On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:ボーヤン・ジン

sotskova

 先週末のフィンランディア杯から、私が初見のプログラムのみピックアップします。ボーヤンとヴィンセント君のフリー、ソツコワのSP・フリーを見ていきましょう。リザルト関係は「こちら」で。



 ホルストの「惑星」というと、ジュンファン君の今季フリー(ウィルソン振付)で使用されています。宮原知子ちゃんも、昨季フリーは「惑星~スターウォーズ」で、ダイナミックな編曲が印象的で、個人的にはもっと見たかったんですよね。

 ボーヤンの今季フリーも、知子ちゃんと同様に、クレジット上は惑星とスターウォーズを繋いだプログラムなんですが、コミカルパートを加えた、斬新な作りになっています。昨季からSP・フリーともにローリーにお任せしていることもあって、「スパイダーマン」や「道」で広げた「芸風」をいかんなく発揮しています。

 編曲が唐突すぎると思われる方もいるはずで、賛否は分かれるかもしれません。ただ、様々なスタイルのプログラムで表現の幅を広げながら、「クワドジャンプだけの人」というイメージを払拭しようという、その意欲を私は応援したいですね。



 7月のスケートデトロイトでは、チャーリー振付のロミジュリが今季の新フリーということだったんですが、映画「ムーラン・ルージュ」のサントラからジェフに作り直してもらいました。

 見ていて思ったのは、同じくジェフに作ってもらったSPも、このフリーも男性ボーカル物になるのかぁ・・・と、これはこれで意外ですね。

 ボーヤンのようなビッグジャンパーではなくて、よりコンパクトに、身体のキレで回る感じがありますね。やっぱり、SPでも感じましたが、クワドよりも3Aの方が苦労しているのかなという印象です。


 
 私がここ最近集中的に見ているエテリ組のジュニア選手と比べると、ソツコワちゃんは、雰囲気全然違いますね。ISUのバイオを見たら、身長173cmとなっています。単に身長が伸びたというより、肩幅というか、上半身がガッシリした(ゴツくなった)印象です。

 そしてこのSPは全タノですよ・・・。彼女はタノをやらないところがスケオタから支持されていたと思うんですが、ロシア代表の3枠に食い込むためには、そんなことは言ってられないですよね。

 このSPは、なんというか、彼女の儚げな表情と細っこい体型から抱いていた私のイメージをぶっ壊すような、力強さに満ちています。この「ワルツ」の最後の盛り上がりは、ネイサンの「ダッタン人の踊り」のようなインパクトがあります。

 Time Violationで1点減点があって、でも、「67.69」というスコアはやや渋いような・・・。70点超えていてもおかしくない、素晴らしい内容です。



 フリーはドビュッシーの「月の光」です。どちらかというと、この曲の方が私が持っていた彼女のイメージなんです。

 ビックリしたのは、ジャンプの安定感ですね。昨季は回転不足に悩まされていた記憶がありますが、ラストの2AのみURが取られているものの、特に後半は楽々とジャンプを成功させていて、しかもタノ付きですから、オフに秘密の肉体改造でもしたの?というぐらい、別人の動きをしています。

 2本ノーミスで揃えられたら、絶好調の舞依ちゃんや新葉ちゃんでも勝てるかどうか、ちょっとこれは危ないぞ・・・というぐらい仕上がっています。間違いなく強敵です。

 ロシアの代表といえば、よほどのことが無い限り、メドベとザギちゃんは当確という気はしますが、3枠目は、現状ではソツコワちゃんが最有力じゃないかと。がぜんポゴちゃんやラジ子の仕上がりも気になります。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

 さて、JGPポーランド大会レポートの2日目です。男子SPから島田君の演技を。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 「59.47」で12位のスタート。先週のクロアチア大会のSPは「64.85」の6位だったんですが、今回、3Fでエラーを取られています。3F+3Tのエレメンツで、前回よりも「3.6」点落としています。

 ステップも前回レベル3が、今回はレベル2。これで「1.06」点の減点。ただし、PCSは「30.33」から「30.47」と上がっていますね。スピンのGOEで、前回同様にマイナスがついています。

 しかし、前回のフリーでは、スピン・ステップすべてレベル4を取れているのに、なぜSPはここまで評価が低いのか。ちなみに、フリーの振付はモロゾフで、SPはランビ先生なんですが、何か理由があるのかもしれませんね。本人や関係者のコメント等で、気になる発言があればフォローしたいと思います。フリーは期待していますよ!

