On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:マリーナ・ズエワ

2017-09-12-12-27-09

2017-09-12-12-27-53

2017-09-12-12-28-06

2017-09-12-12-28-16

2017-09-12-12-27-18



 第3章については昨日の記事で少し触れたので、それ以外の部分を軽くご紹介します。

 第1章「平昌五輪の代表を決める激闘のプロセス」は、一言でいうと、「うまくまとめたもんだなぁ・・・」と感心しました。

 五輪シーズンとはどういうものか。シーズン中の主要大会の仕組みを解説するとともに、スケーターがどのような狙いを持って過ごしているのかを、中野さんご自身の体験を巧みにハメこみながら説明しているので、飽きさせない内容になっています。フィギュアスケート専門のライターがこういう解説記事を書いても、実体験に基づかないので、私だったらダレてしまうでしょう。

 例えば、中野さんはプログラムの選曲を自分から提案したことはないそうで、佐藤久美子さんやマリーナ・ズエワにお任せしていたと言います。それでも、どうしても「曲に乗り切れず、演技に入り込めない」ことはあったようで、「シーズンが始まる1ヵ月前に急遽、曲を替えて、プログラムを作り直した」こともあったとか(51~52頁)。

 「急遽曲を替えた」といえば、本田真凜ちゃんですが、いままさに彼女がSPをお願いしているマリーナについて、中野さんはこう語っています。

  「私の振り付けをしてくれたズエワ先生は、柔軟な考えを持っていたので、『ジャンプを跳べないと意味がない』と、現実的に演技がどう完成していくかを重要視してくれました。ですので、ジャンプが跳びやすいように振り付けの一部を変更することも受け入れてくれました。ジャンプに入る前のステップを少し変えるだけで、ジャンプがスムーズに跳べることもあります。ズエワ先生の考えで、随分と助けられました」(60頁)

 こういう人柄ならば、真凜ちゃん陣営の急なお願いも快諾してくれそうですね。良プログラムを期待できそうです。

 他には、衣装について、ああ、やっぱりか・・・と思ったのが、このくだりです。

  「クラシックバレエにピッタリくる白の衣装は、氷のリンクが白いフィギュアスケートでは同化してしまい、存在感を際立たせることが難しいのです。・・・羽生選手も(2016/17)シーズン序盤は白を基調とした衣装で滑っていましたが、NHK杯からは薄い紫が基調となる衣装へチェンジしました。白は膨張色でもあるので、体のラインを少しでも細く見せたい女性スケーターにとっては難しい配色です。私自身、白い衣装にあこがれはあったのですが、現役時代にはほとんど着る機会がありませんでした」(64頁)

 女性スケーターで白い衣装というと、三原舞依ちゃんの「タイスの瞑想曲」がまず浮かびましたが、あれはEXですもんね。

 ちなみに、本書でも「青が演技のいい勝利カラー」という点に触れられていますが、中野さん自身のラッキーカラーは赤だったようで、赤やオレンジを多く使ったそうです。

 第2章「試合に臨むための心意気」では、大学進学とともに新横浜の佐藤信夫コーチに師事し、ここでは、佐藤先生のお人柄や指導方針についての記述が印象的です。

 ほかに、「どの滑走順がベストか?」という話題で、中野さん自身は「あくまでも私の感想」と但し書きをしたうえで、「2番がベスト」と主張していますね。

 1番滑走の場合、6分間練習自体の内容を省略しなければならず、不安を抱えたまま演技に入ることもあったようです。フリーで3番滑走だと、6連から15分は待つことになり、シューズの紐を締めっぱなしだと足が痛くなるし、でも緩めてしまって6分間練習の感触が変わったらどうしよう?、と悩ましいようです。

 4番滑走だとスニーカーに履き替えて、陸上でウォームアップ。5番だと一度休んでから、陸上のウォームアップ。最終滑走だと、6連での氷の感触のことは忘れてしまうとか。

 したがって、2番滑走だと、6連で思う存分滑れると同時に、氷の感触が残ったまま演技に入れるので、「ベストである」と。ここまで丁寧に一つひとつ理由を挙げられると、説得力があります。

