On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:羽生結弦展

IMG_0716

IMG_0717

IMG_0718



 2018年6月8日発売。税込み価格「1,728円」(102ページ)。バックナンバーについては「こちら」で。

 羽生君関連の記事だけでも計74ページの大ボリュームなので、今日は前半の2つの企画を見ておきます。

 表紙・裏表紙は画像の通り。表2(表紙裏)はWings of Wordsの衣装。両面ポスターは、Wings of Wordsと仙台パレードです。

 (1)「ファンタジー・オン・アイス2018 最速美麗グラビア!」(08~27頁)

 「最速」の名の通り、雑誌としては、FaOI2018の写真は初登場です。「速い」だけではなく、(細かいクレジットは無いですが)おそらく田中宣明さん撮影の写真で構成されているはずですが、素晴らしいショットばかりです。

 写真の内訳は、オープニング(10ページ)、Wings of Words(6ページ)、フィナーレ(4ページ)となっています。この内訳を見ると、フィナーレがやや足りない印象で、しかも羽生君単体の写真は2ページ(4枚)のみに留まっています。

 ただ、このフィナーレは羽生君の登場自体が一番最後ですし、すでにリンクに出演スケーターが揃っている状況なので、なかなか単体のショットを大量に撮るというのは難しいかもしれません。それでも、いい写真は入っていますね。

 松原孝臣さんのテキストも収められています。FaOIでの囲み取材での羽生君の発言を引用しつつ、18-19シーズンについて簡単に展望しています。松原さんは、新ルールにおけるGOEの拡大やジャンプに対する諸々の制限は、「羽生にとって追い風になると考えても差し支えないだろう」と分析。

 そして、「羽生のやることに変わりはないだろう。一つひとつ、丁寧に取り組みながら、より質の高さを追い求め、そしてプログラムを一つの作品としてより高いレベルで披露できるようにする。・・・ルールがどうあろうと、自身の高い理想を追い求めていく、新たなシーズンも、きっとそんな日々となるだろう」と結んでいます。まったく同感ですね。

 (2)「羽生結弦選手『2連覇おめでとう』パレード」(28~43頁)

 仙台パレードが14ページ、残りの2ページで、羽生結弦展、春の園遊会、総理大臣感謝状授与式が紹介されています。

 仙台パレードの写真もクオリティが高いです。田中カメラマンはパレードカーには同乗できなかったはずですが、至近距離のショットも多く、パレード写真では質・量ともに本書が現段階でベストかもしれません。

 テキストは、仙台パレードでの記者会見の他に、仙台の関係者からの「ありがとう」のメッセージや、羽生結弦展の関係者からのコメントも掲載されています。2つだけご紹介します。

 まずは、河北新報社の佐藤夏樹記者のメッセージから。

  「平昌冬季オリンピックで特に記憶に残っている言葉は『スケートに人生を懸け、いろいろなものを捨てた』。そこまで言わせる人生とはどんなものだったのか。考えさせられました。捨ててきたものの中で取り戻せるものがあるのなら、これから取り戻してほしい、とも思いました

 五輪直後と比べて、羽生君の発言も変わってきていますよね。リハビリも順調で、すでに新シーズンに向けて彼も燃えていますから、まだまだ「取り戻す」なんて気持ちは、どこかにしまってあるんじゃないでしょうか。

 つぎに、日本橋高島屋の宣伝部担当者のコメントを。
 
  「主催の読売新聞社と一緒に、1年以上前から準備を進めてまいりました。・・・日本橋高島屋だけでも、10万人以上のお客様に来場していただきましたが、感動のあまり涙を流しながら、感謝の言葉を口にされていたお客様の姿が目に焼き付いております

 日本橋の初日を経験している身としては、あまりの過酷さに泣きたくなりましたが(笑)、その後、展示は各地をツアーしていますけど、トラブル等を伝え聞いていないので、様々な面で改善されているのでしょう。

 日本橋では、特に後半の展示は落ち着いて見られなかったので、横浜に戻ってきた際はまたしっかり楽しめたらと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0269

IMG_0270

FullSizeRender

 まず、この日は、並び始めからグッズの精算終了まで、現地からツイートしていましたので、こちらもご参照ください。

 おそらく、2日目以降、現地での案内等は改善されていると思いますが、初日の流れをざっとまとめておきます。

 (1)現地到着~8F展示エリア入場

 現地到着は9:00頃。すでにお店の外に列が出来ていたので最後尾につきます。展示の告知チラシが配られていたのですが、私の前で無くなっていました(※こちらのチラシは、8Fの展示エリア入場の際にもらえます)。9時の段階で300人の列という情報でした。

 ここで、列を管理しているスタッフの話とその後判明した情報をまとめると(※2日目以降は変更の可能性があります)、

 (A)開店前のこの列は、8F展示エリア入場客用の列で、1Fの物販狙いの客は10:30のオープンで入店するように。(B)1Fと8Fの物販エリアはグッズの品揃えが違う。(C)8Fの物販エリアは、展示を全て見た後に、一度出てから物販用の列の最後尾に並ぶ必要がある。

