On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:ケイトリン・オズモンド

gaby

 今日もカナダ選手権です。男女フリーの感想を。リザルト関係は「こちら」。



 3Fにアテンションがついていますが、文句なしのパーフェクトな内容でした。肺炎だっていう話もあって、それでよく、2本揃えられたなと。

 今季の彼女はオフの手術の影響で、GPシリーズはミスが見られ、どうなんだろうなぁ・・・と心配していました。しかし、良いトレーニングを積んで、ピタっとこのナショナルに合わせてきたのでしょう。

 彼女の努力とメンタルの強さは言うまでもないですが、「さすが、クリケットの調整能力!」と、そこも強調しておきたいです。羽生君にもブライアンがいてくれるんだから大丈夫!と、信じたいと思います。



 ナショナルなんでスコアこそ147.32と出ているんですが、後半のジャンプで3つミスが出ました。3Loでお手つき、3Fでコケ、3連コンボのループがシングルに。

 名古屋のファイナルのフリーでも、後半のみ3ミスでした。これは、スケカナ・フランス杯から続いています。

 スケカナとフランス杯のフリーは、前半のジャンプでもミスがあったので、改善傾向にあるとも言えますが、もうフリー自体に完全に苦手意識があるというか・・・。しかも、今大会のように得意のSPでもミスが出ると、平昌五輪でのメダルは厳しいかもしれません。



 日曜の朝7時頃に男子のフリーも始まっていたんですが、最終グループだけ残して、数時間後、午前10時半過ぎから再開という、不思議なタイムスケジュールでした。

 冒頭に2本の4Tでしたが、1本目のお手付き、成功した2本目も含めて、思っていたよりも出来は良いですね。「自分はいまのクワド時代にはついていけない・・・」的なコメントが何かと紹介されがちですが、五輪でも2本きっちり降りれば、十分に戦えると思います。

 むしろアクセルの方が残念な内容でした。結局2Aが3本になってしまって、1本分、点数が入っていません。

 ミスはいろいろありましたが、ファンはスタオベでPさんを称えていて、やはり愛されていますね。彼のような成熟したスケーティングを、いまの若手で継承するような人がいるかというと、ちょっと見当たりません。もう少し頑張ってほしいなぁ・・・と思うんですけどね。





 メッシング→→「217.75」(9位:スケカナ)「235.80」(5位:NHK杯)「259.25」(2位:カナダ選手権)

 ナム→→「238.45」(7位:ロステレ)「214.51」(10位:NHK杯)「258.16」(3位:カナダ選手権)

 まだ正式に五輪代表は発表されていないと思いますが、スコア的には僅差なんですけど、直接対決でいずれもメッシングさんが勝っているので、ナム君は厳しいかもしれませんね。

 明日は、「今のうちに」という感じで、放置状態だったWFSをご紹介します。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

patrick

 カナダ選手権が始まったので、今日は久々に試合の感想を。リザルト関係は「こちら」で。



 4Tは派手にコケて、3AもSOでしたが、それでも、足が氷上に磁石で固定されているようなスケーティングと、スピンもいいし、見ていて安心感がありますよね。

 羽生君の長年のライバルだから、特別好きな選手というわけじゃないけれども、昨今の、若手のクワドジャンパーの「跳んではコケて、跳んではコケても、高得点」というのに、さすがにウンザリしている部分もあるので、心を洗われます。フリーはクワド2本でしょうか?頑張ってもらいたいです。



 77.88とすごいスコアが出ています。冒頭の3T+3TのGOE+2.10にすげー!と思ったんですが、スケアメのプロトコルを見ると、+1.90もらえているので、そこまで銀河点というわけじゃないんですね。

 なんたって、ヘルシンキで台乗りしてますし、ノーミスすれば、現状では日本勢よりもスコアは出る選手なので、フリーも揃えられるかどうか注目ですね。



 ショート番長のケイトリンが、最初のフリップで珍しくコケました。しかも、コンビネーションの2ndもダブルじゃん!と。フェンスにギリギリという感じだったので、やむを得ずという所なんでしょうか。

kaetlyn

gaby

 PCSはガビーよりも高くて、しかも「J1」は、この内容の演技に、「9.75を3つ、9.50を2つ」って、やりすぎやろ!(笑)

 ただ、PCSのつけ方を見ていると、けっこうバラバラなんですよね。ケイトリンに関しては、「J5」や「J6」は、8.75をつけています。一方、ガビーは、「J4」が「8.00を1つ、8.50を3つ」って、いくら何でも辛すぎる。

