On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:田中宣明

IMG_0716

IMG_0717

IMG_0718



 キスクラのレビューの続きです。バックナンバーは「こちら」で。

 (3)「羽生結弦プロデュースアイスショー」(CWW、44~53頁)

 写真の内訳は、黒パリ(1ページ)、ツィゴイネ(3ページ)、黒Tシャツ(2ページ)、白Tシャツ&フィナーレ衣装(2ページ)。主役は完全にツィゴイネですね。

 CWWの愛蔵版ブックと見比べていますが、愛蔵版の方は「羽生結弦写真集」という作りではないので、こちらはこちらで買っておいても良いと思います。もしかすると、ジュエルズのフォトブック(17-18年版)が夏頃に出れば、CWWの写真が入っているかもしれませんね。

 テキストは、ショーのレポート、質問コーナーやトークショーの抜粋、ジョニーとのトーク、そして、佐野稔先生のスペシャルインタビューが収録されています。稔先生のインタから、興味深かった発言を引っ張ってみます。

  「“羽生結弦という存在”は唯一無二だと思っています。これから先、もう出てこないと思っています。それは、伊藤みどりもそうでしたね。僕は伊藤みどりが現役だった時に、“100年に1人の選手”という表現を何度もしましたが、やはりまだ彼女の代わりは出ていないですよね。そして羽生選手も“日本で”ではなく、“世界で”100年に1人の選手なんです。それだけ彼はすごい存在なんです

 もし、羽生君が仙台にずっと留まっていたら、五輪連覇を成し遂げるほどの選手になっていたでしょうか?

 もちろん、とびきりの逸材であると同時に、世界最強のチームに、最高のタイミングで移籍できた運と縁、そして本人の決断力というのも大きいと思います。そこが、みどりさんとは違います。ジュエルズの城田さんの連載(Vol.04)をお読みの方は、「わたしは田舎者でけっこうです。名古屋を離れたくない」と、みどりさんが東京にすら行きたがらなかったエピソードをご存じかもしれません。

 でも、私は、「だから、みどりさんはダメなんだ」と言いたいのではなく、彼女の場合、それが1980年代の話で、チャンスに恵まれなかった部分はあるかもしれません。一方、羽生君の場合、城田さんはすでに荒川さんや本田さんを海外に送り込んだ実績があり、この両先輩の苦労を把握していたからこそ、羽生君をお母さんと二人で行かせて、結果的にうまくいきました。

 もうひとつは、CWWの裏話です。

  「僕が出演の打診をもらったのはかなり前ですが、正式に決まったのは平昌冬季オリンピックが終わってしばらく経ってからだと記憶しています。その時は、滑ることはできないけれど、挨拶するくらいならいいかなと思っていました。・・・しかし、打ち合わせを進めていくうちに・・・僕も『1分くらいなら滑れるかな』とだんだん気持ちが盛り上がってしまったんです(笑)。やはり羽生選手から『ちょっとでもいいから滑ってほしい』って頼まれるとね。断れないですね(笑)

 そうだよなぁ・・・平昌五輪前から準備していなければ、とてもじゃないけど間に合わないよなぁ・・・と納得しました。ただ、連覇できていなかったら、いや、そもそも五輪に間に合っていなかったら、このショーはどうなってたのか?・・・まぁ、今になってマイナスなことをあれこれ考えても生産的ではないし、これで良かったということで。

 他にも、おそらく皆さんも知らない「アッと驚く秘話」も語られていますので、ぜひ目を通されることをオススメします。
 
 (4)「プレーバック 17-18シーズン」(平昌五輪、54~81頁)

 写真の内訳は、SEIMEI(8ページ)、バラ1(2ページ)、黒の練習ウェア(5ページ)、スワン(6ページ)、EX公式練習(4ページ)、メダリスト記者会見(1ページ)、閉会式・メダルセレモニー・帰国後の催し各種(2ページ)という感じです。

 テキストは、松原孝臣さん執筆の「アクセルジャンプ」に注目したもの、スワンのレポート、メダリスト記者会見における羽生君の発言の抜粋、そして、注目は、田中宣明カメラマンのインタビューです。こちらは、平昌五輪での撮影の苦労話が中心で、撮影場所の抽選やオリンピックだからこそ注意した点など、なかなか聞けないお話が詰まっています。

 そんな中、冒頭の発言が印象的でした。

  「僕が『ゆづは金メダルを獲るかもな』と思ったのは、公式練習初日です。彼を見たのは約4カ月ぶりで、(初日は)ジャンプ練習をほとんどしていませんでした。でも、その時の表情が本当に穏やかで、落ち着いていて…。もっと焦っている感じを想像していましたが、そんなことは全くなかったですね。今まで、試合では見たことのない表情でした

