On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:グレイシー・ゴールド

mirai

 全米選手権の3日目。女子フリーです。

 まず、総合順位は、1位・テネル、2位・長洲さん、3位・カレンという結果になりました。五輪代表の発表は現地6日(日本時間7日)で、本大会とグランプリシリーズなどの成績を加味して決められるとのこと。

 4位のアシュリーもGPで良かったわけではないし、やはり今大会の3位までがそのまま五輪代表になるんじゃないでしょうか。



 2位に入った、長洲さんから。冒頭の3Aは、これは足らないでしょ?と思いつつも、認定されてのGOEマイナスという判定。この大会はそういう方針なのでしょう。彼女に限らず、全体的に回転不足の取り方は甘めです。

 NHK杯がそうでしたが、彼女の場合、3A以外のジャンプでミスを連発してしまう点が課題。ただ、このフリーでは、後半のルッツのUR一本に留めました。演技直後から涙が止まらない彼女でしたが、コンディションをもう一段階上げて、オリンピックで頑張ってもらいたいです。



 3位のカレンは、フリーのスコア自体は4位。プロトコルを見ると、エッジエラー1つ、回転不足3つ、ダウングレード1つと、苦しい演技でした。

 解説の鈴木明子さんが「ジャンプは幅があって大きい」と言っているのは、その通りなんですけど、その後のコントロールが効いていません。特にコンビネーションジャンプだと、1本目はドン!と跳ぶんですが、2本目では回転の勢いが無くなり、そのまま詰まって落ちる。調子の悪い時の樋口さんのような感じです。

 魅力溢れる選手なので、個人的には応援しているんですが、ジャンプの問題を解決して、演技が安定してこないと、トップレベルの大会で台乗りするには厳しい感じはします。



 優勝はテネルさん。2Aで回転不足がありましたが、ノーミスだったら220点超えということですか。別に彼女に恨みがあるわけじゃないですが、この子の何がいいのかな?と思って放送を見ていても、「ジャンプのミスが少ない」という部分以外、私にはちょっと思い当たりません。

 長身で細身の体型なのに、上半身の動きが、ブツ切りな感じに見えるのはなぜだろうかと。単純に身体に柔軟性が無いというだけでなく、スケーティングスピードの遅さにもあるような気がします。例えば、これがカレンだと、ジャンプはボロボロだけど、もっとスケートが「走っている」感じがあります。ただ、あくまでもこれは私の印象、好き嫌いのレベルですので、悪しからず。

 ところで、本人もTwitterでつぶやいていたそうですが、グレイシーがやる気になっているという話ですね。いま抱えている問題をクリアすれば、彼女ならすぐに国内で一番になれるのでは?と思います。年齢的にも、北京も十分頑張れるはずで、ぜひまたチャレンジしてもらいたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-06-18-18-22-20

2016-06-18-18-22-28

2016-06-18-18-23-34

2016-06-18-18-24-06

2016-06-18-18-24-21

2016-06-18-18-24-33

2016-06-18-18-24-56

2016-06-18-18-25-28

2016-06-18-18-25-54

2016-06-18-18-25-28

2016-06-18-18-25-39

2016-06-18-18-26-37

2016-06-18-18-26-53

2016-06-18-18-27-20

2016-06-18-18-29-05

2016-06-18-18-29-20

2016-06-18-18-30-18

2016-06-18-18-30-45



 久しぶりに表紙に羽生君が帰ってきました!2015年7月発行。この「日本男子ファンブック」シリーズを扱うのは二度目で、以前の記事で取り上げた号とは異なり、ライターは別の3人の方で分担しています。

 まず、巻頭の羽生君のインタ。これは、あくまでも14-15シーズンを振り返る内容で、15-16に向けての具体的な発言、例えばSEIMEIについては一切出てきません。「振り返る」といっても、中国GPの衝突からどうやって立て直したのか、という話が中心です。ファンの一人として、私もあまり積極的に思い出したくないエピソードですけど、おっ!と、こういうことも言ってたのかと、その意味を深読みしたくなったのはこの部分。

 「あのような事故は今までに前例のない稀なものだったと思います。・・・他のスケーターの方々が得られないような経験ができたことは、僕にとっては確実にポジティブな方向につながると思います。もちろんケガをした影響はあるかもしれないけど、ケガは治るものだから。それ以上に精神的な面では、経験とか体験という裏付けがないと強くならないと思うので。その点に関しては本当に恵まれたのではないかと思います。

 私は、フィギュアスケートの他にサッカーもよく見るんですけど、「故障期間のリハビリを経て精神的にも強くなった」という言い方は聞いたことがあるにせよ、この羽生君のような、「ケガしたこと自体でアスリートが強くなるわけではない」とケガを突き放して、「精神面は経験値で強くなる」ってのは、ヨーロッパや南米のスター選手のインタでも聞いたことがありません。なんという強靭なメンタルでまた独特の考え方なのか!と改めて驚きました。

 インタビュー時の黒のVネックの写真は能登直さん。試合やショーは複数の別のカメラマンによるものです。

 実を言うと、インタビューとして個人的に最も面白かったのは、村上大介&グレイシー・ゴールドの同門対談。この対談自体は、村上君の知名度を日本全国に知らしめた、14年のNHK杯の翌日に行われており、本書発売よりもずいぶん前です。

 対談の中では、特に二人の師匠のフランク・キャロルコーチ、そして同じチームのデニス・テンについて語っている部分が非常に勉強になりました。例の一件の後、デニス・テンとキャロルコーチについての印象は、我々羽生君ファンの間で最悪でしょうけども、この対談によって特にキャロルコーチの人物像が分かると、そりゃ、あーいう反論をするわなぁと納得。身近な例で言えば、甲子園常連校の名物監督的というか、あんなイメージが頭をよぎります。古風で頑固・・・。外部に対してというだけでなく、自分の弟子に対する指導法を見ても、ブライアンとは全く真逆の性格してますよ。
 逆に、デニス・テンはシャイでおとなしい性格という話。同じチームメイトに対する発言ということを差し引いた評価だとしても、例の問題よりもずっと前に行われた対談ですから、ある程度信頼性は高いと見ました。こういうものを知識として頭に入れておくのも無駄ではないと思います。

 他にも、とにかく「対談」が多いです。女子のホープの三人、昌磨&草太の将来のエース候補対談から、若手コーチ対談、ノービス座談会まで。島田高志郎くんと三宅星南くんは、昨年6月の新横浜のアイスショー(DOI)で生で見ているので、ぜひ今後活躍してほしいです。

2016-06-18-21-53-58

2016-06-18-21-54-11

2016-06-18-21-54-30

2016-06-18-21-54-48

2016-06-18-21-56-27

2016-06-18-21-56-01

2016-06-18-21-55-18

2016-06-18-21-55-26

2016-06-18-21-56-44

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