On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:三原舞依

IMG_0549

IMG_0551



 Life最新号の続きです。バックナンバーのレビューは「こちら」。

 羽生君の記事をチェックした後に、真っ先に読み始めたのが、中野園子コーチのインタビューでした。三原舞依ちゃんと坂本花織ちゃんのお師匠さんで、五輪代表争いを演じたトップスケーターを同時期に二人育てた彼女は、いったいどんなコーチングをしているのか。どんなお人柄なのか。外見の雰囲気から、女性政治家とか校長先生のような、タフで厳格そうな印象ですが、プロフィール紹介とインタの冒頭部分にはこんな意外な一文がありました。

  「最近やっと、もしかしたら自分は強いのかなって思い始めました。今までは、結構打たれ弱いと思っていて。人見知りですし、子どもたちと一緒なら大丈夫なんですけど」

  「2000gくらいで生まれて身体が弱くて、学校では体操も掃除も免除されるくらいだったんです。小学校4年生頃から元気になっていったので、日光に当たらないスポーツならとスケートを始めました

 ははは・・・インタビュー用かな(笑)と思いつつ、しかし、このご時世なら、こんな「健康目的」というような理由でフィギュアスケートを始める子どもは皆無でしょう。怪我は多いしお金はもかかる。しかも、女子の場合は体型変化の問題もあるし、できるだけ早く始めないと戦えない。本人に相当な強い意思と覚悟があって、しかもはっきり才能が無いと、とてもじゃないけど親御さんも首をタテには振らないんじゃないでしょうか。

 さて、以下に、気になる部分をピックアップしてみました。

 (1)チームの規模と練習の形態

 ―― 仲のいい中野コーチとグレアムコーチ、そしてもう一人のコーチと合わせて3人で、現在は40人ほどの生徒たちを教えている。

  「他の先生のところとは違って、うちは塾だって言っているんです。マンツーマンの家庭教師じゃなくて、団体の塾。クラス分けはありますけど、練習は団体で行うことが多いので、幼稚園の子が大きなお姉ちゃんと並んでやっていますね。うちは、スケート以外でも、年上が年下の面倒を見るんです。年上へのタメ口も禁止ですし(陰ではわかりませんが)、合宿では小さい子のお風呂の面倒も見るし、朝も起こします」

  「こういう団体の練習をやっているところは、最近では少ないですね。リンクの事情から練習枠が1枠しか取れないことが多いので、団体で練習することになったんです。子どもたちには、自分の目で見て覚えなさい、って言っているんです。周りを見て覚えなさい、って。たくさんのことを教えすぎると、集中力を欠くことになりますから。(現役時代は、月2回のレッスン以外は基本的に自分で練習していたことから)自分の身になることって、自分で考えてやってきたものが多いかなと思っているので、選手が自分で頑張って進化していかないと、と考えています」

  「それと、月謝をあまり高くしたくないので。月によって貸切の回数も時間も違って、それぞれ計算するので金額は変わりますけれど、月に何回来ても月謝は変わらない。もちろんすごくお金をかけようと思ったら個人レッスンをいっぱい取ることもできるけど、最近は人数が多くて、放課後は、一人につき10分以上は難しいので。・・・そんなには払えない子でも、才能があれば練習できる環境なんです。だからみんな練習に来ちゃうので、今は、新しい生徒がなかなか取れません。・・・今のホームリンクはポートアイランドスポーツセンターなんですけれど、冬はポートアイランドと尼崎スポーツの森、夏は西宮に行っています。氷の上に立っている時間は日によって違いますけど、長い時間で6~7時間、短い時は2~3時間です」

 ここで一度切ります。五輪代表選手を育てるようなコーチでも、リンクのスケジュール管理とか月謝の計算とか、全部手仕事でやってるんでしょうね。子どもたちが学校に行っている時間帯に、このような事務作業を行っているのでしょうか。

 興味深いのは、マンツーマン指導をみっちり長時間やればいいというものではないという点。「自分の身になることは、自分で考えてやってきたものが多い」というのは金言ですね。

