On the Back of the Flyer

TOEICテストメモ、羽生結弦選手、日々のアレコレを綴ります。

タグ:Sportiva

IMG_9750

IMG_9752

IMG_9751



 Sportivaの続きです。バックナンバーのレビューは「こちら」。

 羽生君以外の現役選手の記事は、写真と簡素な試合レポートという感じで、特に目新しい情報や証言はなし。

 その後に続く、荒川さんと本田さんの企画を読んでみると、二人が持っていた「オリンピックへのイメージ」がまったく対照的で、興味深かったです。

 ともに、1981年生まれ(本田さんの方が一学年上)。初めての五輪出場は長野(98年)で、荒川さんは13位、本田さんは15位。

 本田さんは、高校生の頃からアメリカやカナダを拠点にトレーニングを積んで、ソルトレイク(02年)で4位。荒川さんは日本で高校・大学生活を過ごして、ソルトレイクには出場できず、トリノ(06年)で金メダル獲得。

 「天才」の名を欲しいままにして、「日本男子フィギュアにメダルを!」と期待された本田さんと、国内に強力なライバルがいてそこまで注目が集中しなかった荒川さん。どちらかというと、のびのびやっていた荒川さんの方が金メダルを獲るというのも、ある意味で運命なのかもしれません。

 以下、本田さんに集中しますが、ソルトレイクの頃の男子はヤグディンとプルシェンコが強すぎた部分もあって、ソルトレイクでの本田さんはSPで2位発進だったものの、フリーでミスが出て総合4位。コーチのダグ・リーと相談して、当初フリーのクワドはサルコウとトウループの2種予定だったところ、トウループ1種類に「落とした」ら、ミスが出てしまった、と。本誌の宇都宮さんのエッセイの中では、本田さんは「悔いなし」というトーンですね。

 そこで、ジュエルズの「Vol.06」を読むと、当時監督の城田さんは「2種類跳ぶべき」と主張していたが採用されず、「1種類にした時点で、メダルはすでに消えていた」と回想していますね。

 いま改めてこの部分を読んでみると、平昌五輪での最終決定権がどこの誰にあるのかは、やはり気になります。

 羽生君とは違って、ソルトレイクでの本田さんは怪我明けのぶっつけ本番ではないし、城田さんの立場も、当時はスケ連の監督、現在はANAの監督と状況は違う。

 でも、何より違うのは、羽生君の性格と本田さんの性格ですよね。

  「僕がヤグディンやプルシェンコに勝てるはずがない」

 ジュエルズで城田さんは、「それが本田の口癖だった」「勝てる技術があるのに歯がゆかった」とまで言ってます。

 逆に羽生君なんて、他の選手なんて関係ない、自分が最高の演技をすれば、「圧倒的な内容で勝てる」とまで言っている。

 なんか、Sportivaよりもジュエルズのレビューになっていますが、当時の本田さんの4Lzや4Fは「ネイサンよりも質が高い。今の時代でも十分戦える」と城田さんは評しています。これは、ネイサンのクワドの質にダメ出しをしているとも言えますね。

 逆に、Sportivaが優っているのは、本田さんの孤独なアメリカ時代の苦労話ですね。アメリカとカナダってそんなに違うんだ?と思うと同時に、だから城田さんは、羽生君をお母さんと一緒にクリケットに送り込んだのかな・・・と、本田さんの時の経験が生かされているような気がします。

 今月から来月にかけて、宇都宮さんの本も出るし、城田さんの本も出る。両者の連載を読み比べてみても、持ち味がかなり違うので、いまから楽しみです。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9750

IMG_9752

IMG_9751



 2018年1月11日発売。バックナンバーのレビューは「こちら」で。

 今日は羽生君の部分だけコメントしますが、第一印象は、まぁ、こんなもんかなぁ・・・というのが正直な所。何しろ、羽生君に関する新しい情報が皆無ですから、回想系の企画が中心になるのは仕方ないですね。編集者も大変です。

 (1)宇都宮直子スペシャルエッセイ(06~07頁)

 都築章一郎コーチに取材した部分で、面白いやり取りがありましたね。都築コーチが羽生君に、「(手足が)長い」と言ったら、「先生、違います。僕、苦労しているんですよ、手が短いから。いろんな場面で苦労しているんです」と返ってきたと。