 羽生君自身が「2番は苦手」と語っていたことは、SEIMEI振り返りでも触れましたが、他の滑走順についても、後半の滑走順だとライバルの状況を見て構成を替えられることもできるし、それぞれメリット・デメリットはあるようです。

 第4章「私が見たスケーターたちの素顔」では、上に貼った目次にもあるように、真央ちゃん、美姫ちゃん、大ちゃん、あっこさん、小塚君とのエピソードが語られています。

 ここでのスタンスは、「自分が直接経験したこと」をどこまでも正直に、素直に回想するという感じです。私もまったく知らなかった逸話が随所に出てきますが、特に美姫ちゃんとの交流については、二人のキャラの違いから意外な組み合わせでした。間違いなく、この章に、彼女の「色」が一番出ていますし、5人のレジェンドの中でも、特に好きなスケーターがいるならば、ここは必読です。

 最後に、本書の「おわりに」の部分で、ズシンときた記述がありました(252頁)。

  「本書の中でも紹介させていただいた同世代のスケーターは、私にとってかけがえのない大切な仲間です。だけど、彼らや彼女たちと私の違いは、私だけが五輪に出場することがかなわなかったことです

  「両親を五輪の舞台へ連れていくことが夢でもありました。悔しさから素直になれず、両親に『こんな風になるなら生まれたくなかった』と言い放ち、困らせてしまったこともありました」

 特に第3章での冷静な筆致からは想像もつかないエピソードに、よくこれを書いてくれたなぁ・・・と感激しました。

 これは私の憶測を込めて言いますが、中野さんは、フジテレビの社員とはいえフィギュアスケートの仕事をやっているわけでもなく、もちろんフィギュアスケートの解説業やライター業のようなこともしていないからこそ、「大人の事情でこうコメントせざるをえない」なんてこともなく、発言を捻じ曲げられることもありません。だから、本書はのびのびした内容に仕上がったのかなと思います。

 この本を読んだだけでも、中野さんの頭脳明晰さは即座に分かるし、すぐにでもトップクラスの解説やコメントができそうな気もする反面、そうなるときっと「嫌な圧力」がかかってくるんですよね・・・あぁ、いやだいやだ。

 いい本です。私は大好きな本ですね。これから折を見て、彼女の現役時代の演技を、YouTubeでいろいろと漁ってみようかなと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ






 
 ※今回のマルセイユGPF。6分間練習前、いつもなぜかかかっていたのが、ガンズのジャングル!会場で流れていたのは、ヴォーカル抜きのカバーっぽいバージョンですが・・・。ハードロック・ヘヴィメタル界で知らぬ人はいない超有名曲とはいえ、なんせ来年で発売30周年というクラシックなので、それが2016年のフィギュアスケートの国際大会の会場で流れるというのは面白い!

 溶けてひでぇ状態の氷、ペラペラで安っぽいメダル、ショボい花束、バンケットも無しと、いろんな意味で期待を裏切ってくれましたが、諸々含めた独特な感性、そこがおフランス流ってやつですかね?



 さて、WFS extraの続きです。前回はシェイリーンのホプレガ解説のみご紹介しましたが、GPFでどっぷり世界の強豪の演技に浸った後、頭の中の映像的記憶を整理するには、まずは本誌を置いて他にはないと言えます。

 特に、「第2特集 氷上に輝くプログラム」は、12月も半ばの今読んでみても、知らないことがけっこうありました。以下、私にとって「サプライズ」だった部分をピックアップしてみます。

 ・ 無良君のFS「ピアノ協奏曲第2番」(ラフマニノフ)の裏話

  「自分のなかでは、若干ラフマニノフは躊躇した部分はあったんですけど。・・・イメージが強すぎるというのは実際あって。最初は『ロミオとジュリエット』って、チャーリーが言ってたんですけど、それはちょっとどうなの!?っていう。(笑)自分も好きだし、いいなと思ってたんですけど、やっぱりイメージが強すぎるというところもあって、父(無良隆志)も『ちょっとやめておいたら?』と。