IMG_0253

 こちらの商品一覧の掲示は、8Fの物販エリアのものです。「ブックマーカーセット」は1Fにもあったかどうか自信が無いんですが、「コスチュームキューピー」と「キャンバスアート」は8Fのみでした。

 9:10頃には店内に入れてもらい、ロープで区切られたエリアに並ばされます。ここに並んでいる客が少しずつ8Fにエスカレーターと階段で移動。この移動中に1Fの物販エリアの様子も見ることができました。1F物販の様子はツイの方をどうぞ。

 (2)展示鑑賞と8F物販の列へ

 9:45頃に8Fに到着。予定よりやや早めの、10:15に展示エリアがオープン。展示の内容についてはネタバレになるので割愛します。ただ一点のみ。四連覇を成し遂げたGPFの金メダルが、福岡(2013)、バルセロナ(2014・2015)、マルセイユ(2016)と並んでいるんですが、福岡以降、メダルのクオリティがどんどん落ちてきて、マルセイユの評判最悪のゴーフレットメダルに苦笑。ここは笑う所ですね。

 さて、このメダルエリアと、篠山紀信さんの写真の辺りから、客の人だかりがカオス状態に。物販エリア用の列が展示エリア内にそのまま伸びていて、伊藤聡美さんの衣装のデッサン~ゴールまでの写真を、ほとんどまともに見られませんでした。すし詰め状態というか芋洗い状態というか、そこでずっと立ちっぱなし。通勤列車のように冷房が入っているわけでもないので、皆さん、チラシで仰ぎながら我慢して立っていました。

 これが駅の遅延だったら、中高年のおじさんたちが駅員に食ってかかって罵声と怒声が飛び交っている所ですが、ここに集ったゆづファンの皆さんはマナーと節度のある方々ばかりで、素晴らしかったです。

 展示エリアを出られたのは、11:50頃でした。展示自体は20分も見たかなぁ・・・という感じだったので、1時間以上、展示エリア内で立ち往生したことになります。しかし、そこから第二の地獄が待っていました。

 (3)8F物販のための並び~物販エリアへ

 8F物販でグッズを買いたい客のうち、展示エリア内で一緒にすし詰め状態だった人たちはそのほんの一部で、すでに「別の列」ができあがっていました。

 物販エリアからずーーーーーーーーっと階段まで列があり、さらに8Fの階段沿いにずーーーーーっと下の階にその列が伸びている、という状況。私がその列の最後尾についたのは6Fの階段だったと思います。ここから物販エリアに入るのに、あと何時間待たされるのか?と、絶望的な気持ちになりました。ただ、列の後ろの客に声かけ等をして、トイレや飲み物購入等のために離れても良いという感じでした。

 で、私の同行者に、トイレのついでに1Fの物販エリアを偵察に行かせます。すると、8Fの物販エリアとは少しシステムが違うようでした(※2日目以降、変更の可能性があるかも)。

 1Fの物販エリアでは、透明の袋を渡されて、グッズを見たり、欲しいものを袋に入れて確保することは比較的容易。しかし、この12時過ぎの時点で、レジで精算するための列が1Fから階段沿いにB1まで伸びているとのこと。係員によれば精算まで1時間以上はお待ちいただくという話でした。「今日は1Fで写真集だけ買うか」という考えが脆くも崩れ去り、上で頑張りましょうということに。

 ただ、階段での並び自体は、風通しも良く、身体を伸ばしたりしゃがんだり、そしてトイレのために離れることも可能なので、展示エリアでのすし詰めと比べたら、はるかに快適。そして、列の進行も早く、結果的に1時間程度で8Fの物販エリアに辿りつくことができました。

 (4)8Fでのグッズ購入

 13時頃に8F物販エリアに入れたと思います。おそらく20~30人ずつエリアに案内されていたのですが、この時点でグッズコーナーに「欠品」がいくつかありました。具体的にはキューピーとキーホルダー(黒パリ・ホプレガ)が見当たりませんでした。ただ在庫切れというわけではなく、スタッフがダンボールに入った在庫を補充しに来ていました。

 そのコーナーにお目当ての品が無いからといって、物販エリアを出てしまってはいけません。必ずスタッフに確認して、補充をお願いしましょう。一度物販エリアに入れば、「早く出てください」と急かされることもなく、粘ろうと思えばいつまででも粘れます。

 (5)精算~帰路へ

 透明の袋にグッズを入れて、物販エリアを出ると、精算用の列に並ばされるんですが、階段の列に比べれば、かわいいものです。レジが10箇所以上はあったので、流れはスムーズ。

 階段のあの列を見たお客さんは、「うそでしょ?」「どこまであるの?」と絶望の悲鳴を上げていたものですが、私も含めて精算用の列を見た方々は、皆さん、「ふーん?」と涼しい顔で列の最後尾についていました。

 ちなみに、精算時に、例の読売新聞の折り込み広告もいただきました。これは1Fでももらえるのでしょうか?それとも、展示を見た8Fの客のみでしょうか?嬉しい心遣いでした。

