On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:田中刑事

IMG_0525

IMG_0527



 Sportiva最新号のレビューも今日がラストです。バックナンバーは「こちら」。

 今回は羽生君以外の選手の記事を見ていきます。羽生君の記事が冒頭から55頁まで、その後、56~80頁までがミラノの世界選手権特集で、宇野選手、知子ちゃん、新葉ちゃん、友野君、刑事君の記事。ラストの81~82頁が、真央ちゃんの「フォトエッセイ」出版の告知を兼ねた記事で締められています。

 印象的だったのは、新葉ちゃんと刑事君の記事だったのでご紹介します。



 ミラノワールドってもうずいぶん前のような気がしていますが、銀メダルを獲った新葉ちゃんは、SPでのミスを帳消しにする、最高の「スカイフォール」を披露してくれました。

 このワールドのフリーでは、これまで冒頭に跳んでいた2Aと、前半最後のジャンプの3Sを入れ替えています。正確には、2月のチャレンジカップ(オランダ)からなんですが、フリーの3Sは、ロステレ杯名古屋のファイナル全日本選手権と、ことごとくパンクしていたので(中国杯は成功)、この入れ替えは見事にハマりました。

  「最初のサルコウだけは緊張して跳びましたが、そのあとは本当に落ち着いてできました。3回転ルッツ+3回転トーループを跳んだあとに息を整えて、ダブルアクセルを跳んでまた息を整えて……と、後半に集中できるようにやれました」

 映像を見直してみると、前半から手拍子も起こっていて、お客さんも「これは凄い名演になるぞ・・・」という予感があったのかもしれませんね。

 そして、本題。全日本選手権の後、どう過ごしていたかについて、印象的な発言がありました。

  「大きく変わったことはしていないですが、毎日の練習で完璧を求めるというより、これ以上ひどくならないようにと、少しレベルを落として考えるようにしたら、ちょっとずつよくなってきたんです。やっぱり全日本前は少し背伸びをしていたんだと思います。もうちょっとレベルを落として考えたり、自分が満足できればいいと思いながら滑ればよかったけれど、高いところを見すぎて失敗をしたという感じです」

 このブログの中でもたぶん何回か書いた記憶があるのは、「スカイフォールを平昌オリンピックで見たかった!」ということなんですが、結果論ですけど、それこそ「全日本前のメンタル」のままで代表に選ばれて、それで本番で崩れていたら、各方面から叩かれて、彼女、立ち直れていたかどうか・・・。

 おそらく、「毎日の練習で完璧を求める」という考え方のままなら、ジャンプ構成の入れ替えという柔軟な発想に辿り着かなかったような気がします。よく、「練習でできないことは、本番でできない」ということが言われますが、そもそも「練習でやろうとしていること」がいまの自分自身に見合った内容なのかが問題。

 「昨日できたこと」は、実はマグレでできたことかもしれない。でも、たまたまできたことを日常的な目標に設定して、その後、「昨日できたこと」をできない自分を責めつづけてしまうと、本来できていたはずのことも、できなくなってしまう恐れがある。

 体調やメンタル、あるいは様々な外部環境によって、「自分のできること」というのは、日々変化するもの。だから、つねに毎日の自分自身と向き合うことが大事で、「できることとできないことの振れ幅」を把握し、そこから、悪い条件が重なっても「確実にできること」を導き出して、それを少しずつ大きくしていく。「自分自身との対話」が大事なんだよなぁ・・・と。羽生君も、きっとそこを緻密に計算して、平昌五輪での構成を導き出したんだと思います。

 さて、もう一つは、刑事君。不調の原因について、折山さんの取材ではこう書かれています。

  「田中刑事はスケート靴に苦しめられた。大会(ミラノ)に出発する1週間前に平昌五輪で使っていた靴が使えなくなり、新調した靴も現地入りした初日の練習で壊れてしまう。フリップとルッツを跳ぶ際にしっかり踏み込めない状態のまま、ショートプログラムを迎えることになった」

 靴の問題といえば、CWWで無良君も言ってましたね。ただ、羽生君って、私の知る限り、「靴のトラブル」って聞いたことがありません。そう言えば、「靴のトラブル」って、女子選手よりも男子選手から聞かれることが多い印象です。私の気のせいでしょうか?

