On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:松岡修造

IMG_9806

IMG_9807

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender




 2018年1月25日発売。すべて読みました。まず、昨日の記事は「第四章」だけを読んで書いたものなんですが、他の章や、あるいは松岡修造さんとの「熱血対談」でも、羽生君については大いに語られているので、その意味でも、ゆづファンに本書はオススメです。

 
また、他の選手についての言及という点では、城田本が羽生君以前の選手だと、荒川さんまでという「少し昔の話」で構成されている一方、本書は、織田君自身、真央ちゃん、羽生君、そして、昨年末の全日本選手権で五輪代表争いをした男女シングル選手、さらに海外のメダル候補もカバーしています。

 内容的に「重複」している部分があまりないので、しょーもないsage雑誌を買うぐらいなら、ぜひ二冊揃えて、五輪までに読破してみてはいかがでしょうか。

 さて、今日も3点についてピックアップしてみました。

 (1)運動能力と「フィギュアスケートの能力」の違い

 織田君が、自身のパーソナルヒストリーを語る「第一章」の中で、専門的見地から、非常に興味深い記述があります(41~42頁)。

  「(高校に上がって)フィギュアスケーターとしては格段の上達を果たした僕ですが、相変わらず学校の体育は苦手なままでした。柔道の先生からは、『組み手をするのは危ないから』と言われ、僕よりガリッガリの子と『受け身って難しいよね~』と言いながら、ひたすら受け身の練習を繰り返すばかり……。水泳の授業でも、体脂肪が少ない僕は、水に浮かないで沈んでしまいます。さらに身体能力もないから前に進みません」

  「ただ、フィギュアスケートにおいて重要なのは、運動神経や身体能力以上に『競技適正』なんです。僕の周りのフィギュアスケーターでも、運動神経に優れ、フィギュア以外のスポーツも得意という人をいっぱい見てきました。が、必ずしも彼らがスケートで成功を収めるわけではありませんでした

  「フィギュアスケーターにとっては、運動能力よりも『氷を捉える感覚』あるいは『氷との相性』のほうが、ずっと大事なのです。この競技には、力を抜いてスーッと滑る力だったり、同じ場所で速く回れるような力だったりと、フィギュアに特化した能力が必要になってきます。どんなに速く走れても、どんなに高くジャンプができても、氷の上で4回転ジャンプが跳べるわけではありません」

  「氷を捉える才能、これは僕らが見ればすぐにわかります。ジャンプも運動能力のように見えますが、テイクオフ(離氷)する時にものすごいテクニックが必要になります。氷への優れたタッチでスピードに乗り、その勢いと遠心力で跳ばなければなりません。その感覚がなければ、運動神経があってもどうにもならないのが、フィギュアスケートというスポーツです。これは練習で培われるものではなくて、生まれ持った素質に他なりません

 つまり、人に教わる以前から、才能のある子には、氷上における「特殊な適正」が明確にあるということですね。

 私たちが、フィギュアスケーターの「適正」とか「才能」と聞くと、「何歳までに、何回転ジャンプを何種類跳べたか?」という話をイメージしがちですが、実は、この第一章では、織田君自身が「何歳でどこまで」という話は、ほとんど出てきません。実は、スケオタの方がジャンプに固執しすぎているのかもしれません。

  「さて、僕の氷のタッチを自己評価すると、平均以上だとは思います。ただ、スケーティングとかステップといった技術面で特にジュニア当時の僕は、他の選手よりも劣っていました。ジャンプは評価されるけど、芸術面に課題がある。高校生時代の僕を評するなら、そういうことになりますが、その壁を越えるのは当時の環境下では限界だと、母をはじめ周囲の大人たちは感じ始めていたのでした」

 ちなみに、この後、織田君はカナダのリー・バーケルコーチ(現クリケット在籍。デールマンのコーチ)に師事します。それまでジャンプは「ただ跳ぶ」だけだったのが、カナダでは、ジャンプの前後のスケーティングスピード、姿勢、ランディングから次の動作に移行する際の顔の位置など丁寧な指導を受け(47~48頁)、夏の短期キャンプの後でも、帰国すると「別人のようになった」と言われたそうです。
  
 (2)錦織圭と羽生結弦(修造・信成対談から)