 精算を終えたのが13:30頃。そのまま階段を降りていくと、4Fまで列が出来ていました。やはり入場が遅いと、物販エリアに入るまでの時間もより長くなるのかもしれません。

 (6)まとめ

 初日とはいえ平日でコレです。グッズは1Fで買うとか、8Fでは展示だけを見るとか、ある程度の妥協案を選択をしたとしても、相当な時間、並ぶことを覚悟された方がいいかもしれません。少なくとも、Continuesのついでというのは、今日の感じではまず不可能といっていいでしょう。

 いちおうこの初日の私は、9時並びの13時半解放なので、拘束時間は4時間半でした。私はスニーカーだったんですけど、それでも足の裏が痛くて、背中と腰も張ってキツかったです。

 並ぶ前には、荷物はどこかに預けるなどして、最小限で。最難関は展示エリア内での立ち往生なので、あの状況が明日以降も改善されないなら、むしろ展示に入る前(というか、お店の外に並ぶ前)にトイレ等を済ませておく方がいいかもしれません。

 以上、こんな所です。スタッフの皆さんはよく頑張ってくださっています。そして、お客さんも、皆さん粘り強く我慢されていました。しっかり対策して、並ばれることをオススメします。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender



 けっこう大きい記事兼イベント広告でした。一枚目画像の右下の詰将棋本は文庫本サイズなので、その大きさもお分かりかと思われます。ちなみに、この北浜健介八段の詰将棋本は、シンプルな形でビギナーでも取り組みやすく、しかし詰み筋を発見した時の爽快感や、詰め上がり図の意外性もあり、よくこんな筋を思いつくなぁ!と、個人的に大好きな詰将棋作家(プロ棋士)です。ここ最近、彼の本を開かない日はありません。

FullSizeRender

 さて、羽生結弦展について。こちらのイベントは、すでに「公式ホームページ」が開設されています。

 都内在住の人間からすると、「4/11-23の日本橋高島屋」か「8/8-20の横浜高島屋」で、どちらかと言うと横浜の方が行きやすいんですけど、会場限定のグッズ販売があるということで、これは、「8月の横浜でいいや」なんて呑気なことは言ってられないなと。

yuzu

yuzu2

 日本橋開催の展示会場は8階のホールなので、グッズ販売が2か所で行われるのはありがたい。もし、金儲け主義に走った主催者であれば、入場料を取りつつ、会場内の1か所のみでグッズ販売という発想になっていたはず。展示会は展示会としてゆっくり楽しんでください!、という配慮ですね。気に入りました。

IMG_0115

 読売の広告についてもう少し。右の年表は「羽生結弦選手の主な競技成績」で、上のメッセージはもちろん直筆。写真は上から昨年夏のトロントメディアデー、ソチ五輪で日の丸を手にリンクを周回、ロミジュリは11年12月の全日本、そして08年の全日本ジュニアの表彰式です。

FullSizeRender

 右のテキストは、09年12月のJGPFを史上最年少の14歳で制して以降、平昌五輪までの活躍をコンパクトにまとめた内容。左は「羽生結弦展」についての紹介。

 展示の内容については、こう書いてあります。

  「読売新聞社がこれまで撮影してきた100点以上の報道写真を中心に展示する。2008年に全日本ジュニア選手権で初優勝した時から、2月の平昌大会で五輪連覇を達成するまでの10シーズンをカバーしている。節目となる大会では、当時の見出しや羽生選手のコメントで再構成した記事パネルを作製し、競技人生の流れをつかみやすくした」

  「一方、写真家の篠山紀信氏が撮影した高校の制服姿のショットが、同氏のコメントとともに飾られる。また、羽生選手を長く撮影してきたスポーツフォトグラファーとして知られる田中宣明氏、能登直氏にも協力を得た。羽生選手を深く知る2人のオフショットや大胆な構図の作品は、報道写真と違った魅力で目を引きそうだ」

  「そのほか衣装や、国際大会で獲得したメダルなども展示予定。所属するANAや、サポートしてきたファイテンや東京西川、味の素からも、サイン入りの貴重な品々を借りている。・・・(オリジナルグッズの)売り上げの一部は、東日本大震災復興支援への寄付に充てられる予定

 実は、このブログを始める前の話になりますが、私はお台場のマダムタッソーの羽生君の蝋人形を2回見に行ったことがあります。あれもあれで楽しめたんですけど、今回の展示はさすがに「羽生結弦」の名を冠するだけあって、規模が違いますね。ちなみに、お台場では2度とも「醍醐」という焼肉店でランチを食べたんですが、そこそこおいしいし、安いし、景色いいのに空いてるしで、オススメです。

 なんだかんだで、4月は色々と盛りだくさんですね。そういえば、FaOIのゲストスケーターが発表になりましたが、「テサモエ全公演参加」にはビックリしました。「Continues」の方もそろそろ発表があっても良さそうですね・・・。
 
 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