 大会期間中の羽生君をテレビで見ている限り、さすがに表情だけではそんな確信は持てなかったですね。バラ1で4Sをバッチリ決めてくれるまでは、むしろ「過度な期待をしてはいけない・・・」と抑制的な気持ちであの数日を過ごしていました。

 以上、2回に分けてキスクラの羽生君関連の記事を見てきました。写真はFaOIとパレード、そしてCWWのツィゴイネが要チェックで、テキストは稔先生と田中さんのインタが注目です。グッズ購入やアイスショーで、色々とやりくりにご苦労されていると思いますが、ぜひ書店でチェックしてみてください。

 明日は残りの記事と、余裕があればCWWの愛蔵版ブックについても触れたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0025

FullSizeRender



 2018年3月9日発売。関連書籍のバックナンバーはこちら(「PHOTOBOOK 2015-2016 2016-2017」「Ice Jewels」)。

 ある意味で予想通りの内容でした。一つは、素晴らしさが予想通りだったこと。もう一つは、EX(スワン)のショットが収録されていないことです。そして、2枚目の画像の通り、FIGURE SKATERSよりもちょっと大きいです。

 過去にジュエルズを買ったことのある方、田中宣明さんの写真をご存じの方は、ネット注文でもいいし、ご近所の書店に取り寄せてもらうのもいいし、実物を見てから!」なんてことは考えずに、さっさと入手のための手続きをしましょう。我々が求めていたものがここにあります。

 通常、「必ず買いましょう!」と私が太鼓判を押すものは、あまり内容について触れないのですが、それではあまりに不親切なので、ネタバレにならない程度に感想をまとめておきます。

 (1)ほぼ羽生結弦オンリー

 羽生君を表紙にしながらも「肝心の内容は他の選手ばかり」という、悪質な誌面構成に裏切られることもありますが、本誌でその心配はいりません。他の選手も入ったショットは、SPの6練前の場内アナウンスの様子(1枚、28~29頁)、SP後会見でハビ&宇野選手と(1枚、43頁)、フリー後にゆづ・ハビ・宇野選手でハグ(1枚、55頁)、メダルセレモニー(1枚、56~57頁)の、以上4枚のみです。

 (2)時系列的な並びで写真がデカい

 ページ数とカット数を誇るタイプのフォトブックではなく、この大判サイズなので、写真の一枚一枚がデカいです。見開き2ページを使った写真が多く、一番小さくても、1ページの4分の1サイズまで。写真の並びも時系列的な配置で、ストレスなく楽しめます。写真のキメが粗いこともなく、当然ながら、ページの谷間に顔が来る写真はありません。

 (3)無駄な文字情報を極限まで排除

 煽りコピー的なデカ文字もなく、折山淑美さんのテキスト(12頁・39頁・48頁)も「ここしかない!」という場所に配置されていて、今季の平昌五輪までの状況と試合内容をすばやく振り返ることに特化しています。巻末にSPとフリーのプロトコルを貼ってあるところも、ジュエルズ・フォトブック流です。

 (4)私の一押しショット

 顔にフォーカスしたメインリンクでのUAウェア姿(24~25頁)は、ちょっと珍しいです。これがまず印象に残りました。もう一枚も黒の練習着姿で、サブリンクでのキリっと厳しい表情(27頁下)もいいです。あと一枚を選ぶなら、バラ1でのイーグル(32~33頁)。イーグルといえば180度に脚が開く部分に注目しがちですが、このショットのアングルによって、羽生君の身体のラインの美しさも一目でわかります。

 写真のセレクションはオンアイス中心ですが、記者会見のショットもそれなりに入っています。ただ、2ページで1枚というものが多いので、全60ページがあっという間に感じるかもしれません。

 物足りなさを感じるようならば、スワンを含む新刊を待つか、FIGURE SKATERSMemorialの購入を検討するか、ということになるでしょう。



 世界ジュニアの女子SPも観戦中。ライストの調子が悪いので、昨日より苦労しています。コストルナヤのスコアは「71.63」で、まぁまぁという所ですが、本人は首をかしげていました。TESカウンターで、ステップのレベルが3だったのは、ちょっと理由が分かりません。TESの速報値「42.54」から「41.54」まで下がったのは、エッジにアテンションがついたのかなと予想。

 世界ジュニア開催中ですが、明日の記事はSportivaのレビューを優先したいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9972

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_9975



 2018年3月1日発売。定価「1620円」。目次と奥付を貼りましたが、最後のスペシャルインタビューとあとがき以外は、すべてジュエルズに掲載済のインタビューです。ただ、今からジュエルズのバックナンバー(定価1512円、Vol.07のみ1836円)を7冊すべて買い揃えたら相当な出費になりますので、平昌五輪をきっかけに羽生君のファンになった方には、お得な内容になっています。