 この修造さんと信成君の対談(79~100頁)は、話の大半が「羽生結弦論」で、お互いの「ゆづ論」をぶつけ合い、そしてすり合わせるという流れになっています。その「すり合わせ」の部分で、修造さんが、錦織圭選手を取り上げているのが、この対談の貴重な点だと思います。

 ・二人の天才

  修造「・・・織田さんのファンからのお叱りはいくらでも受けますが、織田さんと僕の一番の共通点は、『メンタルが弱い』ことだと思うんです(笑)」

  信成「わかります(笑)。僕は本当にメンタルが弱い。修造さんもメンタル弱いんですか?」

  修造「弱い!もうね、みんな本当に勘違いしている。僕が世界ランキングで46位になったとか、ウィンブルドンでベスト8とか」

  信成「だって、すごいじゃないですか!?」

  修造「でもね、同じ時代に錦織圭選手がいたら、松岡修造はどう?

  信成「それはもう、日本の二枚看板で…」

  修造「違うっ!『錦織圭と違って、松岡は背が高くて強いサーブも打てるのに、なんで負けるんだ』って、非難されますよ

  信成「・・・僕は本番までに緊張しすぎて、夜眠れなくなって、顔面蒼白になってダメになるパターンでしたけど、修造さんは?」

  修造「僕は頑張りすぎちゃうタイプ。テニスを始めたころから才能がないって言われていて、それを自分ですごくわかっていたから。・・・才能がある人といえば、錦織圭選手。一番の才能は大事な時に力が入らず、楽にできることなんです。力を抜いてできる

  信成「羽生結弦選手と同じですね。力を抜いて、メリハリをつけるのが上手なんです

  修造「そういう感覚を僕は持てなかったから、錦織圭という人に対しては、僕は教えられなかった。彼には『お前、本気出せ!』なんて言えない。出さない方がいいから(笑)。それに、必要な時には自然と出すわけですよ

  修造「・・・正直、羽生選手がいなかったら、辞めてなかった?」

  信成「羽生選手がいなかったら…辞めてなかったでしょうね(笑)。・・・羽生選手に勝てないから辞めたというわけではないですよ(笑)。もちろん彼には勝てないです。でも、勝てなくても努力して常に前を向くのがアスリートだと思ってたので。・・・今でも羽生選手と試合では戦いたいな、という思いはあります。絶対に負けますけどね

 購入意欲が減退することのないように、ここで切ります。なぜ今季「SEIMEI」を選んだか?とか、あるいは、羽生君の性格分析のような話題でも、二人は大いに盛り上がっていますよ。

 ・「脱・平等主義」へ

  信成「今のフィギュアの強化って、全員をうまくしようという方針なんです。そうではなくて、『この子だ!』と一人に絞って、その子を全力で全神経を注いで強化するのも一つの方法なんじゃないかと考えることもあります。それこそ、伊藤みどりさんがそうだったのかなと思うんです。今ほど世界で戦う日本人の選手はいなかったけれど、やっぱり彼女が日本の威信を背負って頑張ってくれたことで、今でも伊藤みどりさんを覚えている人がたくさんいらっしゃいます」

  修造「テニスだと、たとえば錦織選手はジュニアのころから僕が一生出会わないくらいの素質があった。だから彼が11歳の時に18歳が出るような国際大会に出させたわけですよ。普通ならありえないけど、絶対にうまくなることがわかっていたから、海外遠征にもどんどん出した。年齢も力も十分でないから、当然負けますよ。でも必ず強くなると信じた」

  信成「批判はなかったですか?」

  修造「みんなが賛成というわけにはいきませんでしたよ。みんな一緒に強くなれるならそれに越したことはないです。でも現実はそうじゃない。それに『これだ!』という選手が毎年出てくるともかぎらない。でも「これだ!」という選手が出てきた時に、『みんな平等』でやっていたら、伸びる子も伸びないですよ。だから、周りからどんなことを言われても構わない。圭が結果を出してくれたおかげで、今では協会の中で、やりたい強化の内容をさせていただいています。だから織田さんも『この子だ!』と思ったら、全部やってみたらどうですか?遠征にも出して、世界で一番いいコーチを付けようって