 私も、TOEIC対策の参考書や問題集を解いていて、「こんなの出ないでしょ」という部分がけっこうあって、自分の受験経験から「覚えるべき部分と手抜きする部分をアレンジ」することがあります。実は、参考書の中でいくらデカい文字で「ここは出る!」と書かれていても、所詮それは「他人が言ってること」だから、なかなか記憶に定着しないんです。自分で実際のテストで「痛い目」を見て、その経験を持ち帰って、しっかりミスの原因を自問自答しないと、私の場合は身につきませんね。

 (2)曲かけ練習時の「ミス止め」の意味

 ―― 三原、坂本両選手がブレイクしたのには、ミスのない演技をたびたび見せたことも大きかった。これは、中野チームの練習方法にヒントがある。自分の曲かけ練習の途中でミスしたら、そこで曲は打ち切られる「ミス止め」システムを採用しているのだ。

  「貸切の時間が少ないからですね。だから毎回すごい緊張感です。でもそんな中で、舞依と花織は、全日本に出だしてからわりとプログラムの最後まで曲をかけることが多いですね。でも小さい頃は、思い切っていくので、よく一番最初の難しいジャンプで派手に転んでいました。最後までかけられる子が、やっぱり上に上がっていきますね

  「最後までかけられる子とかけられない子との差は、できることをプログラムに入れているかどうかということです。できないのに見栄を張って入れている子もいるけど、そういう子はミスしてしまう。だから、練習でできるようになってからプログラムに入れればいいんです。練習でできないものは試合でもできないですから。そういうことも自分で考える。もちろんミス止めしない日もあるので、難しいものはそんな日に挑戦することもできますから。とはいっても、試合の時には音楽は止まらないですからね」

 このチームの練習方法で有名な「ミス止め」は、単にトレーニングに負荷をかけるための工夫ではなくて、「リンクの貸切が限られている」という、必要に迫られてのことだったんですね。

 ただ、貸切が限られていたり、マンツーマン指導が少ないことがマイナスではなく、それ以外の時間で「しっかり自分で考えさせる」ということに重点を置いている。

 ふと、羽生君のリハビリ期間の「徹底したイメトレ」が頭に浮かびますが、いつどんな怪我をするか分からないし、日頃からそのような「癖」をつけておくのは大切なんですね。

 大事な試合でノーミスするために必要なのは、とにかく長時間負荷をかけるような練習の量なのか、あるいは集中力と緊張感を鍛えるような練習の質なのか。今後そのようなトレーニング面の話題の中心になりそうなのもやはり移籍後のメドベですけど、これはホットなテーマの一つになりそうです。

 (3)舞依ちゃんと花織ちゃん

 ―― 結果として、坂本選手が五輪出場を決め、三原選手は行けないことになったが、コーチとしては複雑な気持ちになったりはしなかったのだろうか。

  「舞依は、四大陸出場をもらえて良かったです。何ももらえない子もいるんですよ。たまたま全部できたから今回花織は五輪をもらえた、舞依は去年は全部できたから世界選手権をもらえたけど、今年は失敗したからもらえなかった。ただそれだけだよね、ってことです。悔しかったら来年全部やればいいんですよ。という話は、試合後にしました。仲間が行ってすごく悔しいでしょうけど、それがまた成長につながります

  「(試合で教え子たちがリンクに向かう時)最後、伝えられることは一つしかないですから、何を言おうかと考えると大変ですね。最後に力が出るようにと思って、毎回違うことを言うようにはしています。とはいっても、その時に思ったことを言いますけどね。フィギュアスケートは、ある程度の練習は大事ですけど、最終的にはメンタルが左右しますから、一緒に滑っているよ、という気持ちをできるだけ与えたいと思っています

  「辞めた後も、スケートを続けていたことがちゃんと活きるようにはしたいので、礼儀とか人に対しての態度とかにはうるさいです。全員が五輪に行けるわけでもないですし、せっかくスポーツをやっているんだから、何か少しでも活きてくれればと。それから、怖いけど先生がいないとつまらないな!という存在でいたいなと思っています。練習中は私語厳禁で厳しいですけど、一緒にいて楽しくない人に習いたくはないと思いますから。ついて行きたい人についていくべきだと言っていますね。そんなこと言って、帰ったら誰もいなかったりしてね、ふふふ」



