On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:中野友加里

2017-09-12-12-27-09

2017-09-12-12-27-53

2017-09-12-12-28-06

2017-09-12-12-28-16

2017-09-12-12-27-18



 第3章については昨日の記事で少し触れたので、それ以外の部分を軽くご紹介します。

 第1章「平昌五輪の代表を決める激闘のプロセス」は、一言でいうと、「うまくまとめたもんだなぁ・・・」と感心しました。

 五輪シーズンとはどういうものか。シーズン中の主要大会の仕組みを解説するとともに、スケーターがどのような狙いを持って過ごしているのかを、中野さんご自身の体験を巧みにハメこみながら説明しているので、飽きさせない内容になっています。フィギュアスケート専門のライターがこういう解説記事を書いても、実体験に基づかないので、私だったらダレてしまうでしょう。

 例えば、中野さんはプログラムの選曲を自分から提案したことはないそうで、佐藤久美子さんやマリーナ・ズエワにお任せしていたと言います。それでも、どうしても「曲に乗り切れず、演技に入り込めない」ことはあったようで、「シーズンが始まる1ヵ月前に急遽、曲を替えて、プログラムを作り直した」こともあったとか(51~52頁)。

 「急遽曲を替えた」といえば、本田真凜ちゃんですが、いままさに彼女がSPをお願いしているマリーナについて、中野さんはこう語っています。

  「私の振り付けをしてくれたズエワ先生は、柔軟な考えを持っていたので、『ジャンプを跳べないと意味がない』と、現実的に演技がどう完成していくかを重要視してくれました。ですので、ジャンプが跳びやすいように振り付けの一部を変更することも受け入れてくれました。ジャンプに入る前のステップを少し変えるだけで、ジャンプがスムーズに跳べることもあります。ズエワ先生の考えで、随分と助けられました」(60頁)

 こういう人柄ならば、真凜ちゃん陣営の急なお願いも快諾してくれそうですね。良プログラムを期待できそうです。

 他には、衣装について、ああ、やっぱりか・・・と思ったのが、このくだりです。

  「クラシックバレエにピッタリくる白の衣装は、氷のリンクが白いフィギュアスケートでは同化してしまい、存在感を際立たせることが難しいのです。・・・羽生選手も(2016/17)シーズン序盤は白を基調とした衣装で滑っていましたが、NHK杯からは薄い紫が基調となる衣装へチェンジしました。白は膨張色でもあるので、体のラインを少しでも細く見せたい女性スケーターにとっては難しい配色です。私自身、白い衣装にあこがれはあったのですが、現役時代にはほとんど着る機会がありませんでした」(64頁)

 女性スケーターで白い衣装というと、三原舞依ちゃんの「タイスの瞑想曲」がまず浮かびましたが、あれはEXですもんね。

 ちなみに、本書でも「青が演技のいい勝利カラー」という点に触れられていますが、中野さん自身のラッキーカラーは赤だったようで、赤やオレンジを多く使ったそうです。

 第2章「試合に臨むための心意気」では、大学進学とともに新横浜の佐藤信夫コーチに師事し、ここでは、佐藤先生のお人柄や指導方針についての記述が印象的です。

 ほかに、「どの滑走順がベストか?」という話題で、中野さん自身は「あくまでも私の感想」と但し書きをしたうえで、「2番がベスト」と主張していますね。

 1番滑走の場合、6分間練習自体の内容を省略しなければならず、不安を抱えたまま演技に入ることもあったようです。フリーで3番滑走だと、6連から15分は待つことになり、シューズの紐を締めっぱなしだと足が痛くなるし、でも緩めてしまって6分間練習の感触が変わったらどうしよう?、と悩ましいようです。

 4番滑走だとスニーカーに履き替えて、陸上でウォームアップ。5番だと一度休んでから、陸上のウォームアップ。最終滑走だと、6連での氷の感触のことは忘れてしまうとか。

 したがって、2番滑走だと、6連で思う存分滑れると同時に、氷の感触が残ったまま演技に入れるので、「ベストである」と。ここまで丁寧に一つひとつ理由を挙げられると、説得力があります。