  信成「僕も『この子!』っていう一人を選ぶのは、ありだと思います」

 修造さんが最後に言ってる、「これだ!って子に、世界で一番いいコーチをつける」ってのは、すでに城田さんが羽生君に対してやってるじゃない!と、思いますね。

 私はテニスの協会の事情はよく分かりませんが、日本のスケ連の場合、羽生君がブライアンの薫陶を受けていきなり金メダルを獲ったことで、それを「面白くない」と感じる勢力が反発している、というのが現状ではないかと。そして、それが、最初に織田君が言った「全員をうまくしようという方針」なんじゃないの?と。

 もちろん、修造さんは日本のスケ連の事情も承知しているはずで、織田君もオフレコで「修造さん聞いてくださいよ。実は・・・」って話になっていることを期待します。

 ただ、織田君はバーケルコーチやジェフとも繋がりがあるわけだし、将来的に、織田君が教え子をクリケットに送り込むというのは、あるかもしれませんね。
 
 (3)浅田真央と羽生結弦(フィギュアスケートを追求する者たち)

  「(浅田さんと)同じように『フィギュアスケートを追求する者』として、羽生結弦選手もいますが、二人の間には、違いがあります」

  「羽生選手には『極めたい』に加えて『絶対に1位を取る』という決意があります。自分が精神的に好まないものであっても、点数が出て1位が取れるのであれば、意地でもそれを体得して自分のものにする強さがあります」

  「浅田さんは、もちろん結果を最優先していたと思いますが、究極的には競技として点数にこだわる以上に『自らの信念を貫き通す』ことにこだわる選手だったように思うのです。こっちの方が点数が高いと言われても、『トリプルアクセルに挑戦したい』という気持ちがあった。勝つ確率を高めるより、挑戦することを優先したのだと思います」

  「でも、それは弱点につながってしまう可能性もありました。実際にメディアでは『トリプルアクセルにこだわりすぎ』とか、『その他の3回転―3回転のコンビネーションとか、3回転ルッツとか、武器になるジャンプをもっと強化すべきじゃないか』と言われることもありました。トリプルアクセルを失敗した時にどうリカバリーするか――もちろん浅田さんはそこにも力を入れて練習していたと思いますが――アクセルを練習する時間を他の練習に費やしていれば、浅田さんの実力からしたら、もっと勝っていたかもしれません」(以上、185~186頁)

 バンクーバーの頃の日本国内の報道を、私も鮮明に覚えてはいませんけど、むしろ楽観論というか、「世界で他に誰も跳べない3Aが真央ちゃんにはあるのだから、金メダル確実!」という論調だったんじゃないかと。

 それを未だに引きずって、ヨナの採点をアレコレ言う陰謀論者がいますが、ヨナがバンクーバーで勝った理由、逆に彼女がソチでは勝てなかった理由について、私は少し違う見方をしています。(※参考までに「こちら」や「こちら」をどうぞ)

 以上、ブログに紹介すると、ずいぶんな量になりましたが、本当にこれでも一部です。昨年末の全日本・ロシア選手権の結果もフォローしてあるので、織田君も、年末年始、ギリギリまで原稿を執筆していたようです。

 小さな不満を2つだけ。一つは、ボーヤンについてまったく言及が無いこと。もちろん4CCが始まった頃、すでに本書は印刷されていたはずで仕方のない話ですが、あのボーヤンの神演技に対して、織田君ならば称賛していただろうなと思うのです。

 もう一つは、知子ちゃんについて。彼女がケガをする以前から大変な努力家だということは本書でも熱く語られています。・・・でも、ならば、なぜ、「努力の天才」の彼女が、ジャンプの高さ、回転等の不安を改善するための取り組みを「行なわなかった」のか?