  「だったらこっちがいいとチャーリーが。チャーリーの先生のマリーナ(・ズエワ)さんも『ラフマニノフとあなたとイメージちょっと違うと思うよ』と言ってたんですけど、絶対こっちがいいってチャーリーもゴリ押しして。(笑)その期待には応えなきゃいけないっていう気持ちはすごくあります。」

 本誌を読んでいて、瞬間的に爆笑した後、苦笑を嚙み締めた部分でした。父と子で、「さすがにやめとこっか・・・」って、相談している様子が目に浮かびますもん。

 かりに採用していたら、まず間違いなく各雑誌のインタで羽生君のことを訊かれますし、それでいて今季ロミジュリがかぶるのが真凛ちゃんと高志郎君ですから、ちょっと年齢差が・・・。とはいえ、ラフマニノフも真央ちゃんのイメージが強いし、あのSPの「フラメンコ」も大変だけど、そりゃあ、チャーリーにゴリ押しされちゃ断れるわけがない・・・。無良君、人格者やなぁ・・・と改めて感じました。

 ・ 宮原さんへの吉田都さんからのアドバイス

  「滑りを見ていて一番気になるのは、胸のところが固まった感じになっていることだと言われました。私は肩が上がってしまったり、上を向いたときに首が詰まる感じになってしまうので、そのあたりの使い方はすごく磨きました。それから、1つ1つのポーズはきれいだけど、ポーズとポーズの間をもっと使えたらと言われました。」

  「表現を変えるというか、自分の今の表現をもっとよくするためにどうしたらいいか、自分はあまり普段から自分を出していけるほうではないというのをお話ししたら、無理にはっちゃけるというか、性格を変えるようなことをしなくても、自分のよさを引き出すことはできると。周りからいろいろ影響を受けたり、舞台とかバレエとかを観劇したり、いろいろなものを吸収することで、どんどんよくなっていくからと言われて。すごくなんか『ああそうだな』と。

 吉田さんのように世界のトップの人の言葉は重みがありますね。だからって後追いするわけじゃないですけど、正直、宮原さんのおとなしい性格を「いじる」風潮に(たとえ、それがメディア向けとはいっても)、私自身は違和感を感じていました。

 いわゆる「日本的な同調圧力」というか、じゃ、がんばって明るく振る舞ったところで、でも結局、試合の成績が悪かったら、叩いた挙句に忘れていくのが「世間」ってやつで、彼ら・彼女らには何の責任もないわけです。人間、得意・不得意って必ずあって、でも、「この方向性の努力はできるな!」という自信のようなものを、宮原さんの「ああそうだな」という言葉から、私は感じることができて、少し安心しました。応援している選手なので、頑張ってほしいです。

 ・ マリーナ・ズエワさんインタビュー

 必読です。つぎはぎした不完全な形で引用するのが申し訳ないほど貴重な内容ですが、真凛ちゃんとネイサンに言及した部分のみ取り上げます。

 ―― 選手の成功にとって、選曲はどのくらい重要な要素だと思いますか。

  「選曲がいちばん大事です。私の音楽の選び方は、アイディアが先行することも多いんです。何か構想をもってから、その音楽を滑るのにふさわしいスケーターが現れるのを待つ。マリンのプログラムも、ずいぶん待ちましたからね。ミエ(濱田美栄コーチ)に、『SPのアイディアがあるのだけど、日本の女子選手でふさわしい子はいないかしら』と相談したくらいなんですよ。」

  「マリンには昨年『スプリング・ソナタ』を振付ましたが、私は以前から、このプログラムのアイディアを温めていました。私にとって最も美しい春の風景は、日本で見た桜が咲く光景なんです。滑るのは日本の少女でなくては、とずっと考えていました。そこへ、マリンがやってきた。それだけで実現したようなものでした。そして今シーズンの『スマイル』。彼女の笑顔は世界最高ですもの、ほかに何ができるでしょう。」

  ※ネイサン・チェンについて

  「ネイサンは、技術面ではコーチのラファエル・アルトゥニアンが素晴らしい技術を築いています。表現面については、彼はまだ17歳ですから、やるべきことは多い。スケーティングスキルやスピン、演技のレベルについては私が見ていきたいと思っています。おもに芸術面について、すでに練習を始めています。

