On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:ミーシャ・ジー

boyang

 四大陸選手権の最終日。男子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 ライストで見て、すぐに書き始めています。フリーも、SPと同じ4人についてコメントします。



misha

 まずは、ミーシャから。「タイスの瞑想曲」というと、昨シーズンの舞依ちゃんのEXでしたが、分かってはいることだけど、このミーシャのフリーも最高です。

 曲調を完璧にとらえた所作については、私が今さら言うまでもないんですけど、意外にも(と言っちゃ失礼ですが)、ジャンプも上手い。クワドこそ入ってませんが、トリプルはバシバシ決めて、見ている側からすると、一切ストレスも溜まらず、緊張も切れない、とにかく「見ていて心地よい」演技です。

 スピンでやや取りこぼしがあったとはいえ、ステップがとにかく美しい。ステップシークエンス、コレオシークエンスともに、曲調とバッチリ合っているのに軌道は複雑という、面白い動きを入れているなぁ・・・と感心します。

 だからこそ、いつか羽生君と仕事をしてほしいんですが、彼曰く、「何人もの大人の許可が必要」とのことらしいんで、まぁ、お互いプロ転向後のお楽しみということでしょうか。



 ジェイソンは去年のプロに戻したんですが、見違えるようにジャンプが安定していました。

 ライストを見ている感じでは、2本目の3A以外は、ほぼノーミス級の演技で、今季と明らかにジャンプの精度が違うので、やっぱり跳びやすさってあるんですね。

 このプロで全米を闘っていたら・・・と思ったのは、私だけじゃないはず。クワド無しなのに、PCSは、宇野選手のフリーのそれにあと0.22点差という高評価。素晴らしかったです。



 最初の3本のジャンプをことごとくミスって、これどうすんの?と、頭を抱えたくなりましたが、気持ちを切らさず、後半以降しっかり決めていきました。やはり、良いトレーニングを積めていて、最後までスタミナが残っていましたね。

 欲を言えば3位に入ってほしかったですが、このメンバーで4位は立派です。とにかく五輪では、ジャンプの抜けだけはなんとか気をつけて、出し切ってもらいたいです。



 いやぁ、いい物を見られてよかったです。今季見てきた男子シングルのフリーの中でも、最高のパフォーマンスではないですか?

 SPでもジャンプの調子は良さそうだったので、フリーもかなり決めてくれる期待感はありましたが、まさか、クワドを4本、3Aを2本、しかもどれもかなり余裕を持って降りるとは、ビックリでした。一昨日に続いて、また言わせてください。

  ボーヤンの4回転は、鰻屋の鰻。ファミレスやスーパーの鰻とは、そもそも比較すること自体がおかしいのだと。

 今回、PCSは85.44と、他のクワドジャンパーと比べて決して高くはないですが、はっきり言って、ネイサンよりもクワドの質が高いことは、この4CCのSP・フリーの2本で証明したんじゃないかと。

 もしこの内容を五輪本番でも演じられたら、PCSは、88点前後とか(ネイサンの名古屋ファイナルが88.44)、いや、90点に乗るかもしれません。

 羽生君はきっとこのボーヤンの演技を見て、「絶対に勝ってやる!」と燃えているはず。お互いを認め合うこの二人の対決は、我々もモヤモヤを感じることなく、純粋にトップアスリートの勝負として、楽しめますね。

 ああ、ようやくこれで、「オリンピックが来るぜ!」と、すがすがしい気持ちでいっぱいです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

boyang

 四大陸選手権の2日目。今日は男子SPです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 23時前から書き始めたので、動画のリンクと軽いコメントのみでお許しください。

 特に印象に残った演技は、ミーシャ、ボーヤン、ジェイソン、刑事君の4人ですね。









 まず、ミーシャ。「これがフィギュアスケートにおける表現力ってもんでしょ?」と、ひとつの基準を提示してくれる、素晴らしい演技でした。

 なにが凄いって、指先まで計算し尽くされた所作に加えて、全身から発せられる「怪しい雰囲気」が、やはり唯一無二ですよ。

 ジェイソンの表現力が、スケーティング・スピンの質、身体の柔軟性、そして音感という、主としてテクニックやフィジカルに裏打ちされたものだとすると、ミーシャって、才能とセンスの塊だと思います。プログラムも自分で作っているわけですしね。会場はガラガラだけど、この二人への声援は、キャーキャー!って感じで、意外な驚きでした。

 ボーヤンは、一言でいって最高の演技でした。詳しい説明は省きますが、将棋の藤井猛九段という棋士が、「鰻屋の鰻」と「ファミレスの鰻」という表現を使って、同じ戦型だとしても、指す棋士によってクオリティと深みが全然違うって話をするんですが、

  ボーヤンの4回転は鰻屋の鰻!

