On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:17ネペラ杯

 タイムリーに記事としてアップできていなかった、ネペラ杯の感想です。刑事君&龍樹君のSPとフリー、理華ちゃんのフリーをチェックします。リザルト関係は「こちら」で。



keijisp

 SPでは「75.81」の4位発進。ゲイリー・ムーアの“The Prophet”という楽曲を使ったこの新SP「メモリーズ」を見るのは、8月のアジアンオープン以来です。その時は冒頭の4Sを転倒していて、つづくコンボは、3T+2Tで「68.75」というスコアでした。

 「日本代表メモリアル2017」によると、SPでは、冒頭を4S、コンボには4T+3Tを練習しているようですが、この大会はクワド自体を回避しました。その理由は分かりませんが、SPで1位のヴォロノフ(80.85)とPCSは1.50の差なので、刑事君のこの演技は高い評価を受けていると言えますね。全身を大きく使ったステップやスピンが特に印象的でした。



keijifs

 冒頭にちょっとだけ、動画のアップ主(?)の「おじさんの声」が入っています。このフリーは、持ち越しプロの「フェデリコ・フェリーニメドレー」。SP・フリーともにマッシモ振付です。

 「メモリアル」のインタでは、フリーのクワドは、冒頭に4Sと4T、後半に4Sと計3本を練習しているという話でした。映像を見る限り、前半と後半のサルコウの2本のみのトライという感じですが、いずれも転倒しているので、REPのペナルティが付いてしまっています。3AもREPがつき、その後にフリップとループがパンクして、アジアンオープンよりもかなりスコアを落としてしまいました。合計スコアは197.18の8位。

 滑り慣れたプログラムといえども、ひとつ歯車が狂うと、ガタガタっと行ってしまう。フィギュアスケートは繊細なスポーツであると、改めて感じます。

 つぎの試合は、羽生君とともにロステレ杯です。とくにSPははやくも馴染んでいる印象を受けたので、ここからクワドの精度を上げていけば、活躍が期待できそうです。



ryujusp

 龍樹君は、SPでは「67.25」で6位。アジアンオープンと同様に、冒頭で4Tにトライしましたが、残念ながらDG。その後の、3Aと3Lz+3Tはいつもの美しい着氷が健在です。SPで80点以上を狙うには一本クワドは必須になってくるはずなので、チャレンジを続けてほしいと思います。



ryujufs

 フリーは「117.08」と伸び悩み、合計「184.33」の11位。いやぁ、SPは冒頭クワドの後、しっかり立て直せたんですが、フリーは最後まで苦しみましたね。龍樹君も、羽生君、刑事君と同様に、滑り慣れた「キダム」なんですが、いやはや、

  シーズン序盤からノーミスするというのは大変なことなんだ!

 そういうものなんだと、ファンの我々が受け入れなきゃいけませんね。大西先生の元で、全日本に向けて、クオリティを上げていってくれることでしょう。

 あと、動画のアップ主さんのおじさんですが、今回は無いな!と油断していると、終盤のステップの後に、「うーん・・・」と、ちゃんと唸っています。ご了承ください。



rikafs

 最後に、理華ちゃんのフリーです。ジャンプでエラーが目立って、フリーのスコアは「123.49」と伸び悩み、合計は「189.98」の2位入賞。

 まぁ、ジャンプの課題は持ち帰ってスケカナまでに修正するように努めるとして、私が注目したのはスピン・ステップすべてでレベル4が取れていることなんですよね。理華ちゃんのネペラ杯の演技はSPのみブログで紹介していましたが、SPもステップはレベル4を取れています(ちなみに、この大会で優勝したメドベのフリーのステップは、レベル3です)。

 理華ちゃんのSPはシェイリーン振付の「カルミナ・ブラーナ」を持ち越しし、フリーもシェイリーンに依頼して、映画『フリーダ』の楽曲を使用しています。

 そういえば、新葉ちゃんもシェイリーンの「スカイフォール」ではステップでレベル4を取れているので、本人の努力ももちろんなんですが、シェイリーンのステップの振付の作り方が巧いのかなぁ・・・と。

 一方で、真凜ちゃん舞依ちゃんはともにフリーはデイヴィッド振り付けの新プロですが、いずれも、ステップはレベル3に留まっていて、現時点で評価を下すのは早計とはいっても、振付師にも「得手・不得手」ってあるのかな?という想像をしてしまいます。

image



 さて、「日本代表メモリアル2017」(82~84頁)の理華ちゃんのインタから、彼女が新フリー「フリーダ」について語る部分をご紹介しましょう。

 ―― フリーの「フリーダ」は、どのようなプログラムですか?