 さて、もうひとつ、フィンランディア杯も開幕しました。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 男子SPには、シニアの実力者がかなり顔を揃えているんですが、今日の所は、3人だけコメントしたいと思います。



 ヴィンセント・ゾウ君。「ゾウ」なのか「ジョウ」なのか気になっているところ、フィンランドの現地アナウンスでは「ズー」でした(笑)。7月のスケートデトロイトでの彼の新SPについて記事を書いているので、そちらもどうぞ。

 振付はジェフ。スコアは「76.10」。冒頭の4Lzに2ndがつけられず、4Fにつけていました。ジャンプ自体は高いので、着氷が決まれば高得点が出そうです。3Aは着氷で乱れてお手付き。彼の場合、クワドよりも3Aの方が苦手なのかな?と、どうも羽生君より下の世代のクワドジャンパーはこのタイプが多いような気がします。



adam1

 怪我が心配されていた、アダム・リッポンですが、画像の通り、元気にイイ演技を披露してくれました。SPは、ジェフ振付の昨季の持ち越しプロで、昨季は黒のタンクトップだったんですが、今季は五輪を見据えてやや控えめですね(笑)

 しかし、相変わらずの、「彼独自の世界観」は健在で、クワドレスで、3Aもこらえ気味の着氷ながら、いい点が出ています。ステップが良かったですよ。超絶イケメンなことと、スタイリストが同行してるんじゃないか?ってぐらい、ヘアスタイルもバッチリきまってます。アメリカの男子も、五輪代表の3枠はなかなか熾烈ですが、頑張ってもらいたいですね。



 最後に、ボーヤン。スコアは「87.15」とまずまずです。ショートは、中国映画「グリーン・デスティニー」の楽曲を使った、ローリー・ニコル振付のプログラム。ほぼ全編、チェロとパーカッションで引っ張る感じのリズム主体の曲で、ややもすると平坦なんですよね。だから、ジャンプのミスがあると、プツっと見ている側の集中が切れてしまうというか、なかなかリスキーなセレクトに感じました。

 昨季はあの「スパイダーマン」でしたから、口ずさめる歌メロがあり、糸をシュバッ!って放り投げる振付が見られれば、ジャンプのミスは帳消しになってしまいそうな(?)プロでもあり、本当に対照的です。

 ただ、ジャンプ自体は相変わらず高いですし、ステップやつなぎの技も増えた印象です。仕上がり自体は悪くないと思いますよ。

 3試合が重なるすごい週末で、レビューがジワジワと遅れること確実ですが、どうかご了承いただければと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2016-10-05-18-08-14

2016-10-05-18-08-53



 2016年10月1日発売。アマゾンに未だにレビューが上がっていないので、みなさん、この雑誌の購入は後回しなのかなと想像します。でも、なぜなのか。

 先にレビューした2冊とボリュームの面で比較してみると、

 マガジン→→全100ページ&ポスター2枚で1194円(税別)

 Life→→全146ページで1700円(税別)

 ガイドブック(本誌)→→全100ページで1800円(税別)

 こうやって並べてみると、あらら?ずいぶんと強気な価格設定だな・・・と、確かにコスパの面ははっきり負けているので、手が出にくいのはしょうがないですね。

 で、今回もせっかくなので2度に分けてレビューしますが、今日は羽生君関連と男子選手の記事を。明日は女子選手の方を見ていきます。

 まず、羽生君の記事に関しては、上記2誌と比べて、さらに薄いです。内容的には、(たぶん)GPFのSEIMEIの写真が見開き2ページ。昨季の闘いを写真とともに振り返り、ギネス授与式もチラっと紹介して、これが4ページ。先月のトロント取材は、羽生君との一問一答のやりとりと写真で4ページ。計10ページです。

 す、すくなっ!

