On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:ボーヤン・ジン

2017-12-06-14-24-14

2017-12-06-14-24-48



 2017年12月6日発売。Numberのバックナンバーのレビューは「こちら」。

 なんだか、久々に買ったような気がします。「デュエル」というのは、たしかに決闘とか決戦という意味もあるんですが、最近比較的耳にするようになったのは、サッカー日本代表がハリルホジッチ監督になってからで、監督がよく口にする言葉なんですよね。

 その意味は諸説あって、「球際の強さ」とか「一対一の強さ」とか、あるいは、選手個人のレベルではなく、「チームとしてボールを取りに行く攻撃的な戦い方」とも解釈されています。

 サッカーの記事も担当する編集者が、「銀盤の〇〇」のネタに困ってデュエルを使ったのかなと、勝手に想像しています。

 さて、まず羽生君に関して言うと、本号において「新情報はゼロ」です。松原孝臣さん、野口美惠さんというお馴染みのメンツが執筆していて、記事自体もそれなりのボリュームなんですが、既知の内容ばかりです。

 特に野口さんはブライアンとコネクションがあって、多少期待してはいたんですが、ブライアンの新しいコメントらしきものも一切ありませんでした。昨年は、ゆづとブライアンがさも4Loをめぐって仲違いしているかのような記事を書いていた彼女ですが、今季は五輪も控えていますし、陣営も警戒しているのでしょうか(汗)。

 本号については、2点コメントしたいと思います。

 (1)「ネイサンはもっとPCSが出てもいい!」

 誰が言っているのか。いま、ゆづファンの中で好感度ダダ下がりの小塚君です。「採点表から読み解く男子トップ3の可能性」(44~45頁)の中で、次のようにコメントしています。

  「(ファイブコンポーネンツは)もっと点数が出ていいと思います。特に今シーズンのSPは素晴らしい。8点台中盤というのは、残念ながら、ジャッジの採点に対する慎重さでしょう。新しいジャンルを切り拓こうと感じられる意欲作に対して反応できていない反面、逸脱した点数を出すとイエローカードを出されてしまうというジャッジのルールも邪魔をしています」

 ベンジャミン・クレメンティンのあの歌は、フィギュアスケートの選曲としては確かに斬新なんだけど、個人的には、ちょっとうるさいかな・・・と感じていました。でも、彼がこれだけ評価しているというのは、サプライズでしたね。

 じゃ、もっとテレビやスポーツ新聞でも、「ネイサンのネメシスは素晴らしい」って言いなさいよ!と思うんですが、そこは天下のトヨタさんの社員なんで、いろんな大人の事情があるのでしょう。

 ただ、この間も書きましたけど、羽鳥さんのワイドショーで相撲評論に限ってはキレキレな玉ちゃんのように、いいことを言ってるときは評価してあげたいなとは思っています。

 ちなみに、この記事の中で、ゆづに対しては「体調を戻すのがいちばん大事。クワドは2種類でいい」と言ってます。はたして、五輪本番を2種類で戦えるかどうかは謎ですが、全日本では2種類のみの可能性は高いと私は見ているので、そこでどれぐらいスコアが出るかですね。

 ちなみに、ネイサンの特集記事で、本田武史さんも「(PCSが)なんで8点台なのかわからない」(43頁)とコメントしています。

 (2)ボーヤンの写真は必見!

 「中国潜入レポート 金博洋 “4回転の申し子”誕生秘話」は、わずか5ページの記事なんですが、これは貴重です。だいたい、「中国潜入レポート」なんてタイトルがつけば、ブラック極まりない劣悪な労働環境とか、超絶ホラーな食品加工現場とか、おどろおどろしいネタで決まりなんですけど、まったくそんなことはなく、興味深い内容です。

 今回の記事を執筆するにあたって、中国の関係機関との交渉の末、11月18日、ボーヤン本人への直接取材が実現したとのこと。その甲斐あって、ボーヤンの自室、8歳の頃のショット、練習風景と、私の見たことのない写真がズラリと掲載されていました。