 写真については、チラっと見たところ、ジュエルズと「ダブり」はあるんですが(例えば、本書9頁と、ジュエルズVol.01の6頁)、すべてそのまま収録されているわけじゃなさそうです。

 さて、スペシャルインタビューについてですが、これ、いつの発言だと思いますか?まず、NHK杯の怪我の話が一切出てこないので、おそらくその前じゃないかな?と思います。

 また、4Lzの話も出てきますが、ひとつ前の「9 歴史への第一歩」(ジュエルズVol.07)はロステレ後に行われたインタだから、ロステレ~NHK杯の間におこなわれたもの、ということなのでしょう。

 内容については、いつにも増してエモーショナルで、でも、最後の部分はスピンの話で唐突に終わるので、消化不良気味な感じはします。ただ、おそらく4月か5月頃にジュエルズの新刊が出るはずなんですが、そこにこのインタが入ると、けっこう浮くかもしれません。

 うーん、アマゾンのレビューはやたら評価が高いですが、平昌五輪の内容は一切含まれていないし、こんなに急いで出す必要あった?と。ジュエルズのインタに田中さんの写真と、素材は最高なんだから、わざわざ書籍化するんだったら、もっといい内容にできたはずです。

 文句ばかり言ってますが、とてもいい本です。でも、もっとよくなったでしょ?と、そこはチクっと言っておきたいですね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-08-10-16-20-22

2017-08-10-16-21-12



 2017年8月10日発売。アマゾンのレビューでは、「羽生選手の写真が少ない」とか「買う前に中身を確認すべき」とか、間の抜けたことを書いている人がいます。

 中身なんて確認できるわけがない。私が購入した近所の丸善でもそうでしたが、よほどフィギュアスケートに理解のある書店でないかぎり、どこも厳重にビニールで覆われているはずです。

 でも、ビニールに包まれていたとしても、もし書店で実物を手にした方なら、ズシリと来る重量感に驚かれたのではないかと。

 例えば、先月発売されたジュエルズの羽生君の『シーズンフォトブック 16-17』は95頁までナンバリングされていますが、本書は、159頁まで記載されています。YUZURU』よりも30ページほど多いです。そんな重いものは、ウチには、フィギュアスケートの雑誌や写真集では、他に一冊もありません。「スケート縛り」を外せば、TOEICの公式問題集ぐらいに重いです。

 そして中身ですが、本エントリーのタイトルの通り、すさまじい完成度です。羽生君の写真はもちろん、表紙のオビの偉大な先輩たちの写真に関しても、私はこんなに美しい写真を見たことがありません。比較的写真のクオリティが高いといわれている、「WFS」やその別冊の「WFS extra」や「アイスショーの世界」と比べても、文字情報が一切ない本書は、ドーン!とストレートに、美しさ・力強さ・カッコよさが、目に突き刺さる感じがします。

 羽生君に関してメモを残しておきます。単独で収録されているのは、10~23頁。それから、巻末の「Exclusive PHOTO GALLERY」(146~157頁)では、21枚の写真で羽生君が確認できます。この21枚には、後ろ姿のみや、群舞の中に「たぶんいるだろう」というのは省いています。ちなみに、どの写真をどのカメラマンが撮影したものかは、巻末に一覧が記載されています。その辺りを照合してみるのも楽しいですね。

 さて、おそらくゆづファン的に、この写真集に期待しているのは、「猫耳にゃんにゃん写真」だと思います。

  にゃんにゃん目当ての方は、安心して買ってください!

 猫耳なしのにゃんにゃんパフォーマンス連続写真が4枚(20頁)、緑の猫耳での写真が4枚(21頁)、プー耳での写真4枚(22頁)、さらに、巻末にも4枚あります。

 羽生君の他の写真については、バラ1→幕張オープニング(ゴールドのジャケット)→緑耳にゃんにゃん他→プー耳にゃんにゃん他、という流れです。

 他のスケーターについては、前述の通り、これ以上の写真はなかなか見られないんじゃないか?というレベルの違いを感じます。

 特によかったのは、帯のレジェンドたち以外で言うと、ハビのパイレーツ、ポゴちゃん全部、メドベ全部、バルデさんのバク宙、ラトデニ君全部、といった辺りですか。

 FaOI観戦組はマストアイテムのはずで、テレビ放映でゆづ以外のスケーターの演技に魅了された方も、間違いなく楽しめると思います。

 巻頭の真壁さんとランビ先生の対談は、FaOIを含めた日本のアイスショーの歴史を振り返るような、貴重な内容です。ただ、それ以外の話題でも、以下のやりとりは興味深く感じました。

 ――最近はショーでも4回転ジャンプを観ることができます。将来、アイスショーでもっともっと大技が見られるようになると思いますか?

