On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:ロッテキシリトール


 朝っぱらから、なかなかハードな思いをしながらも、無事にロッテキシリトールの壁紙をゲットできました。おそらく、ロッテ側ではダウンロード数を把握しているはずですが、間違いなく、羽生君がダントツでしょうね。

 私はこの「ガチャゲー」を上記の通り20~30分(たぶん50回ほど)やりましたけど、キャンペーンの20人全員が登場して、最後に羽生君が降臨。特に遭遇回数が多かったのは、石浦関、花江夏樹さん、ヤバイTシャツ屋さん、この御三方辺りでしょうか。

 逆に、羽生君並みにレアだったのは、小松菜奈さんと平沢大河選手。たぶん1回だけだった気がします。ちなみに、羽生君を一度引いた後にもう少し続けてみると、ものの数回で再登場したので、

  別に羽生君がSSR級にレアというわけではない!

 ということは言えると思います。

 さて、本ブログを開設したのは2016年5月3日だったんですが、羽生君の記事を最初に投稿したのは、ちょうど一年前の5月18日でした。そこから、一日一本をノルマにコツコツ続けて、なんとか365本に到達しました。読者の皆さまのお支えあってのことです。本当に有難うございました。

 一年前、つまり最初の記事は何だったかというと、これでした。

  「キシリトールファイルをゲット!

 だから、このキシリトールのキャンペーンもちょうど5月のこの時期ということなのでしょうね。

 一年前の5月といえば、ボストンワールド後に左足甲の負傷とリハビリが発表されて一か月。「殿利息」の映画が公開され(初日は5月14日)、「負傷後の本人の声」はジュエルズの3号(5月30日発売)で伝えられました。

 その頃から考えると、まず何といっても、この16-17シーズンを、羽生君が怪我の再発もなく乗り越えて、無事オフに入ったことを喜びたいと思います。

 怪我明けで例年よりも準備が遅れたにも関わらず、「Let's Go Crazy」と「Hope & Legacy」という野心的なプログラムを披露。GPFの四連覇。そして、最重要と言われていたワールドを獲り、フリーのパーソナルベストも更新。



 GPFのSPは、まだ4Loが不安定な頃でしたけど、この苦笑いと、それで吹っ切れたのか、「このノリでいっちゃえ!」的なマインドになった羽生君が、最高にワイルドな演技を見せてくれた「唯一無二の瞬間」だと思っています。紫を基調とした会場と、ファンの声援で最高の雰囲気ですよね。

 もしかりに、その後の試合でSPをノーミスで滑ることができて、スコアも110.95を更新できていたとしても、このマルセイユのようなライブ感が出ていたかというと、どうだろうなぁ・・・という気がします。



 ワールドのホプレガについては、まず、フィギュアスケートのプログラムとしては完璧だった、という一言に尽きます。ただ、私個人としては、この演技のどこがどう素晴らしいというような批評家的な見方が(いまはまだ)あまりできないんですよね。

 このプログラムを1シーズン見てきて、序盤戦ではスタミナ切れになったり、4Loで失敗し、4Sが安定せず、4S+3Tの「壁」に何度も阻まれ・・・と、正直見ていて辛いことの方が多かったです。

 「Let's Go Crazy」が、多少のミスがあっても「それがある種の荒々しさというか崩しの美」を生むことで違った魅力を放つプログラムだったのに対し、「Hope & Legacy」は、静謐でいて精密、だからこそ、完璧でなければガクっと完成度が落ちるというか・・・。

 ワールドも祈るような気持ちで見ていて、終わったらホッして・・・と。で、見返すたびに、このプログラムに羽生君が「苦労してきた姿」ばかりが思い出されてきて、こみ上げてくるものがあるのです。私にとってはなかなか平常心では向き合えない、そんな作品ですね。何年か後に見れば、また印象は変わってくると思います。

 話がしめっぽくなったので、明るく締めましょう。ここ数日、集中的に12-13シーズンの映像を見てきて、ダムパリ的な「王道クラシック」を、「これだよ!これ!」という感じで、実はファンのみんなが待ちのぞんでいるんじゃないか?と、そんな気がしています。

 ある筋の情報では、羽生君は今年のDOIはスケジュールの都合で参加できないという話だとか。で、ハビは7月末にデイヴィッドとスペインで振付をするという情報もあり、となると、羽生君がデイヴィッドとフリープログラムを作るなら7月前半しかないなぁ・・・なんて、想像も膨らみます。

 FaOIでの来日でその辺りは本人が語ってくれそうな気がします。楽しみに待ちましょう。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-08-01-15-48-04