 なんだか、日本みたいに組織ぐるみで「右へならえ」的に高得点をつけようとするんじゃなくて、正否はともかく、個々人がわりと好き勝手につけてるのかな?と、国民性なのかぁ・・・と興味深いです。

 カナダのシングルの五輪出場枠は、男子は2人で、女子は3人。女子は、2位と3位のスコアがすでに大差なんですが、男子の2人目はけっこう激戦。メッシングさんかケビンか。・・・いや、バルデさんやナム君もまだスコア的にはチャンスはある。個人的には、ケビンはおそらく今季がラストのはずなんで、オリンピックに出てもらいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

satoko

 まず連絡事項から。「拍手コメントは、来年1月31日をもって廃止」と、ライブドアブログから通知されていたんですが、なんか今日すでに読めなくなっています。

 したがって、コメント機能を「確認後に表示」という設定に変更しました。これまではコメントを投稿した時点で即公開されていたのですが、これからは、私が承認した後に、公開する形になります。もし「非公開」をご希望の方は、その旨を明記いただければ、そのように致します。

 この設定のデメリットは、コメントの反映が遅くなるということなんですが、なるべくそうならないように、頻繁にチェックするように心がけたいと思っています。

 さて、仕切り直しで、シニアの女子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 滑走順に、まずはコストナーから。土曜日の午後、ジュニア女子のフリーの後にこのシニアのフリーもライストで見たんですが、ジュニアの幻影が頭に残った状態でコストナーの演技を見ると、やっぱりひと昔前の内容というか、いろんな意味でユルいなぁと。

 とくに、スピンを二つ終えた後の、2:00辺りから、リンク中央でジャッジに向かって腰を振り振りしながらポーズを取っている時間が象徴的で、「これは一体なんなの?」という感じで、それでいて74.96というPCSが出るのだから、ほんの数時間前に見ていたジュニアの子たちのフィギュアスケートとは完全に別のスポーツですよ。

 それを言ったら、日本男子の宇野という選手のPCSの方がよっぽど不可解じゃないかと、お叱りを受けそうですが、そのネタについては明日取り上げることにします。



 つぎに、ソツコワさん。頑張りましたね。オズモンドや宮原さんにミスがあったからとはいえ、まさか彼女が銀メダルを獲るとは予想していませんでした。

 今季、試合を重ねるごとに安定感の増す彼女を見ていて、ふと思うのが、よく言われる「女子の体型変化」という問題なんです。彼女は173cmあると言われていますが、徐々に身長が伸びていく中で、どうやってジャンプに狂いが出ないようなトレーニングをしてきたのか。めちゃくちゃに細いわけでもないし、むしろガッシリしてきたようにも見えます。

 一方で、体型変化や身長が伸びたことで、パフォーマンスが落ちた選手といえば、ラジオノワやリーザが思い当たります。じゃ、ジュニアのトゥルソワやコストルナヤは、どうなるのか?その影響を防ぐ対処法が確立されているのかどうか。この辺り、メディアの方々はソツコワに訊いてみてほしいです。



 さて、樋口新葉ちゃん。本人はけっこう落ち込んでいたけれども、私は、全日本の前にこういう経験をしておいて、よかったと思っています。

 今季は、ロンバルディア杯、ロステレ杯、中国杯と、ジャンプの抜けがなく、昨季の彼女とは見違えるほどの安定感を見せていました。ところが、このフリーでは「抜け癖」が出てしまいました。

 中国杯からけっこう時間が空きましたし、しかもこのファイナルに出場できるかどうかは、スケアメが終わってから決まったわけで、試合勘を取り戻すという意味でも調整が難しかったのかもしれません。

 でも、こうなったら「全日本勝負」なので、分かりやすいのではないかと。後述する宮原さんは、回転不足を修正すればパンクや転倒はまずしない選手なので、PCSの出方から見ても、彼女はほぼ決まりかなと思っています。そうなると、三原舞依ちゃんとの一騎打ちですね。腹くくって、思い切ってやってほしいです。



 オズモンドさん。彼女はフリーはノーミスできないと思っていたので、やっぱり・・・という感じでした。もはやフリーのミスはある程度織り込み済みで、SPのリードでどれぐらい逃げ切れるかという所でしょうか。ミスがあっても、なんだかんだで、銅メダルを獲るのだから、実力者です。

