On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:仙台パレード

FullSizeRender

 見知らぬおじさんのごつい指が画像のかなりの部分を占めていますが、これが現地で苦労した証拠です(笑)。


 動画を静かな所でもう一度チェックしてみると、「ゆづるくーん」からの声の主は同じ女性だということに気づきました。撮影に必死で、誰が声を上げているかなんて、まったく分からなかったわけですが。

 羽生結弦展、CWWと、ここ最近遊びすぎているので、さすがにこのパレードは当日の現地入り。9:08東京発の「はやぶさ」に乗り込み、10:40に仙台着。

IMG_0345

 パレードをどこで見るかについては、パレードと並走するようなことはせず、ゴール地点(FINISH)の市役所付近に陣取る作戦にしました。途中のポイントだとあっという間に通過してしまいますし、じゃ、スタートかゴールなら、ゴールの方が圧倒的に競争率・密集度は低いだろうという判断です。

IMG_0346

IMG_0347

IMG_0349

IMG_0350

IMG_0351

IMG_0352

IMG_0353

IMG_0354

 仙台駅東口でタクシーを拾って、市役所に向かうまでの車窓からの様子と、市役所前に着いた時の状況です。11時になっているかいないかぐらいで、日の当たる場所では30度に達していたかもしれません。

IMG_0356

IMG_0357

IMG_0358

IMG_0359

IMG_0360

 さすがに直射日光の下で1時間半過ごすつもりはなかったので、市役所付近を散策。一本裏道に入ると、まったく人がいません。日曜日の地方のオフィス街の典型的な風景でした。

 そして、この暑さにもかかわらず、日傘をさしてラーメン店に並ぶ方々。けっこうな人気店のようです。まぁ、私はローソンでアイスやお茶を買ったりしていましたが、市役所前のローソンのスタッフ数が凄くて、レジの進行は非常にスムーズでした。パレードのスタッフ数の多さにもビックリしましたが、近隣のローソンまで抜かりなし。万全の受け入れ体制で、感心しました。

IMG_0362

IMG_0363

IMG_0364

IMG_0365

IMG_0366

 パレード開始1時間前から地下鉄の出入り口が封鎖されました。怪我があったら大変ですからね。この辺りも、駅員さんとボランティアスタッフとの連携がきっちり取れていた様子。素晴らしいです。

 徐々に緊張感が高まってきたので、列に加わって待機。暑いとはいえ、あの羽生結弦展初日の「すし詰め状態」に比べたら、極楽です。13時を過ぎると各放送局のライスト放送が始まりましたが、直射日光でスマホの画面がまるで見えません。ラジオ替わりに音だけ出している状況でした。



 市役所向かいの広場(南側)で、ベガルタ仙台のサポーターの方々が、「ゆづる!ゆづる!」のチャントを周囲に呼びかけて、何度か練習。実際にパレードが来た時に、このチャントがどうなっていたか?・・・私も含めて、特に市役所側(北側)のお客さんはそれどころじゃなかったでしょうね(汗)。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

 冒頭の動画のスクショです。写真は撮らずに動画撮影に徹しました(もちろん無言です!)。したがって、残念ながら私には、「#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」への、参加資格はありません(涙)。

 とにかく直射日光(逆光)が凄くて、おそらく私の周囲でスマホやタブレットを掲げていた人たちは、ほとんど画面は真っ黒だったはず。私もヤマ勘でズームしたりしながら車を追いかけたので、後で確認するまで、ちゃんと取れているか心配でした。

IMG_0387

IMG_0389

IMG_0390

IMG_0391

IMG_0392

IMG_0393

 パレードの後どこに寄ったかというと、遠征組はおそらく能登さんの写真展に向かうだろうと予想し、そちらは諦めて、国際センターのモニュメントの方へ。仙台駅から地下鉄で3駅。モニュメントの後ろの建物が駅なので、つまり、モニュメントは駅改札から徒歩10秒の場所にあったのでした(笑)。

 モニュメント撮影まで5分待たなかったと思います。おそらく時間限定でしょうが、モニュメント前にはスタッフさんがいて、観光客の記念撮影をサポートしていました。また、この駅周辺は緑に囲まれていて、都内で言えばモダンな美術館でも建っていそうな環境です。もし仙台を訪れる機会があれば、こちらに立ち寄ると、良い休憩になると思います。この後は、仙台駅に戻り、牛タン定食を食べて、お土産を買い、17時台の新幹線に乗り込みました。

 以上、あまり「ドラマ」はなかったですが、仙台パレードのレポでした。今回は無理のないスケジュールで、しかもここ最近立て続けに、羽生結弦展初日、CWW初日のグッズ並びで「鍛えられた」こともあって、快適かつ気軽な旅行気分で楽しめました。

 録画した地上波はもちろん、スポーツ新聞も買っただけになっているので、明日はその辺りの話題で一本記事を書こうと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-07-27-21-13-01

2016-07-27-21-13-31

2016-07-27-21-14-00

2016-07-27-21-14-33

2016-07-27-21-14-58

2016-07-27-21-15-22

2016-07-27-21-15-41

2016-07-27-21-15-57

2016-07-27-21-16-24

2016-07-27-21-16-47

2016-07-27-21-17-05

2016-07-27-21-17-29

2016-07-27-21-18-10

2016-07-27-21-18-21

2016-07-27-21-18-37

2016-07-27-21-18-47

2016-07-27-21-18-58

2016-07-27-21-19-14

2016-07-27-21-20-00

2016-07-27-21-20-08

2016-07-27-21-20-23

2016-07-27-21-20-39

2016-07-27-21-21-23

2016-07-27-21-21-39



 2014年6月10日発売。7月号なんですが、これも13-14シーズン本ですね。2014年に入ってからの春のアイスショーのレポートと、羽生君の仙台凱旋の様子も収められています。