  「メキシコの画家、フリーダ・カーロという女性の人生を描いたプログラムです。彼女は6歳のときに病気で身体が不自由になって、大きくなってからも事故に遭って全身にコルセットをつける生活になってしまうんです」

  「でも絵を描くことで悲しみを昇華して、その後結婚するのですが、事故の後遺症に苦しんだり、その影響で子供を授からなかったり、旦那さんに浮気をされたり、すごく苦労されるんです。そんなフリーダさんの壮絶なストーリーをそのままプログラムで表現していきます」

  「私はフリーダさんほどの辛い経験をしたことがないので、『できるかな』と最初は思ったのですが、シェイ=リーンに『どんな小さなことでもいいから、自分のなかの悲しみを自分になりに表現すればいい』と言われて。それで今、自分なりに考えてやっているところです」

 →→ おい、この旦那!どんだけ人でなしやねん!と呆れるしかないですが、今月21歳になったばかりの理華ちゃんに、このストーリーは重いなぁ・・・。しかしまぁ、新葉ちゃんの「スカイフォール」もそうですが、相変わらず、シェイリーンは「無茶ぶり」するお方です。ちなみに、このフリーダさんは1954年に亡くなった実在の人物です。

 ―― 想像を絶するような内容ですね。「辛さ」のイメージはどうやって膨らませているのですか?

  「『身体が動かない』『歩けない』というところは、程度は違いますけど自分もケガをして思うようにスケートができなかった時期の気持ちが重なるかなと思ったので、そのときのことを思い出して練習しています

 ―― とても難しいテーマですが、最初に聞いたときはどう思いましたか?

  「フリーダさんという画家も、映画も、音楽も知らなくて、最初は『なんだろう?』と思って、編集される前の曲を聞いても全然ピンとこなかったんです。それで、映画を観てみたのですが暗い感じの映画だったので、『できるかな?』と不安で。でも、編集された音楽を聞いてみたら『あれ、カッコいいな』と思えて、振り付けではひとつひとつの動きの意味やイメージを教えてもらえたので、全体像がつかみやすくなりました」

 ―― フリーは、全体でいくつのパートに分かれているのですか?

  「大きく分けると4つのパートになっています」

 ―― 最初はどんなシーンから?

  「最初は動けない状態で、自分の感情を外に出さずに、でも心の中では『苦しい!』と叫んでいるみたいな感じです。2つ目は明るい曲調になって、少女が遊んでいるイメージで、身体を自由に動かせるフリーダを演じます。3つ目はスローな曲調になって身体の痛みや、子供を産めない苦しみ、失恋の痛みを経て、絵を描くことを見つけるまで。4つ目はフリーダが亡くなる前の場面で『人生に悔いはない』と絞り出すようにして終わります。最後は私も『自分のすべてを出し切って演技が終われるように』という思いで滑っています

 ―― この女性の生き方を、本郷選手はどう捉えていますか?

  「『可哀想だな』と思う人もいるだろうし、『大変な人生だな』と思う人もいると思うんですけど、私は『すごく強い女性だな』と思っています。自分では想像もできない人生ですが、ひとつひとつ乗り越えて生き続けた彼女は本当に強いなと思います」

 ―― ご自身のなかで『これは良いプログラムになりそうだ』という手応えはありましたか?