  ステファン「そうあってほしいですね。この点について、僕はもっとISU(国際スケート連盟)がアイスショーの影響を受けるといいなと思っているんです。試合後のエキシビションを観ていると、コンセプトにもう少し工夫が欲しいと思うし、『選手をもうひと頑張りさせればいいのに』と思うことがあります。もっと選手たちがエキシビションに出ることでインスパイアされるようになったら面白いと思いますね」

 ――将来的には、アイスショーはどういう方向に進んでいますか?技術的なものが求められるようになるのでしょうか、それとも芸術面が重視されるのでしょうか?

  ステファン「その両方が求められると思います。4回転のような大技に偏ると、アイスショー本来の魅力が薄れてしまうし、芸術面ばかりを極めても緊張感に欠けてしまいます。だから、技術面、芸術面の両方を同時に押し上げていくべきです」

  真壁「4回転は、もちろん観たいですね。演技中に4回転をひとつ入れてもらえたらうれしいですよ。最近はお客様もスケートに詳しくなって、ジャンプの回転数もすぐにわかるので、2回転ジャンプだと拍手もまばらになったり、スタンディング・オベーションをしないこともあります。ですから、たとえば3分のプログラムだったらダブルアクセル1回、3回転ジャンプを2回くらいは入れてほしいと、スケーターにリクエストしています。お客様に満足していただくためには、どんなに芸術的に良い演技でもジャンプを入れてほしいと考えています」

 私自身の意見は、跳べるコンディションでないのなら無理してほしくないかなぁ・・・と思います。荒川さんが羽生君との日テレプラスでの対談で、「ショーこそ、失敗してしまうと、見る人の集中力やいろんなものを途切れさせてしまう」とおっしゃっていました。

 例えば、私が今年の幕張のFaOIで最も感動したのはポゴちゃんの「The Rose」でしたが、具体的にどのジャンプを何本跳んだかはちょっと正確には思い出せないです。おそらく真壁さんは、ここ10年ぐらいのスパンで見ての、「観客のジャンプに対する反応」を語っているのかな、という気がします。

 ちなみに、この日テレプラスの対談では、SEIMEIを選曲したときのエピソードを羽生君が語っているので、またこの機会に再読していただければと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-07-28-18-20-23

2017-07-28-18-20-48



 2017年7月29日発売。「通信」のボリュームに慣れていると、どうしてもコスパ的に物足りなく感じるのは仕方のない所。

 そこで私が推奨する、本書の楽しみ方としては、ジュエルズのバックナンバー(456)も隣に置いて、その写真とセットで見てみるといいと思います。

 なぜかというと、例えば、本誌の56頁に、ジェフとともにリンクの上で何やら打ち合わせをしているショットがあります。私はこの写真を初めて見たんですが、ジュエルズ4号を開いてみると、同じ時期に撮影されたものと分かります。

  ああ、シーズンイン前にSPを仕上げている時に撮ったものなんだなぁ・・・と。

 実際、52頁に「羽生結弦がトロントに還るわけ」と題して、ジュエルズ4号の羽生君のインタの一節も再録されていますが、それが、ジュエルズのどのバックナンバーと「照合」すべきかのヒントになっています。

 ちなみに、胸にクリケットクラブのワッペンの黒ジャージを着ているショットがありますが、これはジュエルズ(つまり田中宣明カメラマン)の独占撮影ではないかと。

 2016年9月のトロントのメディアデーでは、グレーのVネックの半袖シャツ姿やANAの白のウインドブレーカーを羽織っている様子は、他誌あるいは、HERO'Sのような地上波の番組でも伝えられていましたが、このクリケットジャージはざっと調べた所、他誌では見当たりません。

 おそらく、ジェフとの「仕上げ」は、クリケットのリンクではなく、トロント近郊のどこか別のリンクで行われて、そこに田中カメラマンのみ同行と撮影を許された、と私は推測しているのですが、いかがでしょうか。

 個々の写真を取り上げるとキリがないので、あと一点だけ。82~85頁に、今年のFaOIのショットも収録。おそらく幕張の、バラ1、そしてオープニングとフィナーレが掲載されています。

 去年のシーズンフォトブックのレビューでも同じようなことを書いていますが(もちろん半分冗談です)、

  ジュエルズと本誌、はたして、どちらが「とっておきの羽生結弦」なのか?

 その辺りをあーだこーだ想像しながら、見てみると楽しいですね。私もこれから、さらに深く読み込んでみたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