 これまでブログでご紹介したWFSと比べると、これだけ大量の羽生君の写真が掲載されているのは異例です。ただ、写真そのものを見てみると、「応援ブック」や「通信」のような羽生君の報道用写真を網羅した雑誌がある今となっては、特に最後に貼った「羽生結弦クロニクル」もそれほど価値は高くないのかなーという気がします。

 表紙や中身の写真からもお分かりのように、この時期のショーの羽生君は「花になれ」と、アンコールで「パリの散歩道」を披露。さいたまのワールドの一週間後、4月5日・6日で「世界フィギュア2014 大阪エキシビション」というショーが、なみはやドームでおこなわれています。

 なんやこれ、デニス・テンはゆづ君の袖を思いっきり引っ張っとるやないけ!

 と、思わず、チッ!と舌打ちした方は私だけではないはず・・・。

 インタビューはほとんど無いのですが、仙台のパレードの際にこのようなコメントを出しています。

  「(地元の後輩4人がオープンカーに同乗して)ちょっと不思議な感じがありました。もちろん後輩にも続いてほしいなというふうに思います。ただ、この結果を獲った感想としては、やはり環境というものがものすごく大事になってきました。トロントは州の単位で200くらいスケートリンクがある本当に恵まれた環境の都市なので。日本は土地があまりないですし土地の値段も高いと思いますし、難しいとは思うんですけども、ぜひこれからたくさんの通年のリンクができることを祈っています

 でも、カナダからすごい選手出てないよね?という見方もできなくはないですが、シングル男女ともに金メダリストを輩出したわけですから、将来の子どもたちがいつでも日本国内のどこにいてもフィギュアスケートにチャレンジできる環境を整備してほしいですね。

 羽生君はこの点、荒川さんの背中を見て、単なる指導者という枠を超えたセカンドキャリアを見据えているような気がします。それにしても19歳で金メダルを獲ってもまったく浮かれていない所は改めてただものじゃない!と感じます。これはやはり親の教育もあるでしょうね・・・。

 最後に、春の園遊会での天皇陛下とのやりとりも。

 「震災に遭われてから苦労が多かったんじゃないですか」

 「はい。ただ、たくさんの方々に支えられて、スケートをやることができているので本当に幸せだなと思っています」

 隣の葛西さんの方が緊張感のある表情をしているようにも見えます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-07-15-18-05-12

2016-07-15-18-05-20

2016-07-15-18-05-39

2016-07-15-18-05-57

2016-07-15-18-06-08

2016-07-15-18-06-26

2016-07-15-18-06-37

2016-07-15-18-06-46

2016-07-15-18-06-58

2016-07-15-18-07-06

2016-07-15-18-07-14

2016-07-15-18-07-24

2016-07-15-18-07-33

2016-07-15-18-07-41

2016-07-15-18-07-55

2016-07-15-18-08-05

2016-07-15-18-08-13

2016-07-15-18-08-25

2016-07-15-18-08-38

2016-07-15-18-08-46

2016-07-15-18-08-55

2016-07-15-18-09-04

2016-07-15-18-09-12

2016-07-15-18-09-47

2016-07-15-18-09-59

2016-07-15-18-10-11

2016-07-15-18-11-46

2016-07-15-18-12-44



 2014年5月14日発売。「応援ブック」はソチに合わせて創刊された写真重視のフィギュア専門誌。

 文字情報はいらないから、ゆづ君の最新の写真を、ある程度の量、見たい!

 こういう目的の方にはおススメです。

 これまで、「1」「2」「3」とレビューしてきましたが、いずれも2013-2014シーズンのSPおよびFSの写真が中心なので、いくら扱っている試合が違っているといえ、衣装もプログラムも同じですから、重複がけっこうあるわけです。

 ところがこの「4」は、冒頭こそソチ後の凱旋帰国と各種イベントへの参加の様子が収められていますが、あくまでも中心は13-14のエキシビションとアイスショー。これに特化しつつも、2009年のChange、2010年のVertigo、2011年のSomebody to Loveなどもあり、バリエーションの面では上述の3冊を上回っています。

 やや脱線しますが、U2を初期から聴いてきた者としては、Vertigoって個人的にはそんなに響く曲じゃなくて、曲の良さでいうなら「焔」や「ヨシュア・トゥリー」辺りのアルバムの方が粒ぞろいだし、サウンドの面白さなら「アクトン・ベイビー」「Zooropa」「Pop」のテクノロジー3部作だよなぁと(※学生時代の思い出補正入ってますけども)。私がパッと思い浮かぶのはこの2曲でしょうか。







 羽生君自身がVertigoを選曲したのか、誰かが推薦したのか、この辺りは個人的に調べてみたいとは思ってます。


 話を戻しまして、SPやFSの写真は、実はシーズンを区切ればどの雑誌でも見れるっちゃ見れますけど、エキシビションやショーの衣装をピンポイントで探すのはわりと難しい。皆さんも、本棚から「EXやショーの写真を見たいな!」って時に、すぐに探し出すのは大変なんじゃないでしょうか?少なくとも私はけっこう苦労します。

 さて、ウチにある13-14シーズンの雑誌も、レビュー漏らしはほぼ無くなってきた感じですので、近々まとめ記事をアップしようと思います。そこから、14-15、15-16へと、なんとかシーズンインまでにウチの全ての雑誌の品質チェックを終わらせておきたいものです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