SOI(2日目)感想

SOI(2日目)感想

4月23日(金)の横浜公演2日目を現地観戦しました。パンフレットの入手がなかなか大変ということで、開場の30分前の12:30頃から並び始めました。いちおうミネラルウォーターだけは持参して、食べ物類はいっさい準備せずに現地入りです。まぁ、2時間なら何とかなるでしょうという、異例の判断です。

開演前に入手しようと思ったら、覚悟して並んでください。2階の廊下に並ばされるわけですけど、大密集です。換気はしているはずですが、冷房は入っていないはずで、ジャケットを脱ぎたくなりました。アイスショーといえば、ダウンとかコートとか膝掛けとか、防寒具持参がセオリーですが、厚着をしながら30分以上並んでいたら、具合悪くなる人が出るかもしれません。そう考えると、終演後の方がいいのかもしれません。

第一部は、ゆづファン的にはオープニング以外、若手ばかりでやや物足りなかったかもしれません。ただ、現地観戦組の率直な感想としては、小松原夫妻がめっちゃ良かったですよ。しっとりした曲調でしたが、パワフルな尊君のサポートが効いてます。FaOIにも言えますが、カップルスケーターの演目はストーリー性を感じさせるので、アイスショーには無くてはならない存在です。二人の演技の良さをお客さんもしっかり拍手で応えていました。

FaOIあたりで、アーティストとコラボしても、海外勢やプロスケーターと遜色ないクオリティで演じてくれる期待感があります。ファンタジーは残念ながら今年は中止ですが、真壁さん、ぜひ呼んだ方がいいと思いますよ。

第一部が終わってトイレから戻ってきてTwitterを開くと、TLにこのような画像が流れてきました。上記の座席表と照らし合わせて欲しいんですが、これボックス側(南西側)だと思うんですよ。同じロングサイドでも、もともとスタンド席の数自体が少ないんです。私の見立てでは、アリーナはきっちり入れていて、スタンドも7割以上は入れているように見えました。

「じゃ、50%って話は?」と疑問に思うんですが、ほとんど入れてないのが、ステージ裏のアリーナ&スタンドで、ここだけで全体の空席の25~30%ぐらい稼いでいるように見えました。コロナ関係なく、もともと売ってない座席かもしれませんが、逆に考えると、裏エリア以外はそこそこ入っている感じはしましたね。

第二部は、上記の3人ですね。紀平さんは、さすがに3Aやクワドは入れてませんが、それ以外の3回転の切れ味は抜群で、本当に怪我してるの?というクオリティ。今回、現役の女性選手が多数出演していますが、ジャンプの安定感といい、所作のしなやかさといい、ショープロでも、彼女は頭ひとつ抜けています。この日、最初のスタオベが発生。

宇野さんの新プロの「ボレロ」も、最後に拍手とスタオベが起こってましたね。なぜかというと、3Aを最初に転倒したので、その後に3Aだけでも3回ぐらいチャレンジしてました?3Aが決まった後、その他のトリプルもボチボチ決まってました。ランビさん振付らしいですが、宇野さんのバレエジャンプって初めて見たかもしれません。最後かなりのお疲れで、会場から労いの大拍手という感じです。

そして、トリの羽生さん。もし今日ホワイトプリンスじゃなきゃどうしよう・・・と若干不安だったんですが、この目で見れて良かったです。ジャンプは、「3Lo 4T-3T/3A」でしたかね。16-17シーズンの時は、「4Lo 4S-3T/3A」という構成でしたが、「冒頭のループを4Sに切り替えてノーミスすれば、すぐに110点じゃね?あなたいつ練習してたの?」と、あまりの完成度の高さにビックリ。

アイスショー初体験っぽい、私の一列前の白髪のおじさんが、ズサーの所で手すりに身を乗り出して拍手してるので、「おい!バカ!見えねーよ!」と心の中で毒づいてました。でも、初老のおっさんでも容赦なく沼に突き落とす、羽生さん、サスガです(笑)。

まだ映像の方はまったく見れてないので、また印象は変わるかもしれません。その辺り、コメント欄で皆さんと意見交換したいと思っています。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)