 羽生君自身が「2番は苦手」と語っていたことは、SEIMEI振り返りでも触れましたが、他の滑走順についても、後半の滑走順だとライバルの状況を見て構成を替えられることもできるし、それぞれメリット・デメリットはあるようです。

 第4章「私が見たスケーターたちの素顔」では、上に貼った目次にもあるように、真央ちゃん、美姫ちゃん、大ちゃん、あっこさん、小塚君とのエピソードが語られています。

 ここでのスタンスは、「自分が直接経験したこと」をどこまでも正直に、素直に回想するという感じです。私もまったく知らなかった逸話が随所に出てきますが、特に美姫ちゃんとの交流については、二人のキャラの違いから意外な組み合わせでした。間違いなく、この章に、彼女の「色」が一番出ていますし、5人のレジェンドの中でも、特に好きなスケーターがいるならば、ここは必読です。

 最後に、本書の「おわりに」の部分で、ズシンときた記述がありました(252頁)。

  「本書の中でも紹介させていただいた同世代のスケーターは、私にとってかけがえのない大切な仲間です。だけど、彼らや彼女たちと私の違いは、私だけが五輪に出場することがかなわなかったことです

  「両親を五輪の舞台へ連れていくことが夢でもありました。悔しさから素直になれず、両親に『こんな風になるなら生まれたくなかった』と言い放ち、困らせてしまったこともありました」

 特に第3章での冷静な筆致からは想像もつかないエピソードに、よくこれを書いてくれたなぁ・・・と感激しました。

 これは私の憶測を込めて言いますが、中野さんは、フジテレビの社員とはいえフィギュアスケートの仕事をやっているわけでもなく、もちろんフィギュアスケートの解説業やライター業のようなこともしていないからこそ、「大人の事情でこうコメントせざるをえない」なんてこともなく、発言を捻じ曲げられることもありません。だから、本書はのびのびした内容に仕上がったのかなと思います。

 この本を読んだだけでも、中野さんの頭脳明晰さは即座に分かるし、すぐにでもトップクラスの解説やコメントができそうな気もする反面、そうなるときっと「嫌な圧力」がかかってくるんですよね・・・あぁ、いやだいやだ。

 いい本です。私は大好きな本ですね。これから折を見て、彼女の現役時代の演技を、YouTubeでいろいろと漁ってみようかなと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2017-09-12-12-27-09

2017-09-12-12-27-53

2017-09-12-12-28-06

2017-09-12-12-28-16

2017-09-12-12-27-18



 2017年9月8日発売。正直いって、あまり期待せずに購入しましたが、良い意味で予想を裏切られる内容でした。本書の全体的な特徴を3つほど挙げてみます。

 ・最新かつ正確な情報(今年6月に発表された平昌五輪の日本代表選考基準もフォロー)に基づいて、議論が展開されている。

 ・ フィギュアスケートに限らず、著名なアスリートの本にありがちな「かつての昔話」や「自慢話」的な色は意図的に薄くされているのか、「さあ、今シーズン、フィギュアスケートをどう見る?」という部分に特化した、良質なガイドブックの役割を果たしている。

 ・ 中野さんがジャッジの資格を持っている部分も影響しているのでしょう、ここまで偏っていない、公平な視点で選手を評価するフィギュアスケート本を、私は見たことがありません。

 じゃ、羽生君の新ネタ目当てのゆづファン的には?というと、うーん・・・と、手放しでオススメできる感じではないです。

 というのも、第3章「なぜ羽生選手は世界選手権で優勝できたのか」(133~214頁)は、前半部分の171頁までは「プロトコルの読み方」が丁寧に解説されていて、その知識に基づいて、ヘルシンキワールドの男子シングルの結果を解説するスタンスになっています。

 その筆致というのが、まるでアイスジュエルズの「ルール解説」のような、良くも悪くも、淡々とした、主観を排したスタイルになっています。したがって、演技を観て、プロトコルを読んで、減点の理由等が自力で分かる方だと、「すでに知っていること」が多いんですよね。もっと分かりやすく言うと、

  なぜホプレガのPCSは抑えられているのか?