 と、拍子抜けです。そもそも表紙がSEIMEIの時点で、トロントの取材すら無いんじゃない?と嫌な予感はしたんですが、辛うじてトロント公開練習も収録。ただ、この一問一答が合同会見のものじゃね?というぐらい、知っている内容ばかりで、案の定、個別取材時のVネックのTシャツの写真が無いので、もしかしたら、初日しか取材していないのか、あるいは「別の目的」のために出し惜しみしているか。ただ、面白い写真が一枚あります。

 いつも羽生君の取材時に背後に立てかけられているANAのついたて(看板?)を黒髪セミロングの女性が設置していて、羽生君が「おっ?」と後ろを振り返るカット、

 これはレアかもしれません。小さい写真ですが、自然な表情なので、ぜひ書店でチェックしてみてください。

 さて、羽生君の記事については、もう語ることはありません。で、このガイドブックがマガジンやLifeと違う点は、海外選手も一通りまとめられている点。例えば、今季の男子シングルの展望を佐野稔先生がなさっていて、2点、面白い!と思うコメントがありました。

  「フェルナンデスは、当然、世界選手権3連覇を狙ってきます。手強い存在ですが、羽生は同じリンクで練習していて動向はわかるでしょうから、それほど恐れることはないと思います。むしろ伸びしろを持っている金(博洋)のほうが脅威かもしれません。

  「侮れないのが、山本(草太)と同じくシニアデビュー組のダニエル・サモーヒン(イスラエル)とネイサン・チェン(アメリカ)です。サモーヒンは、今年の世界ジュニア選手権フリーで3度の4回転を跳び、逆転優勝しました。いったいどこに4回転を隠し持っていたんだという感じですよ。GPシリーズはカナダ大会と中国大会にエントリーしていますが、GPファイナルに残る可能性も十分ありますよ。」

 1つめの方は、正直、実力・実績ともにボーヤンよりもハビの方がまだ上で、私の見立てとは逆です。ただ、ボーヤンはジャンプは凄いわけで、いきなりスケートアメリカで昌磨と一騎打ちですし、どれぐらい仕上がっているかは興味があります。

 2つめ。16年の世界ジュニアって、ネイサンは怪我で欠場だし、草太君が出場してたら普通に勝ってたのでは?というのが、私の認識でした。ただ、この雑誌はやけにサモーヒン推しで(その割には写真がない!)、上の佐野先生の記事と重複しますが、別の所でも、

  「天性のエンターテイナーでもある彼は、個性的なプログラムで観客の注意をそらさない演技を見せる。今年の世界ジュニアではフリーで3度の4回転を成功させ、SP9位から一気に逆転優勝を果たした。」

 と、しつこくプッシュしているので、私も注視してみようと思います。

 あと二つ。一つは、松岡修造さんのインタビューがまた熱いです。

  「羽生さんがすごいのは、『照準を合わせるのは、ファイナルではなく世界選手権でいいのでは』とのまわりの声もあるなか、『1回ならまぐれもある。"こいつは本物だぞ"と思わせるのは、世界最高得点を連続で出せるファイナルしかないんだ』と言っていたことです。ファイナルで更新した点数より何より、そういうとらえ方が異次元だなと感じます。』

 これ、私は初耳でした。『メソッド』にも『蒼い炎II』もにもなかったはずだし、修造さんの熱気に押されて、さらに強気な発言が出たんですかね。もう一つ引用します。

 ――その二人(羽生君&昌磨)を追う若手として山本草太選手がシニアGPデビューします。

  「草太さんと話した時に、『まだ自分は羽生さんや昌磨さんのいるトップグループに入れない』という発言をしたことがありました。謙遜なのかもしれませんが、でも僕は正直、『入りたい』と言ってほしい。僕は、あえて彼には、『もっと自分を大きく持とう』と伝えたいですね。

 もう、あの長身をかがめながら、修造さんはすでに草太君に伝えてるんじゃないか、その様子を脳内にはっきりイメージできるのは、きっと私だけじゃないはず・・・。やっぱこの人のキャラは濃くて、熱くて、もう大好き!