  「・・・私にはスケーターたちのそれぞれの『美』が見えるのです。『ここが秀でている』と思う点を、より強調し、彼らの最高のものを引き出そうとします。ネイサンは美しいボディラインの持ち主です。彼の今季SP『海賊』を振付ましたが、彼がバレエの第1ポジションの姿勢を取ったときに、『なんて綺麗なのかしら』と思ったんです。彼はバレエの経験もあるのですが、彼には自然な美しい姿勢が生まれつき備わっている。生来の才能に知識がプラスされているんです。こうした彼の美点を、プログラムのなかで見せたいと考えています。」

  「彼の芸術的な面を、これから見せて行けたらと思いますね。ほかの誰にもないネイサンの資質とは、違う種類の4回転ジャンプをたくさん跳ぶ能力ではありません。難度の高い、多彩なジャンプを跳んでいることを観客に忘れさせてしまう能力なんです。彼にとっても挑戦にはなりますが、いかにプログラムに調和させながらエレメンツを実現するか、これからその方法を見出していくことになります。いまはテクニックに偏っていますから、バランスはこれからです。」



 GPFのフリーをライストで見ていた方は、画面左上の「TECH SCORE」のカウンターの跳ね上がり方が、

 さ、さいしょのコンビネーションだけで、に、20点だと!うそやろ!

 と驚愕されたのではないでしょうか。「数の暴力」というか「ジャンプの暴力」というか・・・。



 その次に羽生君で、まぁ、4Loと4Sは成功したとはいえ、そこから先の、「LEADER 113.13」のなんと遠いこと。特に、後半4Sのコンボをミスってからは、こりゃあかん、追いつけないな・・・と、私なんかは絶望しながら見ていました。

 ネイサンも間違いなく平昌ではメダル争いをする一人になっていることでしょう。ちなみに、マリーナさんのインタはこれでもごく一部ですので、ぜひ実物を手に取って全文を読んでみてください。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ





2016-06-06-17-16-32

2016-06-06-17-16-42

2016-06-06-17-17-17

 
 アクセスが不安定な中、お越しいただき本当にありがとうございます!巷の噂ではドメイン変更から約72時間はこの状況が続くようで、8日(水)の夕方までには解決していてほしいものです。

 PC、携帯、タブレット、どれを使ってもアクセスできないことはあまりないので、複数の端末でトライしていただけると、どれかで記事は読めると思います。

 羽生君の記事はこれまで通り、毎日0時に必ず更新します!

 ただ、昨日の夜中の話ですが、ブログランキングにおける私のブログの「最新記事」の表記にライブドアニュースがそのまま並んでいるのを発見しまして(おそらくlivedoorトップページに一定時間飛ばされていることが影響している)、慌てて対応しました。ここ数日はとくに注意したいと思います。

 さて、昨日の記事につづいて、発売したばかりの最新号の「vol.6」です。

 結論から言うと、ゆづファンにとってはやや厳しい内容になっています。まぁ、ワールドは勝てなかったし、その後は怪我でトロント療養中でアイスショーもキャンセルしてるんで、インタビューもなかなか取れないですよね。

 「アイスジュエルズ Vol.3」を「薄い」と感じた方もおられるとは思いますが、あちらは1512円、こちらは1836円なんで、ますますもって強くは推奨できません(汗)。

 
 さて、まずは巻頭の羽生君のインタビューから。これは、ワールドのフリー後のミックスゾーンでのコメント、エキシビション後の記者会見、そしてワールドから一か月半後のインタビュー(※拍手コメントで「5月半ばのインタ?」と予想されていた方、鋭い!)と、三つの内容で構成されています。とはいえ、かなり圧縮されている感じはします。

 中身は、ワールドの敗因分析が中心です。怪我による足の痛みを我慢してワールドに挑んだという話は、知っていることとはいえやはり読んでいてこちらも辛くなりますが、全体的にサバサバした受け答えになっています。負けたことについては受け入れつつも、怪我で練習できないことが何よりキツイようです。