 現状で、SPでノーミスをした場合、PCSの高さで、ザギちゃんよりもまだ彼女の方がスコアは出るので、この二人に関してはフリーの出来でメダルの色が変わる・・・オリンピックもそういう展開になりそうな予感です。



 さて、ザギちゃん。別に誰かと賭けをしたわけでもないですが、ケイトリンがフリーでミスする可能性よりも、ザギちゃんのフリー・ノーミスの可能性の方が高いと思っていたので、ちょっとびっくりしました。SPでも細かいミスはあったので、優勝したとはいえ、課題が残りましたね。

 この大会は特に、エテリや、側近のデュダコフ&グレイヘンガウスの顔をいつも見ている気がしますが、エテリって、ミスして戻ってきた選手には、エッジカバーを渡す前からブツブツブツブツと文句(?)を言っていて、この動画では5:15辺りからになりますが、「あんた、なにやってんの?ちゃんと説明しなさい!」と、睨みつけるような厳しい表情で容赦ないですよね。



 それと比べたら、今大会のコストルナヤのSPの時なんて、笑顔でお尻をポンと叩いて送り出し、キスクラでは、グレイヘンガウスと三人みんなニッコニコで、どこぞの若夫婦とかわいい娘さんの外国人観光客ファミリーかというような、見ているだけでハッピーになります。いまやこの業界随一のコーチのエテリさんですが、けっこう顔によく出る方ですね。



 知子ちゃん。よく頑張りました。全体的には、まるで何年も滑り込んだプログラムのような安定したパフォーマンスで、会場のファンも、お茶の間のファンも、メダル間違いなし!と思ったはずです。

 私はスマホで見ていて、最初の3Loは良かったんですが、その次のルッツのコンビネーションのSO気味の3Tの方と、つづく3Fは軸が傾いていたことでいつも以上に高さが出ていなかったので、「この2本はいくら何でも足りないかな・・・」と思っていました。結果的に、ルッツもURを取られていて、回転不足は合計3本でした。

 ただ、例えば宇野君とはっきり違うのは、知子ちゃん自身が回転不足を自覚していて、自分の演技をしっかり分析できている点ですね。

 ところで、「自分の演技の分析」といえば、BS朝日でジュニアの放送を見ていて、紀平梨花ちゃんのインタビューには驚きました。ここまで具体的に、しかも「練習の時点ではこのジャンプの調子はこれぐらいで・・・」という所から、時系列的に丁寧に語っていることにビックリしました。

 言葉が湯水のように湧き出てくるというか、私たちゆづファンには「マガジン」という雑誌があるからいいとして、梨花ちゃんが試合のたびにあんな感じでコメントしているのであれば、梨花ちゃんのファンには「紀平梨花マガジン」が欲しいんじゃないか?ってぐらい、よく話す子でした。

 一方で、本田真凜ちゃんは、もや~としたコメントをする子なので、知子ちゃんと梨花ちゃんにだけは、濱田コーチは「特殊訓練」を施しているんじゃないか?と。まぁ、冗談ですけども(笑)。

 このファイナルは、知子ちゃんも新葉ちゃんも、全日本に向けていっそう気を引き締める意味で、いい収穫になったと思います。とにかくケガなく、全日本でベストパフォーマンスを披露してくれることを期待しています。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

image

 まずは、須本君、銅メダル獲得おめでとうございます。ジュニア男子のSPのレビューはすでに執筆済で、これは来週アップする予定ですが、そこから想定していた予想をくつがえす、驚きの最終順位となりました。フリーは生では見られなかったので、これから動画でチェックしようと思います。

 今回はシニアの女子SPです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 ライストで見たので、滑走順にメモを残しておきます。

judges



 トップバッターの知子ちゃんから。74.61の3位。一番滑走でこのスコアとこの内容。私は、もうこれ以上を彼女には求めません。よくぞここまで戻したと感激しました。

 もちろん、エッジエラーやURを取られなかったことも素晴らしいですが、急遽出場の大舞台で、自信と確信に満ちた演技をできたのも、慎重なリハビリとともに、スピン・ステップ、振付の理解と具現化、すべてを地道にこなしてきた結果ですね。フリーは、順位・スコア関係なく、「思いっきりやって!」と、もう、それだけです。



 つぎに、新葉ちゃん。73.26の5位。演技は文句なし。今季の彼女の安定感から、まずパンクはないと確信していたので、演技前からスコアを計算している自分がいました(笑)。フリップでアテンションがつきながらのこの高得点ですが、キスクラでの二人を見ていても、特に喜びも落胆もなく、「予定通り」という感じの受け止め方でしたね。

