On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:町田樹

IMG_0716

IMG_0717

IMG_0718



 キスクラレビューの最終回です。バックナンバーのレビューは「こちら」で。

 羽生君関連以外で、気になった記事をご紹介します。

 (1)友野君インタ

  「踊ることが好きなんです。会場を一つにできるような表現力を、自分でも少しは持っていると思いますし、今後もっと伸ばしていくべきポイントだと思っています

  「5コンポーネンツの底上げが、今いちばん取り組んでいる部分です。スケーティングスキルや演技力を上げて、もっと点数をもらえるように、毎日練習に励んでいます」

  「理想としては、4回転トウループも組み込んでいきたいんですが、まだ練習中で…。17-18シーズンは、ジャンプの安定感がとても良かったと思います。(4回転サルコウなどの)大技を決めた後に、ほかのジャンプでミスしないように練習しました。決まった大技をムダにしたくない。後半にミスのない滑りというのが、自分の武器だと思っています

 何度も書いていることなんですが、友野君は、いまの日本男子にいないタイプのスケーターだと思っています。会場を盛り上げられること。しかも、ジャンプのミスがあってもそれを忘れさせるようなエンターテイナーの素質を感じます。

 ただ、それは私の「印象」や「イメージ」だけでなく、実際に昨シーズンはミスを連発して崩れるケースがほとんど無かったですよね。このインタでの発言の通り、プログラムをトータルで安定して滑り切るためのトレーニングを積んでいたようですね。

 新ルールは、いわゆる「ジャンプ偏重」に歯止めをかける狙いがあると見られていますが、4回転に前のめりになっていないのは、ルールも踏まえつつ、冷静に自己分析が出来ているのでしょうね。ミーシャ振付のプログラムも楽しみですし、今季はさらに「名前を売る」チャンスになるはず。頑張ってもらいたいです。

 (2)刑事君インタ

  「(昨季は)体が思うように動かない時期もあった。つらかったことが報われて良かった」

  「(2019年さいたま世界選手権の)代表争いは厳しい。オリンピックの切符を取りにいくくらいのつもりで戦う」

 平昌五輪は18位、ミラノワールドは13位と、靴のトラブルもあって大変でした。ただ、まだまだスケートに対する情熱と、この段階で、さいたまワールド代表入りを目標に掲げているというのは、素晴らしいと思います。

 おそらく今月発売の「クワドラプル」でロングインタが読めると思いますが、羽生君がまだやるのだから、刑事君&龍樹君にもまだまだやってもらわないと困ります。一昨年のNHK杯のように、今年は全日本で3人の共演を見てみたいですね。

 (3)まっちーの書き下ろし連載

 14-15シーズンの彼のフリーの「交響曲第九番」(ベートーベン)を、自ら解説する内容です。いかにも大学院生の書く文章だなぁ・・・としみじみ感じつつ、ただ、こういうスタイルのフィギュアスケート評論って、ジュエルズの「舞台芸術としてのフィギュアスケート」ぐらいしか無いので、これはこれで新鮮だと思います。



 私自身、このフリーはまったく覚えていなかったので、先にプログラム制作の背景の部分だけを読んで、「プログラム自体の解説」を読む前に、動画で演技の方を確認してみました。するとまず、冒頭、なかなか動き始めないのが面白いなと。

  「冒頭、天を仰ぐポジションのまま静止して、寄せては返す波のように徐々に高まっていくオーケストラの音を静かに聴くシーンが、十八秒間続く。そして全ての楽器の音が同調し高められた瞬間、人間の生命力の逞しさを表すような動作が立て続けに展開され、覚醒の時を観る者に知らせる」

 こんな調子で解説がなされています。もう一つ、最後の3Lzを跳ぶ前の両手を広げるポージングがかっこいいじゃん!と、ここもツボだったんですが、次のように論評されていますね。

  「コーラスが最後に『歓喜よ、美しき神々のきらめきよ』と高らかに謳い上げた瞬間、十字架を象徴し、天を仰ぐ振付から、この壮大なプログラムの大団円となるトリプルルッツが繰り出され、畳み掛けるようにしてコーダへと至る。そして、歓喜によって満ち足りた魂を宇宙へと解放するように、右手を天高くへと差し出して、四分五十五秒の時空に圧縮された《交響曲第九番》は幕を閉じるのである――」

 2018年のいま見ても感じるのは、町田君の特徴は、「そこまでしなくても」というコテコテな振付で、世界各国のスケーターを見渡しても、こういう選手は出てきてないですよね。そう考えると、演技の内容とこの文章(つまり彼の性格)は表裏一体というか密接不可分だなぁと感じます。