 テキストは、幼少の頃から、フィギュアスケートとの出会い、そしてクワドの習得に至る経緯が、簡潔にまとめられています。正直、「もっと読みたい!もっと写真あるでしょ!」と思うんですが、もしかすると、今後のNumberで(PLUSやウェブ記事も含めて)、小出しにされるかもしれません。ボーヤンのファンは、Numberの情報はフォローしておいた方がいいですね。

 ゆづファン的には、「このイカした表紙で、この内容?」と、ガッカリ感はあるでしょうが、Numberのフィギュアスケート特集ということで考えれば、590円で約50ページというボリュームは、わりと頑張ってくれた方だと思います。

 さて、私自身、気持ちはファイナルの方に向かっていますので、明日からは、ファイナルの感想記事を連投する予定です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

adam

 スケアメレビューシリーズ最終回は、男子フリーを。リザルト関係は「こちら」で。



 まずは、無良君。フリーのスコアは「137.72」で、ミスを連発したスケカナ(111.84)から、かなり戻してきました。総合順位は、「212.77」で7位。

 スケカナのフリーでは、4Tがダブルにパンクしてから、他のジャンプも抜けに抜けまくっていたわけですが、今回、4Tは最近頻発している両足着氷のURに何とか留めて、他のトリプルはうまく降りていましたね。

 後半の3Aがシングルに抜けた後、すぐにリカバリーできたのは良かったですが、その後に、2つのジャンプで抜けているので、もったいなかったですね。後半踏ん張ることができたら、順位も5位までは上げられたはずです。

 まぁ、でもこれで、全日本の一発勝負になりましたね。台乗りした選手がオリンピックという分かりやすい形になるでしょう。



 フリーの「168.06」というスコアは中国杯(170.59)とほぼ同等ですが、中国杯は4本のクワドにトライしてのもの。一方で、今回は3本に制限してこの点数が出ているので、全体的にミスの目立たない演技になっています。

 彼は、ネイサンと同様にクワドよりも3Aに課題を抱えていますが、後半のアクセルはキレイに決まっていました。前半の3連コンボこそURを取られましたが、そこも決まると、より完成度の高い内容になるでしょう。

 メドベほど深刻な情報は入っていないので、おそらく怪我によるファイナル欠場ということは無いと思います。ぜひ大会を盛り上げてもらいたいですね。



 ヴォロさんは、NHK杯の好調を持続して、台乗り。見事にファイナル行きを決めてくれました。前半の3Aのお手つき、2本目の4Tで回転ギリギリかな?という所をのぞけば、他はクリーンにまとめました。

 つなぎが薄いというのはやっぱりあって、一時代前の、それこそプルさんのようなロシアンスケーターという感じの(ネイサンやボーヤンとはまったくタイプの違った)ジャンプ特化型の演技なんですけど、そこがまた、どこか懐かしさというか、味わいを感じます。

 まさかこの短期間に2度も来日することになるとは、本人も想像していなかったでしょう。スケオタ目線で、彼の頑張りも楽しみです。



 リッポンさんはあのキャラですけど、一番上にキャプ画を貼りましたが、スタート前の彼にラファがバシっと叩いて気合いを注入するというのは、まるでK-1やUFCのような格闘技の試合のゴング前のようで驚きました。

 しかし、サモーヒンのことがあったので、4Lzの後に肩を気にする様子を見て、「まさか・・・」と、世界中のスケオタは頭を抱えたんじゃないでしょうか。

 それにも関わらず、その後はパーフェクトに滑り切りましたよ。あのルッツで脱臼して、すぐに「肩を入れた」というのは驚くばかり。ラグビーやサッカーの屈強な選手だって、試合を止めて救護班がピッチに入ります。

 いやぁ、そう考えると、あのラファの送り出し方が、彼のフィギュアスケートに対する日ごろの向き合い方を明示している気がします。ものすごいファイターじゃないですか。

 そして、またすぐに彼を名古屋で見られるわけですか・・・。なんかボーヤンも、ヴォロさんも、そしてネイサンもそうですけど、応援したい選手ばかりで、それはそれで困ってしまいます。



