ワールド中止・・・

ワールド中止・・・

まぁ、ダメだろうとは思っていたんですが、WHOのパンデミック宣言が決定打になったのかもしれません。

とにかく残念ではありますし、チケットを取って、現地に行かれる予定だった方々の心中を心よりお察し申し上げます。

ただ、羽生さんのみならず、出場予定選手たちはみんな覚悟していたと思うので、すでに来シーズンに向けて気持ちを切り替えていることでしょう。

この感じだと、SOIの横浜・八戸もほぼ絶望的ですから、もし、今回の中止により羽生さんにとっての好材料があるとしたら、何だろうか?と考えてみました。

・間違いなく、バラ1&SEIMEIで来季戦うはずですが、4CCではSEIMEIの滑り込みが足りなかった印象です。新プロを用意する必要もなく、来季に向けてしっかり準備ができる。

・同時に、4Aの練習もガンガンいけるのではないかと。そもそも、怪我も無いのに、ここまで試合の間隔が空くというのは、初めてではないでしょうか。

・おそらくSOIは中止。正直言って、今のこの状況の日本に羽生さんや海外拠点のスケーターに来てもらいたくないという思いはありました。FaOIが開催されるとしたら、コロナの状態も改善しているでしょうから、そこは安心です。

・羽生さんは、東京オリンピックの開会式で「何らかの役割」を担うと見られています。ただ、オリンピックは、SOIやFaOIとは比べ物にならない一大イベントですし、今では「5月判断で大丈夫?」と囁かれていますね。そもそも、マラソンの札幌への変更の件を思い返しても、日本がどれだけ「安全」と言っても、決定権があるのはIOCです。けっこう厳しいと思いますね。もし中止になれば、羽生さんもずっとトロントということになります。

スポーツ界のみならず、日本中、いや世界中の人たちが我慢と忍耐を強いられていますからね。一刻も早く終息してほしいものです。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ととちゃん より:

    確かに4Aはガンガン練習出来ますね!

    で、プロですが、自分が一番しっくり来る曲を 充分選んで考えて練り上げる時間が出来たので、両方新プロにすると勝手に思ってました。そして勝手に、萌黄色のSEIMEI衣装、さようなら…と、しみじみしてたんですが junさんの意見では持ち越しなんですね…うーん
    分からなくなって来ました。

    何れにせよ、来季を待てる幸せに感謝です!
    どんよりしがちな昨今に光が差しました。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      そりゃ、私も新しいプログラムを見たいですよ。でも、もしバラ1とSEIMEIを「卒業」するとしたら、それこそ両プロをノーミスで揃えてワールドか五輪でネイサンに勝利する必要がある。

      しかも、4Aを実戦投入することを考るならば、SPはノーミス率の高いバラ1、そしてフリーは、かりに4Aをミスしてもその後のエレメンツをクリーンに決めきれるSEIMEI、やっぱりこの2つ以外ありえないんじゃないか・・・と。それが20-21シーズンになるのか、21-22シーズンになるのかは分かりません。でも、もう羽生さんも陣営も覚悟を決めているような気がします。

  2. おの より:

    ワールド中止に、正直ほっとしています
    どう考えても危険でしたね
    羽生くんは休む時間が出来て良かったと思います
    羽生くんの本当の気持ちは分かりませんが…
    現役を続けてくれるんですね
    それだけでこちらも元気が出ます
    でも、色んなショーに借り出されるんじゃないかと不安ですが、コロナのお陰でそんな事も無さそうです

    あ、氷上の創造者
    やっぱり買いました
    本当は立ち読みで買うのを止めようと思ったのですが、やはりマッシさんの記事は買っておかないと後悔しますね(^ ^)

    • Jun より:

      おのさま

      東京五輪についても「無観客で予定通り開催」を主張する論者がいますが、かりに無観客で開催するにしても、大勢の会場運営スタッフ、選手の宿泊先のスタッフ、そして何より、開催都市の市民の安全も確保しなきゃいけません。五輪で言えば、パラリンピックもある。よりケアの必要な出場選手たちをいったい誰がサポートするのか。

      ひるおびで、八代弁護士が「東京都民は365日オリンピックのことを考えて生活しているわけじゃない」とピシャっとコメントしていて、まさにそうなんですよね。ワールドについていえば、むしろ選手以上に、モントリオールの市民の安全こそが優先されなきゃいけない。羽生さんのコメントはおそらくそこも視野に入っていて素晴らしいと思いますね。