 しみじみと、こう言いたくなりましたね(※日本の鰻のクオリティを落としているのは中国産だろ?というツッコミは無しで!)。本家はやはり違いますよ。

 誰の4回転がどこの鰻か?という話はあえてしませんが、今日のボーヤンのショートは、「これだよ!見たかったのは!」と、爽快感のある演技でした。昨年に比べて、「ローリーの独特なプログラムで表現を勉強中」というような「ぎこちなさ」もなくなってきて、すごくハマってきていると思います。ジャンプの調子も良さそうなので、フリーもやってくれそうな期待感があります。怪我の影響が心配されていただけに、元気な姿を見せてくれたことが、何よりも嬉しかったです。

 刑事君は、4S、3Aともに、物凄く余裕をもって着氷しているように見えました。転倒や抜けの雰囲気がまるで無いので、やはり秋以降の猛練習が効いているのだと思います。

 女子と比べると、メンツ的に揃っていて、最終Gの一つ前のグループでも、ハンヤンやナム君はまずまずの演技でした。

 そうそう、ハンヤンの演技後、フラワーガールがもたついていたのか、リンクに投げ込まれたぬいぐるみを、ナム君が拾って、これから自分の演技が始まるというのに、わざわざハンヤンに渡しに行っていました。思わずほっこりする、良いものを見られて、ハッピーでした。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

javi

 フランス杯感想もラストの男子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 まずは、SPで3位だったものの、総合4位と順位を落としてしまったサマリン君から。スケカナはあまりマジメに見ていなかったので、彼のフリーも初見なんですが、2:35あたりから、突然うるせーヴォーカルがカットインしてきて、後半以降、曲が完全にメタルですね(笑)。



 こちらが原曲。マルコム・ヤングが亡くなったばかりですが、この人がAC/DCにいたことは知りませんでした。サマリンのISUのバイオを見ていたら、このうるせー曲の直前にメタリカを挟んでいたり、振付師が完全に狙っています。

 クワドはけっこう派手に転んでいましたが、こんな感じの、ヘヴィメタル・ハードロックをフィギュアスケートに使う選手はほぼ皆無だと思うので、ぜひ来年もトライしてほしいです。個人的に応援したくなります。


 
 予想以上に苦戦していました。どこか怪我してるんじゃないか?ってぐらい悪かったですね。ただ、コンディションが悪いからといって、構成を極端に落とすわけにはいかないのが、フィギュアスケートの厳しい所です。

 そして、はっきり内容が悪くても、採点結果もその通り悪くなるとは限らないのが、フィギュアスケートの複雑な所です。とくに、「こちらのブログ」が参考になりました。

 まぁ、悪かろうが何だろうが、地元開催のファイナル進出は決めたことですし、2週間しっかり準備して、大会を盛り上げていただきたいですね。



 ハビは、優勝できたことは良かったですが、なんだか、ケツが痛かったとか何とか、ベテランになると、色々と痛いところが出るのはしょうがないですね。

 出だしのクワド2本はイイ感じだったんですが、「ドン・キホーテ!」の掛け声の後の、3Aでバランスを崩してからは苦労しました。

 ただ、スピン・ステップはきっちりレベルを取れているし、ジャンプ自体も高さは問題なく出ているので、あとは身体をケアしつつ着氷さえ決まれば、当然ながら五輪でメダル争いをする実力者だと思います。

 一番上にキャプ画を貼りましたが、キスクラで二人の様子を見ていると、リプレーを見ながらすでに分析に入っている感じで、たしかな手ごたえをつかんでいるようです。



 この人にも触れないわけにはいかないでしょう。最後のグランプリシリーズで初めてのメダル獲得。劇的すぎます!

 男子シングルで勝つためには「クワドは必須」というのは確かに分かるんですが、正直なところ、クワドでコケまくる演技を何人も見ていると、疲れてくる部分はあります。

 そんな中で、クワドが武器じゃなくとも感動を与えられるスケーターとして、一方で、ジェイソンのような身体の柔らかさを生かした超人的な動きをするスケーターがいて、そして、ミーシャのような芸術家肌のスケーターもいる。

 ミーシャにはもう少し頑張ってほしいという気もしますが、オフにプログラムを作るために世界中を飛び回っていた状況を思い返すと、普通に考えて現役を続けるのは無理ですよね。その才能を世界の若いスケーターのために、これから何十年にもわたって役立ててもらいたいです。

 WFSのextraを無事入手しましたので、明日からはみっちりレビューしたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-06-19-13-18-13

2017-06-19-13-18-37



 羽生君に関連したものではないですが、今日もLife最新号から私の趣味でピックアップしてみます。

 ・ミーシャ・ジー(24~26頁)

 ――世界選手権後は、どんな風に過ごしてきましたか?

  「世界選手権を終えてから、1日も休んでいないですね(笑)。いろいろな国や街に行って、たくさんのプログラムの振付けをしてきました。たくさんのスケーターそれぞれのスケジュールに合わせるために、10回以上も僕の予定を変えないとならなかったんです」

 ――これまで1か月半ほどの間に、どのくらいのプログラムを振付けたのですか?