 羽生君が試合でミスをした場合、彼は事細かにその原因を分析する人ですから、「靴のトラブル」があるならば、それを隠すはずがない。だから、何足も準備して、トラブルのリスクを未然に防いでいるんだと思いますね。

 ところで、ここ最近の私は、たくさん雑誌が発売されると、雑な読み方をしてしまいがちだったんですが、今回はすべての記事をじっくり読み込むことができて、私自身「収穫」もたくさんありました。明日からは「Life」のレビューを予定しています。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

kazuki

 リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 おそらく現行のGOE7段階ルール最後の試合になりますが、特に男子に関しては、その弊害が大いに出た内容になりましたね。

 4回転ジャンプに関して言えば、ステップ無しでどんなに見栄えは悪くても、回って降りさえすれば、現行のルールでは、高い基礎点とそこそこの出来栄え点が約束されている。そこにバクチのように挑んでいった選手と、運に助けられた選手たち。で、私の目には何が映ったというと、

  転倒・着氷含めた、汚い4回転の山!

 ということでした。挑んでいる選手たちは、年に数回しかない試合のために人生懸けて必死なのに、「こんなものは、フィギュアスケートじゃない!」と言われてしまう。ならば、ルールおよび採点方式が、しっかりこのスポーツの美しさを担保するように、整備されなきゃいけません。

 印象に残った選手といえば、まずは友野君ですよね。シーズン当初、昨年9月のUSインターナショナルクラシックで、「ウェストサイドストーリー」を初めて見て、こう書きました。

  「男子といえば、羽生と宇野しか知らないという人が見ても、確実に記憶に残るような友野一希のキラープログラムになる可能性がある!」

 なぜGPシリーズにアサインされないのか?シニアの真剣勝負の場で見てみたい!と、度々書いてきました。このブログは「羽生結弦応援ブログ」ですが、今季の友野君の演技についても、かなり詳細にフォローしてきたので、ぜひこの機会に「バックナンバー」の方もご覧ください。

 スコアの出方については、シーズン序盤の厳しすぎる採点を知っているだけに(だから、友野君も平池コーチもキスクラでビックリしていたわけです)、来年のさいたまワールド開催のために、是が非でも3枠が欲しい日本側からの働きかけがあったのかな?という気がしないでもないですが、ただ、このブログで何度も言ってるのは、SP・フリー合わせてクワド3本と3Aを3本、この6本を降りると、「250~260」のラインが期待できるという点です。すでに終わった話ですが、これぐらいのスコアを全日本で出せると「第3の男」に選出されると書いてきました。

 その見立てからすると、友野君の「256.11」というスコアは高すぎるわけではなく、来季以降、この内容を維持して、安定してこのレベルのスコアを出しつづけることで、世界の評価を固めてほしいと思います。やっと、演技内容に世間の評価が追い付いてきたか・・・と感慨深いです。

 刑事君も、今季の「刑事比」ということで言うと、このフリーは決して悪くない内容だったと思います。冒頭の3つのジャンプの出来から、いいじゃない!と思った方はいらっしゃったはず。でも、後半のトリプル各種で着氷が乱れてきて、もったいない所で失点したなぁ・・・という印象です。今季は、腰の痛みで試合を欠場したこともありました。オリンピック含めて、プレッシャーのかかる試合が重なって、よく頑張ったと思います。ゆっくり休んで欲しいですね。

 一方、残念だったのは、ボーヤン。最初の4Lzでフェンスギリギリの着氷になって転倒したため、その後のクワドをいつも以上に慎重に跳びに行った結果、スピードが足りなくて、ことごとく転倒していました。スピードの足りなさと、あとはメンタル的に緊張感が切れてしまったことも、崩れてしまった要因にあるかもしれません。

 しかし、それにしても、ずいぶんと盛大にガッツリと減点してくれましたね。この、ある意味で不当なまでの「中国叩き」は、例の中国人ジャッジ問題を受けて、ISUは「綱紀粛正のアピール」でもしているつもりでしょうか?

