On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:17-18シーズン

jason

alena

 やろうやろうと思っていて、できなかった企画をここで!

 羽生君のプログラムは別格すぎるので選考の対象外として、今季のマイ・フェイバリットを男子で一本、女子で一本選ぶとするなら、男子はジェイソンのSP、女子はコストルナヤのSPということになります。



 NHK杯の映像です。冒頭の3Aは、結局シーズン通して決まらなかったのですが、特にスピンで顕著ですが、身体の柔軟性を活かした彼にしかできないプログラム。

 ジャンプ自体は不安定。でも、降りた後の流れが、いわゆる「シームレス」な美しさ。スケーティング一つとっても、複雑でありつつも面白い軌道を描きながら、この難しいリズムを音感バッチリに踊っていく。この曲はさすがに日本男子には無理だろ・・・と言わざるをえません。



 コストルナヤの「アディオス・ノニーノ」は、スコア自体は年明けの試合の方が出ているんですが、私が初めて彼女の演技を見たのが、JGPポーランド大会だったので、やはりこの映像を。個人的に、2017年の最大の衝撃であり、「フィギュアスケートを見てきて良かったな・・・」と素直に思える、素晴らしいクオリティです。

 146cmとはとても思えない、堂々とした演技。ジャンプは2ndトウの方が高いぐらいで、そう考えると、彼女やトゥルソワを見ていると、「身長が低いとジャンプも低くなる(回転も足りなくなる)」論は正しくないというのが、よくわかりますね。

 

 

 フリーの方も、私の好みで、男女一本ずつ選んでみました。もちろん、いずれもミラノワールドの映像です。女子のフリーはやっぱり「スカイフォール」。シェイリーンのかっこよすぎる選曲と振付。それを完璧に表現した新葉ちゃん。それこそ羽生君の「SEIMEI」じゃないですが、北京のシーズンは、このプログラムの再登板があるんじゃないか?と、密かに期待しています。

 男子はかなり悩んだんですが、彼のキャラに合っているということと、今後の活躍も期待して、友野君のフリーを。スケートの楽しさをストレートに伝えることができる選手で、ハビに通じる日本のエンターテイナーと、勝手に認識しています。ということは、今後はコミカルなプログラムも、彼の持ち前の明るさで演じきってくれるような気がします。





 最後に、この二つは「次点」ではなく「番外」ということで。

 キーガンのこのフリーを見るたびに、私はオータムの公式練習を思い出します。今季のオータムといえば、羽生君の一戦目ということもあって、私は、夜中布団に入りながらスマホで公式練習をつけっぱにしていました。肝心のSEIMEIの曲かけを見たかどうか、今となってはその記憶も曖昧なんですが、しかし、その眠気で朦朧としている中、この「キーンコーンカーンコーン」で、バタッ!と目が覚めた記憶ははっきりありますね。そういう、どーでもいい理由で印象に残っています。

 もうひとつは、エテリ組の女子ジュニアの刺客、パネンコワのフリー。セリーヌ・ディオンの歌う「Ne  Me Quitte Pas」といえば、コストナーの今季SPでしたが、プログラムの「破壊力」という意味では、このフリーは凄かったです。ジャンプ全後半ってだけでなく、全てのジャンプに「手上げ」つき。この映像は、JGPポーランド大会で、実はフリーのスコアはコストルナヤを上回っていたのでした。

 来季のルール変更次第で、もうこんな構成は見られないかもしれませんが、間違いなく彼女は、世界トップのタノの名手です。彼女の場合は、2Aには片手上げ、トリプルには両手上げと全てのジャンプに隙間なくつけているので、彼女のおかげで、「片手上げ=タノ」「両手上げ=タケノコ」と、言葉も使い分けなきゃいけないはめに。

 最後口紅を手で拭う所で、たしか1点減点されたことがあったはずです。「ホラー映画」だとか何だとかひどい言われようでしたが、来季おそらく彼女はシニアに上がってくると思われます。どれだけやれるか楽しみです。

 明日は、ようやく我が家にも到着した、長久保豊カメラマンの「平昌フィギュア報道写真集」をご紹介します。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0169

