On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:17ワールド

2017-09-12-12-27-09

2017-09-12-12-27-53

2017-09-12-12-28-06

2017-09-12-12-28-16

2017-09-12-12-27-18



 2017年9月8日発売。正直いって、あまり期待せずに購入しましたが、良い意味で予想を裏切られる内容でした。本書の全体的な特徴を3つほど挙げてみます。

 ・最新かつ正確な情報(今年6月に発表された平昌五輪の日本代表選考基準もフォロー)に基づいて、議論が展開されている。

 ・ フィギュアスケートに限らず、著名なアスリートの本にありがちな「かつての昔話」や「自慢話」的な色は意図的に薄くされているのか、「さあ、今シーズン、フィギュアスケートをどう見る?」という部分に特化した、良質なガイドブックの役割を果たしている。

 ・ 中野さんがジャッジの資格を持っている部分も影響しているのでしょう、ここまで偏っていない、公平な視点で選手を評価するフィギュアスケート本を、私は見たことがありません。

 じゃ、羽生君の新ネタ目当てのゆづファン的には?というと、うーん・・・と、手放しでオススメできる感じではないです。

 というのも、第3章「なぜ羽生選手は世界選手権で優勝できたのか」(133~214頁)は、前半部分の171頁までは「プロトコルの読み方」が丁寧に解説されていて、その知識に基づいて、ヘルシンキワールドの男子シングルの結果を解説するスタンスになっています。

 その筆致というのが、まるでアイスジュエルズの「ルール解説」のような、良くも悪くも、淡々とした、主観を排したスタイルになっています。したがって、演技を観て、プロトコルを読んで、減点の理由等が自力で分かる方だと、「すでに知っていること」が多いんですよね。もっと分かりやすく言うと、

  なぜホプレガのPCSは抑えられているのか?

 みたいな主張は一切ありません。むしろ、羽生君に関しては、SPとフリーのPCSの差に注目していて、プロトコル上に表現されているもの以外は議論の対象にしない、と決めている感じです。そういう意味では面白みは足りないかなぁ・・・と思います。

 ただ、逆に考えると、すぐになんとかの一つ覚えのように「男の色気」という言葉に逃げる解説者や、捏造やコピペやsage記事を平気で書く記者が跋扈している状況を考えると、彼女のスタイルはあまりに潔いというか、清々しいぐらい、一本スジが通っているなぁと、感心しました。

 じゃ、ゆづに関する情報は無いかというと、

  第2章「試合に臨むための心意気」の冒頭では、中野さんが早稲田大学人間科学部eスクール(通信教育課程)に在籍していた頃の生活スタイルが語られていたりして、なかなか気が抜けないんですね(笑)。もちろん、

  「羽生選手が同じように早大の通信課程で学んでいます。移動中の飛行機などでも勉強しているようなことを聞き、かつての自分を思い出して懐かしくなります」(69頁)

 と、しっかりフォローされています。
 
 後輩に対する温かい眼差しと、トップスケーターとしての彼へのリスペクトは十分に伝わりますし、偏りのない、最新のフィギュアスケートの基本書として、すぐれた一冊です。

 中野さんの「色」が出ている部分は、むしろ第3章以外の3つの章なので、明日の記事でしっかりフォローしたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

2017-05-30-06-13-19

2017-05-30-06-14-22

2017-05-30-06-13-39

2017-05-30-06-13-27



 2017年5月29日発売。新刊雑誌が続々と発売されますが、雑誌によっては「新刊」とはいっても、中の情報自体は古いものがけっこうあるんですよね。とくに大会レポートやインタビューに関しては、数か月前のものがそのまま載っている場合もある。

 大会期間中に選手のコメントのかなりの部分がネットで発信されるわけですから、雑誌もけっして安くはないですし、編集サイドの方たちには、テキスト部分をもう少し考えてほしいと思います。

 さて、このような苦言から入ったのは、今回のジュエルズがそうなのではなく、むしろ逆だからです。巻頭の羽生君のロングインタビュー(20~29頁)は、羽生君の最初の発言から、それが国別対抗戦の後に行われたことが分かる内容になっています。

 しかも、来季SPがバラ1になり、要素に4T-3Tが入ることが判明した今、このインタを読んでみると、まるで「来季についてのこのアナウンスがされた後に訊いたような質問」が羽生君に投げられています。いま読んでもまったく古くない。ぜひ多くの方々に読んでいただきたいと思います。

 以下、気になった部分をピックアップしてみます。

 ――2月の四大陸選手権の後、世界選手権に向けてどのように準備したのですか?

  「一番意識したのは練習の強度を上げなくてはいけないということでした。最初の1週間は練習の強度を上げて、クタクタになるくらいやりました。同時に、どうやってケガをせず、風邪をひかずに練習することができるかをもっとも優先して考えました。練習の効率がもっとも悪いのは、風邪をひいたり、ケガで練習ができなくなってしまうことなので、そこに関してはすごく注意を払ってきました」

 ――食事管理も厳格にやったのですか?

