分、点数が入っていません。

 ミスはいろいろありましたが、ファンはスタオベでPさんを称えていて、やはり愛されていますね。彼のような成熟したスケーティングを、いまの若手で継承するような人がいるかというと、ちょっと見当たりません。もう少し頑張ってほしいなぁ・・・と思うんですけどね。





 メッシング→→「217.75」(9位:スケカナ)「235.80」(5位:NHK杯)「259.25」(2位:カナダ選手権)

 ナム→→「238.45」(7位:ロステレ)「214.51」(10位:NHK杯)「258.16」(3位:カナダ選手権)

 まだ正式に五輪代表は発表されていないと思いますが、スコア的には僅差なんですけど、直接対決でいずれもメッシングさんが勝っているので、ナム君は厳しいかもしれませんね。

 明日は、「今のうちに」という感じで、放置状態だったWFSをご紹介します。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

patrick

 カナダ選手権が始まったので、今日は久々に試合の感想を。リザルト関係は「こちら」で。



 4Tは派手にコケて、3AもSOでしたが、それでも、足が氷上に磁石で固定されているようなスケーティングと、スピンもいいし、見ていて安心感がありますよね。

 羽生君の長年のライバルだから、特別好きな選手というわけじゃないけれども、昨今の、若手のクワドジャンパーの「跳んではコケて、跳んではコケても、高得点」というのに、さすがにウンザリしている部分もあるので、心を洗われます。フリーはクワド2本でしょうか?頑張ってもらいたいです。



 77.88とすごいスコアが出ています。冒頭の3T+3TのGOE+2.10にすげー!と思ったんですが、スケアメのプロトコルを見ると、+1.90もらえているので、そこまで銀河点というわけじゃないんですね。

 なんたって、ヘルシンキで台乗りしてますし、ノーミスすれば、現状では日本勢よりもスコアは出る選手なので、フリーも揃えられるかどうか注目ですね。



 ショート番長のケイトリンが、最初のフリップで珍しくコケました。しかも、コンビネーションの2ndもダブルじゃん!と。フェンスにギリギリという感じだったので、やむを得ずという所なんでしょうか。

kaetlyn

gaby

 PCSはガビーよりも高くて、しかも「J1」は、この内容の演技に、「9.75を3つ、9.50を2つ」って、やりすぎやろ!(笑)

 ただ、PCSのつけ方を見ていると、けっこうバラバラなんですよね。ケイトリンに関しては、「J5」や「J6」は、8.75をつけています。一方、ガビーは、「J4」が「8.00を1つ、8.50を3つ」って、いくら何でも辛すぎる。

 なんだか、日本みたいに組織ぐるみで「右へならえ」的に高得点をつけようとするんじゃなくて、正否はともかく、個々人がわりと好き勝手につけてるのかな?と、国民性なのかぁ・・・と興味深いです。

 カナダのシングルの五輪出場枠は、男子は2人で、女子は3人。女子は、2位と3位のスコアがすでに大差なんですが、男子の2人目はけっこう激戦。メッシングさんかケビンか。・・・いや、バルデさんやナム君もまだスコア的にはチャンスはある。個人的には、ケビンはおそらく今季がラストのはずなんで、オリンピックに出てもらいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-06-06-17-16-32

2016-06-06-17-16-42

2016-06-06-17-17-17

 
 アクセスが不安定な中、お越しいただき本当にありがとうございます!巷の噂ではドメイン変更から約72時間はこの状況が続くようで、8日(水)の夕方までには解決していてほしいものです。

 PC、携帯、タブレット、どれを使ってもアクセスできないことはあまりないので、複数の端末でトライしていただけると、どれかで記事は読めると思います。

 羽生君の記事はこれまで通り、毎日0時に必ず更新します!

