On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:チャ・ジュンファン

brian

 ブライアンのネクタイの柄を見てみると、ハングルで何やら書かれています。さすがブライアン、抜け目がない・・・。

protocol

 プロトコルは「こちら」から、上の画像にマークしたリンクを開いて、ZIPファイルをダウンロードすることでチェックできます。



junhwansp

spresult

 まずはSPから見ましょう。シーズン入って間もなく、プログラムを新たに作り直して、スケカナでもお披露目がありましたが、樋口さんの今季SPと同じ「ジプシー・ダンス」です。もちろん振付はウィルソン。使用している部分は、出だしからの前半部分こそ我々の聴きなれたあの活動的なフレーズですが、中盤以降は違います。

 見るたびに背が伸びたような印象を受けるのですが、全体的に動きがバタついているように見えて、もっと滑り込むことで動きに自信と余裕が出てくるんじゃないかと。後半の3F着氷後のスピンへの移行がスムーズで、さすがクリケット仕込みの片鱗が見えます。ジャンプは全て決めて、84.05のスコアで首位発進でした。



junhwanfs

finalresult

 フリーは、スケカナまでは「惑星」だったんですが、昨シーズンの「イル・ポスティーノ」に戻しました。すでに1シーズン滑っているだけあって、音をより正確につかんでいて、SPよりも彼にフィットしていることが、はっきり分かります。となると、「ジプシー・ダンス」の音をさばききるのは、大変なんだなぁ・・・としみじみ。4Sの回転不足を除けば、パーフェクトな出来で、お見事でした。

 そもそも、韓国の選考会は3回行われていて、3戦の合計点で代表が争われます。2戦終わった段階で、イ・ジュンヒョンがジュンファン君を20点以上リードしていました。そして、彼は昨年秋のネーベルホルン杯に出場し、韓国の1枠を獲得しています。

 ところが、今大会ジュンヒョンはミスが出て、3位。これまでのリードを今大会で逆転されたという形です。

 日本ともアメリカとも違った選考方法で、興味深いですね。つくづく、ルールというのは一種の文化であると実感します。他国民の私が、どこの国のルールが良い・悪いと、とやかく言うことはできません。五輪出場が叶った選手は、負けた選手たちの悔しさを背負って、しっかり本番で頑張ってもらいたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

JunHwanKC

 韓国の代表選抜についてまったくの無知なので、ここ数日、TwitterのTLで流れてくる、スケオタの皆さまの情報が頼りでした。

 7月28~30日に「コリアチャレンジ」という、平昌五輪の韓国代表選手を決める国内大会が開催されていました。「決める」といっても、今回含めて計3度(7月、12月、1月)おこなわれます。

 まずは、ジュンファン君の演技を見てみましょうか。



junhwanSp

 SPはデイヴィッド振付で、ルイ・アームストロングの「What a Wonderful World」です。

 日本人でも最初の1フレーズを聞けば一発で分かる、アイ・シー・トゥリーズ・オブ・グリ~ンってやつです。

 冒頭の4Sはダウングレードと転倒。3Lz+3Tは、2ndジャンプで回転不足が取られました。確かにちょっと詰まって見えますね。

 まぁ、しかし、2月の世界ジュニアでも感じたことですが、デイヴィッドが彼に要求するものは高いですよね。このプロに関して言うと、3Aを跳んだ後のスケーティングと振付が、俗に言う「ジュニアっぽい・シニアっぽい」というのではなく、そもそもシングル選手っぽくない。

 ツイズルが効いているのもあるんですが、柔らかなスケーティングも含めて、アイスダンスを見ているような、意外性と複雑さのある動きが詰め込まれています。

 彼はまだ若いので、羽生君のようにジャンプの出入りの所で難度を上げるのではなく、後半のスケーティングでしっかり魅せるという方針なのかな?という気がします。


 
junhwanFS

 フリーもデイヴィッド振付の「惑星」です。「惑星」といえば、知子ちゃんの昨季のフリーで使用されていました。

 実を言うと、そもそもジュンファン君は、欠場してもおかしくないほどの故障(右足首と股関節)を抱えていたことが、大会後に発表されました。

 その一連の報道を知ってから映像を見たんですけど、まぁ、そりゃそうだわ・・・という内容です。彼のポテンシャルからしたら、全体的に力が入っていないというか、つまり故障をかばっているのでしょうね。

 右足首に関しては、そもそも昨シーズンの半ばあたりから痛みがあったそうです。

 そうなると、当然ながら羽生君のケースが頭をよぎります。今回のジュンファン君の件からふと見えてきたことは、ケガ自体をクリケットのコーチ陣が承知している、承知していないとは無関係に、ドクターストップがかからない程度であれば、

 「休むか、出るかは、最終的には本人が了解するかで決まる」

 という、そんなポリシーなのかな、と。これ、どうなんだろうな・・・。

 結果的に、8月2~5日に香港で開催される「アジアン・オープン」は欠場。GPシリーズ(スケカナ、10月28~30日)での復帰を目指し、12月の「第2回コリアチャレンジ」までに何とか間に合わせるとのこと。

 平昌五輪のフィギュアスケート競技では、開催国枠というものはありません。今大会男子シングルで優勝した、イ・ジュンヒョン選手は、「五輪切符(残り6枚)」を勝ち取るべく、ネーベルホルン杯に出場します。

 韓国の女子シングルはヘルシンキで2枠確保していますが、やはり男子も頑張ってもらいたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