 いつ交わされた会話なのか不明ですが、この部分を目にして、ビールマンの腰の負担のことなのかな?というのが、まず気になったところです。

 そのすぐ後で、宇都宮さんが、「羽生で『短い』なら、誰が長いのだ。ジェイソン・ブラウンか?」とつぶやいていますが、さすが、よく見ている人ですね。私も真っ先に彼が頭に浮かびました。ジェイソンのあの、キャメルスピンのようなビールマンのような、片手で楽々とエッジを持つポジションを見ると、腕は長いし、たぶん手も大きいんじゃないかと。

IMG_9753

 腕の長さといえば、あの小柄なコストルナヤは腕はけっこう長いんですが、昨日Lifeを見ていたら、何に驚いたかって、タラカノワの顔の小ささですね。演技を見ていたら、まったくそんな風には見えません。

 何が言いたいかというと、羽生君、あまり無理しないでね!ということと、あなたの演技を見ていて、手が短いなんて一度たりとも思ったことがない!ということですね。

 (2)プレイバック 羽生結弦 2014~2017(17~41頁)

 「ロシア杯ギャラリー」(08~16頁)は「特筆事項なし」と言えるので、こちらの企画について。どこにでもありそうな企画なんですけど、オリンピックが近づいているので、ソチ五輪の写真を見ると色々と発見があります。

 例えば、ソチの試合会場での公式練習(19頁)のショットなんかは、半袖でやってたんだ!と今さら気づいたり、(ソチでの)移動中の写真が無いことから、やっぱり五輪はセキュリティが厳しいのかなぁ・・・等々。ただ、4年前と今とでは、カメラマンの数がまったく違うと思うので単純比較はできませんが、来月をシミュレーションしながら、写真を眺めると楽しいですね。

 テキストによって、各シーズンがコンパクトにまとまっているので、おぼろげな記憶の埋め合わせをしてくれて、便利です。

 (3)羽生結弦 写真とポスター展(42~49頁)

 この「写真とポスター展」は、キスクラでも紹介されていました。キスクラの方は、仙台放送の担当者のインタで構成されていて、わずか2ページに裏話的なものがギッシリ詰まっていて、有益でした。

 このSportivaバージョンは、8ページのボリュームということで、写真中心の作り。特徴としては、仙台放送提供の写真だけでなく、能登直さん自身が会場の様子を撮影したものもたくさん収められています。これはこれでコンセプトがまったく違っていて、貴重です。

 私のような、このイベントに行けなかった方は、この2冊のレポートで、現地の様子がかなり掴めると思います。

 ちなみに、私が全日本を観戦した際、会場の様子をスマホで撮ったりしていたわけですが、こういう催し物をプロのカメラマンはこういう光の入り方とこんな構図で撮るのか!という点で、勉強になります。

 いい気分でページをめくると、「宇野のなかに“羽生超え”のシナリオはできている」(50頁)と、不愉快な文言が目に入ったので、どれどれ?と中身を読んでみると、「目先の結果を考えていない」「宇野の視線は目の前の平昌五輪だけではなく、そのはるか先も見据えていた」などと結ばれていて、一体これのどこが「羽生超えのシナリオ」なのか、具体的記述ゼロのまったく意味不明な内容。国語のテストなら点数はもらえませんね。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-10-13-17-16-31

2017-10-13-17-17-12

2017-10-13-17-16-43



 2017年10月5日発売。「通信」があんなことになったため、現状、ゆづファンにとって最も頼りになる雑誌のひとつが、このSportivaです。

 私も発売日に入手はしていたんですが、すでに皆さんご購入のはずなので、レビューは後回しにして、試合の感想や「オフィシャルガイドブック」のようなマイナー雑誌の紹介を優先させていました。

 今回のSportivaの羽生君の写真について、一言だけコメントすると、とにかく、アップのショットが多い!ということ。表紙もそうだし、表紙をめくった裏ページ、そして、テキストを細部まで読む必要があるので、34~35頁を凝視していると、34頁のビッグスマイル(※この表現は、JGP解説のテッドさんに影響されてます)が、嫌でも(笑)目に入ってきます。

 もちろん修正はある程度入っているんでしょうが、まぁ、肌も歯もキレイで、自分が同じ人間であることが恥ずかしくなりますね(汗)。

 さて、羽生君のトロントメディアデーの記事について、これまで発売された他誌では、基本的に「囲み会見」と「個別会見」という二本立てで掲載されていました。後者は各メディア10分とかその程度という話なので、前者に比べてボリュームは圧倒的に少ないはずなんです。

 ところが、このSportivaの33頁と35頁のテキストを読んでいると、「これはトロントの囲みでの発言じゃないのでは?」というものが随所にあり、その一例として、FaOIの時に折山さんが羽生君に取材した際の発言も入っています。念の為に、同氏取材によるFaOI新潟パンフのインタのリンクも貼っておきます。

