On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:17-18シーズン

IMG_0716

IMG_0717

IMG_0718



 キスクラのレビューの続きです。バックナンバーは「こちら」で。

 (3)「羽生結弦プロデュースアイスショー」(CWW、44~53頁)

 写真の内訳は、黒パリ(1ページ)、ツィゴイネ(3ページ)、黒Tシャツ(2ページ)、白Tシャツ&フィナーレ衣装(2ページ)。主役は完全にツィゴイネですね。

 CWWの愛蔵版ブックと見比べていますが、愛蔵版の方は「羽生結弦写真集」という作りではないので、こちらはこちらで買っておいても良いと思います。もしかすると、ジュエルズのフォトブック(17-18年版)が夏頃に出れば、CWWの写真が入っているかもしれませんね。

 テキストは、ショーのレポート、質問コーナーやトークショーの抜粋、ジョニーとのトーク、そして、佐野稔先生のスペシャルインタビューが収録されています。稔先生のインタから、興味深かった発言を引っ張ってみます。

  「“羽生結弦という存在”は唯一無二だと思っています。これから先、もう出てこないと思っています。それは、伊藤みどりもそうでしたね。僕は伊藤みどりが現役だった時に、“100年に1人の選手”という表現を何度もしましたが、やはりまだ彼女の代わりは出ていないですよね。そして羽生選手も“日本で”ではなく、“世界で”100年に1人の選手なんです。それだけ彼はすごい存在なんです

 もし、羽生君が仙台にずっと留まっていたら、五輪連覇を成し遂げるほどの選手になっていたでしょうか?

 もちろん、とびきりの逸材であると同時に、世界最強のチームに、最高のタイミングで移籍できた運と縁、そして本人の決断力というのも大きいと思います。そこが、みどりさんとは違います。ジュエルズの城田さんの連載(Vol.04)をお読みの方は、「わたしは田舎者でけっこうです。名古屋を離れたくない」と、みどりさんが東京にすら行きたがらなかったエピソードをご存じかもしれません。

 でも、私は、「だから、みどりさんはダメなんだ」と言いたいのではなく、彼女の場合、それが1980年代の話で、チャンスに恵まれなかった部分はあるかもしれません。一方、羽生君の場合、城田さんはすでに荒川さんや本田さんを海外に送り込んだ実績があり、この両先輩の苦労を把握していたからこそ、羽生君をお母さんと二人で行かせて、結果的にうまくいきました。

 もうひとつは、CWWの裏話です。

  「僕が出演の打診をもらったのはかなり前ですが、正式に決まったのは平昌冬季オリンピックが終わってしばらく経ってからだと記憶しています。その時は、滑ることはできないけれど、挨拶するくらいならいいかなと思っていました。・・・しかし、打ち合わせを進めていくうちに・・・僕も『1分くらいなら滑れるかな』とだんだん気持ちが盛り上がってしまったんです(笑)。やはり羽生選手から『ちょっとでもいいから滑ってほしい』って頼まれるとね。断れないですね(笑)

 そうだよなぁ・・・平昌五輪前から準備していなければ、とてもじゃないけど間に合わないよなぁ・・・と納得しました。ただ、連覇できていなかったら、いや、そもそも五輪に間に合っていなかったら、このショーはどうなってたのか?・・・まぁ、今になってマイナスなことをあれこれ考えても生産的ではないし、これで良かったということで。

 他にも、おそらく皆さんも知らない「アッと驚く秘話」も語られていますので、ぜひ目を通されることをオススメします。
 
 (4)「プレーバック 17-18シーズン」(平昌五輪、54~81頁)

 写真の内訳は、SEIMEI(8ページ)、バラ1(2ページ)、黒の練習ウェア(5ページ)、スワン(6ページ)、EX公式練習(4ページ)、メダリスト記者会見(1ページ)、閉会式・メダルセレモニー・帰国後の催し各種(2ページ)という感じです。

 テキストは、松原孝臣さん執筆の「アクセルジャンプ」に注目したもの、スワンのレポート、メダリスト記者会見における羽生君の発言の抜粋、そして、注目は、田中宣明カメラマンのインタビューです。こちらは、平昌五輪での撮影の苦労話が中心で、撮影場所の抽選やオリンピックだからこそ注意した点など、なかなか聞けないお話が詰まっています。