 ネイサンは、優勝こそできましたが、このフリーはミスが多かったですね。最初のルッツのコンビネーションは素晴らしい出来でしたが、フリップの転倒とサルコウの抜けから、崩れてしまいました。3練コンボのトウループがパンクしたので、その直後に単発の4Tを跳んだのはさすがですけど、3Aの抜けが痛すぎる。

 回りきっての転倒よりも、抜けが増えると、ガクっとスコアを落とすというのは、我々ゆづファンは痛いほど経験していますが、ネイサンでもそういうことがあるんですね。

 今回のフリーの「171.76」ってどれぐらい悪いのかな?と、主要国際試合を調べてみると、「204.34」(17年4CC)、「197.55」(16年GPF)、「193.39」(17年ワールド)、「193.25」(17年ロステレ)、「185.24」(17年国別)、「180.97」(16年NHK杯)、「171.95」(16年フランス杯)ということで、シニア最初のGPのスコアよりも低かったのでした。

 とはいえ、怪我のボーヤンとは違って、ネイサンの場合は、基本的にSPに2クワド、フリーに5クワドというラインは変えないと思うので、ファイナルまでにどれだけ修正できるかという所でしょう。

 明日は、日曜日にBSフジでも生中継のあった、全日本ジュニアの女子フリーをレビューします。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

nathan

 さて、スケアメレビューの1日目は男子SPです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」。ライストは、YouTubeライブが無事快適に見られたので、日曜朝5:57~の男子フリーの「リンク」も貼っておきます。

judges





 滑走順に注目選手をおさらいしておきます。まずは、無良君から。衣装がガラっと変わりました。上がスケカナで、昨季から着用していたホワイトを基調としたものから、グレーのシャツに胸の赤いバラと、フリーの衣装に近い感じです。となると、フリーも変更があるのかも。

 うーん、パフォーマンスとしては、スケカナのSPに近い出来です。4TでURを取られましたが、どうも好調時と比べて、ジャンプの高さが足りていない印象です。3Aは安定。3Lz+3Tは2ndがSO気味。このSOはこの日の4T、いやスケカナからも続いていて、踏ん張りが効いていないんですよね。どこか怪我でもしているのでしょうか?

 ただ、後述するボーヤンが、3Aが抜けて大量失点していることを考えると、無良君のSPの3Aは抜群の安定感なので、SPでそこまで大崩れしないのが強みですね。

 昨日の記事でも書きましたが、刑事君・友野君がGPを7位で終えているので、現在7位の無良君が、フリーでどこまで頑張れるかという所です。



 NHK杯をキレキレの内容で勝ったヴォロさん。ファイナル進出の可能性のあるライバルがズラっと出ていて、しかもアメリカ開催ですから、スコアは出ないかな・・・と思っていたら、まぁまぁ、妥当な採点だと思います。

 とくに3Aのランディングは、NHK杯ほどビシっと決まっていないし、他のエレメンツのGOEや、PCSに多少影響が出ているのも、仕方の無い所。ただ、ジャンプ自体は安定しているので、フリーの構成を考えたら、SPの3位からもう一つ順位を上げるのは十分可能だと思います。



 リッポンちゃん。特にPCSはスコアをもらえましたね。その点では、ホームアドバンテージは確かにあるように見えますが、彼の場合、SPにクワドを入れない構成ですから、良くも悪くも、スコアの乱高下はしにくい印象です。

 独自の表現でスケオタの支持を集めるスケーター。ぜひファイナルに向けて、フリーも揃えてもらいたいと思います。
 


 さて、ネイサン。もし、ノーミスの完璧なパフォーマンスだったら、110点に迫るスコアが出ると思っていました。ただ、3Aは「ちょっと回転足りないかな?」と思って見ていたら、URではなく、GOEのマイナスという所に落ち着いたようです。

nathansp

unosp

 PCSの「44.56」というのは、決して高すぎることはないと思います。宇野君の今季のSPに、「46.50」(スケカナ)と「46.01」(フランス杯)というスコアが出ていることを思い返すと、「思ったよりも、アメリカは自重してるじゃないか!」と、驚いているぐらいです。
 
