On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:17FaOI

2017-08-12-13-12-49

2017-08-12-13-13-24

2017-08-12-13-13-37



 2017年8月12日発売。バックナンバーについては「こちら」。

 今回は、羽生君が約50頁、真央ちゃんが約30頁、という比率です。

 まだ17-18シーズンに入っておらず、しかも「SEIMEI」再登板の発表の時点ですでに中身は出来ていただろうこと、他方で、真央ちゃんはプロ転向後も「The Ice」をしっかり成功させたこと、以上を考えると、バックナンバーと比べて羽生君比率がやや下がるのは仕方のないところです。その点をご注意ください。

 両面ポスターについては、表紙左上にあるように、今年のFaOI幕張のバラ1と、14年4月のスターズオンアイスとなっています。

 中身について。羽生君の部分は三部構成になっています。

 (1)YUZURU HANYU 2016-2017 HAPPY MOMENTS(01~12頁)

 タイトルの通り、16-17シーズンの羽生君の「笑顔写真」の詰め合わせです。ただ、時期的には、ヘルシンキワールド、仙台のモニュメント除幕式、JOC合同合宿、国別対抗戦と4月以降のものが多いです。

 唯一、マルセイユのGPFの記者会見が一枚だけありますね。この企画で収められているものは、すでに皆さん「通信」等の雑誌でご存知の写真が大半だと思います。

 (2)「バラ1」徹底特集(12~29頁)

 過去のシーズンの「バラ1」の写真が多いのかと思いきや、初年度は、14年全日本、15年ワールドの2枚、2シーズン目は、15年オータム&スケカナの2枚、計4ページのみです。

 じゃ、それ以外は?となると、今年の幕張と新潟のFaOIの方が多く収録されていて、新潟「パリ散」のエアギターの写真も入っています。FaOIの幕張と新潟のオープニング&フィナーレの写真が4ページ分、この企画の後ろに入っています。ちなみに、写真のクレジットを見る限り、やはり神戸公演のものはなかったです。

 企画のタイトルから、バラ1を網羅する内容を想像したんですが、今年のFaOIの写真が大半です。

 まぁ、この後ろの企画が過去のアイスショー特集なんで、ここに過去のバラ1の写真を入れすぎると、「古い写真ばっかり」という印象を与えてしまうという懸念があったのかなと。

 (3)「羽生結弦 華麗なるアイスショーの歴史」(30~47頁)

 この企画は、2016年から2008年へと、一年を見開き2ページずつさかのぼっていくという形式です。

 そう考えると、このひとつ前の企画の終盤に、17年のFaOIを配置したことで、いまこの瞬間から、そのままスッと、「アイスショーでのゆづ」の歴史を振り返ることができるわけですね。編集者が意図していることは、なんとなく分かった気がします。

 以上、ざっと見ていきました。今年のFaOIの写真を、この雑誌ならではの大型サイズで見られるのは、やっぱり価値があると思います。アイスショー企画も、「素早く歴史を振り返る」という意味でとても便利です。ただ、過去のバラ1の写真はもう少し入っていてもよかったかな?というのが、私自身の正直な感想です。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-08-10-16-20-22

2017-08-10-16-21-12



 2017年8月10日発売。アマゾンのレビューでは、「羽生選手の写真が少ない」とか「買う前に中身を確認すべき」とか、間の抜けたことを書いている人がいます。

 中身なんて確認できるわけがない。私が購入した近所の丸善でもそうでしたが、よほどフィギュアスケートに理解のある書店でないかぎり、どこも厳重にビニールで覆われているはずです。

 でも、ビニールに包まれていたとしても、もし書店で実物を手にした方なら、ズシリと来る重量感に驚かれたのではないかと。

 例えば、先月発売されたジュエルズの羽生君の『シーズンフォトブック 16-17』は95頁までナンバリングされていますが、本書は、159頁まで記載されています。YUZURU』よりも30ページほど多いです。そんな重いものは、ウチには、フィギュアスケートの雑誌や写真集では、他に一冊もありません。「スケート縛り」を外せば、TOEICの公式問題集ぐらいに重いです。

 そして中身ですが、本エントリーのタイトルの通り、すさまじい完成度です。羽生君の写真はもちろん、表紙のオビの偉大な先輩たちの写真に関しても、私はこんなに美しい写真を見たことがありません。比較的写真のクオリティが高いといわれている、「WFS」やその別冊の「WFS extra」や「アイスショーの世界」と比べても、文字情報が一切ない本書は、ドーン!とストレートに、美しさ・力強さ・カッコよさが、目に突き刺さる感じがします。

 羽生君に関してメモを残しておきます。単独で収録されているのは、10~23頁。それから、巻末の「Exclusive PHOTO GALLERY」(146~157頁)では、21枚の写真で羽生君が確認できます。この21枚には、後ろ姿のみや、群舞の中に「たぶんいるだろう」というのは省いています。ちなみに、どの写真をどのカメラマンが撮影したものかは、巻末に一覧が記載されています。その辺りを照合してみるのも楽しいですね。

 さて、おそらくゆづファン的に、この写真集に期待しているのは、「猫耳にゃんにゃん写真」だと思います。

  にゃんにゃん目当ての方は、安心して買ってください!

