On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:ミーシャ・ジー

FullSizeRender

IMG_0058

FullSizeRender



 しつこく引っ張りましたが、これが最後の「Life Extra」です。平昌五輪期間中の他のスケーターからの「ゆづ関連発言」のまとめ記事。今日はパトリックとミーシャです。バックナンバーは「こちら」で。

IMG_0131

 (1)パトリック・チャン(108~110頁)

 ―― バンクーバー、ソチ、平昌の3つの五輪はそれぞれ、どんな大会でしたか?

  「期待度という点ではバンクーバーとソチは似ていたと思う。自分に大きな期待やプレッシャーをかけてしまっていたんです。バンクーバーは夢の舞台だった。カナダ開催だったから、カナダ人として母国でメダルを取りたいと願ったから。そのために自分に不要なプレッシャーをかけてしまいましたね」

  「ソチも似ていたけど、違うタイプのプレッシャーでした。僕は当時の世界チャンピオンだったし、バンクーバーからソチまでの間、いい成績を収め続けていたから。だから、勝たなくちゃならない、チャンピオンにならなきゃならないと、バンクーバーの時と違うプレッシャーがあったんです。・・・でも、ソチはいい教訓になったし、ソチのおかげで成長できてもっと大人になれた。・・・結果だけが常に大事なわけじゃないってことが理解できたんです」

  「もちろん選手によってそれぞれだし、僕にとっての金メダルは、たとえばユヅにとっての金メダルとは違うもの。もちろん彼は今、世界のベストスケーターです。ただ僕は、世界のベストでなくなったことから学ぶことの方が多かったと感じているんです。常に世界のトップでなくてもいいんだってこととか」

  「だからこそ、この平昌での経験は過去2回とは大きく違っていて、今回が最高ですね。僕はトップ選手ではなく、前に進み続けている今の男子シングルではチャンピオンになれないという事実を受け入れざるを得なかった。でもその中で、最善を尽くしたいと思っていたんです。結果のことは考えなくていい、自分が目指したいことに向かってエンジョイすればいいんだと理解させてくれた五輪でした。一番勉強になったと思います」

 →→平昌五輪団体戦のあなたのフリーは素晴らしかったですよ。平昌五輪の演技はYouTubeに上がっていないので探すのに手間取りましたが、上のリンクをぜひ見てください。先月生放送を見ていた時も感激しましたが、やっぱり彼はスケーティングだけの選手じゃない。この冒頭の2本のクワドの柔らかい着氷。特に2本目の単発の4Tの後、間髪入れずにステップに移行するシームレスな動き。やはりトータルの能力に優れた今季の男子ベスト3は、羽生君、ハビ、パトリックの3人だったなと思いました。先日のミラノのワールドでは、このクオリティのクワドを降りた選手は誰一人としていなかったですね。

 ただ、クワドに限らず、3Aでも抜けや回転不足が目立つようになり、スコアで離されてしまう試合も多く、きっと本人も、周囲からの期待とのギャップに苦しんで、辛かったでしょうね。

 昨年秋の段階で、彼がラドフォードとともに指導するというリンクの建設も進んでいて(「WFS extra Dec.2017」)、ここで彼がポジティブに振り返っている様々な経験を、ぜひ今後は育成の場で伝えていって欲しいと思います。

IMG_0132

 (2)ミーシャ・ジー(111~113頁)

 ―― 今回、自分以外の演技は見ましたか?

  「もちろん。今回見た中では、3つの演技に感動して立ち上がりました。サフチェンコたちのフリーと、ユヅルのフリー、それから今日のフランス組(パパシゼ)のフリーダンス。それ以外でも今日の演技には芸術的な演技が多くて、とても心打たれました」

  「・・・ユヅに関しては、僕のいい友達が、すごくつらい時期を過ごして戻ってきて、金メダルを取って本当に嬉しかった。でも、彼のここでの演技だけに感激したんじゃないんです。彼の考え方やメンタルの様子などがこれまで見た中で一番良かったと思ったからです。彼のオンアイスとオフアイスの練習を見た後にメールのやり取りもしたんだけど、彼の頭の中はすごくいい状態だったと思います