  「プログラムのなかにいろいろな要素が入っているので、『これは大変だ』と思っていたんですけど、演じているととても楽しくて充実感があるんです。ひとつひとつの振り付けに明確な意味を持たせているので、これまで以上に『表現するのは楽しいんだな』と思えるようになりました。今まではあまりストーリーのあるプログラムを滑ったことがなかったのですが、今回はフリーダの人生をお客さんに伝えるために工夫もしているので、彼女の物語と私の演技を重ねて観てもらえるようにしていきたいです

 ―― このプログラムを滑ることで、表現の幅がさらに広がりそうですね。

  「はい、このプログラムをもっとカッコよくできるように自分がやるだけなので、しっかり滑っていきたいと思います。長久保(裕)先生にも『あとは、おまえが頑張れ』と言われました(笑)

 最後のオチがまさに、長久保先生が言いそうだなぁ・・・と、思わずニヤリとさせられます。

 それにしても、そこらへんのゴリ推し若手女優ならば、自分の主演映画やドラマですら、ここまでしっかりストーリーと演技の意味を説明できるのかどうか・・・。

 「無茶ぶり」と前述はしましたけど、シェイリーンはかなり細かく振付の意味を説明して、しかも、理華ちゃんもその意図を正確にキャッチして、本当に素晴らしいと思いました。これ以上、私が付け加えることはありません。私もまた、何度か演技を見なおしてみようと思います。
 
 こんなに一生懸命になって頑張っているんですから、ますます応援したくなっちゃいます。なんだか、オリンピックの2枠とかあまり気にしないで、理華ちゃんには、自分自身で納得のいく演技を披露してもらいたいですね。

 しかし、曲だけ聞いていると、「おばさんの歌うラテンの曲」という感じで、このような背景を知っていないと、プログラムの意味は理解しにくいですよね。レベル4の取れたステップの所は、4つのパートの2つ目の「少女時代のフリーダ」です。その辺りを注意してみるとより楽しめると思います。

 明日は、平昌五輪での日本代表の「枠」のかかる、ネーベルホルン杯を展望します。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

mai1

 いよいよオータムクラシック開幕です。今日は女子SPを。リザルト関係は「こちら」。ライストは「こちら」で。「フィギュアスケート速報」さんの特設ページは「こちら」。



maiacsp

mai4ccsp

 上が今回のACのSP。下は、ノーミスの国際大会ということで、四大陸のSPを並べてみました。

 今回、PCSの評価が上がっていることがはっきり分かります(※ヘルシンキワールドは「29.71」、4月の国別は「32.88」)。ステップは4CCでもレベル3だったんですが、今回の方が加点はもらえています。

 3Fのエラーによって、約4点の減点。つまり、ノーミスであれば、70点の演技ということですから、スタートとしては上々ではないでしょうか。

 1位のケイトリンの「75.21」は、まぁ、カナダとして、「ウチの選手はメドベに負けてないぞ!」とアピールをする意味合いもあるでしょう。

 SPに関していえば、今回のオータムは、地元有力選手のage採点はあったとしても、ライバル選手のsage採点は行われてはおらず、少なくとも、舞依ちゃんのスコアについては妥当な結果ではないかなと、私は見ています。

 まぁ、かりにフリーでケイトリンが崩れて、舞依ちゃんがノーミスだった場合、「帳尻合わせ」はあるかもしれません。順位やスコアよりも、舞依ちゃん自身がとにかく納得いく演技ができることを期待しています。

 ところで、舞依ちゃんの「リベルタンゴ」に対して、ネット上では賛否両論あるようです。ただ、私自身はDOIの放送で見た時から、これぐらい攻めた選曲&振付の方が、むしろインパクトはあると感じていました。

 今のところ、新葉ちゃんの「スカイフォール」と、この舞依ちゃんの「リベルタンゴ」が、今季の私のお気に入りのプログラムです。



rinsp

 新田谷さんは46.83の9位スタート。トリプル2本でミスが出ましたが、2Aからはしっかり立て直して、がんばって滑り切りました!

 後半のステップとスピンはとても良かったです。フリーの方が滑り慣れているプロなので、必ず順位を上げてくれると思います。



rikasp

 ネペラ杯の理華ちゃんも。昨季から持ち越しの「カルミナ・ブラーナ」。前半の3F+3Tの基礎点(ノーミスの場合)は9.6点なので、約3点の減点ですね。彼女の持ち味である、長い手足を使った、大きな演技が印象的です。コンディションも良さそうです。

 そう考えると、現時点において、舞依ちゃんと理華ちゃんは、ともにSPでは、70点前後の力があると見てもよいかもしれません。

 GPシリーズが始まって、しっかりノーミスの演技を積み重ねていく中で、このスコアが徐々に上がっていくことが大切になっていきますね。

 選手たちは本当に大変です。私も気を引き締めて応援したいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