 なぜか中国杯でレベル3にされたスピンとステップも、今回は全てレベル4を揃えたのは収穫。大事なのは全日本ですけど、やっぱり名古屋でも「スカイフォール」を炸裂させてほしいですね。上位陣でも、とくにオズモンドはフリーに不安があるので、十分に順位を上げるチャンスはあると思います。



 さて、ソツコワちゃん。74.00で4位。知子ちゃんとは違った意味で、試合を重ねるごとに確実にミスを修正して、演技に安定感が増しているのが彼女です。正直言うと、GP開幕前は、ポゴちゃんよりも実力的には下で、五輪は厳しいと思っていました。

 タノのことも、「美しくない」だの「シェー」だのと、いろいろと言われていました。でも、パフォーマンス全体で自信が漲っていて、もはやタノなんてほんの一部のスパイスに過ぎず、むしろ、今季はその「コンマ何点」に拘るほどの意気込みだからこそ、きっちり試合ごとに課題を修正できているのだと思うようになっています。日本の二人とは、完全にフリー勝負ですね。楽しみです。



 さて、ここにきて、優勝候補の一角となったコストナー。しかし、6位の72.82と出遅れました。メドベ不在ということで、PCSは彼女が一番出ると思っていましたが、そのおかげで、2ndトウのURの減点をカバーできた感じです。

 ジャンプの難度ということで言うと、若手とかなり差がありますが、高難度に挑戦する選手にミスが出る試合になると、PCSでがっぽりスコアを稼げる彼女は強いですね。もし、フリーでそのような展開になれば、順位を上げてきそうです。



 オズモンドは、「ショート番長」の前評判通り、77.04のハイスコアで首位発進。フリップはいつもながら、空中で軸がぶれながらも、転倒せずに着氷するという、ものすごいコントロール能力です。

 ルッツにアテンションがついても、これだけの得点を荒稼ぎできるのは、凄いの一言。まずは、このファイナルのフリーでノーミスできるかどうか。それが、五輪でメダル争いのできる選手になれるかの試金石になりそうです。



 最終滑走のザギちゃん。彼女はオズモンドとは真逆で、このブラックスワンをノーミスできれば、優勝はほぼ確実だろうと予想していました。結果的に、ミスはフリップのSOのみに留めて、76.27の2位。

 フリーでの無双ぶりから、どうしてこのSPでここまで苦労するのか不思議なんですが、でも、あの悪夢のようなフランス杯から修正できてますし、オズモンドとの差はあってないようなものですね。

 なんだか、ジュニアの女子でスコアを出し過ぎたから、シニアも帳尻合わせ的にジャッジが大盤振る舞いしている感はあります。

 ただ、GPシリーズを勝ち抜いた選手たちは、とくにスケカナあたりと比べれば、大会ごとに判定がブレブレだってことは織り込み済のはずで、それはそれとして、冷静に戦っているように見えます。

 そう考えると、なんだか、あそこでふんぞり返っているジャッジの皆様方が滑稽に見えてしまいますね。

 がぜん、シニア女子のフリーも楽しみになってきました。この名古屋のファイナルは完全に女子が主役の大会ですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

mai

 それでは、女子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんの「こちら」で。



maichina

maifrance

 ライストで見ていたので、滑走順で、舞依ちゃんから。上が中国杯、下がフランス杯のスコアです。

 まず、今回、緑枠で囲んだ2Aが単発になってしまい、後ろの2つのジャンプで見事にリカバリーを達成しました。この3つのジャンプについて、両大会における基礎点の違いは生まれません。

 にも関わらず、基礎点が「0.03」点、フランス杯の方が高くなっています。その理由は、足換えコンビネーションスピンのレベルの違いと、3Fが今回は後半のジャンプとしてカウントされていること(中国杯:3.50+5.30=8.80、フランス杯:3.00+5.83=8.83)によるものです。

 では、中国杯よりもスコアを若干落とした理由は何かというと、私には理解不能です。むしろ、人間が採点しているからこそ、説明不可能な誤差が生まれているんだと思います。

 滑走順が1番だったからとか、SPのミスによる印象の悪さがあったからとか、だからリベルタンゴはダメだとか、色々と言う人がいますが、そんなことを言ったら、中国杯なんて第1グループでの演技でしたし、まったく説明になっていません。私はこの微差をもって、舞依ちゃんの今回のフリー演技に注文をつけるような、愚かなことはしません。