 ―― 去年の世界選手権は、これで引退かもしれないという気持ちを半分くらい持ちながら臨んで、そこで素晴らしい演技をした。そうした思いを持った試合であれほどの演技をした後、モチベーションはどうキープしてきたのでしょうか。

  「あれがもし最後だったら、素晴らしいエンディングになるような演技でしたよね(笑)。でもまだもっといい演技ができるかもしれないし。どう答えたらいいかな、僕はいつも現実的に考えているんです。ファンタジーではなくて、できるかもしれないしできないかもしれないって」

  「だからとにかく準備しないと。準備がうまくいっていい演技になれば、すごく嬉しい。でも準備をしなかったら、いい演技はできない。だから準備する。いつも、もっともっとと自分の背中を押しています。僕のゴールはここ数年じゃないから、もっと先まで見ているんです。でも僕は(歩みが遅めの)カメだから、とにかく正しい方向にゆっくりでも進んでいかないとならないんです」

 ―― そうやって向かっていった先には何が待っていますか?

  「未来のプロフェッショナルな仕事ですね。振付師とか合宿をやること、スポーツマネジメント、ショーとか、そういうものです」

 ―― すでにそういう計画があるのですか?

  「はい、世界選手権が終わったら、すぐいろいろ動き始めます。世界中のいろいろなところでね」



 →→ミーシャのゆづへのコメントについては「こちら」もご参照ください。

 「素晴らしいエンディングだったのに」という、ヘルシンキワールドのミーシャの演技なんですが、1年前の試合なのに未だにフジテレビのブロックがかかっていて、SPの「愛の夢」は「デイリー」の動画でお許しください。

 で、どう素晴らしかったっけ?と思って、両プロを見返してみると、インタでのやり取りではフリーの「くるみ割りの人形」のことを明らかに指していますね。

 この演技では、特にジャンプを全て跳び終えてから、ミーシャ本人が感極まって、しかし明らかにスピードを増したコレオシークエンスが圧巻です。プロトコルを見たら、GOE+2.10の満点がついています。羽生君のホプレガでも+1.40なんだけどなぁ・・・と思うんですが、まぁ、メダル争いをしている選手は各国ジャッジが「潰しあい」をしてるんで、いずれにしても、どちらも素晴らしいことには違いないです。

 しかし、私の好みで言えば、明らかに16-17シーズンよりも、今季のプログラムの方がSP・フリーともに面白い。SPの「アヴェ・マリア」は衣装からしてミーシャワールドの怪しさ満点ですし、もちろんフリーの「タイスの瞑想曲」も良かった。そして、彼のbioでも一目で分かりますが、今季、SP・フリー・総合すべてのPBを更新しています。

 上で彼が語っているように、「つねに準備している」ということを結果でも示したシーズンでした。正式に引退表明したのかどうか、私はまだ確認していないのですが、この人については、それがあまりしんみり来ないというか、そういうものを超越した領域で活動している稀有な存在だと思っています。まぁ、FaOIも来るし、振付師としてもまた日本に「長期滞在」してくれそうですし、このオフシーズンも注目ですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_0058

FullSizeRender



 昨日に続いて「Life Extra」のレビューです。バックナンバーのレビューは「こちら」で。

 さて、予告通りに、「私が見た羽生結弦」(30~31頁)から、キャンデロロとミーシャのコメントをご紹介します。

 (1)キャンデロロ

  「・・・4回転ルッツで怪我をして、僕は彼がオリンピックに参加できるのかどうか、とても心配だった。ブライアン・オーサーと少しだけ話す機会があったんだけど、ジャンプについては4~5週間前から始めたらしいね。ユヅルの復帰で一番印象的だったのは、そのパワーについて。精神的にも身体的にも以前より強くなっている。これは人生のいいストーリーになると思うよ。そして僕は彼が成し遂げたことをとても誇りに思います

  「・・・僕もオリンピックで2回メダルを取ったけれど(リレハンメル銅・長野銅)、今それをやろうとしたら大変だよ。スケートのレベルはとんでもなく高いし、4年間それを維持することは本当に大変。ましてやオリンピックの1位の座を守るなんて特にね。・・・だってオリンピックには魔物がいるから。プルシェンコだってトリノで勝って、次のバンクーバーだって勝てると思っていたんだよ。だから、ユヅルがやったことは本当に素晴らしいことだし、日本にとってもすごく良かったよね。この先、五輪で2回メダルを取る選手が出てくるかどうかわからない。だから、今回ユヅルの勝利に僕は感謝しなければいけないし、以前僕は彼のことを半分神だって言ったけど、今はもう偉大な神になったよね。完全体だよ。それに僕は感謝しているんだ。これで日本のスケート界は今までよりさらに大きくなっていくだろうってね。彼にはブラボーと言いたいよ