 まさにいま、新潟のパンフとSportivaの両方を広げながらチェックしていますが、私が気になった羽生君の発言がここです(33頁)。

  「国別対抗戦のエキシビションのアンコールで『レッツゴー・クレイジー』のステップの部分をやったときに、けっこう消化できたんです。自分のなかで『これが自分が見せたかったものだな』と思って、それで(次のシーズンは)『もうこれじゃないんだな』と思えたんです。それでやっと前に進める感じになれたんです

 →→4月の国別の、しかも「アンコールのLet's Go Crazyのステップ」によって、Let's Go Crazy持ち越しの気持ちを捨てられた、という主旨の発言です。バラ1再登板の経緯については、家庭画報のウェブ記事がかなり詳しいですが、このステップのことは書かれていないので、これは新しい情報だと思います。

 つぎに、SEIMEIとホプレガの関係についての発言を(35頁)。

  「『SEIMEI』はすごくキャラクターが強いんです。何かこう、大黒柱みたいなものが中心にあってそれが揺るがないんです。だけど、そこに『ホープ&レガシー』で学んだことを取り入れると……。あれは柱がないプログラムで、沖縄の古民家みたいにすべてを受け入れるようなイメージでした。だから、そういうものを融合させたいと思っていますし、今まで感じたものをすべて出したいという思いはあります」
 
 →→はぁ?ホプレガが沖縄の古民家?「沖縄」「古民家」「構造」とかでググっていると、こういうサイトがヒットしましたが、柱が無いわけじゃないからなぁ・・・。台風対策ということだと、こんなサイトにあるように、民家の周囲を石垣や屋敷林でガードするというのは、私も聞いたことはあります。

 そもそもここでいう「すべてを受け入れる」というのは、暴風を受け流すような古民家の構造上のことを語っているのか、あるいはこういうサイトにもあるように、琉球地方と日本列島の文化が何らかの形で溶け合っている、古民家の文化的な特徴を指しているのか、私には分かりません。気になって仕方ないのですが、これだけでは何とも羽生君の真意が分からないのでもどかしいです。

 ところで、最近、私が雑誌から引用した部分を英訳している海外のサイトがあるようで、じゃあ、ここはちゃんと引用しておかないと!ということで、ちょっと長くなりますが、こちらを(35頁)。

  「もともと、日本人としてのプライドとか誇りのようなものはすごくあるんだと思います。初めて日本代表のジャージを着たときには『俺は日本代表なんだ。日本の国旗を背負って戦いに行くんだ』という気持ちになりました。そうした思いを持っているからこそ、オリンピックで和のイメージのプログラムをやりたいという思いがすごくありました。それもあって、新境地として『SEIMEI』を演じて、それをみんなが受け入れてくれて、評価してくれたので、それを究めていきたいという思いもあります」

  「今シーズンはショートとフリーで両極端のものを見せられると思っています。“ザ・クラシック”といえる『バラード』は、クラシックの演奏家のように演技をして、“和”の『SEIMEI』では『羽生結弦はこれだよな』と感じてもらえるものを演じきれれば、もっといいプログラムになると思います」

 前段の方は私が付け加えることはありません。後段については、「Life Vol.11」での発言と比較してみると、また面白いです。ライフの方では、「安倍晴明というキャラを演じるだけでなく、ホプレガでの経験をもとに、当時の時代背景も表現する。バラ1にも活かしたい」という発言がありました。

 本誌では、バラ1について、「演奏家のように演じる」とありますが、ライフでの発言と組み合わせると、ショパンの生きた時代も表現しようとするのかな?と、また新たな注目ポイントが増えた感じがします。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-10-05-14-36-29



 上記の2冊を入手しました。雑誌のレビューは週末の試合が終わってから、またゆっくり取りかかるつもりです。とりあえず、それぞれについて一言だけ。

 「Sportiva」→→最近の我々のフラストレーションを吹き飛ばすような、会心の出来です。中身を見ずにポチっても大丈夫です。Lifeも良い写真は多いですが、ゆづファン的にはこちら優先で良いと思います。そういえば、FaOIフォトブックも同じ集英社からの発売でしたが、どうも「圧力」の件も単純ではないようです。

 「オフィシャルガイドブック」→→毎年大した内容じゃないんですが、やはり例年通りです。スケオタ以前にゆづファンという方には必要のない一冊です。ただし、このQ&A(11頁)はなかなかレアなのでご紹介しましょう。