IMG_0170

IMG_0171



 2018年4月6日発売。税込価格「1,620円」。本誌のバックナンバーのレビューは「こちら」。

 ネット情報が出回る前に、本書を手にされた方は衝撃を受けたのではないでしょうか?全160頁の分厚さも去ることながら、その内訳と並びがまた凄い。

 1頁から147頁までノンストップのぶっ通しでゆづ写真が続きます。某所からのクレームなんて知ったこっちゃない!出したもん勝ちだ!と。羽生君の表紙で釣りながら、中身は「悪しき平等主義」から抜けられない、ヘタレ大手出版社に猛省を促すような、あまりに潔い誌面構成です。

 ただし、注意点があります。ここは正確に明記しておきます。

 本誌60~147頁は、「Memorial 平昌オリンピック特別号」の2~83頁と同じ写真がそのまま掲載されています。ページ数の内訳が6ページ合いませんが、詳細は以下の通り。

 「本誌」70頁→「特別号」表3(97頁)。「本誌」71頁→「特別号」奥付(96頁)。「本誌」104・105頁→新しい写真。「本誌」122頁→新しい写真と「特別号」目次(1頁)。「本誌」123頁→新しい写真。

FullSizeRender

 つまり、先行発売された「特別号」をすでにお持ちの方は、本誌の59頁までの内容とそれにプラス数ページに1,620円を払えるかということですね。ただ、かぶっているページについては、「特別号」の方がサイズは大判なので、「特別号」がまったく無駄になるということはありませんが・・・。

 じゃ、「特別号」をお持ちで無い方が、これから2冊揃えるべきか?と言うと、その必要はないですね。EX以前(メダルセレモニーまで)をカバーした雑誌は、すでにジュエルズのフォトブックが出てますし、本誌のみで十分です。

 注意喚起から始めましたが、本誌59頁までのEXの写真は素晴らしいです。平昌スワンの写真が目次(1頁)から23頁まで続きます。特に電光掲示の日の丸をバックにしたスワンのショットが美しいですね。24~33頁は、EX出演スケーターとの交流の様子が網羅的に収められています。他誌では、ホタレックさんに担がれるショット、ザギちゃん・テサモエとの金メダリスト勢揃い写真、ミーシャ・メドちゃんとの写真、どれか入っていても、どれかが欠けているという状態だったので、一通り揃っている本誌はとても便利ですね。

 つぎに、EX公式練習(34~49頁)は、サブリンクでショートトラックに興じる写真はもちろんですが、笑顔で転倒のショット、ホタレックさんやミーシャとの絡みも含めて、地上波のスポーツニュースで取り上げられていた光景をほぼ網羅。さらにその後のメインリンクでのEX練習の風景もしっかり入っています。

 閉会式&凱旋帰国(50~57頁)は、枚数的には多くはないですが、ツボを抑えたセレクションといえるでしょうか。だ、他の競技の選手もそばにいるので、閉会式の写真は羽生君よりもスノボの竹内智香選手の方が目立っているし、解団式のショットも葛西選手の方が大きく写っているので、過度の期待はしない方がいいかも・・・。ならば、記者クラブの写真を載せられなかったのか?という気がしないでもないですが、あの会見場にアフロやフォート・キシモトのカメラマンは入っていないのかもしれませんね。

 以上、ざっと見てみました。平昌スワン目当ての方、「特別編」をお持ちでない方には、なかなか良い本です。ただし今月は、羽生君の各種イベントグッズ入手のために、みなさま資金を集中投下されると思いますので、本誌については実物をチェックしてからでも十分かと思われます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0158

FullSizeRender



 Number PLUSの続きです。バックナンバーはこちら(「Number PLUS」「Number」)。

 昨日の記事を書いた時点で、羽生君以外の部分は読んでいなかったのですが、全て目を通した上で本誌の全体を評価し直すと、ちょっと内容は薄いかな・・・という感じはします。

 ちなみに、一年前の4月10日、本誌バックナンバー「銀盤の革命者(1)(2)」が発売されました。もしお手元にあればパラパラとめくってもらいたいのですが、鈴木ふさ子さんにモスクワに飛んでもらってプルさんの独占インタを掲載するなど、興味深い企画が揃っていました。

