On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:横井ゆは菜

ceremony

 女子フリーの振り返りです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。



 注目選手を滑走順に。まずは横井さんから。いい演技をしましたね!6位入賞。フリーのスコアに限れば4位の好成績です。正直言って、JGPと全日本ジュニアの成績で考えたら、紀平・山下・荒木の3選手で世界ジュニアを戦うのが妥当に思えたんですけど、全日本で覚醒した横井さんを選んだことが、結果的に大成功でしたね。

 シニアの坂本花織ちゃんとかぶるというか、全日本でベストパフォーマンスを披露した選手を大舞台の代表に抜擢したことで、その調子を本番でも維持し、期待に応えてくれた形になりますか。これを自信にして、来季も頑張ってもらいたいです。



 最終グループに入って、紀平さん。「なぜ6連で成功していた3Aが2本とも抜けたのか?メンタル弱すぎ!」と、ネットではいろんなことを言う人がいるんですけど、私が疑問に感じるのは、3Aを失敗した場合のプランBはどうなってるの?という話なんです。

 この後で見ていくトゥルソワも、JGPシリーズのフリーでは冒頭に4Sを入れていて、当時ほとんど抜け&コケていました。でも、例えば名古屋のファイナルでは、4Sのミスを引きずらずに、その後まとめたから、コストルナヤをわずかにかわして逃げ切れたわけです。

 薬指の怪我の影響もあるかもしれませんが、3Aの失敗を「後に引きずる」ならば、そもそも入れるべきじゃない。スピンやステップでも点を取れる選手だし、4年後を考えるなら、「大事な試合で3Aを失敗してそのまま崩れる」というパターンは避けなきゃいけない。

 シニアに上がれば、3AはSP・フリー合わせて計3本となりますが、1本、2本、3本、あるいは0本と、いろんなパターンを試しながら、ベストな構成を導き出してほしいですね。



 世界を驚かせたトゥルソワ。今季のJGPを見てきた人なら、この子の凄さは分かっていたはずですが、ここに来てクワドの精度が上がってきて、銀河点を叩き出しましたね。「225.52」というスコアがシニア含めて歴代どれぐらい?って話をする人がいますが、あんまり意味はないですね。
 
 今季シニアの試合を見ていて、コストナーのPCSや、ザギちゃんのPCSの急激なアップに見られるように、シニアのPCSの不透明さと比べて、ジュニアのPCSは(たとえ技術的にシニアに匹敵していても)かなり渋いんですよね。もちろん、ジュニアのフリーはコレオシークエンスが無いので、要素も一つ少ない。

 ただ、そういう話を別にしても、この演技は素晴らしい。なにが凄いかというと、4Sと4Tの後も鬼構成で、しかも取りこぼしがない点。したがって、かりにクワドのミスがあったとしても、間違いなく優勝できていたと思います。3Lzと3Fを2本ずつ入れて、しかもルッツにはセカンドループ。スピン・ステップはすべてレベル4。

 私が想像するに、「クワドを跳びたいなら、まず他のことを完璧にやりなさい。話はそれからよ!」と、エテリに日頃から言われてるんじゃないかと。3Aを跳べたら、「天才だ!」と、すぐにフィーバーする日本の環境とあまりに違います。

 トータルパッケージということを重視しているのはエテリ組で、日本は相変わらず「大技信仰」が根強い。困ったものですね・・・。



 山下さんも、SPの勢いそのままに、フリーもノーミスを揃えてくれました。銅メダル獲得は立派です。比較的前半にジャンプを配置している構成ですが、しっかり降りて、スピン・ステップのレベルも取りこぼしがなく、なんだかもはや、シニアで何シーズンも演じているような安定した内容でした。

 昨年末に15歳になったので、年齢的にもスコア的にも来季はシニアに参戦できて、GPシリーズに2戦アサインされる可能性が高い、という噂です。

 ただ、シニアの先輩たちで今季限りで引退する選手はいないはずですから、今季2戦出ていた選手の何人かが1戦に減らされて、山下さんに2戦、ということになるのでしょうか。



 最終滑走のコストルナヤ。ステップはSPに続いてレベル4を取れず、そこはちょっと気になります。

 冒頭の3LzでSOでしたが、これはSPもそうなんですが、前の試合から3Lzをタケノコで跳ぶようになって、まだ苦労しているんだと思います。

 ルッツのエッジに不安のある選手なので、トゥルソワのように2本入れられないのでしょうね。2本入れて両方エラー(アテンション)がつくリスクを取るよりも、まずは一本をタケノコ付きで極めるというプランでしょうか。

 そこは、シニアの同門の先輩と共通している所があって、ルッツ・フリップを2本ずつにセカンドループ付きという部分がザギちゃんとトゥルソワ、一方で、フリップは2本だけどルッツは1本というのは、メドちゃんとコストちゃん。

 「工場」と揶揄されるエテリ組ですが、やはりこのチームは、選手個々人の特性を見て構成を決めつつ、少しずつブラッシュアップさせていく方針なんだと思います。

 明日は、EXの方をザッとご紹介する予定です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

mako

 リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。女子シングルには、紀平梨花さん、山下真瑚さん、横井ゆは菜さんが出場しています。