 猫耳なしのにゃんにゃんパフォーマンス連続写真が4枚(20頁)、緑の猫耳での写真が4枚(21頁)、プー耳での写真4枚(22頁)、さらに、巻末にも4枚あります。

 羽生君の他の写真については、バラ1→幕張オープニング(ゴールドのジャケット)→緑耳にゃんにゃん他→プー耳にゃんにゃん他、という流れです。

 他のスケーターについては、前述の通り、これ以上の写真はなかなか見られないんじゃないか?というレベルの違いを感じます。

 特によかったのは、帯のレジェンドたち以外で言うと、ハビのパイレーツ、ポゴちゃん全部、メドベ全部、バルデさんのバク宙、ラトデニ君全部、といった辺りですか。

 FaOI観戦組はマストアイテムのはずで、テレビ放映でゆづ以外のスケーターの演技に魅了された方も、間違いなく楽しめると思います。

 巻頭の真壁さんとランビ先生の対談は、FaOIを含めた日本のアイスショーの歴史を振り返るような、貴重な内容です。ただ、それ以外の話題でも、以下のやりとりは興味深く感じました。

 ――最近はショーでも4回転ジャンプを観ることができます。将来、アイスショーでもっともっと大技が見られるようになると思いますか?

  ステファン「そうあってほしいですね。この点について、僕はもっとISU(国際スケート連盟)がアイスショーの影響を受けるといいなと思っているんです。試合後のエキシビションを観ていると、コンセプトにもう少し工夫が欲しいと思うし、『選手をもうひと頑張りさせればいいのに』と思うことがあります。もっと選手たちがエキシビションに出ることでインスパイアされるようになったら面白いと思いますね」

 ――将来的には、アイスショーはどういう方向に進んでいますか?技術的なものが求められるようになるのでしょうか、それとも芸術面が重視されるのでしょうか?

  ステファン「その両方が求められると思います。4回転のような大技に偏ると、アイスショー本来の魅力が薄れてしまうし、芸術面ばかりを極めても緊張感に欠けてしまいます。だから、技術面、芸術面の両方を同時に押し上げていくべきです」

  真壁「4回転は、もちろん観たいですね。演技中に4回転をひとつ入れてもらえたらうれしいですよ。最近はお客様もスケートに詳しくなって、ジャンプの回転数もすぐにわかるので、2回転ジャンプだと拍手もまばらになったり、スタンディング・オベーションをしないこともあります。ですから、たとえば3分のプログラムだったらダブルアクセル1回、3回転ジャンプを2回くらいは入れてほしいと、スケーターにリクエストしています。お客様に満足していただくためには、どんなに芸術的に良い演技でもジャンプを入れてほしいと考えています」

 私自身の意見は、跳べるコンディションでないのなら無理してほしくないかなぁ・・・と思います。荒川さんが羽生君との日テレプラスでの対談で、「ショーこそ、失敗してしまうと、見る人の集中力やいろんなものを途切れさせてしまう」とおっしゃっていました。

 例えば、私が今年の幕張のFaOIで最も感動したのはポゴちゃんの「The Rose」でしたが、具体的にどのジャンプを何本跳んだかはちょっと正確には思い出せないです。おそらく真壁さんは、ここ10年ぐらいのスパンで見ての、「観客のジャンプに対する反応」を語っているのかな、という気がします。

 ちなみに、この日テレプラスの対談では、SEIMEIを選曲したときのエピソードを羽生君が語っているので、またこの機会に再読していただければと思います。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-05-27-13-16-09

makuhari


 土曜日のFaOI幕張に行ってきました。座席はKブロックのスタンドの4列目です。

2017-05-27-13-39-19

2017-05-27-13-40-51

 幕張は何度も来てるはずなんですが、東京駅で京葉線に乗ったと思って油断していました。すると、実は武蔵野線だったことに西船橋に着いてから気づき、戻るのに時間がかかって、結局、開演30分ほど前にようやく現地につきました。焦りましたよ。

 当然ながら、タオルもTシャツも完売です。ちなみに、Tシャツは全サイズ、つまりXLなんかも売り切れ。おそらく、わざわざ並ばれた方は、きっと並んでいる間にお目当てのサイズが売り切れてしまって、仕方なく寝巻目的or記念として巨大サイズも購入されたのでしょう。