 宇野君のスケカナでのSPのPCSに10点台を3つ出したフランスのジャッジが某所で話題になっていて、それがフランス杯でのスコアやらリンクの貸し切りやらの「便宜」にも反映されている・・・なーんて話もあります。

 このネイサンのSPのスコアを見ると、「9.75を2つ、10.00を3つ、しかも同じ項目」と、偶然にしてはあまりに似すぎているPCSをつけていたのが、メキシコの「J6」です。自国のジャッジではなく、第3国(?)のジャッジがこういうスコアを出す所に、このスポーツならではの「闇の部分」を想像します。ちなみに、このJ6はリッポンにはそんなにスコアを出していませんね。



 ボーヤンは、怪我の報道がされていて、ルッツを回避するという話でした。それはともかくとして、3Aがシングルに抜けて、アクセルジャンプが0点になっているのが痛かったです。

 昨季も仕上がりが遅れて、ファイナル進出を逃しながら、しかしヘルシンキでは3番に入ったことを考えると、もしかしたらスロースターターな所もあるのかなという気もします。もし、このスケアメで総合4位だった場合、22点でジェイソンとポイントで並び、ファイナル進出は、GP2戦の合計スコアで決まります。

 明日の記事では男子フリーを見ていきます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

sotskova

 先週末のフィンランディア杯から、私が初見のプログラムのみピックアップします。ボーヤンとヴィンセント君のフリー、ソツコワのSP・フリーを見ていきましょう。リザルト関係は「こちら」で。



 ホルストの「惑星」というと、ジュンファン君の今季フリー(ウィルソン振付)で使用されています。宮原知子ちゃんも、昨季フリーは「惑星~スターウォーズ」で、ダイナミックな編曲が印象的で、個人的にはもっと見たかったんですよね。

 ボーヤンの今季フリーも、知子ちゃんと同様に、クレジット上は惑星とスターウォーズを繋いだプログラムなんですが、コミカルパートを加えた、斬新な作りになっています。昨季からSP・フリーともにローリーにお任せしていることもあって、「スパイダーマン」や「道」で広げた「芸風」をいかんなく発揮しています。

 編曲が唐突すぎると思われる方もいるはずで、賛否は分かれるかもしれません。ただ、様々なスタイルのプログラムで表現の幅を広げながら、「クワドジャンプだけの人」というイメージを払拭しようという、その意欲を私は応援したいですね。



 7月のスケートデトロイトでは、チャーリー振付のロミジュリが今季の新フリーということだったんですが、映画「ムーラン・ルージュ」のサントラからジェフに作り直してもらいました。

 見ていて思ったのは、同じくジェフに作ってもらったSPも、このフリーも男性ボーカル物になるのかぁ・・・と、これはこれで意外ですね。

 ボーヤンのようなビッグジャンパーではなくて、よりコンパクトに、身体のキレで回る感じがありますね。やっぱり、SPでも感じましたが、クワドよりも3Aの方が苦労しているのかなという印象です。


 
 私がここ最近集中的に見ているエテリ組のジュニア選手と比べると、ソツコワちゃんは、雰囲気全然違いますね。ISUのバイオを見たら、身長173cmとなっています。単に身長が伸びたというより、肩幅というか、上半身がガッシリした(ゴツくなった)印象です。

 そしてこのSPは全タノですよ・・・。彼女はタノをやらないところがスケオタから支持されていたと思うんですが、ロシア代表の3枠に食い込むためには、そんなことは言ってられないですよね。

 このSPは、なんというか、彼女の儚げな表情と細っこい体型から抱いていた私のイメージをぶっ壊すような、力強さに満ちています。この「ワルツ」の最後の盛り上がりは、ネイサンの「ダッタン人の踊り」のようなインパクトがあります。

 Time Violationで1点減点があって、でも、「67.69」というスコアはやや渋いような・・・。70点超えていてもおかしくない、素晴らしい内容です。



 フリーはドビュッシーの「月の光」です。どちらかというと、この曲の方が私が持っていた彼女のイメージなんです。

 ビックリしたのは、ジャンプの安定感ですね。昨季は回転不足に悩まされていた記憶がありますが、ラストの2AのみURが取られているものの、特に後半は楽々とジャンプを成功させていて、しかもタノ付きですから、オフに秘密の肉体改造でもしたの?というぐらい、別人の動きをしています。

