DOI感想(SP)

DOI感想(SP)

DOIのレビューは、先週の日曜深夜にTBSで放送されたプログラムのみの感想です。所々に、過去に出演したレジェンドスケーターの映像も入っていて、なかなか凝った作りでした。そろそろ、解説者は別の方でいいのでは?と思っているスケオタは、大勢いるとは思いますが・・・。

駿君のSP。FSTVのシニア合宿の映像でこのプロを見ましたが、ジャンプにかなり余裕が出てきてますね。怪我もなく、良い練習を積んでこられたんだと思います。

この時期で4Lzを降りてたら大変なことですから、課題があった方がいいでしょう。4T-3Tや3Aは、本人の中でもすでに相当自信を持って臨んでいるのが伝わってきます。単発の方はこのままルッツでいくのか。あるいは、サルコウに切り替えるのか。GPシリーズでどういう構成にするのか、楽しみです。

鍵山君SP。ローリー振付ですが、彼女の「奇抜な選曲」が出ましたね。正直いって、シニア合宿で見た操先生のプロの方がいいとは思うけど、海外の一流振付師と仕事をするという経験は大事だと思います。そこにプログラム変更の狙いがあるような気がします。

単発のクワドがトウループで、コンビネーションがサルコウなんですね。すでに、この新しいプロでも、ジャンプはかなり安定しているように見えます。こりゃ、先輩たちもウカウカしていられないですね。

坂本さんSP。1本危ないジャンプがありましたが、まずまずではないかと。彼女の場合、平昌五輪後のSPは、ウィルソンだったりシェイだったり、いろいろ模索しつつ、この新ショートはブノワさんらしいです。

ブノワさんの振付って、よく言えばフィギュアっぽくないモダンな動き、わるく言えば体操風なところがあって、それが坂本さんの弱点をうまく消している部分があると思うんですよ。フリーのマトリックスもブノワさんだし、このタッグでオリンピックまで行った方がいいのでは?という気がします。その方が、彼女もジャンプに集中できて、ミスも減るのではないかと。今季は、彼女にとっての試金石になると思っています。

ゆづさん。2009年の「MI2」です。映像を紹介してくれるのは嬉しいんですが、L字画面の必要ある?とか、当時のカメラマンが悪いのか、頭からいろんな所までフレームから切れまくっていて、もうちょっと何とかならなかったですかね。

羽生さんだけがL字というわけじゃなくて、過去の出演スケーターの紹介映像はすべてL字で・・・。L字は、どうしても必要な災害情報の時だけにしてください。

まだまだ続きます。フリーは2回に分けてレビュー予定です。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)