2016-08-01-15-54-56

2016-08-01-15-48-34

2016-08-01-15-49-03

2016-08-01-15-49-40

2016-08-01-15-50-02

2016-08-01-15-50-23

2016-08-01-15-50-32

2016-08-01-15-50-42

2016-08-01-15-50-53

2016-08-01-15-50-58

2016-08-01-15-51-07

2016-08-01-15-51-17

2016-08-01-15-51-21

2016-08-01-15-51-33

2016-08-01-15-51-42

2016-08-01-15-51-51

2016-08-01-15-51-55

2016-08-01-15-52-02

2016-08-01-15-52-06

2016-08-01-15-52-16

2016-08-01-15-52-29

2016-08-01-15-52-34

2016-08-01-15-52-50

2016-08-01-15-53-04

2016-08-01-15-53-10

2016-08-01-15-53-18

2016-08-01-15-53-24

2016-08-01-15-53-32

2016-08-01-15-53-39

2016-08-01-15-53-52

2016-08-01-15-54-01



 2014年11月15日発売。以前、「羽生結弦 おめでとう 3冠!!」という雑誌を紹介しましたが、あれと同じく、日刊スポーツが発行する「シーズン速報号」的なコンセプトです。



 全64ページにポスター1枚封入で定価1300円とかなり割高ですけど、中国杯が11月7日・8日開催だったことを考えると、このどこよりもはやい速報性にお金を払えるかどうかということですね。

 ビックリしたのは、なんとKindle版が1080円で販売されていること。この雑誌自体はA4より横幅がやや広い大ぶりなサイズなので、電子書籍でわざわざ買うのはちょっともったいないのでは?と思います。ちなみに、アマゾンのレビューで大炎上している15-16シーズン中盤号は持っていません。


 
 さて、本誌に話を戻して、内容は中国杯の速報に、2014年春以降のアイスショーの写真、これにソチ五輪の短いレポート、密着取材日記、CMの取材で構成されています。

 日刊スポーツ、つまりスポーツ新聞の記事を加筆・再編集した内容ということで、一読した限りでは、中国杯はアフロやロイターの写真を借りてますけど、それ以外は日刊の記者が撮影したものがほとんどです。

 インタビュー時のようなリラックスした表情の写真はなく、ほぼ氷上の羽生君のみですが、能登さんや田中さんのようなフィギュア専門カメラマンとは違った雰囲気を感じとれるのではないでしょうか。

 そして避けては通れないのが、中国杯のFSですよね。あの衝突事故から、この秋で2年になりますけど、私は未だにこの時の写真は痛々しくて直視できません。

 ただ、これだけの困難を彼は逃げずに乗り越えたわけですから、私たちファンも、今後羽生君が試合中にどんなミスをしようが、どの試合で誰に負けようが、一喜一憂せず、周囲の雑音に振り回されることなく、彼の闘いをしっかり見届けたいものですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 唐突ですがたまには柔らかい話題を。

 ウチは家族ぐるみで男子フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援していて、アイスショーに足を運んだり、テレビ番組をチェックしたり、グッズを集めたりしています。

 スコアがどうだ、プログラムがどうだ、芸術性がどうだとか、専門的なことはあまりよくわかっていません。ガチでコアなスケオタの皆々様には遠く及ばない、ただの素人のファンです。

 さて今回は、5月17日からコンビニやスーパーで配布開始との情報を元に、ロッテキシリトールガムの羽生選手クリアファイルを入手しました。

2016-05-18-07-38-34

2016-05-18-07-38-49

2016-05-18-07-39-13


2016-05-18-07-39-30

2016-05-18-07-39-44

2016-05-18-07-40-03

2016-05-18-07-40-16

2016-05-18-07-42-12

 ロッテは、以前も、ガーナチョコ&アイスでのクリアファイルやプリペイドカードなど、頻繁にこのようなプロモーションアイテムを配布しており、キシリトールガムでは3度目の登場。

 今回のファイルに関する注目ポイントは以下の2つ。

 ・ 全部で7種類ある

 ・ ひとつのコンビニで全種コンプリートできる(※前回のキシリトールのファイル配布では、コンビニグループによってデザインが違っていて、コンビニ3グループまわる必要があった)


 ○ どうやったら入手できるの?

 あくまで私の場合ですが、近所(都内)のセブンイレブン一店舗で揃いました。前もってその店舗に電話を入れて、何日・何時から配布されるのかを確認して足を運びます。

 キシリトールガム2本でファイル1枚もらえたので、計14本購入でコンプリート。


image


 スティックではなくボトルだと、ボトル1個でファイル1枚という話なので、ボトルで7枚もらうとなると出費がかさんでしまいますね・・・。ただ、ボトルの方も羽生選手デザインのものが店頭にならんでおり、ウチにも1つあります。さすがにボトルは1個でいいです。

image

 この羽生ボトルは6種類あるようで、ガチなファンならこの限定ボトルでファイルをゲットするというのが最も効率的かもしれませんね。

 某ブログによれば、ファイルゲットのために大量にガムを購入したママさんでこんな人がいるとか。ママが娘さんにガムをあげる→娘さんがお友達にあげる

 →→→ 娘さんが学校で「キシリ」と呼ばれている

 それでいじめに遭ってしまったら、笑い話じゃ済みませんが。

 ちなみに、私自身はガムはどんなにあっても困りません。家でTOEICの勉強をする時にガムは必需品なので(公開テストでは飲食禁止なのでご注意を!)。

 さて、昨日公開テストのハガキも届いたことだし、さっそく試験会場にお守りがわりにファイルを持っていくことにしよう!(全国に羽生君ファイル持参の受験生が何人いることか・・・)。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