  「来日(※取材は5月21日)前までの時点で、12プログラムです。SNSにも投稿してあるけど、カレン・チェン、トゥルシンバエワ、韓国のジュニア選手たち、セルゲイ・ヴォロノフ、アレクサンドル・ペトロフなどです。ペアにも振付けました。とにかく予定がいっぱいなので、応えられないオファーもたくさんあったんです。ロシアのジュニアとかノービスの選手、スイス、日本、韓国、カナダとかね。なるべく断らずに受けるようにしているんだけど」

 →→ミーシャのインスタをチェックしてみたんですが、5月21日から見てみると、日本だけでも実にたくさんの場所を回っています。関西学院大(神戸)、邦和(名古屋)、臨スポ(大阪)、少なくとも3か所のリンクを訪れ、またその間に、村元哉中ちゃんに京都を案内してもらったりと、超過密スケジュールですね。三原さんとの2ショットもありましたが、彼女の振付をしたかどうかは分かりません。

 ・畑川明子さん(ロシア語通訳)

 私の大好きな企画「ニッポンのフィギュアスケートをつくる人・支える人」から、ロシア語通訳の畑川明子さんのインタビュー(141~143頁)。5段組で3頁の大ボリュームです。

 70年代に大学でロシア語を学び、翻訳学校、日本銀行を経て、豊富な海外駐在等を通じてロシア語を磨いてきた彼女が、日本スケート連盟からロシア語の通訳として仕事の依頼を受けたのは、2013年12月のグランプリファイナル。

 もちろん、このGPFは、羽生君が勝った福岡の試合です。シニアの女子シングルは、ロシア選手がファイナルに4人(リプニツカヤ、ソトニコワ、ラジオノワ、ポゴリラヤ)、ジュニアの女子シングルもソツコワやメドベージェワを含めて4人進出しており、しかも、みんな若くて英語がしゃべれないことから、スケ連が緊急で通訳を探したのだそうです。

 私たち素人が想像もできない、さまざまな苦労が語られているので必見です。そんな中で、畑川さんのお話で、特に興味深かったのは、「雑誌等で文字化されない、ロシア選手の様子」を語ってくれた部分です。

 例えば、2015年NHK杯で、SPですべてのジャンプをミスして最下位だった(フリーは持ち直して総合9位)ポゴリラヤについてです。

  「あの時はかわいそうでしたね。日本の記者さんたちは決して厳しい質問をしたりしないので、『時差ボケがありましたか?』などといろいろ(失敗した)理由を聞こうとしたようですが、彼女は『なぜこうなってしまったかわからない』としか答えませんでした。ロシア人には言い訳をしないという国民性があります。ポゴリラヤに限らず、失敗した理由を聞かれても、『私の実力です』と答える選手がほとんどです。負け惜しみは言わない、謝らない、弱みを見せないという気質なので、10代の選手でもとてもしっかりして見えるのはそのせいもあるかもしれません

 リプニツカヤについても触れています。

  「ユリア・リプニツカヤ選手が日本に来たのはまだ15歳、本当に小さな時でした。ソチ五輪後の世界選手権だったのですが、ミックスゾーンでたまたま目にしたロシア人ジャーナリストとのやりとりをとてもよく覚えています。(ショートプログラム3位、フリー2位の総合2位だったが)ロシアのジャーナリストは競技中のミスについて、『気が緩んでいたのか』『(五輪から)日程が近すぎたのか』などとガンガン聞くんですよ。それに対して、『私は今日、失敗したわけではない』『私はゴールドメダリストだ、五輪団体で金を取ったんだ』と答えていた姿が忘れられませんでした」

image

 このリプちゃんの出場したワールドはさいたま大会のことで、真央ちゃんが優勝した試合でしたね。リプちゃんといえば、ソチでは団体戦で酷使されて、個人戦は5位に終わりました。そう考えると、ワールドで2位というのはよくやったと思いますが、それは外国人の私だから言えるのでしょうか。若くて将来のある彼女に対して、このジャーナリストは容赦ないですね。

 ポゴちゃんといえば、FaOIのThe Roseが素晴らしい出来で、新たなファンを開拓したと思いますが、たしかに15年のNHK杯のSP、それからヘルシンキワールドのフリーは崩れに崩れて、私も、悲しくて見ていられなかったです。

 ただし、この畑川さんのインタは、次の明るい話で見事に締められます。彼女は、忘れられない大会に、2016年のNHK杯を挙げます。

  「その前年にボロボロの状態でインタビューを受けていたポゴリラヤが優勝したんです。前回を見ていたので、優勝して喜んでいる声を通訳できたのは本当に嬉しかったですね。ミックスゾーンでも前回の大会について質問されて、『前回のことはもう言わないでください』と言っていました(笑)

 引き続き、明日もLifeの最新号を見ていきたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