「Sportiva (Passion On Ice)」(2)

「Sportiva (Passion On Ice)」(2)

Sportiva」の続きです。武田・能登対談の後は、伊藤聡美さんのインタビューを読みました。取材はいとうやまねさんによるもので、お馴染みの組み合わせではあるんですけど、今回は、衣装のモチーフとなった西洋絵画も併せて紹介されていて、格調高く仕上がっています。

気になる羽生さんの衣装については、Otonal、Origin(黒)、春ちゃんの3つが取り上げられています。以前、地上波だったか雑誌だったか自信が無いですが、伊藤さんのOtonalの衣装制作の様子が紹介されていた時、氷河の写真のようなものを見せていた記憶があるんですよね(間違っていたらすみません)。しかし、今回のインタビューでは、エミール・ガレの『草花浮彫文壺』という壺の写真が挙げられています。こちら、Google画像検索をしてもヒットしないので、Sportivaを見てください!としか言えないんですが、水色と白の花の模様で彩られた丸みを帯びた壺です。ただ、影響を受けたのは色味だけのようですね。

Origin(黒)は、ギュスターヴ・モローの『ユピテルとセメレ』という絵画から着想を得たとのこと。この衣装を2018年のオータムで見た時、RPGの最終ボス感というか、魔王感が、まず私にはピンときた所でした。このインタでは触れられていませんが、プルさんのニジンスキーをリスペクトしたプログラムなので、プルさんの衣装は伊藤さんの頭の片隅にあっただろうとは思います。ジョニーのOtonalよりは、はるかにこちらの方が共通点はあると思うんですよね。なぜなんでしょう?でも、伊藤さんご本人が「先輩」の映像を見たかどうかは不明なので、あくまでも私の想像です。

最後に「春ちゃん」。なんと、伊藤さんご自身も「はるちゃん」と呼んでいるのだそうです。羽衣をイメージされたとのこと。ドラクエにも「みずのはごろも」という強力な装備があって、なるほどな・・と。

このインタの中で、さすが伊藤さん!と思ったのは、以下の部分です。

「一応桜ですけど、桜の花を使うのはもうちょっと違うなと思って。あくまでも色とか全体の雰囲気で“桜感”が出たらいいなとおもいました」

これって、「天と地と」の衣装を全日本で初めて見た時、「そう来たか!」と感じた所に通じる部分があって、「天と地とだから武将でしょ?」という、誰もがイメージする第一感を外してくる所が、さすがプロだなぁ・・・と感じます。

「天と地と」の衣装については、羽生さんから「ブルー・グリーンで」という依頼があったようで、羽生さんも「普通の感性じゃない」という点で、二人は共鳴するのでしょうね。

羽生さん以外のスケーターの衣装についても深く語ってくださっているので、興味のある方はぜひチェックされると良いかなと思います。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. Sennin より:

    昨日の記事になりますが能登さんは講座でもゆづる君のおじさんと言ってました。同じ仙台でお父さんの教え子でノービスあたりの表彰式から追っているからでしょうかね?
    透明感というのは私も同じです。講座で透明感のある写真と言われても、そう?とご本人は分からない感じでしたが他の方でも感じるのだから凄いなあと驚きました。能登さんは結弦君にポーズを頼んだりすることが少なく素の羽生結弦を撮るんですよね?それが透明感かな?と思ってます。甥っ子が可愛いから?そんな感じ。前の事ですがリンクで能登さんを見つけると指さしてたくらいですからね!関係が深い。
    伊藤さんの紹介ありがとうございます。いろいろと新しい発見でした。はるちゃんは桜のイメージですか?個人的にはヒラヒラがどうもなんですが田中カメラマンさんは大好きらしいです。歌詞の中に沈丁花がはいっているのでお腹の辺りが黒っぽいし沈丁花のイメージかと期待してました。となるとヒラヒラが合わないわけですが…。

    • Jun より:

      Senninさま

      田中さんは、ジュエルズフォトブック紹介の中で「かわいさと癒し」をアピールしていましたけど、そういえば、能登さんは「かわいい」と評することは無いですよね。仙台時代からの長い付き合いですし、羽生さんのお父さんとのご縁もあったりして、またちょっと違った視点で羽生さんを見ている気がします。

      そこに来て、能登さんも名を連ねている「山と渓谷社」から出る写真集は気になりますよね。「練習着」というコンセプトですが、Cutting Edge時代からのレアショットが蔵出しされるんじゃないか?と期待しています。

  2. 雪女 より:

    Sportiva 買ってないんですが、なんか良記事が多いようで(Sportivaのくせに)
    衣装のモチーフになった西洋絵画なんて言われたら読みたくなっちゃいました。
    私、Origin(黒)とっても好きなんです。最初見た時、「半神半人」ってイメージが湧きました。日本神話やギリシャ神話に出てくる、ちょっと悲劇的なイメージ。年を重ねるとさらに似合ってくるように思うので、また着てほしいです。
    今年のLMEYも天地もとても良いですね。来シーズン、同じプログラムだとしても、衣装は変えてくるんでしょうが、いくつも最高の衣装を作れるって、伊藤さん凄いなあと毎回感嘆しています。

    ところで、LMEYの衣装があって良かったですね!SOIのオープニングにぴったりじゃないですか! Blinding Lights っていう曲、Junさんご存じでしたか?何かすっと入ってくる曲だなあと思っていたら、80年代風とか言われてて・・やっぱり(笑)
    私が洋楽ばっかり聞いていた頃の感じですね!

    • Jun より:

      雪女さま

      「ゆづ成分薄め」という点ではいつものSportivaなんです。ただ、今回は企画にかなり工夫があるので、立ち読みでもいいのでチェックされることをオススメしたいです。

      Blinding Lightsは、近所のジムでかかっていたような気がしないでもないですが、アメリカでかなりヒットした曲のようですね。佐藤有香さんはアメリカ生活が長い方ですし、あっちの新しい曲にお詳しいのだと思いますね。