 そんな中、冒頭の発言が印象的でした。

  「僕が『ゆづは金メダルを獲るかもな』と思ったのは、公式練習初日です。彼を見たのは約4カ月ぶりで、(初日は)ジャンプ練習をほとんどしていませんでした。でも、その時の表情が本当に穏やかで、落ち着いていて…。もっと焦っている感じを想像していましたが、そんなことは全くなかったですね。今まで、試合では見たことのない表情でした

 大会期間中の羽生君をテレビで見ている限り、さすがに表情だけではそんな確信は持てなかったですね。バラ1で4Sをバッチリ決めてくれるまでは、むしろ「過度な期待をしてはいけない・・・」と抑制的な気持ちであの数日を過ごしていました。

 以上、2回に分けてキスクラの羽生君関連の記事を見てきました。写真はFaOIとパレード、そしてCWWのツィゴイネが要チェックで、テキストは稔先生と田中さんのインタが注目です。グッズ購入やアイスショーで、色々とやりくりにご苦労されていると思いますが、ぜひ書店でチェックしてみてください。

 明日は残りの記事と、余裕があればCWWの愛蔵版ブックについても触れたいと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0716

IMG_0717

IMG_0718



 2018年6月8日発売。税込み価格「1,728円」(102ページ)。バックナンバーについては「こちら」で。

 羽生君関連の記事だけでも計74ページの大ボリュームなので、今日は前半の2つの企画を見ておきます。

 表紙・裏表紙は画像の通り。表2(表紙裏)はWings of Wordsの衣装。両面ポスターは、Wings of Wordsと仙台パレードです。

 (1)「ファンタジー・オン・アイス2018 最速美麗グラビア!」(08~27頁)

 「最速」の名の通り、雑誌としては、FaOI2018の写真は初登場です。「速い」だけではなく、(細かいクレジットは無いですが)おそらく田中宣明さん撮影の写真で構成されているはずですが、素晴らしいショットばかりです。

 写真の内訳は、オープニング(10ページ)、Wings of Words(6ページ)、フィナーレ(4ページ)となっています。この内訳を見ると、フィナーレがやや足りない印象で、しかも羽生君単体の写真は2ページ(4枚)のみに留まっています。

 ただ、このフィナーレは羽生君の登場自体が一番最後ですし、すでにリンクに出演スケーターが揃っている状況なので、なかなか単体のショットを大量に撮るというのは難しいかもしれません。それでも、いい写真は入っていますね。

 松原孝臣さんのテキストも収められています。FaOIでの囲み取材での羽生君の発言を引用しつつ、18-19シーズンについて簡単に展望しています。松原さんは、新ルールにおけるGOEの拡大やジャンプに対する諸々の制限は、「羽生にとって追い風になると考えても差し支えないだろう」と分析。

 そして、「羽生のやることに変わりはないだろう。一つひとつ、丁寧に取り組みながら、より質の高さを追い求め、そしてプログラムを一つの作品としてより高いレベルで披露できるようにする。・・・ルールがどうあろうと、自身の高い理想を追い求めていく、新たなシーズンも、きっとそんな日々となるだろう」と結んでいます。まったく同感ですね。

 (2)「羽生結弦選手『2連覇おめでとう』パレード」(28~43頁)

 仙台パレードが14ページ、残りの2ページで、羽生結弦展、春の園遊会、総理大臣感謝状授与式が紹介されています。

 仙台パレードの写真もクオリティが高いです。田中カメラマンはパレードカーには同乗できなかったはずですが、至近距離のショットも多く、パレード写真では質・量ともに本書が現段階でベストかもしれません。

 テキストは、仙台パレードでの記者会見の他に、仙台の関係者からの「ありがとう」のメッセージや、羽生結弦展の関係者からのコメントも掲載されています。2つだけご紹介します。

 まずは、河北新報社の佐藤夏樹記者のメッセージから。

  「平昌冬季オリンピックで特に記憶に残っている言葉は『スケートに人生を懸け、いろいろなものを捨てた』。そこまで言わせる人生とはどんなものだったのか。考えさせられました。捨ててきたものの中で取り戻せるものがあるのなら、これから取り戻してほしい、とも思いました

 五輪直後と比べて、羽生君の発言も変わってきていますよね。リハビリも順調で、すでに新シーズンに向けて彼も燃えていますから、まだまだ「取り戻す」なんて気持ちは、どこかにしまってあるんじゃないでしょうか。

 つぎに、日本橋高島屋の宣伝部担当者のコメントを。
 
  「主催の読売新聞社と一緒に、1年以上前から準備を進めてまいりました。・・・日本橋高島屋だけでも、10万人以上のお客様に来場していただきましたが、感動のあまり涙を流しながら、感謝の言葉を口にされていたお客様の姿が目に焼き付いております