 今大会のジャッジ自体、めちゃくちゃとしか言い様がないのに、こういう報復的な採点をする所が、つくづく姑息な組織だなぁ・・・と思います。まぁ、それはそれとして、ボーヤンには、来季の演技でぜひ見返してもらいたいですね。

 他にも、ガッツリと減点を食らったといえば、ヴィンセント君。別の所でも書きましたが、クワド一点突破の構成で大バクチに挑んだ結果、玉砕したケースと言えますか。でも、まだ若い選手ですから、来季のルール変更も見据えて、スピン・ステップ、そして表現面の強化と、せっかくジェフと仕事をしたのだから、演技の幅を広げるようなプログラムで成長することを期待します。

 宇野選手は、怪我の話が事実かどうかの話は置いといて、SPの内容を見れば、フリーはあれぐらいグダってもしょうがないとは思っていました。そう考えると銀メダルは最高の結果ではないですか?内容は最悪ですけど、結果は最高。名古屋もパレードの一つや二つやってあげればいいのにと思います。

 逆にネイサンは、SPのあのジャンプの着氷を見ていたら、フリーは確実に崩れると思っていました。昨シーズンと比べても、明らかにヨレヨレ・バタバタのひどい姿勢での着氷で、回転も怪しいですけど、最終グループの他の滑走者があまりにひどすぎたこともあって、ジャッジも大盤振る舞いしたのかな?と想像。

 ネイサンが「ただ跳んでいるだけ」というのは、それは以前からすでに言われていたことで、問題は「ただ跳んでいるだけのジャンプの質自体が落ちている」ことなんですよね。もっと簡単に言うと、「明らかに回り切れずにそのままズドンと氷上に落ちている」クワドの比率がけっこう増えている。ジャンプの質(高さ・幅)自体はまったく落ちていないボーヤンと明らかに違います。

 それが怪我によるものか、疲労によるものかは分かりません。ただ、今季はローリーやシェイリーンと仕事をして、EXはリショーさんに作ってもらいました。様々な振付師とコラボレーションできる彼ですから、来季以降はジャンプの負担を減らして、もっと可能性を広げてほしいなと思います。それだけの資質と才能は間違いなくある選手ですから。

  あああ、やっぱり羽生君やハビの演技が見たい!

 と、改めて思った大会でした。
 
 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0090


 リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。男子SPの終了時刻は23:43なので、なんとか記事は間に合わせられそうです。

 YouTubeにチョコチョコと演技動画はアップされているんですが、そのリンクを貼ったところで、フジテレビにすごい勢いで削除されているので、感想のみということで。

 まずは、第4グループの2番滑走で友野君登場。完璧な出来でした。4Sも3Aもきっちり成功して、ケチがつくのはステップのレベル3ぐらいじゃないですか?

 キスクラでスコアを待つ間、唐突に荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」が流れはじめたんですが、大阪の高校ダンス部のことを、イタリア人も知ってるわけですね。

 第6グループ5番の刑事君。うーん、冒頭の4Sは成功でしたが、3Aがダブルに抜けたのは残念でした。どちらのジャンプも「鬼門」と言えるほど苦手でもなく、ラクラクと成功する時も知っているだけに、やはり1シーズン闘ってきた疲れが出ているのかもしれません。

 そして、このグループの最終滑走はミーシャ。今大会が最後かもしれないという話でしたが、相変わらず、全身から怪しい「気」を発散させていますね。以前、別の所でも書きましたが、表現面での独創性ということだと、羽生君を除けば、ミーシャとジェイソンが個人的に気に入っています。ただ、ジェイソンが身体能力をフルに生かしたアクロバティックな演技であるのに対して、ミーシャの場合は、指先にいたるまで全ての動きに意味を与えて、意識的に芸術世界を作り上げているように見えます。日本人が表現力ということを語るなら、学ぶべきは彼の演技では?と思います。

 さて、最終の第7グループ。まずコリヤダから。4Lzを回避して、4T-3Tを成功。単発の3Lzそして3Aと、ノーミスしました。PCSは出る選手ですから、いまの自分の力を発揮できる構成にして、それで「100.08」を叩き出したわけですから、この判断は正解だったんじゃないでしょうか。