 2本ノーミスで揃えられたら、絶好調の舞依ちゃんや新葉ちゃんでも勝てるかどうか、ちょっとこれは危ないぞ・・・というぐらい仕上がっています。間違いなく強敵です。

 ロシアの代表といえば、よほどのことが無い限り、メドベとザギちゃんは当確という気はしますが、3枠目は、現状ではソツコワちゃんが最有力じゃないかと。がぜんポゴちゃんやラジ子の仕上がりも気になります。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

 さて、JGPポーランド大会レポートの2日目です。男子SPから島田君の演技を。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 「59.47」で12位のスタート。先週のクロアチア大会のSPは「64.85」の6位だったんですが、今回、3Fでエラーを取られています。3F+3Tのエレメンツで、前回よりも「3.6」点落としています。

 ステップも前回レベル3が、今回はレベル2。これで「1.06」点の減点。ただし、PCSは「30.33」から「30.47」と上がっていますね。スピンのGOEで、前回同様にマイナスがついています。

 しかし、前回のフリーでは、スピン・ステップすべてレベル4を取れているのに、なぜSPはここまで評価が低いのか。ちなみに、フリーの振付はモロゾフで、SPはランビ先生なんですが、何か理由があるのかもしれませんね。本人や関係者のコメント等で、気になる発言があればフォローしたいと思います。フリーは期待していますよ!

 さて、もうひとつ、フィンランディア杯も開幕しました。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 男子SPには、シニアの実力者がかなり顔を揃えているんですが、今日の所は、3人だけコメントしたいと思います。



 ヴィンセント・ゾウ君。「ゾウ」なのか「ジョウ」なのか気になっているところ、フィンランドの現地アナウンスでは「ズー」でした(笑)。7月のスケートデトロイトでの彼の新SPについて記事を書いているので、そちらもどうぞ。

 振付はジェフ。スコアは「76.10」。冒頭の4Lzに2ndがつけられず、4Fにつけていました。ジャンプ自体は高いので、着氷が決まれば高得点が出そうです。3Aは着氷で乱れてお手付き。彼の場合、クワドよりも3Aの方が苦手なのかな?と、どうも羽生君より下の世代のクワドジャンパーはこのタイプが多いような気がします。



adam1

 怪我が心配されていた、アダム・リッポンですが、画像の通り、元気にイイ演技を披露してくれました。SPは、ジェフ振付の昨季の持ち越しプロで、昨季は黒のタンクトップだったんですが、今季は五輪を見据えてやや控えめですね(笑)

 しかし、相変わらずの、「彼独自の世界観」は健在で、クワドレスで、3Aもこらえ気味の着氷ながら、いい点が出ています。ステップが良かったですよ。超絶イケメンなことと、スタイリストが同行してるんじゃないか?ってぐらい、ヘアスタイルもバッチリきまってます。アメリカの男子も、五輪代表の3枠はなかなか熾烈ですが、頑張ってもらいたいですね。



 最後に、ボーヤン。スコアは「87.15」とまずまずです。ショートは、中国映画「グリーン・デスティニー」の楽曲を使った、ローリー・ニコル振付のプログラム。ほぼ全編、チェロとパーカッションで引っ張る感じのリズム主体の曲で、ややもすると平坦なんですよね。だから、ジャンプのミスがあると、プツっと見ている側の集中が切れてしまうというか、なかなかリスキーなセレクトに感じました。

 昨季はあの「スパイダーマン」でしたから、口ずさめる歌メロがあり、糸をシュバッ!って放り投げる振付が見られれば、ジャンプのミスは帳消しになってしまいそうな(?)プロでもあり、本当に対照的です。

 ただ、ジャンプ自体は相変わらず高いですし、ステップやつなぎの技も増えた印象です。仕上がり自体は悪くないと思いますよ。

 3試合が重なるすごい週末で、レビューがジワジワと遅れること確実ですが、どうかご了承いただければと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

このページのトップヘ