 例の「溶けた氷」の話はほぼ皆無なので、ここは「ジュエルズ」が一本取ったといえるでしょう。あのインタビューはやはり貴重ですね。

 そんな中、個人的に興味深かった発言は、

 「いつも試合を全力でやるのは当然だが、試合に向けての練習まで毎日全力でやるだけじゃダメだ」

 というもの。

 報道されている、「左足リスフラン関節靭帯損傷」(全治二か月)が、特にオーバーワークによるものではない(?)ようで、じゃ、なんで練習で追い込みすぎるのがダメ、という考えに至ったのか。もう少し突っ込んで聞いて貰いたかったです。ただ、この辺りの食い足りなさも含めて、同じ扶桑社から7月に出る『蒼い炎II』のためにストックしてある可能性はありますね。

 
 純粋な羽生君の声は冒頭のインタビューだけです。他は、目次の通り、ワールドのたいへん詳しいレビューと有力選手のインタビューがてんこ盛り。そんな中、羽生君を「読み解く」という視点に立つと、ハビエルのインタビューと、マッサージセラピストの青嶋正氏への取材が面白いと思いました。

 その二つの内容にまで深く踏み込むと、買う楽しみが無くなってしまいますので、書店で実際に手に取ってもらいたいですが、特に、ハビのインタビューは絶対に読むべきです。

 都内で4月に行われたインタビューなので、非常にリラックスしつつ、聞き手の方もおもしろい部分を突っ込んでくれているので、読み応えはありますよ。そして、私自身はミキティがまた好きになりました。インタビューで言及されている、「○」を送る彼女の表情が容易に頭に浮かびます。夢に出そう・・・。


 ハビと羽生君は性格面だけでなく、トロントでの生活スタイルからしてまったく違うなぁと、改めて感じました。もしかしたら、上で触れた、羽生君の「練習に対する意識」の変化は、ハビを見て、何か取り入れてみようとか、そこから来ているのかも・・・。あくまでも私の憶測ですけどね。

 実はこの号の主役は昌磨君です。ワールドとチャレンジカップとでインタビューが二回分収録されています。そして、小塚君の引退インタビューもボリュームたっぷりです。

 ほかには、「アイスジュエルズ Vol.2」で取り上げられていた、真凛ちゃんの振付担当のマリナ・ズエワさんがこちらでも登場しています。こっちのインタビューの方がやや詳しいですね。

 
 最新刊の中身の撮影は控えるようにしているんですが、この二枚は小さいですし、いいでしょう・・・。

2016-06-06-23-52-03

 ※クリケットファミリーのガブリエル・デールマン。安定感には欠けますが、海外ドラマの女刑事役っぽい風貌で密かに応援しています。

2016-06-06-23-51-03

 ※ロシアのラジオノアです。この子はいつも明るくて、ロシアっぽくない所が魅力です。アメリカンなコスで一瞬にして目を引きました。

 今年のワールドというのは、羽生君のファンにとっては辛い大会で、こんなもん早よ忘れたいわ!と思う方もおられるでしょう。ただ、彼が辛い時の発言も我々はすべて受け止めて、ともに成長し、応援していきたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2016-05-26-10-50-53

2016-05-26-10-51-14


 
 さて、昨日のVol.1に続いてのVol.2です。

 これなら俺でもレジに!と、まるでアイドル雑誌ばりの表紙だったVol.1と比べると落ち着いた外観で、実際こちらの方が誌面の内容とも整合性が取れていると思います。だって、中身は正統派なんだから、表紙で釣るのは他の雑誌がやればいいでしょうに!って話なんです。

 内容について。昨日ご紹介したVol.1の奥付には「2015年10月21日発行」とあり、羽生君が登場したカナダGP(10月30日)よりも前。だから「SEIMEI」の制作秘話にフォーカスされたインタビューでした。

 Vol.2は、2016年2月19日発行。GPファイナルも全日本も終わり、残すはワールドのみという状況での羽生君の巻頭ロングインタビューから始まります。

 表紙にもあるように、たしかにGPファイナルでの330.43についてが中心。このハイスコアを生んだ様々な状況・心境について、詳しくは実際に読んでみてのお楽しみとして、個人的には、『王者のメソッド』のChapter8の発言と微妙に違う所が面白かったです。両方読まれた方は気づかれたと思いますが、