 何度もブログで書いていますが、私は知子ちゃんが大好きなんです。でも、だからこそ、彼女の努力を称える専門家の言葉が、どうもストンと腑に落ちないんですよ。

 あまり考えたくはないですが、もし、ジャンプの課題を彼女自身は認識していたのに、「気にしなくていい。転倒しないことだけに注力して!」とコーチから言われていたのだとしたら・・・。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-10-11-15-01-53

2017-10-11-15-02-35

2017-10-11-15-02-04



 2017年10月5日発売。おそらく購入されている方は少ないと思うので、Sportivaよりもこちらを先にレビューします。

 目次画像の通り、「羽生結弦本」ではありません。巻頭記事の「絶対王者の孤高 羽生結弦」は、写真は主に横浜のスケートイベントとトロント取材で構成されていて、朝日新聞の後藤太輔記者のテキストは、関係者の証言がかなりの部分を占めています。

 以下、個人的に印象に残った記述をピックアップしてみます。

 まずは、羽生君とゆかりのある関係者の証言から、田中総司さん(12頁)を。田中さんは、羽生君が中学1年~2年の頃にジャンプを指導していました。

  「(ジャンプの練習をすると)よく失敗し、パンクし、転倒していました。今の羽生結弦のかけらもないぐらいボロボロでした。今、トリプルアクセルは力を抜いて、理想的です。4回転アクセルも回っているらしいです。しっかりとした着氷はできないけど、片足で立つことまではできたと」

  「4回転ルッツを無理にやらなくてもいいと思う。逆に挑戦してミスをすれば、他選手が上回る可能性がある。王者らしく堂々と、確実なジャンプをして、勝ちきってほしいですね」

 →→ こういう話をきくと、改めて思うのは、フィギュアスケートのジャンプは、コーチの指導で順番通りに習得できるものじゃないのだなってことですね。

 もう一人。場内アナウンスを務めているP・J・クォンさん(13頁)。

  「私は、クリケット・クラブでフィギュアスケートをやり、その後約30年のコーチ生活を経て、五輪などスポーツ大会で場内アナウンスをするようになりました。結弦が金メダルを獲得したソチ五輪のアナウンスも担当したんですよ

  「ジュニア時代の結弦も見たし、2011年以降はしっかりその成長を見続けてきました。若いころは、粗削りで着氷などにもろさ、危うさがありました。演技も、まるで音楽がかぶさっているかのように音との一体感がなかったけれど、今は音楽と融合しています

  「『SEIMEI』は芸術作品で、並外れて素晴らしいプログラム。ユニークで、テーマもよく、テクニックもあります。すべてがそろっています。結弦はスポーツと芸術を一体化させ、特別なことができます。その目に光が宿った時、何かが起き、忘れがたき瞬間を作り出してくれるでしょう

 →→素敵な言葉で称えてくれていますね。ただ、「音楽と融合していない状態」というのが、「音楽がかぶさっている演技」と表現するのは新鮮です。「音と合ってない」とか「バラバラ」とは言いますからね。

 さて、この雑誌の定番企画、松岡修造さんのインタ(24~25頁)からも。

 ―― つい先ほど羽生結弦選手とお話をされたそうですね。

  「そうなんです。オリンピックを控えた今季は、羽生選手にとって集大成的なシーズンなのかなと思って話を聞いていたのですが、まったくそういう感じではありませんでしたね。今日の羽生選手からいちばん感じたのは、勝負へのこだわり。『必ず平昌で勝つ!』という気迫です。そのために自分は何をすべきか、彼は僕の予想よりもはるかに深く考えているんだな、という印象を受けました」

 ―― 普段はソフトな印象の羽生選手ですが、そういった強さはどこからくるのでしょうか?

  「僕は羽生選手がソフトな人だと思ったことは一度もないですね。彼は研究心、探究心の人。“勝つ”ことへの思い入れも、人一倍強い。結果よりも挑戦することが大事、という考え方もあるでしょうが、羽生選手は結果を重視するアスリートです

 →→特にクレジットがないので、「つい先ほど」っていつだろう?と思ったのですが、バラ1とSEIMEIの件に触れているので、8月中旬に横浜のイベントと日テレの企画のために帰国した際、修造さんと対談しているのかもしれません。

 GPシリーズの番宣でこの対談が出てくるかもしれないので、ロステレ前のテレ朝は注意しておくといいかもしれません。

 最後に、織田信成君の男子シングル展望インタ(38~39頁)からご紹介します。

 ―― 現在、羽生結弦選手はグランプリ(GP)ファイナル4連覇中。羽生選手の強さはどこにあるのでしょうか。

  「彼の素晴らしいところは、どれをとっても一流で、隙がないところ。ジャンプでいうと『ジャンプを跳びますよ!』という動作をせずに、演技をしながらサラッと難度の高い、しかも質のいい技を繰り出すことができます。スピンやステップ、技と技のつなぎ、スケーティング技術も完璧です。まさに今のフィギュアスケートの競技ルールにおける最高の演技ができる、完成されたスケーターの一人だと思います

 ―― 羽生選手はフリーで再び「SEIMEI」を演じます。リスクになりませんか?

