On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:殿の春風

 教科書:「アイスジュエルズ Vol.1」82~89頁。


 
 題材:2015年12月10日 GPファイナル@バルセロナ 羽生君の演技 (SP「バラード1番」)



 前回の記事を軽くおさらいします。

 ・ SP(ショートプログラム)はTES(技術点)とPCS(演技構成点)の合計点(TSS)で決まる。

gpfinalsp1

 ・ TESは「ジャンプ」「スピン」「ステップ・シークェンス」「コレオグラフィック・シークェンス」の4つの要素から成る。

 ・ 「ジャンプ」はSPでは3回跳ばなきゃならない。(1)アクセルジャンプ、(2)ステップからの単独ジャンプ、(3)コンビネーションを入れたジャンプの3つ。羽生君の15-16のSP(NHK杯以降)のジャンプは、(1)がトリプルアクセル(3A)、(2)が4回転サルコウ(4S)、(3)が4回転トウループ(4T)+トリプルトウループ(3T)でした。

jumpSP

 今回は、「スピン」と「ステップ・シークェンス」を見てみましょう。ちなみに、「コレオグラフィック・シークェンス」はFSのみ1回入れられるものなので、ここでは触れません。「アイスジュエルズ Vol.1」の記事には、こう書かれています。

 ・ 「スピン」は、男女SP、FSともに3回まで。

 ・ 男子のSPの「スピン」は、(4)フライング・スピン、(5)足換えのキャメルあるいはシット・スピン、(6)コンビネーション・スピンの3種。参考までにスケ連の解説サイトも確認してみてください。

spstep

 (4)のFCSp4とは「フライングコンビネーションスピン」、(5)のCSSp4とは「チェンジフットシットスピン」、(6)のCCoSp3p4とは「チェンジフットコンビネーションスピンと3種の基本姿勢」を意味しています。(4)(5)(6)の「4」という数字は獲得したレベルで、これについて今日の所は無視します。

 つぎに、「ステップ・シークェンス」について。

 ・ 男女ともに、SP、FS各1回まで

 ・ 「様々なステップを組み合わせて、一連の動きにしたもの。パターンは水面を十分に利用していることが必要」とあります。

spsq

 表記はそのまんま、(7)がStSqが「ステップ・シークェンス」で、獲得したレベルが「3」という意味です。

 さて、これまで色をつけたりして貼ってきたPDFが元になっている画像は「プロトコル」といって、ジャッジの採点結果を表したものです。ご覧のようにそのまま演技の順番も表しています。

 それぞれのスピンの中に何スピンと何スピンが入っているのか等々、それぞれにちゃんと技の名前がありまして、実際に「羽生結弦」「FCSp4」とかでググると、キャプ画付きで解説しているブログもヒットすると思います。

 ただ、私は今の所は、「あー、このジャンプの後のこれがそれね」「あー、確かにここで足替わっとるわ」ぐらいのアバウトな理解で留めておきたいと思います。

 明日の記事ではGOE(出来栄え点)について見ていこうと思ったのですが、ISUの総会で現行の7段階方式から10段階に改正されるという話ですね。ただ、これが実施されるのは2018年五輪以降という説もあります。

 いろんな面がコロコロ変わるので、こんな記事を書きながらも正直ついていけない部分もあって、私もあまり好きな分野ではありません。ただ、羽生君の演技がどのような評価を受けて、そのスコアはどのように算出されたのか、この一点だけは興味があります

 この連載企画は、そこがゴールですので、拙いだけでなく抜けている部分も多々あると思います。どうかそこはご容赦ください。
 

 で、疲れたので別の話題。

image

 数日前に到着をご報告した、「殿の春風」を冷やで飲んでみました。

 基本的には辛口のお酒です。口に含んだ印象はフルーティですが、喉を通った後の後味は、甘ったるさや、クセもなく、すっきりとした感じです。ウォッカ並みのアルコール臭さや舌がビリビリするような超辛なお酒ともはっきり違っていて、上品です。

 どこでも手に入る有名な日本酒と無理矢理比べるなら(価格帯は違いますけど)、上善如水よりはキレのある辛口で、一ノ蔵よりはマイルド、そんな雰囲気です。

 あくまでも私の好みで言うと、もう少し後味にフルーティで優しい余韻が欲しいです。このお酒を開けた日は、鯛のお刺身をつまんでいたんですけど、ちょっとキレが強くて、とげとげしいかなと感じました。

 しかし、どんなお酒(例えば、酸味の強い白ワイン)でもそうですが、ある程度飲んでいくと、印象は徐々に丸くなっていきます。「殿の春風」も例外ではありません。ただ、四合瓶で2000円ですから、私が日常的にパカパカ飲めるようなお酒じゃないんですけどね。

 ご興味のある方は、こちらから注文できます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-05-27-10-10-09

2016-05-27-21-43-10

2016-05-27-21-43-37

2016-05-27-21-43-57

2016-05-27-21-44-09

 ※大和蔵 殿の春風 大吟醸 720ml

 「殿、利息でござる!」のタイアップ商品が我が家にも届きました。日曜の晩に飲めればと思います。


  トロントにいる羽生君にとってはノイズですらないですが、真木さんが気の毒ですね。しかし、どうして、明らかに取材一切ゼロの与太記事を書いてライターという人たちは給料もらえてんの?って、以前は私もいちいち怒りを覚えていたんですが、最近は受け止め方が変わりました。

 嘘を平気で書けるから金をもらえる。

 金をもらうためなら嘘でも何でも書く。そういう感覚の人たちが群がることでも成り立っている、残念な業界なんだと。


 昨日、マンチェスター・ユナイテッドの監督にモウリーニョが就任しましたけど、彼がインテルを率いていた頃、イタリアのメディアがあまりに不当に(採点を低くしたりして)インテルの選手を叩くのに我慢がならず、記者会見の場で、

 「あなたたちのやっているのは知的売春だ!」

 と、目の前の記者を怒鳴りつけたことがあります。本来ジャーナリストは公平中立でなければならないはずだが、あんたらは金のためなら何でもやるんだな!という意味です。

 日本でも今のようにネット全盛時代だと、悪意のある記事をわざと書いて、ヤフーニュースに載ればラッキー!みたいな、炎上記事を投げてアクセスを稼ごうとする悪質なライター(概してサイゾーのこの記事のように「名無し」を装う)もはびこってますから、注意しなきゃいけませんね。

 一方、羽生君関連の書籍や雑誌のアマゾンのレビューを眺めてると、「この程度の事実関係すら間違っているので信用できません」的に、怒りの☆1個ってのをわりと見かけます。

 まぁ、事実関係の誤りであれば、こっちがちゃんと調べて正しい情報を把握できればokな話で、あたかもその本全部が信頼できないと断定するのはもったいないと思うんです。ちょっと、ちょっと、少し落ちつこうよ!と言いたい。

 ところで、現在開催中の幕張のFantasy on Iceの会場で、「アイスジュエルズ Vol.3」がすでに販売されていて、今回も評判は上々のようですね。私もはやく読みたいです。



 今日は内容が薄くて申し訳ないですが、この辺りでご勘弁を。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ



    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