マガジン(2020-2021 Vol.2)購入報告

マガジン(2020-2021 Vol.2)購入報告

2021年1月8日発売。定価「1,320円」。

購入前にこの目次をTLで目にしたんですけど、「なるほど・・・これだけの関係者へのインタビューを蓄積していたからこそ、羽生さんの全日本出場が確定する前に、発売日を設定できていたのだな!」と思いました。

例のごとく、真っ先に目を通したのは座談会でしたけど、「クイーン?ロビー・ウイリアムズ?どっち?」と現地記者たちが慌てている様子も詳しく語られていて、私たちとまるで同じですね(笑)。4Loの安定感は私も感じましたが、以前より助走が短くなっているかどうかは、私はちょっと分かりませんでした。

記者会見で、「鬼滅の刃は読んでいるか?好きなキャラは?」と質問しようとしたができなかったという部分ですが、だって、花江夏樹さんと交流があったのだから、羽生さんは絶対に読んでいるに決まってますよ。電子書籍なら全巻問題なく揃いますし、アニメだってアマプラでもアベマでも見れますからね。さすがに映画は観てないと思いますが。

土日は仕事で忙しいので、しっかり読み込むのは週明けからになります。待望の発売なので、焦らずゆっくり楽しむことにします。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. おの より:

    Junさま、私も座談会から読みました(笑)
    3人の会話が大好きです
    羽生くんのことをよく分かってますね
    取材する方もワクワクしているのが分かります
    羽生くんの太ももが更に筋肉ついた感じがします
    後ろ側が、ちょっとモコっとしているような?
    研究してますね!
    テレビで見るより、写真で見ると美しい衣装だなぁと、そして益々若返って見える写真もありました
    ほんとに不思議な人です
    永遠に若いんじゃないかと思ってしまいます(笑)
    これからじっくり読みたいと思います。

    • Jun より:

      おのさま

      天と地との衣装は、テレビだとどうしても正面側に目が行くので、フリーの生放送を見ていた時は「ちょっと地味かな・・・」というのが第一印象でした。そもそも、「天と地と」なんで、合戦とか武士とかを想像してたわけです。

      ところが、さすが伊藤さん、背中にあれだけ細かい装飾を施していて、それが小海途神のお写真によって、しっかり我々もその素晴らしさを共有するに至りました。

      そもそも、Otonalも背中は凄かったですし、「背中に主張がある」衣装なんて羽生さんぐらいですから、やっぱり違うなぁと改めて思います。

  2. Sennin より:

    昨日は忙しくてマガジンは座談会はあるかと確認した程度だったので今日読みます。
    お正月返上して頑張ってくれましたね。
    現地観戦した方によると天と地と の衣装の色がマガジンが実際の色だと仰ってました。TVとチョット違うと…。大体そんなもんですよね?結弦君の衣装はテレビでは派手な色に見えても大抵本物は渋めです。グリーンが強めとの事です。どっちにしても衣装は綺麗にこしたことはありませんよね。
    Junさん休み無しでお仕事ですか?70%減と小池さんが言ってましたがさあそうなんでしょうね?お疲れさまです。

    • Jun より:

      Senninさま

      私の中で、羽生さんと言えば「ブルー」というイメージで、今季もSPかFSどちらかブルー系統を予想していたんですが、実際はグリーンなんですね。その辺りも「少し気分を変えて」ということなのかもしれません。

      いまの仕事は土日は働かなきゃいけなくて、その代わりに、平日は1日お休みをいただけています。ご心配いただきありがとうございます。