FullSizeRender

 二冊を比べてみると、誰にどれぐらい誌面が割かれていたのか、その「序列」も面白い。坂本花織ちゃんなんて、日本女子で最後の扱いでした。

 本誌に戻って、気になった部分をピックアップしてみます。

 (1)[小塚崇彦が解説]「トータルパッケージこそ王者への道」→→この方がフィギュアスケート解説者として、雑誌やテレビで発言をするようになって約一年が経ちました。前述の「銀盤の革命者。」のレビューで、「小塚君の分析力が抜けている」と私が絶賛したのも、遠い昔のようです(汗)。

 トヨタの社員である彼が「宇野選手贔屓の発言」を連発するのは仕方ない部分もあるとはいえ、一年前の本誌と比べて彼の分析企画が減っているのは、「Number PLUS」の良心という所でしょうか。それでも、平昌五輪での羽生君の演技を絶賛しています。

  「羽生選手がやっていたことは、オリンピックの究極、とでも表現してよいのではないでしょうか。それが何を意味しているかというと、他の選手がどうこうではなく、自分を信じて自分の演技に集中すること。オリンピックでそれができるところに強さがありました。・・・僕は、オリンピックイヤーが本番だとしたら、それまでの3シーズンは、シーズンオフという考え方もあると思うんです。つまり羽生選手は、3年のオフをかけてオリンピックへ準備する作業ができていた。その2つの点で強さがありました」

  「(宇野選手が)フリーの4回転ループで転倒した理由は、気持ちの持ち方にあったと思います。羽生選手に勝ちたいから頑張ろうと思っていた。転倒したから笑えてきたという趣旨の話をしていましたが、ジャンプは自分に集中しないで跳べるほど甘いものではありません。・・・ネイサン・チェンがSPで大きく崩れたのもまた、羽生や宇野をはじめ、他の選手を意識したからだと思います」

 →→言わんとしている所は分かるけど、せめて「3年のオフ」とカギ括弧をつけてほしかったですね。4回転の種類・本数の面で進化を続け、選曲や振付の面でも実験と試行錯誤を重ね、度重なる故障で満身創痍の中、決して立ち止まることをやめなかったのが、ソチ以降の羽生結弦の実像ではないかと。本人を目の前にして「オフ」なんて言えんの?って話ですよね。

 宇野選手については、気持ち以前にそもそも技術が足りていないのが理由だと思いますが、ネイサンについては、母親がジャンプの構成に口出しをしているという情報も出ていますね。平昌五輪の個人戦SPの出遅れは「なんだ母親が原因か」という気がしないでもないです。シャリシャリ口出ししてくる母親というと、キム・ヨナを思い出します。練習計画、プログラムの選曲、衣装のチョイスまで「すべてお母さんと一緒に決めた」という話が、『チーム・ブライアン』(90頁)の中で明かされていました。

 (2)ケイトリン・オズモンド「自信を積み重ね掴んだ45年ぶりの栄冠」→→田村明子さんのテキスト。本誌の海外選手の記事はほとんど田村さんが執筆しているので、やっぱり人材が不足しているのだなぁ・・・と感じます。ケイトリンの記事については、私の知りたかったことが触れられていました。

  「かつてはSPで良い位置につきながらも、フリーでミスが出て順位を落とすということが多かったオズモンドだが、ミラノ世界選手権ではSPでダブルアクセルをミスして4位スタート。フリー『ブラック・スワン』で挽回するという珍しいパターンになった。『ケイトリンはこのところ、先を急がずにその瞬間瞬間に集中するという練習を繰り返し、自信を積み重ねてきました』と語るのは、コーチのラビ・ワリアである。普段のトレーニングに加え、メンタルトレーニングもかなり行ったという