 最後に、興味深い「分析」でこの書き下ろしは締められています。

  「時々、ふとした瞬間に考えることがある。毎日のように滑り込んでいるプログラムだが、果たしてこれと同様の身体運動が無音の状態でも発揮できるのかということを――。実は未だに試みたことは一度たりともないが、この問いへの答えはおそらく『否』である。・・・2014年当時における私自身の身体能力の限界に挑戦するプログラムでもあり、音楽の存在がどれほど私に力をもたらしてくれたか計り知れない。・・・『音楽』は、演技者を鼓舞し、駆り立て、慰撫し、そして最後まで力強く寄り添う根源的な存在となるのである」

 ここで彼が言ってるのは、「かりに音楽なしでランスルーするとして、試合のようにノーミスできるか?」という話で、彼の場合は「できない」とのこと。

 羽生君だとどうでしょうね。イメトレを世界の誰よりもやるスケーターですから、「できますよ」と答えそうだし、でも、音楽を大切にする人だから、「できないですね」と答えるかもしれない。

 ライターさんや記者さんは、羽生君にイメトレについて質問する際に、ぜひこの点も投げてもらえると、面白い内容になるんじゃないかと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-07-20-18-16-05

2017-07-20-18-16-16

2017-07-20-18-16-34



 さて、今日の記事は羽生君の話題は「ゼロ」ですが、本誌はまっちー特集号ですから、彼のインタに触れないわけにはいかないでしょう。

 まずは、動画がアップされていますので、こちらを先にどうぞ。



 演技後、短いインタビューに答えているんですが、本人も言っているように、想像以上にジャンプの多いプログラムです。

 さすがにクワドこそ入っていないものの、ぜんぜん動けているし、引退の時期というのは、人それぞれいろいろあるのだなぁと改めて感じました。

 さて、本誌でのインタの大半は、この「ドン・キホーテ」の解説です。「ドン・キホーテ」の登場人物を演じるにあたっての独自の解釈、3幕構成にした理由、本田武史さんを含む先輩スケーターの演じた「ドン・キホーテ」から得たもの等々、大いに語っています。関心のある方は、全文読んでみた方がいいと思います。

 ただ、私が特に興味深く感じた部分は、以下のやりとりです(15頁)。

 ―― これまでショースケーターとして経験を重ねてきて、ショーと競技のプログラムの違いはどんなふうに感じますか?

  「半分冗談ですけれど、制約からの解放かなと思います。競技だと任務として完遂しなければいけないことがあります。でも、プロの世界は、その任務がないんですよね。だから、表現の幅も無限大だと思っているし、そこがいちばん違うかなと思います。競技とは別の側面でどうフィギュアスケートを発展させられるかというさらなる深い視点でもってプロをやっていかなければいけないと、自分には言い聞かせています。プロフェッショナルに課せられた任務は、いかに純粋にオーディエンスの方々に『何か』を伝えるか、ということだけですから

 →→「半分冗談」とことわっていますけど、間違いなくこれは本音でしょう。

 ここでは言及されていなかったですが、例えば、「競技としてのフィギュアスケートにおける自由とは?」と素人目線で想像するに、曲選びや振付に関しては、ある程度スケーター側の希望は通るのかなと思います。

 ただ、競技用のプログラムはSP・フリーともに、厳密にルールが設定されていますよね。演技時間も決まっていて、エレメンツの種類・本数にも制限があって、さらにまっちーのようなメダル争いを期待されるレベルの選手ならば、「スコアが出せて、勝ちやすいジャンプ構成」というものを組み込まざるをえない。

 古い例えで恐縮ですが、ボウイを解散させた後の、氷室京介さんのソロ一作目を聴いた時に、「そりゃ、この曲はボウイでは採用されないわ・・・」と思った印象に通じるというか、いくら周りが「まだやれる!やってほしい!」と言っても、まっちーがプロ転向後に表現したものを見れば、この決断は正しかったと言わざるをえませんね。「任務」という認識じゃ、そりゃ続けられるわけがないですよ。しかも、この「ドン・キホーテ」は大学院で3年勉強してこなければ「作れなかった」とさえ語っています。いいことじゃないですか。

 でも、少し前まで、特に日本のフィギュアスケーターの「セカンドキャリア」って、プロスケーターか指導者か、完全にスケートから離れるか、ぐらいだった気がします。

 ところが、いまプロスケーターとして活躍している人たちは、本当にマルチな活動をしていますよね。織田君、大ちゃん、荒川さん、あっこさん、美姫ちゃんと、各人がみな個性と才能を発揮しています。

 まっちーの場合は、大学院生とプロスケーターを両立するという、新たな道を進んでいるわけで、後輩たちにも大いに影響を与えると思います。

 じゃ、我らが羽生結弦は?と気になる所ですけど、

  きっと今はオリンピックで勝つことしか考えていないのだろうなぁ・・・と。

 だったら、応援する私も、いまの彼に集中しなきゃな!という思いを新たにした所です。

 彼らのようなトップアスリートであっても、いろんな辞め方、いろんな生き方があっていいわけで、それを許容しなきゃいけませんね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 全日本ジュニアの女子シングル、ハイレベルでしたね!

