今日は雑談!ちょっと言いたいことアリ!

今日は雑談!ちょっと言いたいことアリ!

J-CASTなんでリンクは貼りません。画像だけ貼りました。ここ数日、Twitterを見ていて「興味深いなぁ」という現象があって、この鎌倉FMの件は、まさに「行動するゆづファン」の声がきっちり届いて、それがすぐに結果として現れた稀有な事例かなと思います。

鎌倉というと、私も何度も遊びに行ったことがありますが、近年は平日でも外国人韓国客がいっぱいという人気観光スポット。でも、いまは新型コロナウイルスの影響で大変だと思います。そこに来て、今回の問題ですから、そりゃ対応が早いのも分かります。

一方で、いわゆる「全員応援系スケオタ」の方々は、1日のうちに山程RTするくせに、この件はダンマリ。sage採点について、私たちがあーだこーだ言うと、「ジャッジ批判は他の選手への誹謗中傷につながる。ゆづの足を引っ張らないで!」なーんて言うくせにね。この件なんて、まさに「選手への誹謗中傷」なわけで、どんだけダブスタなんだ!と。

その点、理恵夫人は、国民栄誉賞受賞者で超有名人の奥様にも関わらず、チクっと指摘してくれるから、頼もしい。彼女も、結婚当初は、やくみつるとかに酷ぇこと言われたりしてたから、メディア側の人間によるこうした発言を看過できなかったのでしょう。

話は飛びますが、皆さん、将棋にもぜひ関心を持っていただきたい!今日は、折田翔吾アマが「プロ編入試験に合格」した記念すべき日で、私もアベマでチラチラ見ていました。つぎは、3月7日、西山朋佳三段が「史上初の女性プロ棋士」になれるかどうかの、重要な一日。藤井フィーバーに次ぐニュースになる可能性があるので、ぜひ覚えていてください。西山さんの将棋って、めちゃくちゃ攻め将棋で、ボクシングの試合なのに素手で殴りかかるような凶暴な攻めの棋風が魅力です。あの将棋は本当に豪快です。

そういえば、チャレンジカップの「ガンディさんの分析」のあまりに投げやりな内容に笑ってしまいました。4CCの羽生さんをアツく語ってくれていた人とはあまりに違いすぎる・・・。でも、それぐらいスケートのクオリティが違うんですよ。こういうことを言うと、すぐに、「誹謗中傷だぁ!」と激怒する人がいますが、フィギュアスケーターへの誹謗中傷というのは、今回の鎌倉FMの一件のように、「スケート以外の部分を何の根拠もなく叩く」ことを意味するのです。

私自身も、その辺りのラインをしっかり区別して発言したいなと、自戒を込めて思います。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. Fakefur より:

    昨日から、Twitterで「皆が声を上げたほうが賢明なのか、逆効果なのか・・・」というような歯に物が挟まったようなつぶやきが散見されて、何のことやらさっぱり分からなかったのですが、そういうことなんですね。

    暴言の中身など知りたくもありませんが、どちらのDJ(?)も聞いたことすらない。ほとんど素人じゃないですか。公共の電波を使ってまで、反論の手段を持たないアスリート相手に悪口を言って、よっぽど暇なのか、他にストレス発散する先がないほど不幸なのか。こういう輩はヘイトスピーチする●ヨクと一緒。表舞台からはさっさと消えていただいて、あとは徹底的に無視しましょう。

    彼の名前が出ると、検索でヒットするんで、何でもニュースになってしまうのですよね。
    理恵さんの言う通り、良いところはどんどん呟いて、どーでも良いことを埋もれさせてしまいましょう。

    • Jun より:

      Fakefurさま

      左系の人間による誹謗中傷って、この国のメディアはほぼスルー状態で(高橋洋一さんの件とか)、実際、今回の羽生さんの件も同様ではあるんです。

      ただ、今回はファンが激怒して、放送局のスポンサーやら市議らに働きかけたのが大きかったですね。電話や手紙による苦情だけだと揉み消されるのが普通なんですが、公共性のある組織や人物のTwitterのアカウントは基本的に開かれた状態ですし、それはスポンサーや市議のアカウントも同様です。しっかり魚拓貼ってリプライつけて、という抗議が効きましたね。

      世間知らずの無名DJは、ゆづファンが「経済を動かす規模」だということをご存じない。憐れという他なかったですね。

  2. ととちゃん より:

    Jキャスに来たということは、次はセブンかどこかが記事にして「羽生ファンの攻撃により降板」と続くのでしょうか。うんざりしますが、一方で、今回の対応の早さが今後に生かされていくことを期待しています。

    ガンディーさんの分析、笑ってしまいました。最初に点数を知って、彼も頑張ったのだなと演技を見たらガッカリ…という流れでした。あれで出来たと言ってるんですよね?自分で回転不足を自覚出来ていない点に失望してしまいます。

    ところで西山さん、大注目ですね。慶大生ながら休学されてますが、正直、それどころではないと思います。羽生選手に対してアンチが色々言ってますが、学士なんて誰でもなれるが、五輪連覇は誰も出来ないのです。同様に西山さんにも自分のやるべき事に傾注していって欲しいですね。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      ガンディさんは、「SEIMEIはバラ1並みの演技ができれば225点は出る」とおっしゃっていましたが、「下げられなければ」と但し書きがついてましたね。

      彼の分析が信頼できるのは、有力選手だけじゃなくて無名選手の演技も一通り採点を見て、「見逃し」が意図的・政治的な見逃しだけでなく、どう考えても人為的ミスによるものも多く指摘してくれてる所なんです。マッシさんも言ってましたが、あの短時間で人間がまともに採点するには限界があるのは明らかですね。

      将棋は、AIを使って自力でハイレベルな事前研究ができるようになっているんですが(ソフトの手を暗記すればそれなりに戦える)、西山さんはAIが高く評価しない「振り飛車」という戦型を好んで指すので、ある意味で男性棋士よりも自力がある証拠なんですよね。おっしゃるように、大学なんていつだって出られるので、頑張ってほしいです。

  3. おの より:

    今までこんなに早く動いてくれた事が無かったので、とても嬉しいです
    って言うか、初めてかしら?
    どうなる事かと気を揉んでました
    まともな人もいた事が嬉しいですね
    それにしても、スケート連盟は相変わらず黙り
    嘆かわしい限りです

    • Jun より:

      おのさま

      スケ連はねぇ・・・。国際大会に選手と一緒に動向して、間近でサポートする方々は頑張っているのだと思いますが、特に広報関係は素人以下の仕事しかしてないですよ。

      Twitterの情報発信の頻度もJOCと比べてあまりにお粗末すぎて、期待するだけ無駄と思った方がいいかもしれません。