  「僕も同じ曲を使ったことが何度かありますが、なぜ使うかというと、すごく自分に合っているから。そういった演技は、ジャッジの方にもどんどん好きになってもらえるんです。とくに羽生選手の場合は、4回転ジャンプの本数が5本に増え、技のつなぎ、『ステップ・シークエンス』というプログラムを印象づける部分の修正もかなり入ると聞いています。非常に進化した構成になると思うので、印象もガラッと変わるはず」

  「また今季はオリンピックシーズンですから、選手にとってはいいイメージを持って戦えることも大事。『SEIMEI』は2回ほど完璧に滑ったことがあり、曲が体に染みついているプログラムでもあると思います。僕は五輪に向けて勝ちにきたんだなという印象を受けました」

 →→マスコミ関係者から投げられるこの定番の質問は、「ジャッジの印象が悪くなるんじゃないか?」という返答を期待しているフシがあるんですが、織田君がまったく逆の意見というのは面白いですね。

 私も、有力選手の新プログラムを一通り見てきて、「もっと滑り込むことでよくなる」なんてブログにたびたび書いています。具体的には、「いまはエレメンツをこなすのがやっとに見える」とか「もっと身体全体を使ってほしい」とか、素人レベルでもそんな不満を持つのだから、プロのジャッジはプログラムの新旧関係なくもっとシビアに見ているだろうなと感じました。

 そもそも「新プログラム」とはいっても、フィギュアスケートは狭い世界なんで、曲かぶりもけっこうあるし、私自身は、ジュニアも含めてたくさん見ていると、実はプログラムの新旧ってあまり気にならなくなりつつあります。やはりクオリティが大切。ノーミスで、目線や指先まで神経を行き届かせて、表情にも自信を持たせて、演じきれる人が強いですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加



canadafsresults

skatecanada2fs

canadareslts





 ※世界女王に、日本女子期待の星からも賛辞のツイート。二人とも好き!大好き!

 さて、先に土曜日のテレ朝の放送について一言。

 修造さん、うるせー!(笑)

 6分間練習で4Loにトライする羽生君に、

 Go! Go!

 って、あんた、リオ五輪やUSオープンの時の錦織君に対してよりも、明らかに取り乱していて、どこの松木安太郎さんだよ?ちょっと、落ち着け、落ち着いてくれよ・・・と、思わず苦笑という感じでした。

 さて、この記事は日曜のお昼に書き始めているんですが、「Hope & Legacy」の映像を、オータムと今回のスケカナとで見比べています。

 で、これは前日のSPにも言えるんですが、オータムではSP・FSともに成功した4Loが、今回のスケカナでは2日続けて失敗。これは何か理由があるんでしょうか?日本のマスコミは、ループ・ループと大騒ぎしていたので、この点は訊かれるかもしれませんね。

 他方で、FSにおいて、4S(前半)は前回も今回も調子いいんですよね。4Tは前回転倒で、今回はきっちり着氷。前回は中盤以降、明らかにバテて、4回転以外の部分でもボロボロと失点していましたが、今回は、その中盤以降の滑りは良くなっていたと思います。最後のスピンの後によろけてましたけど、感情を激しく揺さぶる久石さんの曲の効果もあって、ちょっとニースを思い出してしまいました。

 さて、以下にまた貼りますが、ここで改めて15-16のスコアと見比べたいと思います。

2016-10-29-15-38-03

canadafsresults

canadareslts

 今回のFSのスコアは、183.41。実は、この180点台中盤のスコアって、昨季の大会でけっこう出ていたようですね。オータム、スケカナ、全日本、そしてワールド。序盤の二大会はまだコンディションがこれからという段階だったので置いとくとして、シーズン中盤以降、SPで大量リードしながらFSで崩れた全日本とワールドが、183.73に184.61です。