 ・ 坂本さんは、「パワフル」という部分がクローズアップされていますが、実は、彼女のジャンプの着氷後の、滑らかにスケーティングに移行する動きを見ると、

 宇野昌磨君に通じるものがある!

 と勝手に感じています。一か所ミスがあった部分を除いて、ジャンプ自体は完璧でしたし、この子は体幹が強いのか、とにかくジャンプが安定してるなぁ・・・と。同じ中野門下の三原さんとはまったくタイプが違いますが、まるで「水泳の日本代表選手」のような、アスリート!って感じのルックスで、頼れる選手が出てきたな!と思いますね。

 ・ 白岩さんは、本人も言ってましたけど、よくぞあの大怪我からこれほど短期間で仕上げてきたなぁと、やはり実力がある子なんですね。そして、あくまでも私見ですが、

 今日の上位3人の中で一番シニアっぽい!

 そう感じます。昨年の白岩さんって、顔だけ見れば、若い頃の美空ひばりみたいな、「昭和の子ども」って感じだったんですが、「垢抜けた」とまではいいませんが、色気と艶っぽさが、演技からも漂っているように思えました。

 ・ マスコミ大注目の真凛ちゃん。ミスはありましたけど、あの鞭がしなるような指先から腕にかけてのしなやかな動きは、フィギュアスケートの概念を変える破壊力を備えた武器ではないでしょうか。唯一無二といっていい。そして、私は、彼女を見ていて、

 今後想定しうるあらゆるミスを経験した上で、オリンピックに仕上げてほしい!

 と、そう願います。たしかに、ミスをしないで結果を出せる人はいますが、私が見る本田真凛ちゃんは、見かけの華やかさとは違って、

 たくさんの経験を積むことで、スーパーな演技に到達するような、RPGの「女勇者」のような成長型ヒロインである!

 と、勝手にイメージしてます。

 三者三様の魅力があり、全日本が楽しみです。そして、怪我が噂されて得点が伸びなかった紀平さんも含めて、引き続き応援したいと思います。

2016-11-20-15-58-20


2016-11-20-15-58-31

2016-11-20-15-59-00



 というわけで、本日11月20日は、例のごとく、月に一度の、英語という滝に2時間当たってくる「修行」により、今日は雑誌購入のご報告と、パラパラめくった感想というか、これが楽しみだ!という予告編のみでお許しを!

 ・ マッシモ・スカリのインタビューがやっと読める!無良君の「フラメンコ」、新葉ちゃんの「シェヘラザード」、坂本さんはSPとFS両方、三原さんの「ロンド・カプリチオーソ」と、今季の日本代表選手の数々のプログラムを手掛けていて、待望の・・・という感じです。ただ、チラっと見ると、無良君と田中君の話で半分以上ですね、これ。いやぁ、4ページ分は語ってもらわないと!と思いますが、もしかしたら、「PATINAGE 2017」用にキープしているのかもしれませんね。

 ・ チャーリーのインタもなかなか読めませんよね。フランス杯のテレ朝の放送で無良君絡みで取材の様子が流れていたような気もしますが・・・内容忘れました。

 ・昨日の続きでマイブームだからってわけじゃないですけど、うーん、やはり、宇野君も樋口先生もラヴェンダーの話はしてませんね。

 ・ まっちーかっこいいですね。まっちーの近況といえば、「マガジン 16-17 プレシーズン」「マガジン 16-17 シーズンスタート」の写真を見た限りでは、

 哲学者というよりは人間国宝!

 こんな印象を受けましたね。哲学というのは言葉が無くては成立しませんが、もはや言葉など必要なく、「シーズンスタート」の方で「静謐」と表現されてましたけど、何というか、引き算の美学というか、彼独自の世界を、ただ見て、感じてくれ!という意思を感じますね。私もチャンスがあればぜひ生で見てみたい!

