SEASON PHOTOBOOK撮影メモリーズ(2018-2019 後半)

SEASON PHOTOBOOK撮影メモリーズ(2018-2019 後半)

いよいよシリーズ完結です。10月8日から始まって、約1か月半、動画にして計8本と、たいへんな労作だったと思います。これだけ語り尽くしてしまって、12月7日に予定されている「テレ朝チャンネル2」の番組はどうするんだろう?と心配です。ただ、あちらの方は「ムービー」の紹介もあるので、私も来月になったらチャンネルを「再契約」予定でおります。

今回は、試合の振り返りが中心で、ヘルシンキGP、ロステレ杯、さいたまワールドの3試合について語られていました。ヘルシンキは表彰式のショット(86頁)、ロステレは髪をおろしたOrigin(91頁)、さいたまワールドはあえて入れた客席のショット(110~111頁)などのお話が印象的でした。ぜひ、N杯の合間にでもご視聴ください。

あとは、羽生さんと田中さんのツーショットについて、田中さんが「顔の大きさが違いすぎて・・・」と何度も言うので、新村さんが「いや、それはいいんですよ・・・」とピシャっと遮ってたので、クククと笑っちゃいました。

田中カメラマンは、羽生さんの「応援団」ではあるんだけど、いざ並んでいる自分の姿に言及せざるをえない「男の性」が一瞬出ているのかな?と。新村さんが、それいちいち言わなくていいんで!と言わんばかりに塩対応だったのは、視聴者の気持ちを代弁してくれてるなーと、クククと笑ってしまいました。

CiONTUでの、能登さんも含めた心温まるエピソードも必見ですので、ぜひチェックしてください。

羽生先生も回復されて、延期になっていた第4局の1日目が終了。「読売新聞写真部」のツイを見ていると、我らが若杉和希カメラマンは、八戸で全日本ジュニアの取材後、すぐに鹿児島に飛んだようですね。ご苦労さまです。指宿名物の砂蒸し風呂のショットもしっかりカメラに収めて、いい仕事をしてくれました。N杯は、もしかするとカメラマンの人数も制限されていて、いわゆる「代表撮影」になっているのかもしれないですね。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)