 95%以上が女性客。先月の国別対抗戦と客層はやや違っていて、外国人(国別で私の左隣は中国人の若いカップルでした)や子ども連れのファミリーはあまり見かけなかったですね。国別と比べてはるかにチケットを取るのが難しいので、これは仕方のない所。

 今回、一日一公演ということで、内容はギュー詰め。14:00開演で、途中休憩が20~30分ありましたが、終わったのは17:30前ですから、まぁ、疲れました。公演の印象を、つらつらと書いていきます。

 ・オープニングは、羽生君だけ明らかに別の動きをしています。国別の女子シングル(フリー)の最終Gの6連で、メドベだけ動きがまるで違うことに衝撃を受けましたが、このオープニングの羽生君のダンスのキレキレ具合は、

  ひとりだけ、氷上ではなく、床の上で踊ってるんじゃないか!

 と思えるほど。そういえば、東京駅で「LOVE ON THE FLOOR」の広告を見かけましたが、羽生君にもプロ転向後にそういう仕事が来てもおかしくないと感じますね。

 ・オープニングの後、羽生君は、結局バラ1まで出てこないので、他のスケーターを堪能することになるんですけど、今回とくに女子選手を中心に個人的に好きなスケーターが参加している中、

  第1部の主役は完全にバルデさん!

 そんな感じでした。そして失礼ながら、「あれ?NHK杯も来てたし、引退してないよね?」と、休憩時間にスマホでwikiを調べてみたり・・・。いや、もう、完全にプロのエンターテイナーの仕事ぶりで、BS朝日の放送でカットされていないことを祈りたいです。

 ・話をオープニングに戻すと、誰に対する声援が大きかったかというと、羽生君を別格として外すとすれば、

  プル様、ジョニー、ジェフ、ランビ先生へのエールがのっけから熱すぎる!

 これには、ちょっとビックリしました。ゆづファンであると同時に、というか、年季の入ったベテランのスケオタさんがゆづを支持してくれるとともに、ゆづから入った勉強熱心なファンが先輩たちへのリスペクトも忘れないという、素晴らしい雰囲気でした。熱狂的なファンのいる野外フェスやジョイント公演では、なかなかこうはいきません。

 ・大黒摩季さんが、まったく衰えを知らない声量と歌唱力で会場を何度も沸かせてくれましたが、いやいや、安藤美姫さんとの「夏が来る」のコラボは、笑いを噛みこらえながら、見守っていました。なんてったって、この歌詞ですよ。ミキティはよくこの選曲にOKを出したなぁ・・・と。

 で、歌い終わった後、大黒さんがその辺りの経緯をいちいち説明するので、おい、傷口に塩を塗っとるやんけ!と思いつつも、

  やっぱり、安藤美姫というキャラはフィギュアスケート界には絶対に必要!

 そういう認識を持つに至りました。インスタでの空気読めない炎上投稿だけの人ではなく、自虐路線もできる。そして、大庭雅さんへの振付提供も含めて、後輩スケーターの面倒見もいいですしね。今回、ハビの「パイレーツ」のチョイ役も含めて、3回出てましたか。いろんな面を持っている人だから、ぜひ頑張ってほしいと思います。

 ・現役選手で言うと、まず、本田真凜ちゃんが素晴らしかったです。来季EXとアナウンスされている「CRIME TALE」ですが、いやぁ、すべてのジャンプをミスなくきっちり決めて、いまの時点で身体がめちゃくちゃキレてます。

  明日試合があったとして、このプログラムでSPに出場したら、簡単に70点を超えるんじゃないか?

 というクオリティの高さ。これからシニアに上がるというのに、なんというか、

  私を見て!私はスターなんだから!

 そんな、ある意味で図々しいぐらいのオーラというか風格も出てきています。GPシリーズのアサインはかなり厳しい所に入ってますが、海外のメダル候補相手に堂々と戦ってくれるような期待感があります。

 ・ゲストスケーターでいえば、ポゴちゃんが最高すぎました。現役の女子シングル選手では個人的に一番好きな選手です。第一部の「アンナ・カレーニナ」も印象的でしたが、第二部のゲストアーティストとのコラボの「The Rose」は最高です。

  本人も、アーティストも、観客もみんながみんな感動していたんじゃないか

 スタオベが鳴りやまない素晴らしい瞬間でした。さすがにこれが放送でカットされていることはないと思いますが、BS朝日さん、お願いしますよ!

 ・さて真打ちの、羽生君のバラ1。私が見た土曜日は、4Loはパンクでしたけど、リンクも狭いし、試合のようにフェンスも無いので、無理する必要はまったくないですね。それは、現地で見ていたみんなが思っていることでしょう。

 3Aは相変わらず至高のクオリティ。後半に投入された4T+3Tも、私自身ここ最近「パリ散」で4Tを毎日見ているので分かってはいたことだけど、いまの時点でもまったく不安感はないですね。

  3Aと4Tは寝てても跳べる!