 →→「日本のスケオタ」だけでこの話題を語るとき、かならずネット上のアンチの意見に触れてしまうわけですが、このキャンデロロの見方こそが、常識的な感覚ですよね。

 単に、現代のフィギュアスケートにおいて、五輪連覇が技術的に困難というだけでなく、怪我を克服してのこの偉業が、羽生君の今後の人生においても意義深いということにも触れていて、嬉しいです。

 (2)ミーシャ

  「ユヅとエフゲニア(・メドベージェワ)と僕は3人でいい友達なんです。2人はとてもきつい時間を過ごしてきた。僕も同じような時期を過ごしたことがあるから、友達として何かサポートしたかったんだ。彼らはメダルがかかっているから、僕よりもっと大変なシチュエーションにいるしね」

  「僕は年上で経験もある兄として、いろんな知識や事例を伝えました。時には5~6ページにもなるメールを送ったよ(笑)。そして彼らは困難を乗り越えて、アスリートとしてだけでなく、人としても強くなって戻ってきたと感じています。今回、僕はユヅの表情や会話から、彼がものすごく成長したと感じたんだ。より穏やかでコントロールされていて、成熟していた

  「ショートの後、“The Prince Become A King”ってツイートしたけど、実はそういう意味なんだ。僕らはそれぞれ離れた場所にいるし、時間がないからそんなにたくさん話せないけど、お互いにサポートし合っているんです」

 →→「Continues with ~Wings~」には、ぜひミーシャを呼んでほしい!と思っているのは、私だけではないでしょう。昨シーズンのオフ、振付師として日本であんなに長期滞在していたのだから、来れないわけがないし、日本好きなはずだしね(笑)。

 さて、雑誌とは別に、1日遅れましたが、無良君の引退の件に触れないわけにはいきません。

 ネットでこのニュースを検索してみると、配信元によって会見内容から紹介している部分が異なりますが、ゆづファン的には、平昌五輪に帯同してくれていたことは感謝という言葉以外にありません。

 無良君本人は、昨年末の全日本の演技に納得していたと語っていましたね。私も現地で、特に最終日のフリーには感激しました。刑事君との差もけっこう際どかった印象です。

 無良崇人というスケーターを語るうえで、やはり外せない名演といえば、14年のスケカナのフリーじゃないでしょうか。



 このパフォーマンスを今季見せてくれていたら・・・というのは、叶わぬ夢ですが、五輪シーズンにピークを持ってくることの難しさを痛感します。でも、この素晴らしい「オペラ座の怪人」の輝きが色褪せることはありません。

 ゆづとの関係でいうと、震災で練習場所に困っていた時、無良君のアドバイスとサポートによって「4回転の調子が落ちなかった」とゆづが語っていたエピソードですよね。これを思い返しても、指導者としての資質十分だと思います。

 会見の中でも育成について「貢献したい」と語っています。プロスケーターとして、そしてコーチとして、第二の人生でも必ず活躍できるはずだと、私は確信しています。

 無良君の未来は明るいよ!

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

boyang

 四大陸選手権の最終日。男子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 ライストで見て、すぐに書き始めています。フリーも、SPと同じ4人についてコメントします。



misha

 まずは、ミーシャから。「タイスの瞑想曲」というと、昨シーズンの舞依ちゃんのEXでしたが、分かってはいることだけど、このミーシャのフリーも最高です。

 曲調を完璧にとらえた所作については、私が今さら言うまでもないんですけど、意外にも(と言っちゃ失礼ですが)、ジャンプも上手い。クワドこそ入ってませんが、トリプルはバシバシ決めて、見ている側からすると、一切ストレスも溜まらず、緊張も切れない、とにかく「見ていて心地よい」演技です。