 中国杯、そしてフランス杯と、公式練習での衝突、「壁ドン」と直後のスピンへの影響、そして今回のフリーのリカバリーと、さまざまなアクシデントを経験しながら、一歩も引かずに、彼女は勇気を持ってしかもクレバーに戦いました。

 かりに、特にアクシデントもなく、ノーミスの演技を揃えて、両大会で3位だったとしても、ファイナルに残れているかどうかわかりません。むしろ、悔しさと課題とアクシデントを経験したことが、全日本、そして五輪に向けて、貴重な教訓になったのでは?と思います。

 私がこんな所でぐだぐだ書くまでもなく、聡明な中野先生のことですから、すでにそのように指導をされていることでしょう。まったく心配いりません。さらに強くなった舞依ちゃんを全日本で見られることを、楽しみにしています。



 つぎに、優奈ちゃん。素晴らしい「展覧会の絵」でした。ライブで見ていて、ミスらしいミスは、最後の3Loの転倒(と回転不足)ぐらいと思っていましたが、「壁ドン」だけかもと思いましたが、3Fの減点もあったようです。

 でも、わずか一週間前のNHK杯とはまるで別人です。若い人の成長曲線というのは、急カーブを描いて上昇していくのですね。キスクラでの田村コーチとの会話が拾われていましたが、「最後(3Lo)だけやり直したい!」と語っていて、それ以外の部分はたしかな自信を得たということでしょう。彼女は怪我だけが心配だったんですが、いいコンディションと自信を得て、全日本に臨んでくれそうです。



 ザギちゃんは、結局なんだかんだで、勝っちゃいましたね。私はSPのブラックスワンも好きなんですけど、このドン・キホーテは、2シーズン目ということもあり、彼女も滑りやすいのでしょう。

 このプログラムの何がすごいって、ジャンプ後半固め打ちの技術点の高さはもちろんですが、そのジャンプの着氷と音楽とのタイミングが抜群で、いわゆる「音ハメ」というやつですね。他の選手とはちょっと違うレベルで融合しています。ビシ!ビシ!と決まるので、まるで熟練したジャズドラマーのリズム感のような、この子は音楽的な才能もあるのかな?と、そんなことも考えてしまいました。

 ミスを無くして、現状の構成を維持しつつ、PCSをもらえるようになると、ちょっと他の選手が敵わなく可能性があります。



 ソツコワは、きっとフリーでは回転不足で刺されるだろうと誰もが思っていたはずですが、見事に滑りきりましたね。NHK杯直後は、「ツルスカヤより弱い!」と、私なんかは感じていましたが、こりゃ撤回しなきゃいけないかもしれません。

 今季彼女が多用している「タノ」については異論があると思いますが、でもこのコンマ何点の積み重ねで、今回の2位があるわけです。その執念、アスリート魂を認めないわけにはいきません。今回もフリーのスタート位置に着く前に、太ももをバシバシひっぱたいていましたが、それぐらい気持ちの強い選手。世界最強のロシア女子の中で、GPシリーズを2戦もらって、見事にファイナル行きを決めましたから、その根性はダテじゃないですね。



 ケイトリンという選手に恨みがあるわけじゃないですが、カナダの露骨な後押しがどうも好きになれないんですよね。

 ただ、今回のフリーほど、彼女を応援したことはなかったです。コケるな!いけ!1位で逃げ切れ!と。

 しかし、ステップアウト1つ、1コケ、そして最後の1Aへの抜けで、

  あかーーーーん!

 と、頭抱えちゃいました。日本全国の、このフランス杯をライストで深夜に見るようなスケオタの皆さまは、おなじ心境だったと思います。

 これにより、ファイナル進出者として、メドベ、ザギ、オズモンド、コストナー、ソツコワまでが決定。

 残り1枠をめぐって、スケカナでは、事実上のワグナーとツルスカヤの一騎打ちになります。新葉ちゃんがファイナルに残れないケースとしては、以下の3つが考えられます。

 ・ワグナーかツルスカヤ、どちらかが優勝する

 ・ワグナーが「235.76」点以上で2位になる(ツルスカヤは3位以下)

 ・ツルスカヤが「209.51」点以上で2位になる(ワグナーは3位以下)

 2番目はまずないとして、1番目と3番目は大いに可能性はありそうです。ただ、新葉ちゃんの進出の目が残っていることは事実ですから、ここは、知子ちゃんと花織ちゃんに頑張ってもらいましょう。また、直前企画もやりたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