2017-10-05-14-37-46

 私も、このブログの中で「Bluetoothイヤホン」については何度か(1)(2)書いてきましたが、「やっぱり・・・」という感じです。本人が具体的にコメントしたのは初めてじゃないでしょうか。

 FF9は、私自身は20年ぐらい前にプレステ版でクリア済なんですが、せっかくなので、タブレット(アンドロイド)に入れてみました。軽く触った感じでは、当たり前ですけど、PS版よりかなりキレイになっています。

 2500円とけっこうするんですが、単にクリアするだけでなく、それこそ羽生君のように「ひたすらやる」ということで、しっかりやりこむなら、十分に元は取れるはず。初期のFF(1~6)が好きな方なら、比較的抵抗なく楽しめると思います。

 それでは、JGP第6戦ポーランド大会の女子SPの感想を。リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。注目選手を滑走順でチェックしておきます。



 まずは、ロシアの14歳、エテリ組「第三の刺客」、ダリア・パネンコワ。第3戦ラトビア大会で優勝しており、今大会も彼女に1位抜けしてもらった方が、第7戦に出場する紀平さんと荒木さんのファイナル進出の可能性も高くなるのでは?と見ていました。

 「65.64」の2位です。「ジャンプ・マシーン」なトゥルソワ、超ワイルドなタラちゃんは、ある意味で「人間離れ」しているとも言えますが、このパネちゃんはわりとマトモというか、ジャンプ後半固め打ちにタケノコの定番セットだとしても、フィギュアスケーターっぽい美しい所作と完成度の高さがあって、これなら受け入れられる・・・という印象です。あと足が長い。ジャンプも高いし、67~68点出そうな雰囲気がしたんですが、3Fにアテンションが付いていて、それで伸びなかったようです。



 松原星さん。JGPシリーズ初参戦です。SPは鈴木明子さん振付の「ジェラシー」。「49.10」で7位。ジャンプで大きなミスがありましたが、予想よりはゴッソリ減点されておらず、高い評価を得ている証拠です。フリーでの挽回を期待しましょう。



kos1

image

 つぎに、エテリ組「第四の刺客」、14歳のアリョーナ・コストルナヤ。ジュニア1シーズン目。今季のJGPもこの第6戦目にして初登場の選手です。とにかく情報が少なくて、謎に包まれていました。

 しかし、初めて見ましたが、この子は、ヤバいです。衝撃を受けましたね。ビジュアルは若い頃のミラ・ジョヴォヴィッチのような(と思いましたが、画像検索かけたらあんなにキツイ顔じゃないですね)、とにかく、キリっとした女優顔で、146cmと小柄ですけど、手が長いので、身長ほど子どもっぽさは感じません。

 この「69.16」は、今季JGPのSPのスコアとしては二番目の記録。一番は、トゥルソワの「69.72」ですが、トゥルソワも初戦は「65.57」でしたから、これがいかに凄い数字か分かります。

 ちなみに、両者のSPのスコアの内訳をみると、トゥルソワの「69.72」は「TES: 41.78 / PCS: 27.94」に対し、コストルナヤの「69.16」は「TES: 41.14 / PCS: 28.02」と、トゥルソワよりもPCSが高く出ています。

 演技の内容を見ると、ジャンプは例のように後半固め打ちなんですが、タノはコンビネーションジャンプの2ndの一回のみに留めているので、嫌みはありません(彼女の場合、おそらく「技術的に一本がやっと」ということなのでしょう)。着氷時のポーズ(特に指の反り返り方)が、私の好きなポゴちゃんに似ていて、そこがまたジュニアっぽさを感じさせない魅力です(てか、顔はポゴより美人という・・・)。

 スケーティングスピードがもう少し欲しい気もしますが、見どころたっぷりの、十分に魅せるつなぎです。

 しかし、これほどの逸材が第6戦まで出てこれない、エテリ組およびロシアの選手層は恐ろしいとしか言いようがないです。この子がフリーも揃えて優勝したら、第7戦にも連戦で来るのでしょうか・・・。



 韓国のエース、イム・ウンス。「58.60」で4位。彼女にしてはスコアが伸びませんでした。3Fにアテンションと、フライングシットスピンがレベル2で、ポジションないし回転で規定に足りていないようです。ロシアの二人が強いので、フリーでどれだけ巻き返せるか・・・。いやぁ、ハイレベルな戦いになっています。



 笠掛梨乃さん。初めて演技を見ました。一言で言って、速い!カメラが彼女を追いかけるのが大変なぐらい、スケーティングスピードがとにかく速い!今まで、見たことのないタイプの選手です。

 テッドのおっちゃん、演技後の第一声が、

 Wow, wow...and wow! That was awesome!