 日本橋の初日を経験している身としては、あまりの過酷さに泣きたくなりましたが(笑)、その後、展示は各地をツアーしていますけど、トラブル等を伝え聞いていないので、様々な面で改善されているのでしょう。

 日本橋では、特に後半の展示は落ち着いて見られなかったので、横浜に戻ってきた際はまたしっかり楽しめたらと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0576

 いつも近所の書店にフィギュアスケート雑誌を予約しているんですが、宝島社から出ている「田舎暮らしの本」(2018年5月号)の別冊付録を、書店のご厚意でいただきました。

FullSizeRender

 新書より一回り大きいぐらいのサイズです。全32頁で、羽生君(21ページ)、宇野選手(7ページ)、二人が一緒のショット(4ページ)、基本的に以上の3種類で構成。写真の配分的に、「羽生結弦の軌跡」と表紙に掲げられていることに違和感を感じなくもないですが。ちなみに、6月号の付録は「女子カーリングメモリアル」だそうです。いったい、どういう層を狙っているのか・・・。

IMG_0578

IMG_0579

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_0583

IMG_0584

IMG_0585

IMG_0586

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_0590

IMG_0591

IMG_0592

IMG_0593

IMG_0594

IMG_0595

IMG_0597

IMG_0598

FullSizeRender

IMG_0600

 羽生君が写ったショットのみご紹介します。どこかで見たような写真が大半で、さすがに付録目当てでこの雑誌を購入された方はいらっしゃらないことを祈るばかり・・・。

 宝島社は「フィギュアスケートADDICT」や「LOVE!フィギュアスケート」のようなフィギュア雑誌を出版した実績があるのですが、そういえば、この出版社から平昌五輪前後に雑誌は出なかったですね。出せばそれなりに売れたと思いますが、もしかすると、両雑誌に関わったスタッフはもう退社しているのかも。

 実は、記事のネタにたいへん困った一日でした。毎日Lifeばかりじゃ芸が無いし、去年のオフシーズンは、「バラ1」や「SEIMEI」の振り返り企画をやっていましたが、何かシリーズ物を準備しないとシーズンスタートまで持たないぞ・・・と、危機感を感じております。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0549

IMG_0551



 さて、Life最新号のレビューはまだまだ続きます。バックナンバーは「こちら」。

 (1)マッテオ・リッツォ

 昨季の彼はフル稼働だった印象です。メジャーな試合に限っても、JGPを2戦、欧州選手権、平昌五輪(団体2本・個人2本)、世界ジュニア、世界選手権と出ずっぱりで、19歳にして、もはやイタリア男子シングルの第一人者と言ってもいいですね。国籍は違いますが、いずれはヨーロッパ男子の第一人者として、ハビの後を継ぐのは彼になるだろうと、私は期待しています。

 ―― 憧れのスケーターは誰ですか?

  「僕のアイドルはハビエル・フェルナンデス!彼は僕が18歳の頃に知り合ってからの友人でもあり、彼は日本やアメリカのようなスケート大国ではないスペインの出身で、ある意味僕と同じです。それなのに彼は世界王者になり、五輪でも銅メダリストになりました。僕も彼のようになりたいと思っているし、スケーターとしても尊敬しています」

  「あと、ユヅル・ハニューも。僕たちは彼のことを宇宙人のようだと言っているんです。なぜなら彼は素晴らしすぎるから

 ―― 日本に試合で来たことは?

  「まだないんです。だから、来年の世界選手権で行けたらいいなって思っています」

 ―― 最後に、日本のファンにメッセージをお願いします。

  「SNSなどを通じて、いつも僕を応援してくれてありがとうございます。日本ではフィギュアスケートがとても盛んなので、いつか日本に試合で行ってみたいし、みなさんにいつも応援してくれてありがとうと直接伝えたいです」

 さすが日本のスケオタ、若手の有望株をしっかり応援しているわけですね。イタリアと聞くと「惑星ハニュー」と、私は反射的に思い浮かべるんですが、イタリア人は宇宙とか惑星とか、そういう表現が好きなのかな?と想像しちゃいますね。

 (2)無良君

 かなりのロングインタビューです。取材日が3月18日なので、CWWの話は無いですが、それでも読み応えのある内容です。フィギュアスケート雑誌の読者として、無良君のインタビューはいつも本当に面白い。後輩スケーターたちは、この点も無良兄貴からしっかり学んでほしいですね。