 →→さんざん「ショート番長」と揶揄されてきた彼女ですが、平昌とミラノでは素晴らしかったですね。メンタルトレーニングについては、やっぱり取り組んでいたか・・・という感じです。ただ、「先を急がずにその瞬間瞬間に集中するという練習」って具体的に何でしょうね?例えば、神戸組のようにランスルーでミスがあれば曲が止まる、という練習方式か。あるいは、フリーでミスが出やすいジャンプを集中的に修正したのか。田村さんが、あともう一歩、突っ込んでくれたら最高でした。

 (3)樋口新葉「涙をこえて、心は4年後へ」

  「(ミラノワールドの)試合翌日にはメダルを箱にしまい、もう中身を見ずに、心を4年後に向かわせた。『まず来季はトリプルアクセルを絶対に試合に入れたい。3回転半まわりきっているのですが、右足への体重移動が遅くて転倒しちゃう。ジュニアの子が4回転を跳んでるので、4年後は女子も4回転5本の時代になるかも』」

 →→こちらは野口美惠さんが取材・執筆。オフ目前になると、日本の女子選手はみんなトリプルアクセルの話をします。まぁ、話をするだけなら自由です。たしかに、高山真さんも絶賛しているように、新葉ちゃんは2Aは巧いと私も思います。もちろん、確率が上がれば、3Aは武器になります。でも、長洲さんのように、たっぷりたっぷり助走を入れなきゃ跳べないのであれば、シャープさとスピード感が持ち味の新葉ちゃんのプログラムに合うのかどうか・・・。それよりも、エッジや回転不足の問題を確実にクリアして、大事な試合でミスをしない安定感こそ身につけてほしい。そもそもこの2つに不安がなければ、平昌五輪には間違いなく彼女が出ていたわけですから・・・。「新しいことにトライしたい」という気持ちも、もちろん分かるんですけどね。

 明日は、カンゼンの「Memorial」のレビューを書けると思います。お楽しみに。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0158

FullSizeRender



 2018年4月5日発売。税込価格「1,620円」。バックナンバーのレビューはこちら(「Number PLUS」「Number」)。

 このインパクトのある表紙は、発売前から話題になっていましたが、榎本麻美さん撮影です。

 Number PLUSのトレードマークである、カバーの特別仕様も健在。今回わざわざ画像として貼らなかったですが、カバーの裏側全面にはスワンゆづがホタレックさんに担がれているショット。カバーの折返しの部分はザギトワとメドベ。そしてカバーの裏表紙は宇野選手です。

 本体もモノクロで写真が印刷されており、本体表1(表紙)はスワンのシルエット、本体表4(裏表紙)もスワンで、こちらはしっかり羽生君が写っています。

 羽生君の写真のクレジットには、前述の榎本さんと、能登直さん、そしてその他にも数名のカメラマンの名がありますが、今回は榎本さんの写真が完全に主役です。カバー表紙だけでなく、バラ1のショットにも眼光の鋭い写真があり、「力強さ」「闘う男」という側面を押し出そうという、編集サイドの意図が隠れているのかもしれません。

 記事については、目次をご覧いただきたいのですが、羽生君関連は6~33頁となっています。正直いって、カバーの裏の宇野選手を見て、「こりゃ、下手したら半々ぐらいの比率か?」と嫌な予感がしたのですが、目次の通り、宇野選手の記事は計10頁と控えめ。テキストの中身をチェックしていないので、はっきりしたことは言えませんが、アマゾンのレビューによる売り上げへのダメージを恐れて、さすがに今回ばかりは、金メダリストに敬意を表したということでしょうか。

 (1)[今季総括]羽生結弦「人生のすべてをかけた金メダル」→→松原孝臣さん執筆のテキスト。今季の羽生君の動向をすばやく振り返る内容。特筆事項はなし。

 (2)[激動の17日間を振り返る]羽生結弦、平昌五輪言行録→→2月11日の現地入りから、2月27日の記者クラブ会見までの17日間の羽生君の発言と行動をつづった企画。こういう企画は他誌でもすでに見かけましたが、本企画は、テレビ出演やラジオ出演もフォローしてあるのが特徴です。他誌と違う部分だけでも拾い読みしてみると良いと思います。