 スピンでやや取りこぼしがあったとはいえ、ステップがとにかく美しい。ステップシークエンス、コレオシークエンスともに、曲調とバッチリ合っているのに軌道は複雑という、面白い動きを入れているなぁ・・・と感心します。

 だからこそ、いつか羽生君と仕事をしてほしいんですが、彼曰く、「何人もの大人の許可が必要」とのことらしいんで、まぁ、お互いプロ転向後のお楽しみということでしょうか。



 ジェイソンは去年のプロに戻したんですが、見違えるようにジャンプが安定していました。

 ライストを見ている感じでは、2本目の3A以外は、ほぼノーミス級の演技で、今季と明らかにジャンプの精度が違うので、やっぱり跳びやすさってあるんですね。

 このプロで全米を闘っていたら・・・と思ったのは、私だけじゃないはず。クワド無しなのに、PCSは、宇野選手のフリーのそれにあと0.22点差という高評価。素晴らしかったです。



 最初の3本のジャンプをことごとくミスって、これどうすんの?と、頭を抱えたくなりましたが、気持ちを切らさず、後半以降しっかり決めていきました。やはり、良いトレーニングを積めていて、最後までスタミナが残っていましたね。

 欲を言えば3位に入ってほしかったですが、このメンバーで4位は立派です。とにかく五輪では、ジャンプの抜けだけはなんとか気をつけて、出し切ってもらいたいです。



 いやぁ、いい物を見られてよかったです。今季見てきた男子シングルのフリーの中でも、最高のパフォーマンスではないですか?

 SPでもジャンプの調子は良さそうだったので、フリーもかなり決めてくれる期待感はありましたが、まさか、クワドを4本、3Aを2本、しかもどれもかなり余裕を持って降りるとは、ビックリでした。一昨日に続いて、また言わせてください。

  ボーヤンの4回転は、鰻屋の鰻。ファミレスやスーパーの鰻とは、そもそも比較すること自体がおかしいのだと。

 今回、PCSは85.44と、他のクワドジャンパーと比べて決して高くはないですが、はっきり言って、ネイサンよりもクワドの質が高いことは、この4CCのSP・フリーの2本で証明したんじゃないかと。

 もしこの内容を五輪本番でも演じられたら、PCSは、88点前後とか(ネイサンの名古屋ファイナルが88.44)、いや、90点に乗るかもしれません。

 羽生君はきっとこのボーヤンの演技を見て、「絶対に勝ってやる!」と燃えているはず。お互いを認め合うこの二人の対決は、我々もモヤモヤを感じることなく、純粋にトップアスリートの勝負として、楽しめますね。

 ああ、ようやくこれで、「オリンピックが来るぜ!」と、すがすがしい気持ちでいっぱいです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

boyang

 四大陸選手権の2日目。今日は男子SPです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 23時前から書き始めたので、動画のリンクと軽いコメントのみでお許しください。

 特に印象に残った演技は、ミーシャ、ボーヤン、ジェイソン、刑事君の4人ですね。









 まず、ミーシャ。「これがフィギュアスケートにおける表現力ってもんでしょ?」と、ひとつの基準を提示してくれる、素晴らしい演技でした。

 なにが凄いって、指先まで計算し尽くされた所作に加えて、全身から発せられる「怪しい雰囲気」が、やはり唯一無二ですよ。

 ジェイソンの表現力が、スケーティング・スピンの質、身体の柔軟性、そして音感という、主としてテクニックやフィジカルに裏打ちされたものだとすると、ミーシャって、才能とセンスの塊だと思います。プログラムも自分で作っているわけですしね。会場はガラガラだけど、この二人への声援は、キャーキャー!って感じで、意外な驚きでした。

 ボーヤンは、一言でいって最高の演技でした。詳しい説明は省きますが、将棋の藤井猛九段という棋士が、「鰻屋の鰻」と「ファミレスの鰻」という表現を使って、同じ戦型だとしても、指す棋士によってクオリティと深みが全然違うって話をするんですが、

  ボーヤンの4回転は鰻屋の鰻!