 今日は羽生君の部分だけ拾いますが、他も興味深い発言が随所にあったので、後日またご紹介する予定です。

 ―― (ジャンプに対する)目を持っていて、言語化する能力を持っている。だから羽生選手や宇野選手が、無良さんのアドバイスで4回転などを跳べるようになるんですね。

  「あの時、結弦はもうほぼ跳べていたんですよ。あと最後の最後、回り切るか切らないか、右足で立てるか立てないかってところでずっと転んでいて。そのタイミングで何を言ったのか覚えてないけど、無理な動きがあるなって思ったので自分が何か言ったら、結弦が『ちょっとやってみようかな』ってやって、その日のうちに3回か4回降りてました(笑)。大したことは言ってないんですよ

 ―― でも羽生選手からしたら、無良さんの発言で何かを意識するようになって跳べるようになったんですよね。

  「結局、第三者の目だからわかるんですよ。でもそうやって何か言われたことを体現するのは選手本人だから。身体が曲がっているからもうちょっと起こして、と言っても、その感覚がない人は直せないし。僕は回転が速いわけじゃなくて、アクセルも高さで跳ぶタイプ。だから回転スピードが遅い分、どれだけスピードを使って高さを出すかってことをやってきたんですね。僕がアクセルを跳び始めた頃って、ヤグディンだったり武史先生だったり、高さに重点を置いていた人たちが多かったからそうやっていたけど、今の時代の4回転って、高さというよりも、いかに最初に跳び上がる瞬間に効率よく後ろに跳べるか、ロスしないで回転するところまで持っていけるか、というジャンプですね」

  「確実に言えるのは、結弦は動きを解釈するのがすごく速いってこと。それに図でも言葉でも『もうちょっとこうしたいんですよねー』とか、すごくわかりやすく伝えてくれますね。僕が4回転サルコウを跳べるようになったのも、結弦のおかげなんです。ずっとサルコウを練習しているんだけど、どうやってもうまくいかないって言った時に、こういう身体の使い方をすれば、上がる瞬間からはトウループと同じですよ、ただ入るプロセスが違うだけで、その後の跳び上がってから締めていく動きは同じですよ、って」

 ―― トウループとサルコウは、踏み切ってしまったら後は同じだと、以前無良さんが言っていましたよね。

  「それは結弦から教えてもらって、見てわかったことですね。結弦はそれくらい、トウループとサルコウで同じ上半身の使い方ができていますよね。すごい研究しているから。それに彼は自分の動きを俯瞰でとらえられる。だから、今、右肩が落ちたな、といった感覚を、その場で修正できるんですよね

 いかがですか?これはなかなか貴重な証言だと思うのです。ソチ以降の真4回転時代に、バリバリの現役選手として世界と戦ってきて、しかも試合や合宿などで羽生君と直接情報交換を続けてきた、無良君の発言です。これほど説得力のある「羽生結弦論」を、私はいまだかつて見たことがありません。

 指導者として、間違いなく将来有望な無良君が「結弦は俯瞰でとらえられる」と言うぐらいなので、羽生君もその道を進んでほしいなと思います。だとすると、やはりクリケットでブライアンのアシスタントとしてしばらく修行するのが一番なんじゃないかなと。今でさえメドちゃんに絡めていろいろ書かれてるわけで、日本にいたらどんな与太記事が濫造されることか・・・。考えるだけで気分が悪くなりますよ。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_0549

IMG_0551



 今日もLifeのレビューです。バックナンバーは「こちら」で。今日は山本草太君とミヤケンさんの対談に集中します。

 で、その対談なんですが、進行役の山本夢子さんが「いつも言ってますが、これは雑誌の対談ですよ。文字ですよ(笑)」とツッコミを入れているように、私も、どこをどのように紹介するのかけっこう困っています(爆)。

 そこを頑張るのが腕の見せ所ではあるんですが、この対談は基本的に、スケートの話は3~4割ぐらいで、草太君がこの4月から中京大学に進学したので、大学の話もかなりの部分を占めています。

 ただ、この対談は4月上旬頃に行われたようで、というのも、科目の履修と時間割の話で留まっていて、「授業は明日から」とのことでした。そんな中、草太君はけっこう天然というかおっとりですね。

  「第二外国語は何取ったの?」「中国語です。日本語と近そうだから」「全然近ないけどな」「漢字、だから……?(笑)」「なるほどね!(笑)」「それで中国語を選んだんですけど、後々先輩とかに聞いたら『一番難しいよ』って言われて。最初に聞いておけばよかったなって

