雑談(将棋など)

雑談(将棋など)

皆さま、4連休はいかがお過ごしでしたか?

私はというと、食料を買いにいく以外は基本自宅で、ひたすら将棋観戦をしていました。

19日(土)が竜王戦挑決の羽生・丸山戦。羽生先生が勝利して、10月9・10日に開幕する竜王戦七番勝負の挑戦者となりました。

竜王挑戦が決まった後、記者会見があって、久々に羽生先生のマスコミ対応を生中継で見たのですが、やっぱり、自然体という言葉が似合います。

記者からの質問はけっこう辛辣で失礼なものもあったんですよ。「若い世代の活躍をどう思うか?」「年齢による衰えは感じるか?」「タイトル戦から2年遠ざかっていたが、生活は変わったか?」等々。

でも、記者の質問にウンウンと耳を傾けて、「長距離移動が無くて、ラクになりましたね」と言う感じで、普通に答えてるんですよね。

世の中の多くの人は、イラっとする質問をされた時に、心を落ち着かせながら「失言をしないように、しないように」と当たり障りない答え方をするかなと思います。一方、有名アスリートはノーコメントだったり、政治家は激怒したりとか、そんな反応ではないかと。

そう考えると、羽生先生の対応は、そういうものを超越してるなと。30年以上、将棋界を背負ってきて、ありとあらゆる媒体からいろんな取材を受けてきて、対談や講演もたくさんこなしてきたから、経験値が違うのでしょう。

対人関係で、こんな対応ができるようになりたいなと、羨ましく思いました。

王将リーグが開幕しました。興味のある方は、こちらの「対談特集」をぜひお読みください。この王将リーグは絶対に見たいので、1年ぶりに「将棋プレミアム」のゴールド会員に課金。月額2,000円ですが、藤井二冠以外のカードも豪華なので、高くはないです。せっかくゴールド会員になったので、藤井猛先生の角交換四間飛車の講座も見て、勉強しています。

そして、開幕局の羽生・藤井戦。羽生先生、見事でした。私も水匠2を走らせながら観戦していて、夕方の6時半ぐらいまで完全に互角だったんですが、藤井二冠の一手のミスで、藤井玉に19手の詰みが発生。それを、羽生先生が逃さずに寄せ切りました。藤井さんのこんな頓死は珍しいです。しかし、リーグ自体は間違いなく混戦になるでしょうから、挑戦者争いは面白くなりました。

21日(月)叡王戦の永瀬・豊島戦は、豊島竜王が叡王位を奪取。永瀬さんは残念でした。ただ、永瀬さんは、久保さんとの王座戦が進行中ですし、下を向いてはいられません。

フィギュアの情報はこの連休はあまりフォローできていないので、またいろいろと調べてみようと思っています。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. りん より:

     おはようございます。
    昨日の羽生藤井戦はCSを録画していて(仕事泣) 夜に見始めたのですが、
    しばらくしてラインにスポーツnewsが来て、『羽生九段、藤井』の文字が目に入ってしまいました。~あああ結果が分かってしまったぁ..  途端に眠気が来てしまって(←素人)まだ最後まで見切れていないです。そうですか、1手のミスが終盤にあったんですね。 ぴよ将棋を始めたおかげで、対戦を見ていて以前より少しだけ内容が分かるようになりました。楽しいです。これからも将棋のブログ、楽しみにしています。
    (いえ、私も生粋の羽生くんファンです笑)

    • Jun より:

      りんさま

      急転直下で終局になったので、ニュースが速報で入りやすい時間帯だったかと思います。次回からはLINEの通知を注意しないといけませんね。

      結果を知っていても、豊川七段のダジャレ解説はキレキレですし、今回は大盤で丁寧に変化を解説してくれているので、十分に楽しめると思います。

      私も、将棋はぴよちゃんとしか指しませんが、フィギュアとは比べ物にならないぐらい、素人が入門するハードルは低いですから、指していた方が観戦も楽しめると思います。

      最近私は、角交換四間飛車ばかり指していますが、自分から攻めていけるので楽しいですね。