  3. マリィ より:

    こんにちは
    4CCの開催さえ心配しましたから私も良かったと思います。
    オーサーとかマスクもしてなかったし羽生くんは喘息持ちだし。
    でも喘息の薬がコロナに効くとかなんとか言ってましたね、テレビで。
    ワールドの後、どんな青写真があって、どんな発表があるかドキドキでしたが、とりあえず来季も見れる喜びです、私にとっては。
    ワールドはもう再開催はないのじゃないかと思いますよね。
    選手みんなもテンション上がりませんよね。
    来季のプログラムに気持ちが移ってるだろうし。

    • Jun より:

      マリィさま

      いま韓国の状況を思えば、よく4CCが開催できたよな・・・と思います。あと1週間開催が遅かったら、まず無理だったのではないでしょうか。もちろんワールドも無理ですから、バラ1とSEIMEIの「再演」もスーパースラムも幻に終わっていた可能性があります。

      ワールドの延期案は10月でしたっけ?かりにコロナが収束したとしても、私はこれはポシャると見ています。どうせこの意見も、例の醜悪なレッドカーペット祭りをやりたがっていた連中が言ってるんじゃないでしょうか。

  4. 雪女 より:

    こんにちは!
    とうぜん中止だろうと思っていたのですが、ISUがギリギリまで抵抗・・いや尽力してくださっていたので、どうなるんだろうとハラハラしていました。
    羽生さんのコメントはさすがですね。暖かいです。
    新プロか継続か? 私は北京まで現役続行と思っているので、来シーズンに新プロ、2シーズンやってオリンピックだと良いかと。でもオトナルに違和感があったなんて気がつかなかった(多少ジャンプが跳びにくい位かな?と)ので、全然予測できません。
    ところで関係ない話なんですが・・・あの「ファン通信13」をヤフオクで、アマゾンよりずっと安く買えました。2014年、LIVEで観た中国杯、長野へ観に行った全日本(ホテル難民になりかけた!)と、とても懐かしく思い出しました。あの頃はチケットも取れましたね。去年奇跡的に全日本男子SPのチケットが取れましたが、今年はどうでしょう。今年は札幌?大阪?

    • Jun より:

      雪女さま

      まさにおっしゃる通り「抵抗」以外の何物でもないですよね。

      なるほど・・・新プロを2シーズンですか。私は、もう五輪シーズンまでバラ1とSEIMEIで行くと予想しているんですが、これはいくらゆづファンの間でも賛否あるかもしれないです。

      ただ、いまのISUのジャッジの悪質さを考えるなら、綺麗事は言ってられないと、羽生さんも陣営も腹を括っているような気がするんですよね。それぐらい、トリノファイナルの採点は「スキャンダル」と言っていいほど酷いものでした。私自身も決して許しませんし、忘れません。

      通信13号のゲットおめでとうございます!世の中、オークションサイトはマスクの件ばかりになってますし、「雑誌を安く入手する」ということだと、いまはタイミング的に調べる価値があるかもしれませんね。

  5. りりかる より:

    世界選手権中止は残念ですが、フィギュアスケート選手には喘息持ちのスケーターも何人かいるので心配でした
    中止になってよかったです
    羽生くんが前向きな発言をしていて救われました

    来季については流石にこれ以上同じプログラムを継続することはしない気がします
    それってあまり羽生くんにとっても良いことには感じないです
    そしてファンとしてもせっかくの羽生くんの表現者として幅広さや能力を一般に見せないままなのは勿体ないと思います
    フィギュアスケートに詳しくない家族でもオリンピックは見ていたのでまた同じのに戻すのと言っていました
    今の羽生くんにあった4Aが合う素晴らしいプログラムを期待しています

    • Jun より:

      りりかるさま

      もちろん、私も、新しいプログラムを見たいですよ。本音を言えば、OtonalとOriginの持ち越しさえ、少々ガッカリしたぐらいです。

      ですが、いまのISUは「新プロ」ということを理由にsage採点をするほど手段を選ばないとも言えるので、羽生さんはもはや腹を括ってバラ1とSEIMEIで戦うんじゃないかと。

      アイスショーのプロであっても、昨年はToshIさんと創り上げたマスカレイドやクリメモのような素晴らしいプログラムを見られたので、自分の中では競技プロに「新作」をそこまで求めてはいません。