「フィギュアスケート・マガジン 2020-2021 Vol.1 プレシーズン」(0)

「フィギュアスケート・マガジン 2020-2021 Vol.1 プレシーズン」(0)

2020年8月18日発売。定価「1,320円」

さて、実はブログのバージョンを8月15日に最新版にしてから、困ったことが続発しています。具体的に言うと、

・アマゾンの本紹介のリンクが埋め込めない

・Twitterと連携できなくて、新規記事の投稿お知らせを、夜な夜な私が手動でツイートしている

・スマホから新規コメントの確認ができないので、承認もできない

さらに、さらに、

・管理ページにログインできない危険性があって、PCもブラウザも落とせない

・スマホから画像をアップできない

googleのアカウントに、一時的に画像を保管して経由させることはできそうですが、これは面倒くさいなぁ・・・。まー、最悪そうなることも覚悟しています。

マガジン自体は最高ですね!ニースの企画も最高ですが、今回、座談会が凄いですよ。ゆづ最新情報は残念ながら皆無ですが、高木さん、吉田さん、小海途神が、

ゆづとの馴れ初めをひたすら語り尽くす!

こういう主旨になっています。これはこれで斬新な試みですよね。分析的じゃなくて、ひたすら感情の赴くままに個人的な思いを語っています。

愛する気持ちは止められない!

今回の表紙にはこう表記されていますけど、いかに羽生結弦さんのことが大好きで愛しているかを、おじさんたち(高木さん除く)がひたすら語りつくすという、よくよく考えると凄い内容だなと。

唯一、ニースの企画で、ボクシングの井上尚弥選手の名前が間違っていたのはいただけないですが、山口さん一人でやってるだろうから、しょうがないですね。マンパワーが足りません。

これから、ブログ周りのいろんな障害を片付けていきます。今回は画像無しでの投稿、お許しください。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. おの より:

    色々大変でしたね
    更新ありがとうございますマガジン買ってきました
    これから読みます
    ポスター1枚目開いてみたら、素敵な羽生くん出てきて、それだけでも満足してますよ(^ ^)
    羽生くんの情報が何にもない砂漠なので、マガジンは嬉しいです

    暑くて熱中症気味ですが、何とか持ちこたえています
    Junさまも気をつけて下さいね
    色々なリンク紹介なくても楽しみにしているので、よろしくお願いします!
    はぁ〜しかし暑いですね

    • Jun より:

      おのさま

      今回は、ニュース的な最新情報が無いので、完全に企画力の勝負になっています。山口さんを始めとした関係者の皆さんの手作り感がよく出ているので、全企画必読ですよね。じっくり読みたいと思っています。

      ブログの機能面でご迷惑をおかけしてすみません。一つひとつ問題はクリアできていますので、全面復旧までもうしばらくお待ちいただければと思います。

  2. Sennin より:

    ブログもいろいろと連携出来ないと時間かかるし不便ですね。早くできるようになるといいですね、お疲れさまです。

    マガジンはAmazonで頼んだのでまだ来てませんがとても良さそうで楽しみが増えました✌️対談の吉田さんは何方でしたっけ?研磨の吉田さんてことはないですよね?
    ゆづ愛半端ないようで早く読みたいなあ〜。フアンとしても嬉しいですよね😊

    さて、藤井棋聖始りました。朝のスポニチさんの記事杉本先生が薄緑色の羽織をプレゼントしたとニュースになってました。50万くらい?第一戦も全部プレゼントしたんでしょ?杉本先生は弟子からお月謝とってないのにどうしてそんな高いものをと思いましたけど
    藤井くんのおかげでテレビ出演バンバンですから大丈夫ですね(o^^o)
    Junさんが貼ってくれた能楽堂なんて素晴らしいところでしょうか?入室観たかったのに
    つい見逃してしまいました。残念でした❗️師匠の羽織着てますね。
    今日はゆっくり観ようと思います。

    • Jun より:

      Senninさま

      いいえ、共同通信の吉田学史記者のことです。いつもの座談会メンバーのおひとりです。

      王位戦1日目のアベマの中継は、完全にハッシーの独壇場ですね。昼食休憩明け、ハッシーの推奨手を木村王位が指したんですが、AIの評価が藤井棋聖にガタっと振れたので、ガチ切れしていました。やっぱり、あれぐらい人間味がある方が楽しいですよ。

      戦型は予想通り、今シリーズ、木村王位が大逆転負けを喫した第2局と同じ「相掛かり」になりました。木村さんにとって「これで負けたらしょうがない」という必殺戦法なので、木村ペースで進んでいます。まぁ、勝負は明日ですね。

      明日の解説は藤井猛九段(てんてー)なので、絶対に見てほしいです。将棋界でいちばん喋りが面白い先生ですね。