スケカナ公式練習など

スケカナ公式練習など

お写真は「スポニチ」の小海途神撮影のものです。

Otonalの曲かけ(予定構成:4S 3A/4T-3T)。完璧ですね。マッシさんは「マックスで116.67点出るおー!」なんて言ってくれてますが、ISUのジャッジがまったく信用ならんので、まぁ、スコアはともかく、内容的に、去年のロステレOtonalを超えるクリーンな演技を見せてくれれば十分です。

つぎに、Origin曲かけ(予定構成:4Lo 4S 3Lz 4T/4T-1Eu-3F 3A-2T 3A)。4Loの着氷で乱れ、最後の3Aは抜けました。曲かけのラストに、3A-3Tで跳び直していました。4Loは回転は完全に足りていて、その後に跳び直して成功したようです。

今回はサルコウの調子もいいので、オータムから集中的に練習してきたんだと思います。サルコウが決まれば、すなわちSPはノーミスできる。SPがノーミスできれば、今大会は及第点ではないですか?

もし、SP・フリーともにノーミスを揃えようものなら、ピーキングが早すぎて逆に心配になってしまいます。

ジオブロックの関係でライストの状況が読めないので、今晩は夜ふかしせずに、明日午前中、試合から見たいと思います。Otonalの確率は信用していますので。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ととちゃん より:

    >サルコウが決まれば、すなわちSPはノーミスできる。
    junさんすごい!その通りになりましたね!

    詳しい分析は明日の記事に待ちますが、心を揺さぶられて、涙が出そうな演技でした。
    あとは、大画面でじっくり見るのを楽しみにしています。明日も、いい演技が出来ると信じています。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      いやいや、4T-3Tは、厳密にいえばパーフェクトとは言えない出来栄えでしたし、ノーミスと言えるかどうかは微妙な所です。

      しかし、転倒によるコンボ抜け等の大きなミスにならなかったので、ホッとしました。さすが世界一のトウループの使い手ですよ。

      私もこれから地上波の方で映像をチェックしたいと思います。