 めちゃめちゃ興奮してましたがな(笑)。「59.35」で3位発進!JGP初参戦で、これは見事です。

 後半の3Lzにエッジエラーがあって、ここが3.72点しか取れていません。もしエラーが無いと、後半のルッツの基礎点は6.60なので、その減点がなければ、62~63点は出てるはず。スピン・ステップ、すべてレベル4を獲得。初戦でこれは素晴らしい!

 全編通してキビキビとした内容で、荒木さんとはまた違った意味で、見ていてスカっとする、気持ちのいい演技です。

 なかなか興味深いSPでした。コストルナヤと笠掛さんの演技だけでもぜひチェックしてみてください。面白いですよ。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-04-19-10-28-06

2017-04-19-10-28-29

2017-04-19-10-28-14



 昨日の続きです。羽生君関連以外でいうと、なんといっても目玉は、宇都宮直子さんの連載企画「日本男子フィギュアスケート 挑戦の歴史」(93~97頁)ですね。

 前号に引き続いて、佐野稔先生の現役時代の話なんですが、1977年3月に代々木第一体育館で行われた世界選手権の激闘が綴られています。

 佐野さんはこのワールドで3位に入り、日本史上初のメダルを獲得するとともに、この試合を最後に21歳で現役を引退しました。

 その当時の冬季オリンピックは、72年に札幌、76年にインスブルック(オーストリア)で開催。佐野さんは、75年のワールドには骨折をおして強行出場したものの10位(前年は8位)。インスブルック五輪は9位。

 都築章一郎先生に小学生の頃から師事し、猛練習を積んだことは前号でも明らかにされていますが、上記の大会ではコンパルソリーで出遅れることが多かったようです。そこで、コンパルソリーの指導を佐藤信夫先生にお願いし、東京のワールドを迎えたのでした。



 コンパルソリーとSPとの合算で5位。メダルは難しいとみられていたものの、フリーでは5種類の3回転を7本組み込む構成で挑みます。結果、フリー1位で、総合3位に食い込みました。

 当時、男子シングル選手の3回転というと2種類程度が標準だったそうです。さらに、当時のルールではジャンプの本数に制限が無かったため、7本入れる鬼構成を実現。曲は「ブダペストの心~カルメン」で、いまと比べると上半身の振付が物足りないように見えますが、ジャンプはさすがの高さだし、ランディングも滑らか。イーグルを多用し、終盤の畳みかけはどこかネイサンの「ダッタン人の踊り」を彷彿とさせます。てか、ジャンプの詰め込み方も含めて、ゆづというよりはネイサンですかね。

img_1

 動画の5:45辺りから、演技を終えて、コーチ陣(青いジャンパーの人が都築先生?)に迎えられて男泣きの佐野さん。今でこそ、居酒屋だ何だと言われてますが、かっこいいじゃないですか。

 ところで、つい先日、国別対抗戦を見たばかりなので、客席に目が行きがちなんですが、今よりも男性客が多い気がします。口ヒゲをたくわえたおじさんとか、かっちり七三分けのおじさまとか。今のようにチケットの入手が熾烈なはずもなく、大人が気軽に見に行けるスポーツイベントだったのでしょうね。国旗も現在のような広げるスタイルではなく、駅伝やマラソンの沿道で見かける手旗タイプでファンは応援しています。

84795685

74773687

C45zM_3VcAAnI5y

 プロ転向後は、現在の「プリンスアイスワールド」の前身の「VIVA! ICE WORLD」に出演し、観客は佐野さん目当てに押しかけたとか。レコード、本の発売、ニュースのキャスターとしても活躍。あるかと思って調べましたが、YouTubeでは佐野さんの歌の音源はヒットしませんでしたね。

 しかし、その後、フィギュアスケートの人気は定着せず、ワールドや五輪で活躍する選手がいなかったこともあり、今回の連載はこう結ばれています(97頁)。

  「熱狂はぷつんと切れるように、終わってしまった。関心とか興味とか。人々はそういうものを失ったのだ」

 次号以降も連載はまだ続く気配がありますが、「日本男子」というくくりだと、もう本田さんまで一気に20年飛ぶんですかね?

 そう考えると、羽生君&宇野君の後、日本男子が20年勝てない時代が来てもおかしくないわけで、気を引き締めて応援しなきゃなと思いました。

 では、また明日!

 Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアスケート ブログランキングへ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