 (3)[本田武史が分析]羽生結弦が4回転を跳ぶために→→フジテレビの解説ではとてもじゃないけど聞いていられない発言を「強制」させられている武史さんですが、この分析は、完全にテクニカルな話に集中した、中身のある内容に仕上がっています。羽生君の4Aについては、吉岡伸彦さんや佐野稔さんがテレビ取材に答えていた内容を、皆さまもご記憶されていると思います。

 その内の一つに、より「身体(脇)を締めて回れば、4Aは跳べる」という説がありますが、この見解に、本田さんは反対していますね。羽生君の跳び方は、脇を開けることでバランスを保っている「独楽」のような回り方。他方で、脇を閉めた跳び方を「鉛筆」にたとえて、ブレに強く、回り続けるのはどちらかというと、「独楽」であると。したがって、羽生君は、脇を閉めるのではなく、いまの「独楽」のようなバランスを維持しながら高さを意識すべき、と提唱しています。

 では、どう高さを出すか?とか、来季のルール改正を受けてプログラムの中に4Aをどう入れるか?、さらに五輪三連覇を考えたときに4Aはどうなる?とか、面白い論点をいくつも挙げています。やはり、フジの武史さんは「仮の姿」。読みごたえのある内容ですよ。
 
 (4)[ジュニア時代の思い出を語る]ユヅルは双葉よりも芳し→→こちらも松原孝臣さんによるテキストですが、都築章一郎コーチと、羽生君の仙台時代の3歳下の後輩・花城桜子さんというスケーターに取材しています。特に花城さんが語る羽生君のエピソードがたいへん興味深い内容になっていて、私の知らないことばかりでした。ここに書いてしまうと購入意欲が確実に減退すると思いますので、ぜひご自身の目で確かめてみてください。ゆづファンならば必読です。

 以上、羽生君関連のみざっとまとめてみました。ある程度写真の内容が良いだろうことは買う前から想像できていたのですが、テキストの方も趣向を凝らした内容になっていて、ゆづファンなら買いでしょ!と、オススメしておきます。明日も引き続き、本誌の残りの記事を見ていきます。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0146

IMG_0147



 2018年3月31日発売。税込価格「1,200円」。婦人画報のバックナンバーのレビューは「こちら」。

 まずは、関係のない話にしばしお付き合いください。表題の「格調高い」という言葉は、「品格」や「風格」がある、というような意味で一般的にかなり浸透していますが、私のような将棋ファンがこの言葉を聞くと、「格調高い=郷田真隆九段」とイコールで結ばれます。

 この棋士はどういう方かというと、年齢は羽生善治竜王と同年代で若手の頃から凌ぎを削ってきたトップ棋士の一人。しかし、つい最近ようやくご結婚され、やっと携帯電話やPCも持つようになった超アナログ棋士でした。しかもこんな名言を残しています。

  こんな手を指すぐらいなら死んだ方がマシだ!」

 他の棋士が何を言おうが、プロ棋士よりも強い将棋ソフトがどんな手を推奨しようが、自分が指したくない手は指さない。一本筋の通った孤高の棋士で、その独特の将棋哲学が、「格調高い」と評され、将棋ファンはもちろん、若手棋士からもリスペクトされています。



 5分ぐらいからちょっと見てみると面白いです。羽生さんってこんなに苦しい表情して将棋指してるの?と、知らない方はビックリされると思います。

 その意味でいえば、「格調高いって、羽生結弦のためにある言葉なんでは?」と思われる方、その通りです。そして、この「婦人画報」というハイセンスな雑誌が、その誌面コンセプトそのままに羽生結弦という天才を扱うと、不思議なぐらいにまったく違和感がないんですよね。

 「東京案内 2018」とありますけど、六本木のすし屋・天ぷら屋・炭火焼店とか、こんなの接待でしか使わないでしょ!という高級店から、和服、アンティーク、美術品あるいは伝統工芸品の紹介もあります。羽生君の記事を読んだ後に、これらのページをパラパラとめくった後に、また戻ってみると、これが実に気分がいいのです。