 『メソッド』:ノーミスを意識してミスした→「一つひとつの技に集中しなきゃいけない!」

 
『ジュエルズ』:ノーミス狙いでノーミスで終えられた→「やはりノーミスを狙っていくのは大切!」

 一見すると発言がブレてます。結局、あなたの「メソッド」ってどっちなんだよ?って話なんで、一貫性が無いっちゃないんですけど、ってことは、その時々のインタビューで嘘偽りなく正直に話してくれている証拠でもあります。

 口先だけの「一貫性」ってことなら、どこぞの知事の会見内容も形だけは「一貫」してるわけで、やっぱり、羽生君って誠実だと思いますね。
 
 揚げ足を取るような指摘で気分を悪くされた方はすみません。あくまでも私が期待するのは、羽生君自身がノーミスを狙いながら実際しっかりノーミスで滑りきれたという経験・自信を2018年の本番まで積んでいくこと、その一点なんです。

 他には、シーズンイン前後に、SPの振付をジェフリー・バトルとギリギリまで相談していたこと。シーズン始まってからも、FSについては、皆さんもご存じの野村萬斎さんとの対談後、さらには大会中にも振付に微調整を加えていったことなど、興味深い裏話が聞けます。

 フィギュアって毎試合同じ曲かけて同じことやってる。そんで、ミスしてる。だから、つ・ま・ら・ん。

 ってのはとんでもない話で、これは羽生君に限らず、その背景には試行錯誤と苦労があるんだな、やっぱスケーターすごいわ!と私なんか改めて彼らの凄さに感心したんですがね。

 ちなみに、SP絡みで言うと、羽生君が、「演奏が一番しっくりくる」ので「YouTubeでの映像を見て、どんな体勢・感情で弾いているのか研究している」と答えていたのが、クリスティアン・ツィマーマンのバラード第1番。

 羽生君が実際に見た動画が何かはさすがに分かりませんが、一応貼っておきます。



 巻頭インタビュー以外ですと、今季のGPシリーズの各大会を中心に、ジュニアの大会に至るまで、試合のレポート・総括および記録がきっちりまとまっており、資料的価値が高いです。

 他のジャンルのスポーツ雑誌なんかと比べたら、今回の誌面構成はぜんぜん「ゆづくん・ゆづくん」なんてしてませんよ。気持ち悪いぐらいのバルサ贔屓のサッカー誌、まともな活動をしているかどうかも怪しいのになぜか某バンドを表紙にする洋楽誌辺りと比べたら、良心的な作りです。

 『王者のメソッド』が、ややもすると文字情報でごり押しする内容なので、そこで、このような雑誌を手元に置いといて大会の雰囲気を思い出すと、『王者のメソッド』の行間を私なんかよりもより深く読み解けるのではないでしょうか。

 今回も振付師のインタビューが3名紹介されていて、羽生君絡みではないですが、いずれも興味深いです。特に、本田真凛選手のSPを担当したマリナ・ズエワさんのインタビューは、日本人にとってはちょっと嬉しい、個人的にホロっとくる内容でした。

 ルール解説のページも引き続きマニアックに攻めていて、とても私の頭では理解しきれませんが、辞書代わりに持っておいて、気になった時にパラパラめくってみると良いのかなと思います。

 どうですか?Vol.3の発売が楽しみになりましたか?5月30日って月曜日ですか。店頭だといつ並ぶんですかね・・・。 


 
 え?ゆづくん成分薄いならいらないって?そういう方は、「フィギュアスケートファン通信」からご購入ください。写真目当てならあちらは間違いないと思います。しかもバックナンバーも揃えれば、各年代の羽生君を網羅できますしね。

 写真ってファンの皆さんそれぞれに好みがあるはずなんで、あまり私は感想を述べたくないんですけど、Vol.2だと和装のショットは凛々しくていいと思いましたよ。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


このページのトップヘ