ゆづ@SOI振り返り(2013-2014)

ゆづ@SOI振り返り(2013-2014)

2013年大阪」の映像は、なぜか動画の埋め込みができないので、「こちら」から飛んでください。

13年は、「Hello, I Love You」です。3Aを2本跳んでますね!もともとこういう構成で跳んでたっけ?それとも、1本目に納得が行かなかったから?と、この点、とても気になりました。

12年のスケアメのEXの映像も確認してみたんですが、3Aは1本のみでした。ちなみに、YouTubeで検索をかけると、15年のFaOI静岡のハロアイが検索のトップに来ると思うんですが、こちらも3Aは1本のみ。

そう考えると、SOIのアクセル2本は「サプライズ」なのかもしれません。

2014年代々木」は、 ソチ五輪直後とあって、豪華です。

まずグループナンバーの「家族になろうよ」から。あえて明子さんの解説入りの方にしました。振付は佐藤有香さんということですが、スケーターも「相談しながら」作り上げた、とのこと。しかし、今回はどうなるでしょうね・・・。普通に考えたらジェフに来てもらうことになるんでしょうが、どうなることか。

昨年の特設サイト」も見ているんですが、SOIは、織田君が例の件で欠場していたんですね。

2014年は、明子さんの解説の中で「織田君が中心になって円陣を組んでいた」という話もあり、映像のラストでは、「なんか喋って、笑わせとるな!」というシーンが見られます。今年はぜひ元気な姿を見せてもらいたいです。

次は、「花になれ」を。「歌って踊れる!」じゃなくて、「歌って滑れる!」という、羽生さんのエキシビナンバー。3Aはちょっと危なかったですが、しっかりジャンプを跳んでます。

こちらも明子さんの解説付きの方を埋め込みましたが、明子さんが印象的なことを言っています。

まだまだ、これから、いろんな経験がスケートに・・・さらに経験を増して、より表現にも生きてくるんだろうなと思います。

何気ないコメントではあるんだけど、この時から6年間、たいへんな経験を重ねて、そして素晴らしい名演をいくつも見せてくれました。そう思うと感慨深いです。

そして、インタビュー。ちょっと短いですが、口調も表情も、今と比べると、まだまだ若い感じはしますね。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ととちゃん より:

    今日もSOIからありがとうございます!

    ソチ落ちなので、2014の録画は擦り切れるほど見ました。
    「家族になろうよ」の爽やかさや、織田くんとの対談に垣間見えた素の部分に、また新たな魅力を見つけたようで 胸を踊らせていました。そして、ソチ後 動画でしか見たことがなかった「花になれ」。これを大画面で堪能出来た満足感!当時、とてもレアな、ネックレスのない首元に盛り上がったものです。それも手伝ってか、本当に美しい、透明感のある印象を残した演技でした。

    この頃と比べると、羽生選手も大人の落ち着きが増しましたね。仰るように、6年間の経験を全て無駄にしなかった羽生選手の努力があってこそ、ですね。4月のSOIではどんな姿が見られるでしょう。junさんのレポを読めることを祈っています。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      実を言うと、羽生さんのEXを毎試合ディテール含めて細かく見るようになったのはスワンからなんですが、近年のプロとクオリティは違うとはいえ、以前のものもやっぱり内容はいいですよね。ただ、完璧主義の羽生さんですから、昔のEXもいま再演するとしたら、まったくの別物というぐらい研ぎ澄まされたものになるんじゃないかと。そう考えると、プロスケーター羽生結弦の未来も本当に楽しみでなりません。

      いやいや、SOIは、私は横浜初日しか日程的にも無理なので、ほぼ諦めています(汗)。

      テレビの放送がどの程度のクオリティなのか読めませんが、そちらで楽しめたらと思っていますよ。

  2. sennin より:

    そうですよね!歌って踊れるから滑るになっていきましたよね!。
    ハローアイラブユーは振り付けが菜々美先生ではないですし、新鮮味があっていいですね。こちらも観てみたいです。
    2014のSOIは織田くんとの対談やってたと思うんですが、あれ面白かったなあ(笑)
    3A二回ですか?もうお手のものですもんね。今と同じでその時で変えてたわですね。
    何を滑ってくれるのか本当に楽しみしかないですね。

    • Jun より:

      senninさま

      あのアクセル2本は「シェフの気まぐれ」じゃないですが、やってみたかったんでしょうね。

      ただ、EXで3Aを入れるのが当たり前になったからこそ、近年はディレイドアクセルも上手く溶け込ませられているんだと思います。

      3Aから4Aという点にフォーカスされがちですけど、羽生さんのディレイドアクセルも凄いよなぁ・・・と思っています。

  3. ひととき より:

    こんばんは

    昨日は丁寧なご返答有難うごさいました!
    結局、SOIは4年連続で観に行きましたが、2014年の演目は、パリ散でした⭐️
    ソチの後だったので、皆大喜びだったんですが、私が観た回はジャンプ不調で土下座オンアイスでした…
    羽生君は、ショーでも最高難度入れてきますから、そういう時もあるんですよね。本当にいかなる時も全力投球、稀有な存在です。

    • Jun より:

      ひとときさま

      いえいえ、とんでもございません。コメントありがとうございます!

      「土下座on Ice」も、たいへん貴重な経験ではないですか?そんな成長期を経て、いまの羽生さんがあるわけで、その成長過程をリアルタイムで見られる私たちは、本当に幸せ者だなと思います。

      4CCも近づいていますが、そもそも4CCでのEXも何が来るか読めないですから、本当に楽しみですね。