 他方で、FSがノーミスだと、NHK杯とGPFで、216.07に219.48と跳ね上がりました。今後の試合で、かりにSPでノーミスだとしても、どれぐらいFSで崩れると負ける可能性が出てくるのか?というのが、今日の演技とスコアでぼんやりと分かったような気がします。
 
 とはいえ、昨季のスケカナの合計スコアと比べたら、3.52上がっています。怪我で出遅れたことを考えれば、前進していると言っていいかと。

 そして、昨年のスケカナ後、羽生君は、怪我と引き換えに「血の滲むような猛練習」に励んだわけですね。

 万が一、今年も同じことを繰り返したら大変なことになります。今季は五輪の枠の問題もあって、特に全日本とワールドは絶対に失敗できませんから。

 羽生君、ひとまずは2位でのフィニッシュ、お疲れ様でした。十分な結果なんですから、無理しないでほしい。そして、ブライアン、しっかりと監視を頼みますよ!

 また、「拍手コメント」をありがとうございます!いろいろ言われてますけど、羽生君のSPは心配・不安というより、これからの進化が本当に楽しみですよね!

 では、また明日!

 Jun


フィギュアスケート ブログランキングへ 


    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-10-05-18-08-14

2016-10-05-18-08-53



 2016年10月1日発売。アマゾンに未だにレビューが上がっていないので、みなさん、この雑誌の購入は後回しなのかなと想像します。でも、なぜなのか。

 先にレビューした2冊とボリュームの面で比較してみると、

 マガジン→→全100ページ&ポスター2枚で1194円(税別)

 Life→→全146ページで1700円(税別)

 ガイドブック(本誌)→→全100ページで1800円(税別)

 こうやって並べてみると、あらら?ずいぶんと強気な価格設定だな・・・と、確かにコスパの面ははっきり負けているので、手が出にくいのはしょうがないですね。

 で、今回もせっかくなので2度に分けてレビューしますが、今日は羽生君関連と男子選手の記事を。明日は女子選手の方を見ていきます。

 まず、羽生君の記事に関しては、上記2誌と比べて、さらに薄いです。内容的には、(たぶん)GPFのSEIMEIの写真が見開き2ページ。昨季の闘いを写真とともに振り返り、ギネス授与式もチラっと紹介して、これが4ページ。先月のトロント取材は、羽生君との一問一答のやりとりと写真で4ページ。計10ページです。

 す、すくなっ!

 と、拍子抜けです。そもそも表紙がSEIMEIの時点で、トロントの取材すら無いんじゃない?と嫌な予感はしたんですが、辛うじてトロント公開練習も収録。ただ、この一問一答が合同会見のものじゃね?というぐらい、知っている内容ばかりで、案の定、個別取材時のVネックのTシャツの写真が無いので、もしかしたら、初日しか取材していないのか、あるいは「別の目的」のために出し惜しみしているか。ただ、面白い写真が一枚あります。

 いつも羽生君の取材時に背後に立てかけられているANAのついたて(看板?)を黒髪セミロングの女性が設置していて、羽生君が「おっ?」と後ろを振り返るカット、

 これはレアかもしれません。小さい写真ですが、自然な表情なので、ぜひ書店でチェックしてみてください。

 さて、羽生君の記事については、もう語ることはありません。で、このガイドブックがマガジンやLifeと違う点は、海外選手も一通りまとめられている点。例えば、今季の男子シングルの展望を佐野稔先生がなさっていて、2点、面白い!と思うコメントがありました。

  「フェルナンデスは、当然、世界選手権3連覇を狙ってきます。手強い存在ですが、羽生は同じリンクで練習していて動向はわかるでしょうから、それほど恐れることはないと思います。むしろ伸びしろを持っている金(博洋)のほうが脅威かもしれません。

  「侮れないのが、山本(草太)と同じくシニアデビュー組のダニエル・サモーヒン(イスラエル)とネイサン・チェン(アメリカ)です。サモーヒンは、今年の世界ジュニア選手権フリーで3度の4回転を跳び、逆転優勝しました。いったいどこに4回転を隠し持っていたんだという感じですよ。GPシリーズはカナダ大会と中国大会にエントリーしていますが、GPファイナルに残る可能性も十分ありますよ。」