 一人飛ばして、第3滑走のネイサン。ジャンプは3つ降りましたが、なんとか着氷という感じ。好調時と比べると物足りません。ケガによるものか、あるいは今日の演技は全体的にスピードが出ていなくて、その影響が出ているのか、よく分かりません。クワド1本のコリヤダと2点弱しか変わらない、「101.94」に留まりました。ただ、彼に関しては、自信を取り戻すことが第一。フリーも踏ん張れるかでメダルの色が変わってきます。根性を見せてくれるか、期待しましょう。

 そして、アリエフですが、フジの生放送を見ながら思わず、もったいない!と声を上げてしまいました。もちろんそれは、4Lz-3Tを降りた後の、単発の4Tがトリプルに抜けて、このジャンプが0点になってしまったからです。転倒してでもいいのにチャレンジできなかったのでしょうか。結局、4LzもURを取られて、「82.15」と不本意なスコアとなりました。

 さて、金メダルを狙ってきているであろうボーヤン。やった!ノーミスじゃん!と手を叩いて喜んでいたんですが、演技を終えた時点での技術点の速報値がネイサンよりも低い。これはおかしいぞ・・・・と思っていたら、単発の4Tがフェンスギリギリの着氷で、ここにURがついていた模様。「95.85」で4位。ただ、ジャンプ自体の調子は良いので、フリーは期待できると思います。

 最終滑走は宇野選手。怪我の影響を感じさせない4Tの出来。ただ、3S-3T予定が、3Sの後にターンが入っての2T。これってコンビネーションとして認定されなかったら、点数どうなんの?と思っていたら、「94.26」はスコアは出た方ですね。さすがに、ヴィンセントやボーヤンより上というわけにはいかなかったですか。

 なんというか、女子と比べて、男子は満身創痍感が出ていますね。ジャンプ自体の質を見るとボーヤンの調子が一番良さそうですが、これは、意外にコリヤダが来るんじゃないか?と、順位が読めないという意味で、フリーは楽しみですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

boyang

 四大陸選手権の最終日。男子フリーです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 ライストで見て、すぐに書き始めています。フリーも、SPと同じ4人についてコメントします。



misha

 まずは、ミーシャから。「タイスの瞑想曲」というと、昨シーズンの舞依ちゃんのEXでしたが、分かってはいることだけど、このミーシャのフリーも最高です。

 曲調を完璧にとらえた所作については、私が今さら言うまでもないんですけど、意外にも(と言っちゃ失礼ですが)、ジャンプも上手い。クワドこそ入ってませんが、トリプルはバシバシ決めて、見ている側からすると、一切ストレスも溜まらず、緊張も切れない、とにかく「見ていて心地よい」演技です。

 スピンでやや取りこぼしがあったとはいえ、ステップがとにかく美しい。ステップシークエンス、コレオシークエンスともに、曲調とバッチリ合っているのに軌道は複雑という、面白い動きを入れているなぁ・・・と感心します。

 だからこそ、いつか羽生君と仕事をしてほしいんですが、彼曰く、「何人もの大人の許可が必要」とのことらしいんで、まぁ、お互いプロ転向後のお楽しみということでしょうか。



 ジェイソンは去年のプロに戻したんですが、見違えるようにジャンプが安定していました。

 ライストを見ている感じでは、2本目の3A以外は、ほぼノーミス級の演技で、今季と明らかにジャンプの精度が違うので、やっぱり跳びやすさってあるんですね。

 このプロで全米を闘っていたら・・・と思ったのは、私だけじゃないはず。クワド無しなのに、PCSは、宇野選手のフリーのそれにあと0.22点差という高評価。素晴らしかったです。



 最初の3本のジャンプをことごとくミスって、これどうすんの?と、頭を抱えたくなりましたが、気持ちを切らさず、後半以降しっかり決めていきました。やはり、良いトレーニングを積めていて、最後までスタミナが残っていましたね。

 欲を言えば3位に入ってほしかったですが、このメンバーで4位は立派です。とにかく五輪では、ジャンプの抜けだけはなんとか気をつけて、出し切ってもらいたいです。



 いやぁ、いい物を見られてよかったです。今季見てきた男子シングルのフリーの中でも、最高のパフォーマンスではないですか?

