ヤマカイTV(2021.1.3)感想

ヤマカイTV(2021.1.3)感想

もちろん、こちらのYouTubeチャンネルの存在は知っていたんですが、ウチでも満を持して取り上げたいと思います。

ヤマカイさんは、羽生さん関連の動画を何本かアップされているようですが、まだ私はそちらを見ていません。初めて見た動画が、今回の「天と地とを分析してみた」なので、ご容赦ください。

このプログラムの中で、フィギュアファンとして「凄い!」と思える部分は、まずはジャンプなんですよね。クワド4本成功ももちろんそうなんですが、特に前半の3A-2Tから3Loへと間髪入れずに畳みかける部分は、他の選手のFPでは見たことのない技術です。2020年の4CCのSEIMEIから導入されてはいましたが、羽生さん本人もやはりこの流れは気に入っているんだと思います。

で、なぜこの話をしたかというと、ヤマカイさんが「天と地と」のどの部分にフォーカスを当てているか見てみると、冒頭から4Loと4Sの辺りにかけて何度もストップして分析なさっているんですが、その後、見事に上述の2つのジャンプはスルーされて、ステップシークエンスに注目。そして、いつの間にかラストの単発の3A→コレオシークエンスに飛んでいる。はぁ、そういうもんなんだぁ、とむしろ興味深かったです。

でも、逆に考えると、バレエダンサーとしてジャンプ以外の部分で語りたいことが山ほどあるということで、私たちフィギュアファンにとってはたいへん斬新で貴重な視点ですよね。ジャッジの部分は、ガンディさんのブログを読めばいいし、フィギュアライターやプロスケーターも狭い「フィギュア村」から飛び出して、独自の情報発信をしないと、信用されないよ?とは思います。分析のクオリティで完全に負けてますからね。

演技だけでなく、記者会見や取材時の羽生さんのコメントもしっかりフォローしていて、感心しました。おっしゃる通り。羽生さんは、めちゃくちゃツライ経験をたくさんしてきた人ですから、「感謝の人」なんですよ。その部分をしっかりキャッチしてこのように拡散してくれて嬉しかったです。

そういえば、「羽生さん、YouTubeチャンネル開設してくれないかな・・・」とヤマカイさんはおっしゃってますが、インスタやTwitterですらまったくやる気配が無いですから、まぁ、100%ありえないでしょう。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)