 1つめの方は、正直、実力・実績ともにボーヤンよりもハビの方がまだ上で、私の見立てとは逆です。ただ、ボーヤンはジャンプは凄いわけで、いきなりスケートアメリカで昌磨と一騎打ちですし、どれぐらい仕上がっているかは興味があります。

 2つめ。16年の世界ジュニアって、ネイサンは怪我で欠場だし、草太君が出場してたら普通に勝ってたのでは?というのが、私の認識でした。ただ、この雑誌はやけにサモーヒン推しで(その割には写真がない!)、上の佐野先生の記事と重複しますが、別の所でも、

  「天性のエンターテイナーでもある彼は、個性的なプログラムで観客の注意をそらさない演技を見せる。今年の世界ジュニアではフリーで3度の4回転を成功させ、SP9位から一気に逆転優勝を果たした。」

 と、しつこくプッシュしているので、私も注視してみようと思います。

 あと二つ。一つは、松岡修造さんのインタビューがまた熱いです。

  「羽生さんがすごいのは、『照準を合わせるのは、ファイナルではなく世界選手権でいいのでは』とのまわりの声もあるなか、『1回ならまぐれもある。"こいつは本物だぞ"と思わせるのは、世界最高得点を連続で出せるファイナルしかないんだ』と言っていたことです。ファイナルで更新した点数より何より、そういうとらえ方が異次元だなと感じます。』

 これ、私は初耳でした。『メソッド』にも『蒼い炎II』もにもなかったはずだし、修造さんの熱気に押されて、さらに強気な発言が出たんですかね。もう一つ引用します。

 ――その二人(羽生君&昌磨)を追う若手として山本草太選手がシニアGPデビューします。

  「草太さんと話した時に、『まだ自分は羽生さんや昌磨さんのいるトップグループに入れない』という発言をしたことがありました。謙遜なのかもしれませんが、でも僕は正直、『入りたい』と言ってほしい。僕は、あえて彼には、『もっと自分を大きく持とう』と伝えたいですね。

 もう、あの長身をかがめながら、修造さんはすでに草太君に伝えてるんじゃないか、その様子を脳内にはっきりイメージできるのは、きっと私だけじゃないはず・・・。やっぱこの人のキャラは濃くて、熱くて、もう大好き!

 最後に、無良君と漫画家の久保ミツロウ先生の対談も楽しく読めました。アニメ「ユーリ!!! on ICE」放送記念のトークで、これ読んでて思うのが、無良君は人格者ってだけでなく、競技者の心理・視点を適格に語ってくれて、解説もいけるんじゃない?と。

 アニメの方はこの記事がアップされて数時間後、深夜2時21分からテレ朝で。BS朝日で10/9(日)の深夜1時からも再放送があるようです。

 わざわざアニメのキャラ用の振付を宮本賢二先生が監修(というか、夜にリンクを貸し切って実演したとか!)らしくて、賢二先生忙しいのに、ご苦労様です。

 私もしっかりHDDに予約しましたんで、皆さんもぜひ見ましょう!

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-09-22-15-34-51

2016-09-22-15-35-12

2016-09-22-15-35-45

2016-09-22-15-36-42

2016-09-22-18-41-08

2016-09-22-18-40-49

2016-09-22-15-37-01

2016-09-22-15-37-21

2016-09-22-15-37-42

2016-09-22-15-38-04

2016-09-22-15-38-23

2016-09-22-15-38-34

2016-09-22-15-39-01

2016-09-22-15-39-10

2016-09-22-15-39-22



 2015年12月17日発売。まず、本誌の内容と全く関係のない話からはじめることをお許しください。

 いつからかは忘れましたが、どこかの偉い人の発言を目にした際、「自分自身への戒め」として、気をつけなきゃなとボンヤリと頭に浮かんだことがきっかけです。以後、「自分が何か発言したとき、いったいどのレベルで言ったのか?」と、たまに考えることがあります。

 知識をただ伝えているのか?
 
 知識に基づいて、自分なりの見解を述べているのか?

 知識もなく理解もないが、ただ共感(拒否あるいは無視)しているのか?