 みたいな主張は一切ありません。むしろ、羽生君に関しては、SPとフリーのPCSの差に注目していて、プロトコル上に表現されているもの以外は議論の対象にしない、と決めている感じです。そういう意味では面白みは足りないかなぁ・・・と思います。

 ただ、逆に考えると、すぐになんとかの一つ覚えのように「男の色気」という言葉に逃げる解説者や、捏造やコピペやsage記事を平気で書く記者が跋扈している状況を考えると、彼女のスタイルはあまりに潔いというか、清々しいぐらい、一本スジが通っているなぁと、感心しました。

 じゃ、ゆづに関する情報は無いかというと、

  第2章「試合に臨むための心意気」の冒頭では、中野さんが早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)に在籍していた頃の生活スタイルが語られていたりして、なかなか気が抜けないんですね(笑)。もちろん、

  「羽生選手が同じように早大の通信課程で学んでいます。移動中の飛行機などでも勉強しているようなことを聞き、かつての自分を思い出して懐かしくなります」(69頁)

 と、しっかりフォローされています。
 
 後輩に対する温かい眼差しと、トップスケーターとしての彼へのリスペクトは十分に伝わりますし、偏りのない、最新のフィギュアスケートの基本書として、すぐれた一冊です。

 中野さんの「色」が出ている部分は、むしろ第3章以外の3つの章なので、明日の記事でしっかりフォローしたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2017-06-07-16-55-57

2017-06-07-16-56-17



 さて、07-08メモリアルブックも今日でラストです(1)(2)(3)。まずは、FaOIにも来ているランビ先生の記事を紹介した後で、「この時代は、こんな記事が成立していたのか・・・」というものもピックアップしてみます。

2017-06-10-08-41-52

2017-06-10-08-42-03

2017-06-10-08-42-10

2017-06-10-08-42-26



 イエテボリワールドでは、「SPは最初の3Aで転倒、つづく4Tもお手つきにより、悔いの残る内容で5位発進」という情報を頭に入れた上で、動画を見ました。

 まず、面白い衣装だなぁと思っていたら、スタートポジションでのポージングから冒頭の一連の動きがとにかく奇抜です。えっ!なにこれ?って感じです。

 現役時代の彼をほとんど知らない私にとって、プロスケーターとしてのランビさんといえば、恵まれた体格でダイナミックにジャンプを決めていく・・・それだけで雰囲気があって、日本人のファン目線からすると、敵わないよなぁ・・・という印象を受けます。

 だからこそ、こういう実験的なプログラムで「攻めていた」というのは驚きでした。この「カルネ・クルーダ」というプログラムについて、ランビさんはこう語っています。

  「今シーズンのショート『カルネ・クルーダ』はサロメ(・ブルナー)と一緒に作りました。そのあとショーで会ったアントニオ(・ナハロ)にいくつか手直ししてもらって、今の形になりました。とってもモダンで、トラディショナルじゃないタンゴでしょう?

  「『カルネ・クルーダ』は、『生肉』とか『新鮮な皮膚』とかいう意味で、いいこと、悪いこと、エモーションなどすべてのことを遺伝子的なところまで全部出しつくして表現します。特にストーリーがあるわけではないので、音楽を聴いて感じたことを表現する。純粋な気持ちを出しつくせるプログラムで、とても気に入っています」

  「フィギュアスケートは音楽と振り付けを使って、感情を人に伝えるスポーツです。『ママ、ノン、ホッケーじゃないよ、フィギュアスケートだよ』ってこのスポーツをやることを決めた7歳のときに感じたように、このスポーツはとってもクリエイティブで僕にフィットするスポーツだったんです。そういうものを、この『カルネ・クルーダ』で表現できることがうれしい」

 →→正直、先にこのインタビューだけを読んでいても意味がよく分からず、動画を見て、「カルネ・クルーダって何?なんかの作品だっけ?」とググったらイタリアの肉料理のレシピがヒットするので、もう一度読み直すと、そういうことですか・・・と。

 たしかに、このワールドではミスもあり、スコアも伸びなかったですけど、そういうものを抜きにしても興味深い、舞台芸術的な面白いプログラムだと思いました。こういうことやってたんだなぁと。