 ただ、昨日の夜中の話ですが、ブログランキングにおける私のブログの「最新記事」の表記にライブドアニュースがそのまま並んでいるのを発見しまして(おそらくlivedoorトップページに一定時間飛ばされていることが影響している)、慌てて対応しました。ここ数日はとくに注意したいと思います。

 さて、昨日の記事につづいて、発売したばかりの最新号の「vol.6」です。

 結論から言うと、ゆづファンにとってはやや厳しい内容になっています。まぁ、ワールドは勝てなかったし、その後は怪我でトロント療養中でアイスショーもキャンセルしてるんで、インタビューもなかなか取れないですよね。

 「アイスジュエルズ Vol.3」を「薄い」と感じた方もおられるとは思いますが、あちらは1512円、こちらは1836円なんで、ますますもって強くは推奨できません(汗)。

 
 さて、まずは巻頭の羽生君のインタビューから。これは、ワールドのフリー後のミックスゾーンでのコメント、エキシビション後の記者会見、そしてワールドから一か月半後のインタビュー(※拍手コメントで「5月半ばのインタ?」と予想されていた方、鋭い!)と、三つの内容で構成されています。とはいえ、かなり圧縮されている感じはします。

 中身は、ワールドの敗因分析が中心です。怪我による足の痛みを我慢してワールドに挑んだという話は、知っていることとはいえやはり読んでいてこちらも辛くなりますが、全体的にサバサバした受け答えになっています。負けたことについては受け入れつつも、怪我で練習できないことが何よりキツイようです。

 例の「溶けた氷」の話はほぼ皆無なので、ここは「ジュエルズ」が一本取ったといえるでしょう。あのインタビューはやはり貴重ですね。

 そんな中、個人的に興味深かった発言は、

 「いつも試合を全力でやるのは当然だが、試合に向けての練習まで毎日全力でやるだけじゃダメだ」

 というもの。

 報道されている、「左足リスフラン関節靭帯損傷」(全治二か月)が、特にオーバーワークによるものではない(?)ようで、じゃ、なんで練習で追い込みすぎるのがダメ、という考えに至ったのか。もう少し突っ込んで聞いて貰いたかったです。ただ、この辺りの食い足りなさも含めて、同じ扶桑社から7月に出る『蒼い炎II』のためにストックしてある可能性はありますね。

 
 純粋な羽生君の声は冒頭のインタビューだけです。他は、目次の通り、ワールドのたいへん詳しいレビューと有力選手のインタビューがてんこ盛り。そんな中、羽生君を「読み解く」という視点に立つと、ハビエルのインタビューと、マッサージセラピストの青嶋正氏への取材が面白いと思いました。

 その二つの内容にまで深く踏み込むと、買う楽しみが無くなってしまいますので、書店で実際に手に取ってもらいたいですが、特に、ハビのインタビューは絶対に読むべきです。

 都内で4月に行われたインタビューなので、非常にリラックスしつつ、聞き手の方もおもしろい部分を突っ込んでくれているので、読み応えはありますよ。そして、私自身はミキティがまた好きになりました。インタビューで言及されている、「○」を送る彼女の表情が容易に頭に浮かびます。夢に出そう・・・。


 ハビと羽生君は性格面だけでなく、トロントでの生活スタイルからしてまったく違うなぁと、改めて感じました。もしかしたら、上で触れた、羽生君の「練習に対する意識」の変化は、ハビを見て、何か取り入れてみようとか、そこから来ているのかも・・・。あくまでも私の憶測ですけどね。

 実はこの号の主役は昌磨君です。ワールドとチャレンジカップとでインタビューが二回分収録されています。そして、小塚君の引退インタビューもボリュームたっぷりです。

 ほかには、「アイスジュエルズ Vol.2」で取り上げられていた、真凛ちゃんの振付担当のマリナ・ズエワさんがこちらでも登場しています。こっちのインタビューの方がやや詳しいですね。

 
 最新刊の中身の撮影は控えるようにしているんですが、この二枚は小さいですし、いいでしょう・・・。

2016-06-06-23-52-03

 ※クリケットファミリーのガブリエル・デールマン。安定感には欠けますが、海外ドラマの女刑事役っぽい風貌で密かに応援しています。

2016-06-06-23-51-03

 ※ロシアのラジオノアです。この子はいつも明るくて、ロシアっぽくない所が魅力です。アメリカンなコスで一瞬にして目を引きました。

 今年のワールドというのは、羽生君のファンにとっては辛い大会で、こんなもん早よ忘れたいわ!と思う方もおられるでしょう。ただ、彼が辛い時の発言も我々はすべて受け止めて、ともに成長し、応援していきたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