 舞依ちゃんや花織ちゃんを送り出す時、中野コーチはいつも背中越しに言葉だけをかけて、背中をポン!ですよね。実は、あのような送り出し方って、世界的に見てもこのチームだけじゃないかと。それはなぜなのか、今回の聞き手の長谷川仁美さんに突っ込んでほしかったですね。

 私の推測ですが、教え子の緊張した表情を見てしまうと、自分がかけようと思っていた言葉が土壇場でブレてしまうか、あるいは、逆に自分自身がいつもと違って緊張しているのが表情に出てしまっていたら、それが教え子にも伝わってしまっては、演技に悪影響を与えてしまう・・・、そんな配慮があるのかもしれません。たしか、ブライアンは、「どの試合でも同じ振る舞いをするように努力している」と語っていました。

 中野コーチの生い立ちの部分等は、省略しました。そちらも含めて読み応え十分の内容ですので、ぜひ書店で全文読んでもらえたらと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9840

IMG_9841



 2018年2月1日発売。Numberのバックナンバーのレビューは「こちら」で。

 まず、本号のテーマの「最強のふたり」の巻頭を飾る羽生君と宇野選手の記事ですが、残念ながら特筆事項はゼロでした。

 同様に、本田さん、佳菜ちゃん、ミッツさんの座談会も、特にハッとさせられる発言もなく、やや期待外れです。ところが、一点だけ興味深い指摘がありました。

  本田「ただ、(宇野選手は)両足で滑っている時間が長いのが少し気になります。激しく踊っているからあまり目立たないのですが、見慣れてくると逆にそこが目立ってしまう」

  村上「それは昌磨の癖ですね。疲れてくると両足になってしまうんだと思います」

 先日のフジの四大陸の解説で、大きく株を下げた武史さんですが、やっぱりテレビ向けに話す内容を取捨選択している部分もありそうです。ただ、佳菜ちゃんもよくこの指摘に同調したなと、ちょっと驚きました。

 一方、ロシア女子の特集記事は素晴らしいです。私の知らなかった情報も随所にありました。さすがにゆづファンの皆さんに「このためだけでも買いなさい!」とは言えませんが、コンビニや書店で見かけたら、ぜひこの部分は立ち読みしていただきたいです。

 ざっくり言うと、エテリコーチが率いる「サンボ70 フルスタリヌィ」というチームの成り立ち、トレーニングの概要、エテリの指導方針に加えて、選手について言えば、リプちゃん、メドちゃん、ザギちゃん、それぞれ興味深いエピソードも明かされています。WFSにもまったく負けていない、クオリティの高い仕上がりです。

 でも、せっかく取材によって得られた「素材」が素晴らしいのに、「チームは工場。生徒は原料。選手は製品。エテリが品質管理。ドゥダコフが技術開発。グレイヘンガウスがデザイン」という「まとめ」には、不快感を感じます。彼女たちの今季の演技を見たら、みんな個性豊かであることはすぐ分かるわけで、このライターはまともに試合見てるの?と。

 こういう「思い付きのたとえ話」って、だいたい不発に終わることが多いんですよね。なにより、私自身がブログで何度もそういう過ちを犯しているので(汗)。

 もう一つ、舞依ちゃん&花織ちゃんのインタも素晴らしい。全日本後、おそらく年明けに行われたものです。全日本最終日の夜10時、女子の上位6人が会場の一室に集められて・・・。「恒例行事」なんで知ってはいたことですが、つい先日のこの一件を、花織ちゃんが自分の言葉で語ると、やっぱり生々しいです。

 もちろん、もっとほのぼのとした話もあり、二人の出会いから、どのように励ましあって頑張ってきたかも語られています。これぞ、誰もが聞いてほっとする「アスリートの友情話」ですよ。