 フリーは『ポエタ』です。最近だと、山本草太君が15-16シーズンのSPに使っていましたね。

 こちらは、SPよりもさらにジャンプに苦労している感じです。ただ、さすがヨーロッパ開催だけあって、手拍子や歓声が凄いです。

 他に、本誌のインタの中で、興味深い発言がありました。トリノ五輪で銀メダルを獲得したランビさんですが、バンクーバー五輪について訊かれて、こう答えています。

  「バンクーバー五輪について?金メダルって言った方が、インタビューとしてはいいですよね(笑)。でも、そのあたりはちょっとまだ分からないのが本当のところです。これまでのキャリアの中でずっと、ベストパフォーマンスをすることを求めてきました。それが1番重要なんです。確かに試合では順位が付くけれど、それはジャッジの仕事。何が重要なのかと考えたら、やっぱり僕にとってはベストパフォーマンスが1番なんです。僕はいつでもベストパフォーマンスをしたがってることを、忘れないでくださいね。順位ではなくて、ベストパフォーマンス。それを、五輪という大きな舞台で見せられたらすごくうれしいです」

 ちなみに、この「金メダル」のくだりについて、記事の中ではこう補足されています。

  「あっさりと『金メダル』という単語を口にした彼に無理をしていないかとたずねると、『無理にサービスで言ってるわけじゃないです。ただ、こういう質問をよく受けるので、言っちゃった方がいいかなって最近思っていて』と苦笑い」

 いまの指導者としての温和なランビ先生の人柄が、この辺りの発言にすでに出ているような気がします。当時22歳。そういえば、いまの羽生君と同年齢ですね。

 ラトデニ君との関係を見ていると、いわゆる「管理して、ハッパをかけて」という感じではなく、コーチというより兄貴分というか、いい経験を積ませながら、伸び伸びと成長してもらおう、という考え方なのかなと。

 さて、他の記事から、いくつか写真を紹介しましょう。

2017-06-10-08-42-49



 かの有名な、トマシュの黒歴史、「勇名トラ(?)」ですが、実は07-08シーズンのSPの衣装でした。イエテボリワールドでももちろんこの衣装です。動画で見ると、背中の龍の模様はなかなかのもの。だからこそ、なぜこんなことに・・・という感じですが(汗)。

2017-06-10-08-43-17

 岳斗さん、いまと全然変わってない!むしろ、長久保先生は、どこの具志堅さん?(爆)と。所属が邦和になっているので、すでにこの時期は、仙台から名古屋へ移られているようです。

2017-06-10-08-43-57

 こちらは、「2ページ・5段組み」のレイアウトで、男子シングルの有力選手について語り尽くす、という主旨の企画です。

 当時、日本女子シングルのトップ争いをしていた二人が、男子とはいえ現役スケーターを批評するという、そんな企画が成立していたんですねぇ。

 かりにいま、「本田真凜&樋口新葉が語る男子シングル」なんて記事が出ようものなら、すぐに英訳されて世界に発信されてしまうから、難しいでしょう。

 ちなみに、村主さんは、トマシュとランビ推しで、もちろん大ちゃんも高く評価してるんですが、最後の一節が彼女らしい。

  「私はやっぱり、練習相手に男子選手が欲しいんですよ!髙橋選手の追い込みを目の当たりにして、自分も一緒に引きずられて調子を上げていけたし、男子と一緒に練習すること、女子選手にとってもすごくいい影響があると思います。やっぱり欲しいな!男子の練習仲間、募集中です!

 中野さんの場合、完全にスケオタ的な目線で話してくれてますね。

  「私は男子の試合を見ていて、日本人以外に誰を応援するかと言ったら、実はステファンなんです(笑)。彼の演技、滑りには、いつもどうしても目が行ってしまう。もう一般のスケートファンの方と同じ目線で、上手だなあ、って見入ってしまうんです。特に私のスピンのお手本はステファンなので、彼の演技を見る機会があるときは、いつも絶対に見逃さないようにしています。だから今回はほんとに……残念でしたね」

 現役選手は言うまでもなく、プロスケーターの方でも、いまこんな感じで、海外スケーターを褒めると、「けしからん!なぜ日本の男子選手を応援しないのか!」とSNSに凸する人が必ず出てきますからね。

 現在、羽生結弦という絶対的なスターがいますし、10年ぐらい前の雑誌をこうして眺めてみると、いまの雑誌ってかなり制約があるのかもな・・・と痛感します。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

このページのトップヘ