 3月11日(日)はTOEIC受験のため、この記事は前日(10日)のお昼頃に書いています。すでに総合順位は出ているはずですが、今日の記事ではSPのみ、じっくり注目選手を見ておきます。



 まずは、横井さん。全日本選手権での活躍が評価されて世界ジュニア代表を射止めた彼女。最後の3Lzの転倒は残念でしたが、冒頭の3F+3Tは高さもあって、パワフルで躍動感のある演技が彼女の持ち味だと思います。個人的には、もう少し身のこなしに敏捷性が欲しいなと感じますが、これは完全に私の好みの問題です。「59.81」でSPは8位。



 なぜか、コストルナヤとトゥルソワは最終の一つ前のグループに入っていました。内容については、一昨日の記事でも触れた通り、ステップでレベル3、3Lzにアテンションがついて、「71.63」(SP2位)は、やや本人的には不満のあるスコアだった様子。



 ただ、なんか違和感あるなぁと思っていたんですが、SPの単発の3Lzもタケノコで跳ぶようになったんですね。私の記憶では、SPのタケノコは3F+3Tのセカンドトウだけだったんですが、どうやら2週間前のCup of Russia Finalから導入したようです。その試合では、国内とはいえ「73.99」を出していたので、そりゃ、難易度を上げたのに71点台は不満なわけです。



 平昌五輪ではザギちゃんすげー!って話になってましたが、トゥルソワの3F+3Loのセカンドループの回転の速さに、「なにこれ?いま跳んでた?」って感じで、改めてビックリです。そして、ジャンプに関して言えば、コストルナヤより巧いですね。「72.03」でSP首位。

 ただ、PCS(29.54)がコストルナヤ(30.09)よりも出ていないのは、なんというか、言葉は悪いですけど、このガキっぽい曲の印象で0.5点ぐらい損しているような・・・。この曲調により、スケーティングやつなぎがチマチマして見えるので、来季はもっとスローで堂々とした曲も演じてもらいたいところ。



rika

 ここから最終グループです。紀平さんから。事前の情報でジャンプを後半固め打ちにしたことと、そして左手の薬指を骨折しているという話もありました(キスクラの映像で分かりますが、ガッチリ固定していて痛々しいです・・・)。

 しかし、冒頭のレイバックからのコンビネーションスピンの美しいこと。回転の速さ、ポジションの正確さと、ロシア勢にまったく負けていません。こりゃ行けるぞ!と思っていました。

 3F+3Tはセカンドトウの軸が傾いていて、両足着氷の転倒。URを取られて、ちょっともったいなかったです。3Lzと2Aにタノは必要なのか?という議論はありそうですが、その二つのジャンプで転倒したならともかく、しっかり成功してるんだからいいかと。転倒と回転不足がありながら「63.74」のSP4位というのは、すごいことです。



 ロシアジュニア選手権で、SP12位からフリーで驚異の追い上げを見せて3番に入って、代表に滑り込んだコンスタンティノワ。17歳なんですけど、ロシアのシニアの壁は厚く、このカテゴリーで頑張っています。

 この曲を聴くとかなクリを思い出しますが、身長の高さと上半身の硬さが、アメリカのテネルに近い印象を受けます。3F+3TのセカンドトウでURを取られて、「62.63」のSP6位と伸びませんでした。最後のスピンもズリズリとトラベリングしていて、けっこう冷や冷やさせられますね。

 ただ、この子を見ていてホッとした部分もあって、現在のロシアのジュニア選手は決してトゥルソワやコストルナヤみたいな子ばかりじゃないわけですよね。そう考えると、日本の育成もまだまだ希望を持てる気がします。



 韓国のイム・ウンス。実力的には、名古屋のファイナルに残れてもおかしくなかったんですが、細かいミスが出てなかなか殻を破れない印象です。

 アジア人で、ここまで顔が小さくて、モデルみたいな体型のフィギュアスケーターも珍しい。ただ、せっかくの恵まれた体型の持ち主で、しかもジャンプ自体も高くて巧いのに、どうもジャンプの前の助走やつなぎの部分が「ユルく」て、振付に問題があるのかもしれません。「62.96」でSP5位。



 いやぁ、最終滑走の44番目。待たされましたね。正直、山田組(というか樋口組)の指導力ってどうなんだ?って思ってはいるんですが、この山下さんの演技を見ると、彼女の才能に依る部分もあるとはいえ、昨年の試合と比べても、かなり良くなってますよ。

 もともとジャンプが上手いのは知られていましたが、今回は特に、降りた後のスケーティングへのスムーズな移行ですよね。本当に滑らかで、これが例えば、ロシアの選手だと、降りた後の「よっこらせ感」が顕著で、いくら彼女たちに高得点が出ても、そこがつねに不満なんです。

 この移行の美しさは、同じくJGPシリーズで活躍した荒木菜那ちゃんよりも優れています。菜那ちゃんはジャンプの高さはピカイチだけど、降りた後はスピードが落ちてしまう傾向があります。

 「ジャンプはあくまでも演技の一部」と言うのなら、こういう着氷をしてほしいよね、ってぐらい理想的な形です。
「66.79」のショート3位と良い評価を受けました。このクオリティの高さは認めないわけにはいきません。

 金・銀はちょっと難しいと思いますが、銅メダルに紀平さんか山下さんか、どちらかが必ず食い込んでくれると信じています。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