 いやいやいや、ラクしようという下心があるなら、徹底的に事前リサーチしないと!自分が大学生の頃は、「楽勝科目マニュアル」なるものが近隣の書店で販売されていて、それを入手して、いかに早い時間に科目を入れずに楽勝科目を漏らさず揃えるかというのを、緻密に研究していたものです(汗)。まぁ、でもこのご時世、雑誌に掲載されるインタに、彼ほどの有名人が「楽勝で固めました」なんて言おうものなら、アンチにエサを与えかねないですからね・・・。

 もう一つ、思わず笑ってしまったやりとりが、私服について。

  「・・・私服はどんな感じ?」「うーん、なんか、賢二先生のような服はあんまり似合わないし……」「俺も普段こんな格好せぇへんで。何系の服着てんの、いつも」「んー。シンプルかな……何系?」・・・「ジーパンにTシャツとか?」「そういうのじゃないと似合わないですね。似合わないっていうか、それも似合うかどうかわからないんですけど」「似合うでしょ。すらっとしてるんだし。でも、あまり私服着る機会がないのか」「そうですね。でも僕センスないんで(笑)。お母さんの方がセンスあるので、お任せしてます。いつも(笑)」「お任せしてるんや(笑)」「僕が何か買うと『センスない、返してきなさい!』って言われるから(笑)」「でも最近は『ちょっとはマシになったね』って言われるようになりました」「そうなんや(笑)、買い物に行くのは嫌いじゃないんや」「はい。でも友達とかとはあまり行かないです。一人で行きたいです」「一人で行って、ゆっくり見たい?」「はい」「それはわかる。店員さんとかに声かけられたくないんでしょ」「絶対、そうですね」「お仕事だから仕方ないけど、『大丈夫ですよ』って言っても来る時あるよな」

 どういうものだと「返してきなさい」とママに怒られるのか、そこをミヤケンさんに突っ込んでほしかったですね。でも、お母さんのことを隠さないところが、純粋でいいじゃないですか・・・。たとえ、母ちゃんの買ってきたものを着ていたとしても、普通この年頃ならそれは隠そうとするものですよ。

 逆にこういう発言で草太君の「ファッション認識」を知ってしまうと、その後、いつかブランドとかに凝って、「色気づいてしまう彼」を見るのが、ちょっと嫌ですね。その後も、このスタイルを堅持して、「入れば何でもいいです」ってぐらい達観してくれていたら最高です。

 スケートについての内容もご紹介しましょう。

  「とりあえず。今シーズンはどういう風に持っていきたい?」「うーん、まだまだスピンとかスケーティングとかもやることいっぱいなんですけど、特にジャンプもまだまだ難易度が低いのでもうちょっと上げなきゃなと思っていますし。去年よりは目標を作ってやらなきゃなーと思っています」・・・「さっきもスピンめっちゃ練習してたもんね。でもスピンもともとうまいやん」「いやーでも、試合とかで体力がきつくなると全然しっかり回れないので」・・・「じゃ、スピン上げるでしょ、もちろんジャンプの難易度も上げていく。もともとスケーティングはよく滑るやん」「とは言われま……すね。自分では全然そう思ってないので」「俺のポテンシャルなめんなよって?「いやいや、全然思ってないです(笑)」「でもスケーティングが伸びるイコール制御できないといけないもんね。スピード出すだけじゃあかんやろし、そこに乗って緩急もつけて」

 このように、気になるジャンプの話はほとんど無かったです。せっかく4年あるのだから、怪我の再発でまたシーズンを棒に振っては取り返しがつかないですからね。チームでも、相当慎重に進めているのかもしれません。とはいえ、やっぱり気になりますから、新シーズンのプログラムのアイデアも含めて、別枠でインタを行ってもらいたかったなぁ・・・と。

 ミヤケンさんが言うように、彼はスケーティングもスピンも非常に高い技術を持っていると私も思うんですが、本人が「自覚」していないのは意外でした。個人的に、羽生君や知子ちゃんに象徴されるように、昨シーズンは、フィギュアスケーターのリハビリ期間における「進化」という部分が、私の中でも注目していたテーマでした。

 ルール改正の発表も迫っていますし、草太君には、じっくりクオリティを上げる努力を続けながらも、ベストのタイミングでジャンプへの取り組みもペースアップしてもらえたらと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