ゆづ新SP情報!

ゆづ新SP情報!

YouTubeの動画の方だと、「50分40秒」辺りからです。

マッシさんの驚き方から察するに、彼自身は、今季は羽生さんを見れないかも?と思っていたのかもしれないですね。

「ショパンとはっきり違うバイブ(感じ・雰囲気)」ですか。Otonalと比べないで、ショパンと比べるという点にあまり深い意味は無いような気がします。羽生さんの代表的なSPと言えば、バラ1ですからね。

曲に関してはまったく予想できないですけど、ジェフと新SPを作っていたことは、何を意味するのか。あくまでも私の想像ですが、SPで4Aは入らないですから、ジャンプ構成をそこまでいじる必要はない。だから、SPは新プロ、フリーはSEIMEIで4A込みで持ち越しということなんですかね?

しかし、いままで衣装は「試合までシークレット」が当たり前でしたけど、プログラムもシークレットのまま、試合で初お披露目なんでしょうか?あるいは、例えば東神奈川のリンクなどで練習を公開して、メディアデーを設けるのでしょうか?ANAの関係者もこちらでしょうから、物理的に出来ないことはないし、羽生さんは取材する側の立場もよく分かっている人ですからね。

このジェフの発言はけっこうな大ニュースのはずですが、スポーツ紙・一般紙のフィギュア番記者たちのツイ垢が不気味なぐらいまったくのスルー状態なので、もしかするとすでに水面下で練習公開日が伝えられているのかもしれません。じゃなきゃ、ジェフが自分の考えだけで喋るわけがない。

今年の全日本は「5割収容」ですが、今回のビッグハットは史上最高難度のチケット争奪戦でしょうね。皆さま、頑張ってください。私は自宅観戦です(涙)。

若杉カメラマン、第1局の渋谷の能楽堂だけでなく、名古屋も取材されています。これは、羽生結弦展のグッズが売れまくったことからの大抜擢?と、勝手に嬉しく思っています。この「繋がり」にニヤニヤできるゆづファンは、相当なマニアしかいなでしょう(笑)。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. おの より:

    おはようございます
    新プロ楽しみですね
    Twitterでも皆さん湧いてました
    仰る通りマスコミが静かなのが気になりますね
    かっこいい系でしょうか?
    ワクワクします。
    しかしジェフ貫禄つきましたね
    一瞬分かりませんでした(笑)
    フリーですが、Junさんの予想はSEIMEIなんですね
    4Aの為かぁ…
    好きなプロですが、選手生命として最後になるかも知れないので、どうなるか?
    本当はOriginが最後の予定だったのかな?
    どんなプロでも見られるのは幸せと思っています
    ただ、ジャッジがね…
    羽生くんには厳しすぎるから心配です
    どうか公平なジャッジをして欲しいです

    • Jun より:

      おのさま

      私もOriginは大好きなんですけど、トリノや全日本での「記憶」が羽生さんの中にもあるはずで、4Aを組み込むならやはりSEIMEIじゃないかな?と予想しています。

      ただ、技術的な面(4Aのためのコース取り等)の話はまったく分かりませんので、羽生さんご自身がどう考えているのか不明ですが・・・。

      ジャッジに関しては、コロナが収束してちゃんとした国際試合が開催されるまでは、各国「盛り盛り合戦」になることでしょう。いずれにしても、羽生さんに試合に出場する意欲があることは大歓迎ですね。

  2. リン より:

    こんにちは。
    フィギュアスケートと将棋がカメラマンさんで繋がっているって、何だか嬉しいですネ。
    二戦目、羽生さんが勝ちましたね~。終盤で先手のbestが5一角(でしたか)なら2~30%だった時に、先手指さずでその1,2手先に角打ちした時には、もうbestのパーセンテージが1%に下がっていて。目の前の1手で、流れが変わるかもしれないって、よく分かりました。実戦を見ていると本当に勉強になりますね。
    ぴよ将棋、相変わらず楽しんでいます。
    (11級から上がりませんが^^;)

    • Jun より:

      リンさま

      ソフトの評価値というのは、「最後までソフトが最善手を指し続けること」を前提にしたパーセントなので、それを人間が指したからといって、そこから勝ちきるのは大変なんですよね。

      ただ、感想戦はかなり入念にやってましたし、その後の、郷田先生の解説を聞いていると、形勢不明になりそうな変化もあったそうです。最近の豊島さんの驚異的な粘りからするとちょっと淡泊だったかなという気もしますが、いくら天才とはいえ、いつもそんな人間離れした将棋は指せませんからね。いずれにしても、1勝1敗になって、シリーズは楽しみになりました。

      私も、初段+からぜんぜん上がらないし、十分それで楽しめています。いろんな戦型を指すのがマイブームで、中飛車、三間飛車、四間飛車、向飛車、その日の気分によって指しています。楽しければいいですよね!