 しみじみと、こう言いたくなりましたね(※日本の鰻のクオリティを落としているのは中国産だろ?というツッコミは無しで!)。本家はやはり違いますよ。

 誰の4回転がどこの鰻か?という話はあえてしませんが、今日のボーヤンのショートは、「これだよ!見たかったのは!」と、爽快感のある演技でした。昨年に比べて、「ローリーの独特なプログラムで表現を勉強中」というような「ぎこちなさ」もなくなってきて、すごくハマってきていると思います。ジャンプの調子も良さそうなので、フリーもやってくれそうな期待感があります。怪我の影響が心配されていただけに、元気な姿を見せてくれたことが、何よりも嬉しかったです。

 刑事君は、4S、3Aともに、物凄く余裕をもって着氷しているように見えました。転倒や抜けの雰囲気がまるで無いので、やはり秋以降の猛練習が効いているのだと思います。

 女子と比べると、メンツ的に揃っていて、最終Gの一つ前のグループでも、ハンヤンやナム君はまずまずの演技でした。

 そうそう、ハンヤンの演技後、フラワーガールがもたついていたのか、リンクに投げ込まれたぬいぐるみを、ナム君が拾って、これから自分の演技が始まるというのに、わざわざハンヤンに渡しに行っていました。思わずほっこりする、良いものを見られて、ハッピーでした。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

javi

 フランス杯感想もラストの男子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 まずは、SPで3位だったものの、総合4位と順位を落としてしまったサマリン君から。スケカナはあまりマジメに見ていなかったので、彼のフリーも初見なんですが、2:35あたりから、突然うるせーヴォーカルがカットインしてきて、後半以降、曲が完全にメタルですね(笑)。



 こちらが原曲。マルコム・ヤングが亡くなったばかりですが、この人がAC/DCにいたことは知りませんでした。サマリンのISUのバイオを見ていたら、このうるせー曲の直前にメタリカを挟んでいたり、振付師が完全に狙っています。

 クワドはけっこう派手に転んでいましたが、こんな感じの、ヘヴィメタル・ハードロックをフィギュアスケートに使う選手はほぼ皆無だと思うので、ぜひ来年もトライしてほしいです。個人的に応援したくなります。


 
 予想以上に苦戦していました。どこか怪我してるんじゃないか?ってぐらい悪かったですね。ただ、コンディションが悪いからといって、構成を極端に落とすわけにはいかないのが、フィギュアスケートの厳しい所です。

 そして、はっきり内容が悪くても、採点結果もその通り悪くなるとは限らないのが、フィギュアスケートの複雑な所です。とくに、「こちらのブログ」が参考になりました。

 まぁ、悪かろうが何だろうが、地元開催のファイナル進出は決めたことですし、2週間しっかり準備して、大会を盛り上げていただきたいですね。



 ハビは、優勝できたことは良かったですが、なんだか、ケツが痛かったとか何とか、ベテランになると、色々と痛いところが出るのはしょうがないですね。

 出だしのクワド2本はイイ感じだったんですが、「ドン・キホーテ!」の掛け声の後の、3Aでバランスを崩してからは苦労しました。

 ただ、スピン・ステップはきっちりレベルを取れているし、ジャンプ自体も高さは問題なく出ているので、あとは身体をケアしつつ着氷さえ決まれば、当然ながら五輪でメダル争いをする実力者だと思います。

 一番上にキャプ画を貼りましたが、キスクラで二人の様子を見ていると、リプレーを見ながらすでに分析に入っている感じで、たしかな手ごたえをつかんでいるようです。



 この人にも触れないわけにはいかないでしょう。最後のグランプリシリーズで初めてのメダル獲得。劇的すぎます!

 男子シングルで勝つためには「クワドは必須」というのは確かに分かるんですが、正直なところ、クワドでコケまくる演技を何人も見ていると、疲れてくる部分はあります。

 そんな中で、クワドが武器じゃなくとも感動を与えられるスケーターとして、一方で、ジェイソンのような身体の柔らかさを生かした超人的な動きをするスケーターがいて、そして、ミーシャのような芸術家肌のスケーターもいる。

 ミーシャにはもう少し頑張ってほしいという気もしますが、オフにプログラムを作るために世界中を飛び回っていた状況を思い返すと、普通に考えて現役を続けるのは無理ですよね。その才能を世界の若いスケーターのために、これから何十年にもわたって役立ててもらいたいです。

 WFSのextraを無事入手しましたので、明日からはみっちりレビューしたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