 他の競技の記事は読んでいません。今回取り上げられている選手がメダルを獲ったら、私も読むかもしれない・・・。そういう意味では、便利な一冊かもしれませんね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

kobes

 四大陸選手権の3日目。女子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 SPと同様に、日本の3選手を滑走順に見ていきます。今日はフジの生放送で観戦。すーさんの実況はさすがの安定感でした。いつもはペア・アイスダンスを中心に仕事をされていますが、シングル競技も彼にやってもらいたいですよ。



 強いて挙げれば、スピンの減点2つぐらいですが、ステップはレベル4だし、ジャンプは、回転不足もエッジエラーも無しの完璧な内容。正直いって、全日本のフリーでの回転不足は、未だに不可解としか言いようがないんですが、国際大会でしっかり認められたのだから、もう誰も文句は言わないでしょう。日本女子で、いま一番強い選手ですね。

 中盤折り返しの「マイム」の部分が短縮化されたというか、「マイムへの入りと出」がスムーズになっていて、そして今日は柔らかい笑顔で演じきる余裕も見られました。矯正も取れてますますかわいくなりました。

judgessp

kaorisp

judges

kaorifs

 それにしても、SPのPCSで5項目で7点台をつけたメキシコ(今日はJ3)は、フリーでは9点台を4項目。SPで4項目で6点台をつけたカザフ(今回もJ9)は8点台4つに7点台1つと、どんだけブレブレなのかと・・・。



mai

 花織ちゃんの直後に見ると、さすが先輩、上半身の柔らかい表現は一枚上ですね。フリップのアテンションと3連ジャンプでURこそありましたが、ジャンプは高さが出ていた方だと思います。

 荒川さんも言ってましたが、ちょっと後半疲れましたかね。ステップで伸びを欠いていたように見えましたが、それでも140点台を出せるのだから、今季のフリーは本当に彼女も滑りやすいのだと思います。数シーズン後、再登板もあるんじゃないか?と、その時、成長した舞依ちゃんが、さらにブラッシュアップされたこのプロを演じるのを楽しみにしたいです。



satoko

 演技直後、鈴木さんが実況だったからか、実況席の手元に届いているであろうレビュー状況をすべて口頭で挙げていて、その通りにガッツリ刺されていました。それでいて、3Sの転倒は、はっきり軸が傾いていたので、どうしちゃったのか・・・。

 全体的に、ちょっと元気がなくて、SPと比べてスピードが明らかに足りてない印象。本当に足の甲の痛みだけなのか?と、ちょっと心配になる出来でした。

 でも、SPはキレキレでしたから、あの良いイメージで、自信をもってあと2週間、調整してもらいたいです。

 知子ちゃんのスコアが出て、自分たちの方が順位が上なのに表情を曇らせる神戸組の二人を見て、改めて、コーチの教育と指導がしっかり行き届いているのだなぁと感心しました。

 これが、日本を代表し、世界を相手に闘うアスリートのあるべき振る舞いです。こういう態度を若いスケーターたちは手本にしてもらいたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

mai1

 今日から四大陸選手権の感想記事です。まずは女子SPから。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

resultssp

 フジは一日遅れという舐めた放送予定なので、今日もライストが大活躍でした。日本の3人を滑走順に見ていきましょう。



 衣装を、全日本のブルー風味のものから、前のパープル系に戻しましたね。前髪とメイクを一新してよく似合っています。

 ステップでレベル3、フリップでアテンションがつきましたが、間違いなく、今季これまでで最高のリベルタンゴだと思います。「こりゃ、70超えはもちろん、71行くか?」と思ったら、もうちょっとでしたね。

 まぁでも、リベルタンゴを滑った後に、ガッツポーズ&安堵した表情の舞依ちゃんを見れただけでも、ハッピーな気分です。



 現地入りしてから、中野先生に怒られたとか、魚の目の話とか不安なニュースが続きましたが、さすが全日本で勝負強さを発揮した花織ちゃんだけあって、ジャンプはきっちり決めてくれますね。