 知識のレベル、理解のレベル、共感(拒否・無視)のレベル、とも言えるでしょうか。

 たとえば、羽生結弦というフィギュアスケーターについて、自分の発言は、テレビや雑誌から得た情報をコピペしてるだけなのか。一定の情報を踏まえた(解釈の誤りは当然あるとして)意見なのか。ただ賞賛しているだけなのか。

 こういうものを日常的に頭の中で整理できると、一喜一憂することも少なくなるし、また、より慎重に発言できるようになるのかなと。

 「この人のことよく知らないけど、どーでもいいわ」

 と、未熟な私は、脊髄反射的な結論に至ることが日常茶飯事です。知りもしないし、見識もないのに、口は出す、みたいな思考回路です。くれぐれも慎まなきゃなと思っています。

 さて、自分自身の首を絞めることを覚悟で、Numberのレビューを・・・。画像の通り、切り抜いたこの892号は、2015年のGPファイナル速報号と言えるもので、あの衝撃の「330.43」について分析がなされ様々な証言も集められています。

 改めて目次を見ると、手元に残っていないシェイリーンのインタビューはいま読んでみたいなと思いつつも、まずは何よりも、「絶対王者の新たなる旅」という写真に心を奪われました。特に、左ページの写真なんてまさに、

 「ライフルを構える凄腕の暗殺者」。

 あるいは、服装的には、長刀とか長槍とか、「触れたものを一瞬にして真っ二つに切り裂く」ような・・・。いずれにしても、こんな冷徹な表情(目線)ができるなら、今後さらなる新境地を開拓できそうな気もします。ちなみに、この写真のクレジットには、田口有史(Yukihito Taguchi)とあります。

 野口美惠さんのレポートは『メソッド』とかなり重複していますので、もし単行本をお持ちでしたら、該当部分を改めてチェックしてみてもいいと思います。

 松岡修造さんの「目撃談」では、例の、羽生君がスケートカナダでパトリックに負けてから、あえてSPの構成の難易度を上げた件について言及されています。

  「本来アスリートに限らず、いったん目標を立てたなら、その目標を達成してから次の目標を作り上げるものだ。羽生さんは、今ある目標を達成する前に、より高い目標を作り上げてしまう。とんでもない考え方だと思う。

 この点は、もう様々な雑誌で議論されていますし、私も一時期ブログで取り上げていたテーマです。

 でも、そうなると、がぜん、16-17シーズンでもそういうことってありうるの?と、期待と不安が募ってきます。ワイドショーのレベルでも、新プログラムがどれほど難易度の高いものかという点が話題ですが、シーズン中、そこにどのような修正が加わるのかも注目してみたいです。

 カメラマンの能登直さんのコメントも掲載されています。能登さんの発言といえば、Sportivaのソチ速報号で長めのインタビューを読むことができます。これまで様々な雑誌をレビューしてきましたけど、少なくともウチの本棚にある雑誌で、能登さんの証言はそのSportivaと本誌だけかもしれません。

 羽生君との関係については特に新しい情報はありません。ただ、今ほどフィギュアスケートの人気が無かった頃(2000年代)、

  「なんでそんなお金にならないことしてるの?」

 と言われたことがあるとか。へぇ、じゃあ、当時「お金になる」と思われていたカメラマンの仕事って何だろ?と、逆に興味が沸きましたね。芸能関係?グラビア?当時も今と同様に、雑誌も写真集もそんなに売れていなかったと思うんですが・・・。

 また、安藤美姫さんの写真集を能登さんが撮ったというのは知りませんでした。そして、能登さんが、フィギュアの試合の撮影中に泣いたのは2試合だけだと。

 1つは、12年ニース世界選手権FSでの羽生君。もうひとつが、13年の全日本選手権での安藤さん。復帰当初の滑れない時期を知っていた能登さんは、その全日本のSPを彼女がノーミスで終えた時、涙を流してしまったそうです。

 安藤さんといえば、一時期、SNSでの「炎上芸(!?)」をいろいろと批判されましたけど、個人的には、彼女のような人材もフィギュア界を盛り上げるには必要かなと思っています。

 優等生的な選手ばかりだと、一般的な認知・知名度の面で、結局オリンピックでメダルを獲れたか?何色のメダルか?という部分でしか評価されなくなってしまうと思うんです。スケーティングのスタイルももちろんですが、キャラ的にもいろんなタイプの選手がいた方がやっぱり面白いですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