 ・ 合宿レポートやアイスショーって、もう他誌で見てるしなぁ・・・・と思ってめくってたら、「無良チーム合宿@倉敷」や「関大10周年エキシビション」というセレクションに、なるほど!うんうん!と、これも楽しみです。

 羽生君をはじめとしたトップ選手の発言のディテールを、他誌と比べて検証するのも楽しみですが、率直に言ってこの雑誌に期待しているのは、

 若いスケーターたちがいま何を考えているのか!

 ここにこそ注目したいです。「若い」って言っても羽生君たちももちろん若いわけですけど、特に男子に関しては、女子と比べてジュニアの層が薄いと言われ、それは本人たちも分かっているとは思います。

 だからこそ、どんな野望と目標を描いているのか?彼らが引っ張っていかなきゃいけない時代はすぐに来るわけで・・・。

 というわけで、明日はまず羽生君の記事から見ていくことにしましょう!

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-09-09-10-47-24

2016-09-09-10-47-50

2016-09-09-10-48-04

2016-09-09-10-48-19

2016-09-09-10-48-34

2016-09-09-10-49-39

2016-09-09-10-49-57

2016-09-09-10-50-43

2016-09-09-10-51-45

2016-09-09-10-52-12

2016-09-09-10-52-17

2016-09-09-10-52-51

2016-09-09-10-57-18

2016-09-09-10-53-49

2016-09-09-10-53-57

2016-09-09-10-54-16

2016-09-09-10-54-37


 
 2013年4月13日発売。2013年のカナダのワールド(3月13日~17日)と、その少し前の大阪での四大陸選手権(2月8日~11日)が目玉の号です。

 2012-2013シーズンというと、羽生君がトロントに渡った最初のシーズン。このワールドは、これまでの記事でも何度か触れましたが、ソチ五輪の出場枠が決まる大会でした。羽生君は「普段の20~30%の体調」の中、SPで9位からの執念の追い上げで総合4位。日本の3枠確保に貢献しました。

 具体的にどうコンディションが悪かったかについては、『蒼い炎II』の85~89ページに詳しく記されています。ざっくり書くと、2月の四大陸後にインフルエンザにかかって練習を中断。そのブランクを取り戻すべく猛練習の最中に、左膝を痛めてしまう。ワールドのSP前の公式練習でその左膝をかばっていることで、今度は右足首の捻挫を再発・・・。

 2016年のボストンもそうですけど、どうも羽生君にとってのワールドというのは、ただでさえ身体に負担のかかる高難度のプログラムによってダメージが蓄積されるシーズン最終盤ですし、なかなか結果に結びつかないのも仕方のないことなのかなと思います。

 かなり久々のWFSという気がしますが、田中宣明&菅原正治両氏の写真がやっぱりいいですよ。昨日のMemorialと比べてみても、「この瞬間!」というものを切り取ってくれていて、誌面から放たれる「気」というか、躍動感が違います。

 ワールドでダムパリを滑り終えて氷上にうずくまる羽生君の写真は、やはり相当悪かったんだな・・・と思いつつ、でも、そのひとつ前の画像こそぜひ見ていただきたいんですが、

 眼光はどこまでも鋭く、しかし同時に、どこか達観しているというか、とにかくプログラムをやり遂げることに
極限まで集中している!

 
そのように私には感じられます。この写真の下には「羽生結弦(東北高校)」とクレジットされていて、この4月から進学するとはいえ、オリンピックの代表枠という、日本の責任を背負わされている高校生の表情には見えません。覚悟を決めて、孤独な闘いに挑む男の顔ですよ。

 さて、最後に、ガラッと話題を替えます。神戸で行われた東日本大震災チャリティー演技会の様子。私は寡聞にして知らなかったのですが、一瞬誰これ?とビックリしました。

2016-09-09-11-02-48

2016-09-09-10-56-54

2016-09-09-10-56-33

 「ケンブリッジ飛鳥選手はボクのチームメイトです!」

 こう言われたら思わず信じてしまいそうな、陸上の短距離選手のようなイカした短髪の若者・・・。なんとまっちーだったんですね。

 ウチにある「WFS 55」や「Cutting Edge 2013」を見てみると、スケートアメリカ(12年10月)の時点ではお馴染みの彼でした。

 さらに12月の全日本も、「WFS 57」から引っ張ってみたところ、いつもの彼なんですが、この大会は9位で終わったので、もしかしたら、「頭を丸めて反省」じゃないですけど、心機一転、気合いを入れなおす意味もあったのかも。

2016-09-09-17-21-42

 明日はさらに昔の雑誌を取り上げたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-06-24-20-52-43

