ロステレ杯直前いろいろ雑談

ロステレ杯直前いろいろ雑談

今日はいろいろ雑談を。まず、ロステレ杯とは直接関係ないですが、「チーム・ブライアン」の公式ツイから。今年の7月頃のクリケットクラブの様子が記述されていますが、「日本からも何人かの親御さんがお子さんを連れてきています」という部分にビックリ!どういうルートであそこで練習できるの?と。日本代表クラスの選手が親を伴って来ているはずがないので、いいところのお子さんが「スケート教室に参加」っていうノリなのでしょうか?いや、日本人が日本語で会話をしているとはいっても、トロント在住のファミリーかもしれない・・・。まぁ、よくわかりません。

樋口さんの代打でロステレ杯に出場する白岩優奈ちゃんですが、いやぁ、今日TLに流れてきて思わずRTしましたが、ビックリしました!彼女ほどの選手がクラウドファンディングで支援を募らなきゃならないなんて・・・。私も、様子見でお昼(15日)に少額を支援しましたが、募集開始から半日ほどで目標の400万円を突破しております。まぁ、スケ連のカネの使い方には不信感しかないので(スピスケ強化や某選手への手厚いバックアップ等)、もっと多くの選手がこのように個人で募った方がいいと思いますね。私もシニアに限らず、ジュニアでも応援したい選手はいくらでもいます。

去年はまだ真凜ちゃんもロッテのCMに起用されていましたが、今季は彼女も大変なので、スケート業界にとっての大スポンサーのロッテの広告塔としては、羽生君一人が頑張るしかないという状況。女性スタッフがみんな半袖で、インタビューでは「勝ちたいモードではない」ことからも、8月以前の撮影でしょうね。このマドラーの当選数はたったの500名で、まず絶望的ですが、チョコを食べて応援しようと思います。

この動画でループも見ることができました。この練習では抜けていますが、先日のヘルシンキでの経験を踏まえて、モスクワの地でもエッジ系のジャンプは相当注意してチェックしているようなので、あまり心配していません。楽しみですね!

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 名無しの猫 より:

    クリケットで練習できるお子さん・・・恵まれてますね。
    私の勝手な想像なんですが、クリケットと関わりの深い樋口豊先生の紹介で、
    昔、中村健人くんもクリケットで練習したことがあるっていうのをなにかで見た記憶が
    あるので、もしかしたらそういうツテなのかもしれないですね。

    白岩さんクラスでクラウドファンディング、そうなんですか。びっくりしました。
    強化費って少ないんですかね。
    スポンサーのつく選手って、ほんとに一握りなんですね。
    支援されたのですか!!素晴らしいです!!

    さて、明日は全力応援です。羽生くんも白岩さんも。あ、もう今日ですね。

    • Jun より:

      名無しの猫さま

      白岩さんのクラウドファンディングは、いまチラっと見て860万円を超えているので、1年分の活動費とは言わず、この機会にしっかり蓄えて、北京五輪まで計画的に使ってほしいと思います。

      いちばん支援の多い価格帯が「5000円」というのはビックリしました。我々ファンは、選手の皆さんが活動資金に苦労されていることは分かっていても、超高倍率の観戦チケットを買うぐらいしか「応援する手段」が無かったと言っていいので、みんな喜んで支援しているはず。

      しかも、多くの支援者はきっと、「北京五輪に必ず出てくれ」とか「五輪でクワドを跳んでくれ」なんてことは求めてなくて、白岩さんが元気な姿を見せてくれれば十分と思っている。これが「アスリートに対する応援」のあるべき姿ですよ。

  2. ととちゃん より:

    今日はもうSP!! フィンランドからあっという間ですね。羽生選手、いい調整が出来ていたようで良かったです。マイナーチェンジもあるようで、そういう点も楽しみながら応援したいです。とはいえ、ドキドキしてそれどころじゃないのですが(笑)。

    この大会、友野くんがとても刺激を受けているようですね。カナダの悪夢は忘れて、新しい気持ちで頑張って欲しいです。羽生選手から得るものは沢山あるでしょう。

    クリケット、日本人の親子が訪れても、情報が漏れないのは凄いなと思います。羽生選手が現れてもきゃあきゃあ言わないマナーを心得た方達のようですね。
    試合応援のファンも、そうありたいですね。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      いやぁ、早かったですね。当日練習のOtonalのランスルーでは、サルコウではなく、トウループが拔けていたのは意外でしたが、曲かけ後はしっかり決めていたので、調子自体は良さそうです。

      マスコミや、詳しい事情を知らない人たちは、すぐに現地観戦組のゆづファンを批判しますけど、あれが日本人だけじゃないってのを分かっているのか、知らないフリをしているのか・・・。だいたい、いま日本人でプー投げてるのってどれぐらいいるの?って話ですよ。私なんかは、「もういいでしょ・・・」という感じです。もちろん、応援のスタイルは個人の自由ではありますが。