 動画で確認できるんですが、私もライストで見ていて、演技中のカウンター表示ではステップが「レベル2」と出ていて、「はぁぁぁ?なんで?」と意味不明だったんですけど、レベル3に修正されています。

 PCSでは舞依ちゃんをわずかに下回りながらも、やはり後半固め打ちの難構成が効いています。アメリもしっかりノーミスを揃えて、五輪に向けてイイ感じで入っていってもらいたいですね。



 ちょっとレベルが違うという演技でした。知子ちゃんのスピンのクオリティと、キビキビとした所作のキレ味はロシア勢に肉薄していると思います。べつに日本人選手だからひいき目に見ているんじゃなくて、舞依ちゃんや花織ちゃんと比べて、その2点ははっきり上だと思うので。34.40というPCSも、私は納得感があります。

 今日はジャンプは大丈夫かなと思っていたんですが、冒頭の3Lzで刺さっていました。キスクラで濱田先生も知子ちゃんも厳しい表情をしていましたが、でも、まったく落胆する必要はないかと。

 彼女の場合、回転不足だけがネックなので、しっかり気を引き締めておくという意味では、ここから修正・調整すれば大丈夫。

 知子ちゃんは今大会で優勝すると、五輪のSPは最終グループで滑れるという話なので、フリーも踏ん張ってもらいたい所。

 さて、3人のプロトコルをまとめて並べてみます。

judgessp

satokosp

kaorisp

maisp

 PCSについては、知子ちゃんに7点台をつけたメキシコ(J1)、そして、花織ちゃんに6点台をつけているカザフスタン(J9)の異様な採点がまず目につきますが、日本人3選手に対して全体的にsage傾向という感じです。

 一方、日本(J7)の採点はまあ当然として、アメリカ(J8)の高評価は、五輪代表選手を派遣していないこともあるのかもしれません。

 ただ、例えば、オーストラリア(J4)は、花織ちゃんには7点台を並べて辛いんですが、舞依ちゃんには日本(J7)よりもいい得点を出していたり、けっこう好みを出しているのかなぁと。

 言ってみれば、この3選手はそんなに大きなミスが無かったので、各ジャッジが比較的自由に採点したのかもしれません。

 さぁ、明日の男子はどういう点のつけ方がされるのか・・・。いろんな意味で楽しみです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

mai

 それでは、女子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんの「こちら」で。



maichina

maifrance

 ライストで見ていたので、滑走順で、舞依ちゃんから。上が中国杯、下がフランス杯のスコアです。

 まず、今回、緑枠で囲んだ2Aが単発になってしまい、後ろの2つのジャンプで見事にリカバリーを達成しました。この3つのジャンプについて、両大会における基礎点の違いは生まれません。

 にも関わらず、基礎点が「0.03」点、フランス杯の方が高くなっています。その理由は、足換えコンビネーションスピンのレベルの違いと、3Fが今回は後半のジャンプとしてカウントされていること(中国杯:3.50+5.30=8.80、フランス杯:3.00+5.83=8.83)によるものです。

 では、中国杯よりもスコアを若干落とした理由は何かというと、私には理解不能です。むしろ、人間が採点しているからこそ、説明不可能な誤差が生まれているんだと思います。

 滑走順が1番だったからとか、SPのミスによる印象の悪さがあったからとか、だからリベルタンゴはダメだとか、色々と言う人がいますが、そんなことを言ったら、中国杯なんて第1グループでの演技でしたし、まったく説明になっていません。私はこの微差をもって、舞依ちゃんの今回のフリー演技に注文をつけるような、愚かなことはしません。

 中国杯、そしてフランス杯と、公式練習での衝突、「壁ドン」と直後のスピンへの影響、そして今回のフリーのリカバリーと、さまざまなアクシデントを経験しながら、一歩も引かずに、彼女は勇気を持ってしかもクレバーに戦いました。

 かりに、特にアクシデントもなく、ノーミスの演技を揃えて、両大会で3位だったとしても、ファイナルに残れているかどうかわかりません。むしろ、悔しさと課題とアクシデントを経験したことが、全日本、そして五輪に向けて、貴重な教訓になったのでは?と思います。