  「はい、食事管理もやりました。今までは体重のコントロールを気にしていなかったのですが、今回は自分でしっかり体重を計り、筋肉量や体脂肪率をチェックし、体調管理に注意しながら練習しました。その結果、フリーでは体力がもったし、トレーニングの成果が出たと思いました。体調面ではいい感覚で現地(フィンランド・ヘルシンキ)入りできました」

 →→たしか、ヘルシンキから帰国した直後に出演したTV番組で、街頭からの質問に答える中で、「食事や体重を、気にしたことがない」と発言していたと思いますが・・・。まぁ、時間が限られている番組では、いちいち説明するのが面倒くさかったのかもしれません。

 ――国別対抗戦のフリーで4T+1Lo+3Sを跳んだことで、新しい道が見えてきましたか?

  「4Tがアクセルなみにコンスタントに入るようになっているので、それは確実に武器になっています。昨シーズン、『SEIMEI』で4Tを後半に入れて安定して跳べるようになって自信になりました。その後、4Sにしたけれど、安定するまで時間がかかりました。それでもサルコウを練習したおかげで、4Tが逆に安定してきました。去年もやっていて自信を持ってできるので、僕にとってはリカバリーに使える要素の1つかなと考えています」

 ――ケガもあって4Tはあまり練習をしなかったようですが、いろんな種類の4回転を跳んだおかげで、逆に4Tが強化されたのでしょうか?

  「そうですね、逆に4Tに自信がついたかもしれないです。少ない本数で練習しなければいけなかったし、トウループの本数を減らせば減らすほど一つひとつに集中するようになります。それに加えて、今シーズンでサルコウをトウループの前に入れていたからこそ、サルコウを失敗してしまったらトウループを『絶対跳ばなきゃ』って思うことが多くあったと感じています。だからこそ『絶対トウループだけは跳べる』という自信はついたと思います

 →→おそらく今後、他誌でもこのやり取りを何度となく目にすることになるでしょうね。そして、羽生君は、ここで語っている自信を、先日のFaOI幕張で私たちファンの目の前で、しっかり証明してくれました。しかも、幕張の最終日では4Loも降りてますからね。

 もちろん、本人に油断や慢心は無いでしょうが、何かもう、怪我・風邪対策から、4Tの位置づけも含めて、16-17シーズンのすべての試行錯誤を力に変換して、17-18シーズンに注ぎ込んでいく、そんな意気込みを感じます。本当に頼もしいですよ!

 他にも、特にホプレガについてもかなり突っ込んだやりとりがありますので、そちらはぜひご自身の目で確かめてみてください。

 もう一つ、ヘルシンキワールドの3日後、ニューヨークでおこなわれたという、ブライアンの単独インタ(42~43頁)もご紹介します。

 ――(ヘルシンキの)SPの後は、何か特別な話し合いなどは?

  「いえ、特にはしていません。それほど悪い内容だとは思いませんでした。4回転サルコウは練習では問題ないんです。時にはファンから私の元に、『なぜ4回転サルコウをやらせるのか』という批判の手紙が来ることもあります。でも普段から見ている私には、彼ができることはわかっていた。どうして失敗してしまったのか、よくわからない。私自身も、すべてに対する答えを持っているわけではないんです」

 →→まさか手紙の主は日本人じゃないよね?と、さすがにこれにはドン引きですが、やばいファンがいるもんですねぇ。こういう「苦情」をファンがコーチに手紙でわざわざって、他のスポーツでもあるのかな?と考えてみると、うーむ、サッカーや野球などで選手の起用法に対して・・・というのはありそうですが。こんなケースは聞いたことがありません。まぁ、でも、来季はサルコウが減って、トウループが多くなりそうですし、その手紙の主も喜んでくれていればいいですが。

 ――最後に完璧なフリーを見せてくれました。

  「私もトロントに戻ってから改めて映像で見直しましたが、完璧な演技でした。キス・アンド・クライでも、彼にそう言ったんです。すべてのジャンプは完璧でとても簡単そうに降り、振付け、スピン、ステップ、すべてにおいて欠点がなかった。ファンもメディアも関係者も、あの日あのプログラムを初めて理解したと思う。あのフリーの振付けは、ミスをすると平坦になってしまうプログラムです。私自身も、これが彼にふさわしい作品なのか疑問に思ったこともあった。でもユヅにはわかっていたのでしょう」

 →→羽生君のインタ(22頁)でも「SEIMEIに戻した方がいいんじゃないか?」という関係者の提案について、質問されているんですが、羽生君は、選曲や作品についてはコメントを避け、あくまでもホプレガの構成をやり遂げることに徹したと語っていました。

 そりゃ、「プリンスさんの顔に泥を塗ってしまった」とまで言う人ですから、彼の性格からして、自分で選んだ曲を「平坦になるから、やっぱり変更する」なんて言うはずがないですよね。

 なんだか、そういう物も背負ってしまうのが羽生君なので、17-18シーズンのフリーは、選曲の段階で(ここ数年のSPのように)振付師に任せてしまった方がいいような気がします。ブライアンの話も踏まえ、しかもクリケットで、それこそ五輪本番の直前まで振付のケアをできるという利点を考えれば、やっぱりデイヴィッドにお願いするのがベストなんじゃないでしょうか。

 今日はここまで。明日は別の記事も見ていきます。ちなみに、巻末の両面ポスター(ともに羽生君)は、期待しすぎても期待の斜め上を行く、なかなかのインパクトですよ

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

このページのトップヘ