2016-06-24-20-53-31

2016-06-24-20-54-31

2016-06-24-20-54-52

2016-06-24-20-55-17

2016-06-24-20-55-43

2016-06-24-20-57-04

2016-06-24-20-57-11

2016-06-24-20-57-22

2016-06-24-20-57-44

2016-06-24-20-57-54

2016-06-24-20-58-09

2016-06-24-20-59-26

2016-06-24-20-59-42

2016-06-24-21-00-03

2016-06-24-21-01-36

2016-06-24-21-01-43

2016-06-24-21-02-38



 さて、今日からは13-14シーズンの雑誌を取り上げていきます。ソチ五輪のシーズンを羽生君はどのように迎え、過ごしていったのか。インタビューでは何を聞かれ、どう答えていたのか。


 まずは、2013年9月25日発行の「Cutting Edge 2013+Plus」から。奥付にはこれまでと同様に「Planner & Writer/ Hirono Aoshima」とありますが、もはや、海外ドラマのスパイや工作員のコードネームなんじゃないか、つまり複数の人間がこの名前を名乗ってるのでは?と思いたくなるほど、本書のインタビューは楽しく安心して読める内容です。

 巻頭の羽生君のインタは2013年6月のドリームオンアイス後に行われたもの。実は、おっ!と思ったのは、13年のワールド(4位)終了後、羽生君は左膝治療のため2か月近く氷に乗らなかったという話。現在の羽生君の故障はもう少し長引いてはいるものの、五輪シーズンではないわけで、今更ながら、13-14シーズンの前って、そんな不安な状況だったんだなと。

 インタ序盤はワールドの反省から始まり、途中、興味深い発言がありました。

  「以前の「全力」は、「全力でやろう!」と考えてやったものではなく、ただ本当に一生懸命やってきて、ずっとやってきて、いつの間にかこんなふうになっていたんです。・・・何も考えずただ駆け抜けてきたな、というイメージ。その結果、すごく疲れもたまっている感覚。・・・・・・もうただ全力で跳んで見せるだけではなく、疲れや身体への影響や、いろいろなことを考えながら滑っていかなきゃいけない

 そして、次です。「初めてのオリンピック、これから2回目、3回目とチャンスはある、そんな気持ちではないですか?」という問いに、激しい口調でこう答えています。

  「ないです!・・・コーチにも恵まれたし、いろいろな出会いにも恵まれたし、ケガはあったけど順調にきている。だから、「これは、1回目のオリンピックだから、気楽に」とか、そんな気持ちには絶対なれない。もちろん、「初めてのオリンピックだね」って見方もあるかもしれない。でも僕の中では、初めても2回目もなく、オリンピックはオリンピック!

 このとき18歳。夏冬含めて、オリンピック種目は数多ありますけど、この若さで、こんな覚悟を持って最初の五輪に挑もうとするアスリートがいますか?私は寡聞にして知りません。

 しかも、どの色のメダルを獲りたいとか、そういう話ではなく、「チャンスは今回しかない!最初で最後という気持ちでやる!」という、無欲の発言なんですよね。おそらく、『メソッド』でもここまで直接的なコメントはなかったはずです。いやぁ、驚きました。



 他に羽生君が関係する企画は、「花になれ」で競演した指田郁也さんのインタビュー。田村岳斗vs中庭健介両コーチによる13-14シーズン展望対談。町田樹・小塚崇彦・羽生結弦の3名によるスペシャルトーク。
 そして、本来は3人による座談会パート2のはずだったが、羽生君が体調不良により欠席して、田中刑事・日野龍樹、両選手でおこなれた対談。この辺りが、注目ポイントでしょうか。

 3人のスペシャルトークは、羽生君が先輩二人を立てていて、かなり遠慮気味です。それはそれで珍しく(笑)、貴重ではありますが、やや物足りない感アリ。

 刑事・龍樹対談は、実績の面で一気に羽生君と距離が開いたこともあって、けっこう自虐トークになっています。予定通り3人でやってたら、確実に違う内容になっていたはずで、そこは残念ですね。ちなみに、彼らがジュニアの試合に出ているこの時期、3歳下のボーヤンも出場していたようで、「ジャンプがすごい」「尋常じゃない」と評価。やはりこの頃から凄かったわけですね。

 そして、羽生君とは別枠ですけど、本田ファミリーの太一君のインタビューがなかなかレア。最近では、真凛ちゃんが今年のジュニアのワールドで勝ったことで、ややもすると「本田姉妹の兄」という扱われ方ですけど、ここではフィギュアに対する考え方、自身の課題等を語ってくれていて、とても面白く読めました。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