 そういう表現をしたくなるぐらい。単にバラ1という選曲だけでなく、4Tを入れたことが、

  ゆづは平昌五輪は本気で勝ちに来ている!

 そういうメッセージとして受け取りました。

 しかし、バラ1というプログラムを改めて見ると、厳粛なピアノの調べで空気を一変させ、観客も我を忘れて氷上の羽生君に視線を一点集中という感じですが、その後の、Let's Go Crazyとの対比が凄すぎます。とくに、距離たっぷりロングサイドを使ったズサーには、

  きぃゃああああああああ!

 という悲鳴で、会場が震えていました。とんでもなく、現実離れした瞬間に立ち会っている、と思いましたね。

 同様に、「現実離れ」といえば、海外のゲストスケーター、男女含めても、羽生君の顔がダントツでちいさすぎる!という点も付け加えておきます。

 繰り返しになりますが、BS朝日の放送で何がカットされ、何が採用されているか、ぜひセンス良くセレクトしていただきたいと思います。プロの方が編集されるんですから、大丈夫ですよね。期待してますよ。

2017-05-28-07-55-28

2017-05-28-07-55-56

2017-05-28-08-20-52

2017-05-28-08-21-45

2017-05-28-08-22-01

 プログラムの中から数ページ貼ってみました。ランビ先生が羽生君の魅力を語ってくださっているので、ぜひ読んでみてください。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-05-09-17-40-58

2017-05-09-17-41-42

2017-05-09-17-42-11

2017-05-09-17-42-54

2017-05-09-17-43-04

2017-05-09-17-43-18

2017-05-09-17-43-52

2017-05-09-17-44-05

 FaOIの羽生君INのアナウンスがあって、大変なことになっていますね。

 2年前のFaOIは、幕張で5月30日(土)に現地で見ることができました。ショーの後、海浜幕張駅近くで寿司を食べている最中に、地震でグラグラ揺れて焦りました。京葉線が止まって動けないので、駅前で飲んで時間を潰し、結局、帰宅は0時過ぎになったのを覚えています。

 今年はチケットを取れないことも覚悟しているので、2年前を振り返りつつ、色々と想像をめぐらせてみようと思います。

 とりあえず、ウチの本棚から、15年FaOI関連のものを3冊挙げておきます。「アイスショーの世界」「Quadruple 2015+Plus」「応援ブック It's Show Time!





 2年前の幕張に関して言うと、第1部でVertigo、第2部でBelieveでした。私自身はショートサイドの右端の方の席で、オープニングでジェフと羽生君が最前列で滑って右の方に流れてきた時が、「うわ!近っ!」という瞬間でした。

 さて、2年前と今年のショーのスケジュールを並べてみます。

 <2015年>FaOI幕張(5/29-31)→FaOI静岡(6/6-7)→DOI新横浜(6/12-14)→FaOI金沢(6/26-28)→FaOI神戸(7/4-5)

 <2017年>FaOI幕張(5/26-28)→FaOI神戸(6/9-11)→FaOI新潟(6/16-18)→DOI新横浜(7/7-9)

 2年前のFaOIでは、幕張の後に、静岡、金沢、そして神戸と続き、羽生君が採用した曲も、静岡ではHello I Love Youに、金沢と神戸ではSEIMEIへと、変わっています。

 ここから今年のFaOIの羽生君を「予測」するなら、幕張は過去のエキシビナンバーでまず一本。そして、共演アーティストとのコラボを一本。その組み合わせが濃厚かなと思います。アーティストの紹介ページを見ると、大黒摩季さんが一番手に名前が出てますから、大黒さんとのコラボになりそうですね。で、中西圭三さんといえば、Choo Choo TRAINの作曲者ですから、国別からの流れで何かあるかも・・・。

 2年前に話を戻すと、SEIMEIのお披露目は赤字で表記した通り、6月中旬のDOI@新横浜でした。このDOIを挟む形で、FaOIがおこなわれていて、前述の通り、FaOI後半の金沢と神戸ではSEIMEIを演じています。

 今年のDOIへの羽生君の出演は未定ですが、7月開催なので、FaOIの幕張・神戸・新潟が終わってからということになります。

 もしかりに、DOIにも羽生君が出演するとして、2年前の前例を踏襲するのだとしたら、新プロは神戸か新潟のFaOIかな?と予想しておきますか。

 そもそも2年前とは違って、SP・フリーともに新曲の可能性だってあるし、五輪シーズンですし、まぁ、わかりません!

 ただ、さすがにスワンはもうないだろうと思うので、過去のエキシビナンバーから何をチョイスするのかも楽しみです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