 私がこんな所でぐだぐだ書くまでもなく、聡明な中野先生のことですから、すでにそのように指導をされていることでしょう。まったく心配いりません。さらに強くなった舞依ちゃんを全日本で見られることを、楽しみにしています。



 つぎに、優奈ちゃん。素晴らしい「展覧会の絵」でした。ライブで見ていて、ミスらしいミスは、最後の3Loの転倒(と回転不足)ぐらいと思っていましたが、「壁ドン」だけかもと思いましたが、3Fの減点もあったようです。

 でも、わずか一週間前のNHK杯とはまるで別人です。若い人の成長曲線というのは、急カーブを描いて上昇していくのですね。キスクラでの田村コーチとの会話が拾われていましたが、「最後(3Lo)だけやり直したい!」と語っていて、それ以外の部分はたしかな自信を得たということでしょう。彼女は怪我だけが心配だったんですが、いいコンディションと自信を得て、全日本に臨んでくれそうです。



 ザギちゃんは、結局なんだかんだで、勝っちゃいましたね。私はSPのブラックスワンも好きなんですけど、このドン・キホーテは、2シーズン目ということもあり、彼女も滑りやすいのでしょう。

 このプログラムの何がすごいって、ジャンプ後半固め打ちの技術点の高さはもちろんですが、そのジャンプの着氷と音楽とのタイミングが抜群で、いわゆる「音ハメ」というやつですね。他の選手とはちょっと違うレベルで融合しています。ビシ!ビシ!と決まるので、まるで熟練したジャズドラマーのリズム感のような、この子は音楽的な才能もあるのかな?と、そんなことも考えてしまいました。

 ミスを無くして、現状の構成を維持しつつ、PCSをもらえるようになると、ちょっと他の選手が敵わなく可能性があります。



 ソツコワは、きっとフリーでは回転不足で刺されるだろうと誰もが思っていたはずですが、見事に滑りきりましたね。NHK杯直後は、「ツルスカヤより弱い!」と、私なんかは感じていましたが、こりゃ撤回しなきゃいけないかもしれません。

 今季彼女が多用している「タノ」については異論があると思いますが、でもこのコンマ何点の積み重ねで、今回の2位があるわけです。その執念、アスリート魂を認めないわけにはいきません。今回もフリーのスタート位置に着く前に、太ももをバシバシひっぱたいていましたが、それぐらい気持ちの強い選手。世界最強のロシア女子の中で、GPシリーズを2戦もらって、見事にファイナル行きを決めましたから、その根性はダテじゃないですね。



 ケイトリンという選手に恨みがあるわけじゃないですが、カナダの露骨な後押しがどうも好きになれないんですよね。

 ただ、今回のフリーほど、彼女を応援したことはなかったです。コケるな!いけ!1位で逃げ切れ!と。

 しかし、ステップアウト1つ、1コケ、そして最後の1Aへの抜けで、

  あかーーーーん!

 と、頭抱えちゃいました。日本全国の、このフランス杯をライストで深夜に見るようなスケオタの皆さまは、おなじ心境だったと思います。

 これにより、ファイナル進出者として、メドベ、ザギ、オズモンド、コストナー、ソツコワまでが決定。

 残り1枠をめぐって、スケカナでは、事実上のワグナーとツルスカヤの一騎打ちになります。新葉ちゃんがファイナルに残れないケースとしては、以下の3つが考えられます。

 ・ワグナーかツルスカヤ、どちらかが優勝する

 ・ワグナーが「235.76」点以上で2位になる(ツルスカヤは3位以下)

 ・ツルスカヤが「209.51」点以上で2位になる(ワグナーは3位以下)

 2番目はまずないとして、1番目と3番目は大いに可能性はありそうです。ただ、新葉ちゃんの進出の目が残っていることは事実ですから、ここは、知子ちゃんと花織ちゃんに頑張ってもらいましょう。また、直前企画もやりたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