 最後に、無良君と漫画家の久保ミツロウ先生の対談も楽しく読めました。アニメ「ユーリ!!! on ICE」放送記念のトークで、これ読んでて思うのが、無良君は人格者ってだけでなく、競技者の心理・視点を適格に語ってくれて、解説もいけるんじゃない?と。

 アニメの方はこの記事がアップされて数時間後、深夜2時21分からテレ朝で。BS朝日で10/9(日)の深夜1時からも再放送があるようです。

 わざわざアニメのキャラ用の振付を宮本賢二先生が監修(というか、夜にリンクを貸し切って実演したとか!)らしくて、賢二先生忙しいのに、ご苦労様です。

 私もしっかりHDDに予約しましたんで、皆さんもぜひ見ましょう!

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




フィギュアスケート ブログランキングへ

2016-09-04-16-45-35

2016-09-04-16-45-48

2016-09-04-16-46-18

2016-09-04-16-46-38

2016-09-04-16-46-56

2016-09-04-16-47-16

2016-09-04-16-47-30

2016-09-04-16-47-42

2016-09-04-16-47-52

2016-09-04-16-48-00

2016-09-04-16-48-10

2016-09-04-16-48-20

2016-09-04-16-48-33

2016-09-04-16-48-50

2016-09-04-16-49-14

2016-09-04-16-49-26

2016-09-04-16-50-27

2016-09-04-16-50-31

2016-09-04-16-50-49

2016-09-04-16-50-58

2016-09-04-16-51-05

2016-09-04-16-52-01

2016-09-04-16-52-09

2016-09-04-16-52-16

2016-09-04-16-52-26

2016-09-04-16-52-31

2016-09-04-16-52-40

2016-09-04-16-53-45

2016-09-04-16-53-53

2016-09-04-16-54-05

2016-09-04-16-54-45

2016-09-04-16-55-00

2016-09-04-16-55-09

2016-09-04-16-55-39

2016-09-04-16-55-46

2016-09-04-16-55-58

2016-09-04-16-56-05

2016-09-04-16-56-18

2016-09-04-16-56-26

2016-09-04-16-56-34



 2015年12月24日発売。「フィギュアスケート専門誌」を名乗る資格のある、数少ない雑誌のひとつです。これまで、「Life」はvol.5vol.6を記事として取り上げましたが、本号は、15-16シーズンのGPシリーズ(ファイナルを除く)の「パーフェクトレポート」という趣きで、男女シングルのみならず、ペアやアイスショーの海外有力選手もしっかりとカバー。この網羅的な作りと完成度の高さは、「ワールドフィギュアスケート(WFS)」に肉薄していると思います。

 で、上に貼った画像より先に、これはレアだなぁ!と思ったのがこちら。

image

 「賢二としゃべろうよ!」でも、本田武史さんが「やばかった。バネついてるみたい」と評していますが、2018年の平昌では間違いなく日本男子勢の壁になる彼。ウチのWFSは主にバックナンバー(2014年9月以前)しかないので、ボーヤンの単独インタビューって、Lifeのこの号と、Vol.6しか見当たりませんでした。硬派路線のジュエルズの3冊にも無いようです。

 長谷川仁美さんが訊いてくれてますが、面白いと思ったのは、こちらのやりとり。

 ――自分の性格は?

