6月のゆづ写真集バトル!?

6月のゆづ写真集バトル!?

しゅ、しゅ、しゅごすぎる!!

すでに、田中宣明カメラマンによるジュエルズのシーズンフォトブック(6月1日)と、スポニチの小海途良幹カメラマンによるYUZU’LL BE BACK 2(6月19日)の発売が予定されていますが、ついに、矢口神降臨ですか!

まぁ、でも、試合の翌日に1面を飾ればあれだけ売れて、4月のシリーズ物も通販受付までする盛況ぶり。いま逃したら、いつ出すの?という感じでしたので、さすが報知さんもしっかり準備していたわけですか。てかね、高木記者は確実にネット周りを調査しているはずで、「絶対売れます!」と彼女がプッシュした可能性大と見ています。

ジュエルズとスポニチの方が、安定の高品質だろうことは間違いないのですが、「後発の有利性」といいますか、報知の写真集の方はいろいろと工夫がありそうです。

サイズ:297mm×297mm正方形オールカラー、本文164ページ、カバー&表紙4ページ

まず、164ページって、分厚いですよ!ジュエルズは「128ページ」と表記されていて、スポニチの写真集は「148ページ」となっています。

そして、サイズです。ジュエルズ、スポニチともにA4(210mm×297mm)ですから、報知の「297mm×297mm」ということは・・・かなり大きいし、ウチの本棚では、はい!飛び出すことが確定しました。

いまどき、トップアイドルの写真集ですらそこまで「攻めた」サイズでは出しませんから、まさに矢口神のおっしゃるように「美術書仕様」と言えるかと思います。

矢口さんの写真が良いのは分かっているので、あとは写真のセレクションとレイアウト&デザインですか。

おそらく私含めて、ゆづファンの多くが望むものは、まず、小さい写真の詰め合わせにはしない。意味不明な余白をつくらない。テキストは極力最小限に留める。

報知のお二人のことなので、しっかり他誌を研究しているとは思いますが・・・。頼みますよ!

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 名無しの猫 より:

    6月はしゅごいことになりましたね。
    報知、うちの本棚も飛び出すことが確定しました。

    今日、書店で3冊とも予約してきました。
    報知は、まだデータがないようでしたが、受け付けてくれました。

    私は本好きなので、本屋さんが好きなので、そして特に自分の好みの本屋さんを応援した
    いので、送料もかからないし、発売日に入手できるし、本屋さん派なのです。

    写真集、Junさんの個別のレビューも楽しみですが、3冊出揃ったところで、是非!!
    レビュー バトル編もお願いできないでしょうか。

    • Jun より:

      名無しの猫さま

      テンションを合わせていただき、ありがとうございます。

      高木さんが通販サイトのデータが上がる度にツイートしてくれていますが、アマゾンはまだのようですね。

      緊急事態宣言が出ていた時期は、最寄りの書店が閉まっていて、いつも以上にネット通販に頼っていたのですが、配送日が読めないのでけっこう困っていました。

      ただ、本屋さんも徐々に営業時間が延びてきて、キングダムも本屋さんで最新の57巻までぜんぶ揃えて読破。まぁ、「読破」といっても、あれは100巻じゃ終わりそうもないですが。

  2. おの より:

    こんばんは
    セブンで買おうと思っていたのですが、パスワードで何故か弾かれてしまい断念
    Amazonはまだですよね
    しかし、困った時の羽生くん頼みなんですか?
    同じ時に3冊も出るなんて…
    アイドルでも3冊も出せない今の時代
    羽生くんはスーパースターなんですよね
    置き場所が無いので、どうにかしないと…
    また安置がずるいと騒ぎそうですが、羽生くんが出せと言った訳でも無いのになぁ
    レビュー楽しみにしています(^_^)

    • Jun より:

      おのさま

      アイドルの写真集って、その写真集のためだけにアイドルのスケジュールを押さえて、大勢のスタッフを引き連れて、撮影地のバリ島とかに行くんですよね。

      一方、「羽生結弦写真集」は、その写真集のために羽生さんがスケジュールを空けてくれるわけではなく、カメラマンが勝手に撮ったものを写真集として出版している。もちろん、羽生さん本人は一切関与していない。

      その辺りの違いがとても面白いですよね。ジュエルズとスポニチはある程度予想できますが、報知がどれだけ「攻めて」いるのか、楽しみです。

  3. 雪女 より:

    今季を振り返るから、羽生さんが振り返っていて、ポーズがフェルメールなのですね。
    そして、まさかの正方形!
    セバスチャン・サルガドは知らないので検索してみます。
    本棚が足りなくなってきました。本棚を買い足すか、本を整理するか・・フィギュア・スケーターズのような大判は、テレビ台にギリ入りました。
    しかしアイドルとは無縁の人生だったのに、まさか写真集をこんなに買うアスリートが現れるとは想像もしませんでした。
    Junさんのレビューは色々気づかせていただけるので楽しみにしています。

    • Jun より:

      雪女さま

      美術畑のことにはまったく疎いので、情報をありがとうございます!

      さすがに私も本棚が圧迫されてきて、週刊誌系は別の場所に移動しました。「これはどうせ引っ張り出すことはないだろう」というものは、勇気を持って、クローゼットなどに押し込まないといけませんね。

  4. ととちゃん より:

    ジュエルズとスポニチは予約済なんですが、報知はどうやって予約しようかと…。Amazonには来ないんでしょうか?

    私も、写真集には最低限のテキストでいいと思っていたのですが、今日読んだ矢口さんのコラムがとても良かったので、少しだけならアリかな?と(笑)。なんでもストーリーに重きを置いて 差別化を図っているようなので、とても楽しみです。やっぱり報知のサイトに行くしかないかな(汗)。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      ふと思ったのは、報知は今回初めての出版なので、19-20シーズンという「縛り」を設ける必要もないのでは?と思ったのですが、よっぽど自信があるのでしょうね。

      高木さんのテキストは、けっこういろんな所で読んでいるので、矢口さんのコメントも写真集の中にあると嬉しいですね。