 SPでもジャンプの調子は良さそうだったので、フリーもかなり決めてくれる期待感はありましたが、まさか、クワドを4本、3Aを2本、しかもどれもかなり余裕を持って降りるとは、ビックリでした。一昨日に続いて、また言わせてください。

  ボーヤンの4回転は、鰻屋の鰻。ファミレスやスーパーの鰻とは、そもそも比較すること自体がおかしいのだと。

 今回、PCSは85.44と、他のクワドジャンパーと比べて決して高くはないですが、はっきり言って、ネイサンよりもクワドの質が高いことは、この4CCのSP・フリーの2本で証明したんじゃないかと。

 もしこの内容を五輪本番でも演じられたら、PCSは、88点前後とか(ネイサンの名古屋ファイナルが88.44)、いや、90点に乗るかもしれません。

 羽生君はきっとこのボーヤンの演技を見て、「絶対に勝ってやる!」と燃えているはず。お互いを認め合うこの二人の対決は、我々もモヤモヤを感じることなく、純粋にトップアスリートの勝負として、楽しめますね。

 ああ、ようやくこれで、「オリンピックが来るぜ!」と、すがすがしい気持ちでいっぱいです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

boyang

 四大陸選手権の2日目。今日は男子SPです。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

 23時前から書き始めたので、動画のリンクと軽いコメントのみでお許しください。

 特に印象に残った演技は、ミーシャ、ボーヤン、ジェイソン、刑事君の4人ですね。









 まず、ミーシャ。「これがフィギュアスケートにおける表現力ってもんでしょ?」と、ひとつの基準を提示してくれる、素晴らしい演技でした。

 なにが凄いって、指先まで計算し尽くされた所作に加えて、全身から発せられる「怪しい雰囲気」が、やはり唯一無二ですよ。

 ジェイソンの表現力が、スケーティング・スピンの質、身体の柔軟性、そして音感という、主としてテクニックやフィジカルに裏打ちされたものだとすると、ミーシャって、才能とセンスの塊だと思います。プログラムも自分で作っているわけですしね。会場はガラガラだけど、この二人への声援は、キャーキャー!って感じで、意外な驚きでした。

 ボーヤンは、一言でいって最高の演技でした。詳しい説明は省きますが、将棋の藤井猛九段という棋士が、「鰻屋の鰻」と「ファミレスの鰻」という表現を使って、同じ戦型だとしても、指す棋士によってクオリティと深みが全然違うって話をするんですが、

  ボーヤンの4回転は鰻屋の鰻!

 しみじみと、こう言いたくなりましたね(※日本の鰻のクオリティを落としているのは中国産だろ?というツッコミは無しで!)。本家はやはり違いますよ。

 誰の4回転がどこの鰻か?という話はあえてしませんが、今日のボーヤンのショートは、「これだよ!見たかったのは!」と、爽快感のある演技でした。昨年に比べて、「ローリーの独特なプログラムで表現を勉強中」というような「ぎこちなさ」もなくなってきて、すごくハマってきていると思います。ジャンプの調子も良さそうなので、フリーもやってくれそうな期待感があります。怪我の影響が心配されていただけに、元気な姿を見せてくれたことが、何よりも嬉しかったです。

 刑事君は、4S、3Aともに、物凄く余裕をもって着氷しているように見えました。転倒や抜けの雰囲気がまるで無いので、やはり秋以降の猛練習が効いているのだと思います。

 女子と比べると、メンツ的に揃っていて、最終Gの一つ前のグループでも、ハンヤンやナム君はまずまずの演技でした。

 そうそう、ハンヤンの演技後、フラワーガールがもたついていたのか、リンクに投げ込まれたぬいぐるみを、ナム君が拾って、これから自分の演技が始まるというのに、わざわざハンヤンに渡しに行っていました。思わずほっこりする、良いものを見られて、ハッピーでした。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