  「遊ぶのが好きです(笑)。趣味に関しては、イヤホンは2009年から集めています。あと、船とか飛行機とかのラジコンも好きです。」

 うおっ、羽生君と一緒やないけ!と。そして、「ラジコンが好き」というのが彼の外見にピタっとマッチして、なにやら親近感が沸いてしまいます。

 さて、話を本筋に戻すとして、びっくりしたのは、ポスターがまったくポスターっぽくないところ。表側がGPファイナルの表彰台とSEIMEIの写真に、裏面が記事になっています。こんなポスターは初めて見ました。

 おそらく、ページ割り等がファイナル以前の内容でほぼ出来上がっていて、急きょポスターという形で挟み込んだのは苦肉の策といった所なのでしょう。

 発売日が2日早いSportivaは間に合っているのに!と思うんですが、各国選手の写真やインタビューでギチギチの内容なので、真面目な作りゆえに、融通が利かなかったのかなという気もします。

 せっかくなので、羽生君以外の記事二つに言及しておきます。

 まず、樋口豊先生のインタビュー。1970年から72年まで全日本選手権男子シングルで三連覇。68年のグルノーブル、72年の札幌と二度の五輪に出場。この68年~72年の4年間、クリケットクラブに在籍し、40年以上前の当時と現在とではさほど設備が変わっていないという話には驚きますね。

 90年代に入ると、樋口先生の持つ人脈や知識が必要となり、日本オリンピック委員会の専任強化コーチとして、日本選手の育成に関わります。例えば、外国人のコーチに日本人選手が教われるようにしたり、外国人振付師への依頼、さらには、日本人選手が海外に行っても恥ずかしくないように、食事のマナーや生活指導までしたりと、このような大先輩のサポートがあって、いま日本人選手は世界を相手に戦えるのだなぁと、一ファンの立場の私からも感謝の気持ちしかないです。

 他に示唆的だったコメントは、「フィギュアスケートは五感を研ぎ澄ますスポーツ」なので、「氷上以外でも、本当に選手を目指すなら最低でもバレエはトレーニングしたほうがいい。それから、できれば何か楽器を一つ、音感教育のためには習っておくといいと思う」と、当たり前ですけど、それが表現力・芸術性の基礎を作るのだなと。

 もう一つは、サウンドデザイナーの矢野桂一氏のお話。1985年に東京で行われた世界選手権からフィギュアスケートに携わり、当時は、選手たちが自分のプログラムの音楽をカセットテープで管理しており、それをオープンリールにコピーして、会場で流していたとか。若い人は知らないと思いますので、ぜひオープンリールを画像検索してみてください。ちなみに、私の父がオーディオファンで、オープンリールを購入しようと熱心にオーディオ雑誌を調べていた姿を、子どもの頃の記憶ですが、いまでもよく覚えています。

 羽生君と矢野さんの関わりということだと、SEIMEIの音楽編集は「今回は和の楽曲なので、海外の人ではなく矢野さんにお願いしたい」と、プログラムの構成が決まる以前の段階で、羽生君自身からメールが来たそうです。

 そして、ただ丸投げではなく、「陰陽師IIのテーマと笛の部分は絶対使ってほしい」「ここには太鼓の音を重ねてほしい」「この部分とこの部分のつなぎに少し間がほしい」「ここでイナバウアーをするので、シンバルか何かの音を入れてください」と、次から次へと修正依頼のメールがやってきて、結局矢野さんは32バージョンのSEIMEIを作成。

  「羽生君ほど緻密な選手は珍しいですね。自分でも少し編集してみたりしたんだそうです。徹夜で作業して、『これ、煮詰まりますねえ』って(笑)。将来、音楽の編集をしたりすることはないでしょうけど、でも、やったらできるんじゃないかと思いますよ」。

 こんな感じで、フィギュアスケートの競技以外の部分の記事もたいへん面白いので、フィギュアスケートを支える様々な裏方の皆さんの活躍にも興味のある方にはオススメの雑誌です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


このページのトップヘ