 肝心の羽生君の記事の方に。ボリュームは全8ページ(198~205頁)。テキストは中谷ひろみさんで、以前レビューした2月号もゆづ愛に溢れた素晴らしい仕上がりでした。今回も非常に出来がいいです。

 ここ最近、田村明子さんについて皆さまと色々と議論しましたけど、中谷さんのように、フィギュアスケート界としがらみのないライターだからこそ、「良いものは良い!」と最大限の賛辞を何の衒いもなく送ってくれるのだと思います。私自身、どのプロスケーターや、どのライターがどんな嫌なことを書いていたという類の話は、正直疲れてしまう部分もあって、さっさと記憶から消去したい性格です。むしろ、こういう良い文章を大切に記憶したいものですね。

 さて、記事について。まず、前半部分では、中谷さんが今年の3月11日、仙台を訪れた話から始まります。ちょっとした旅行記の装いで、本誌のコンセプトにピッタリです。かつて羽生君も参拝したという「勝利の神」として知られる秋保神社。奉納されたのぼりや、地元の方々の様子も描かれています。

 つぎに、アイスリンク仙台へ。リニューアル後の記事は他誌でも見かけましたが、五輪連覇後の訪問記は雑誌では初登場ではないでしょうか?子どもから大人までリンクは大盛況。館内には羽生君への応援メッセージで埋め尽くされているようです。私も、22日の凱旋パレードには行く予定なので、なんとか時間を見つけて、アイリンだけは寄り道したいです。もし叶えば、4年ぶりの訪問になります。
 
 この後に、平昌五輪の現地観戦レポートが続きます。中谷さんは、SEIMEIのすべてのジャンプが終わって、コレオシークエンスが始まる時に、「くるぞ!くるぞ!」「行け!」と心で叫んだのだそうです。私がNHKの放送でこの瞬間を目撃した時は、「よし!勝てる!これならもう勝てる!」とつぶやいていました。

 このSEIMEIのコレオシークエンスについて、中谷さんは、「なんとも幸福そうな顔で笑っていた。これまで何度か見てきたこのプログラムで、こんな表情を見たことがない」と描写しています。これは我々ファンも同じで、安堵というか、この3ヶ月の不安と苦しみからようやく解放される・・・と感じたファンもいらっしゃるはずです。

 締めの2ページでは、平昌五輪公式フォトエージェンシーの「ゲッティ」所属の海外カメラマンからコメントを取っています。能登さんや田中さん、あるいは毛受さんの「ゆづ評」は我々もよく知る所ですが、海外のカメラマンに取材するというのは斬新な試みです。

 しかも、羽生君についての論評だけではありません。

  「このチームは、コミュニケーションを常に取っていました。コーチは身振り手振りで何度もアドバイスを送り、それに応じる羽生選手の真摯さが印象的でした。それは、どんな質問にも笑顔で答えていた記者会見でも同じでしたね」

  「コーチとの会話も多く、本当に深い信頼関係を築いていました」

 もちろん、ゆづに送る視線も一味違います。

  「羽生選手の演技はとても気迫に溢れていて、思わず写真を撮ることを忘れて見とれてしまいそうだった。いままでこんな選手に出会ったことはない」

  「被写体として撮影しがいのある選手。氷に一歩踏み出しただけで、会場全体の空気が変わる。熱狂的なファンのエネルギーが、彼の原動力になっているよう。もの静かな振る舞いからは自信が伝わってくる。ファンやジャッジにお礼を伝えていたのも印象的」

 あまり紹介しすぎると購入した時の感動が減りますから、これぐらいに留めておきます。ただ、もう一つ、購入の後押しをするなら、本書の利点は、例えば、スポーツ雑誌やフィギュアスケート専門誌の場合、見たくもない選手の顔を見てストレスが溜まる・・・そういうことが起こらない点ですね。

 そうそう、ピエールエルメの青山店が本誌で紹介されていましたが、マカロンはたまに買います。渋谷ヒカリエか新宿伊勢丹で買うことが多いですが、以前空いている時間帯に訪れると、「試食」と言ってはあまりに豪華な、マカロン一個まるまるいただいたことがあります。まぁ、あれ一度きりなので、さすがに二度目はないかな・・・。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