NHK杯(ゆづSP)感想

NHK杯(ゆづSP)感想

リザルトは「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。

実は、N杯の放送を見た後、すぐにスケカナのOtonalもチェックしました。

今日は、6連であれだけ4T-3Tが不安定な中、しっかり決めきったのは立派だったと思います。それもこれも、スケカナに続いて、サルコウが昨日の練習から超安定しているので、その点でプレッシャーも軽かったのではないかと。

4T-3Tは、たしかに完璧な出来ではなかったものの、スケカナに比べれば着氷姿勢はキレイにまとめましたし、0.54点のGOE増も納得です。ステップもレベル4を取りました。

今日に関して言えば、むしろ4Sよりも、3Aの方が軸が危ない感じはしたんですけど、スケカナと比べると、4Sの加点の方がやや渋かったのは謎です。まぁ、ジャッジしている人が違うし、会場も違うし、この辺りは誤差と言っていいような気がしますが。

識者の間では、アメリカジャッジ(J4)のsage採点を警戒する動きがあったんですけど、ひとまずSPは、SSに10.00をつけるなど、妥当な採点をしてくれたようです。ただし、だからと言って安心するのは時期尚早。フリーもしっかり監視したいと思います。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. みつばち より:

    こんにちは 更新ありがとうございます

    何というか、ただ別格でした。

    ヴォロノフさん、ジェイソンくん、ビチェンコさんたちベテランは
    「わかってるよ、ここは日本だ。客は彼を見に来たんだ。でも俺らだってけっこう受けるんだぜ。」
    エイモズ君はテイスト違うよー、で、若手は「こういう世界もあるんだな・・・・同世代でなくてよかった・・・・?」

    • Jun より:

      みつばちさま

      ヴォロノフさん、よかったじゃないですか!
      やはり、日本は彼にとって相性の良い場所なんだと思います。

      エイモズのSPは、オータムで初めて見た時は、随所にトリッキーな動きが入っていて面白いと感じたんですが、フランス杯を経て、今回テレビで見ていると「ジャンプ終わってから、けっこう長いな・・・」と思ったり。

  2. Fakefur より:

    早速レビューをありがとうございます。

    幸せな時間を噛み締めています。
    これぞ、スポーツと芸術の融合。これぞ、フィギュアスケートの進むべき姿を体現してくれました。友野くんもTwitterでただひとこと、美 と呟いていましたね。

    キスクラで表情が語るように、スケカナより加点が渋いですね。
    私の目には、冒頭の4Sも3Aもスケカナに勝るとも引けを取らない高クオリティですが、
    4Sは4.43 -> 3.74、3Aも誤差範囲とはいえ、ちょっと下がってます。
    J4の米ジャッジはフェアですけど、J5の加ジャッジが微妙に足を引っ張っているような。
    今回の母国のJ7が当然の採点で安心しました。
    ま、ここは通過点。
    風邪気味のようですし、ピークはファイナルとワールドに合わせていただきましょう。

    明日も、こんな幸せな時間が続きますように。
    どうかステイヘルシーで!

    • Jun より:

      Fakefurさま

      今季の採点を見ていると、誤審もけっこうあって、例えば、オータムOriginの羽生さんの4Tしかり、フランス杯SPのコストちゃんの3Aしかり、あのような明らかな誤審さえ無ければ、その日のノリと気分でやってもらっていいですよ、というのが正直な所です。

      いまはおかしな採点をしようものなら、ネット上でジャッジの名前と画像まで拡散されますから、日本人ジャッジもそこまで根性ないんじゃないですか?まぁ、フリーを終えてから、このN杯についてはまた総括することにしましょう。

  3. ととちゃん より:

    プロトコル、スケカナと並べて下さってありがとうございます。すごく良く分かりました。

    6練まであれだけ安定していなかった4T-3Tを
    結果としてスケカナより点を出す出来にした
    技術とメンタルの強さに唸ります(ジスランへのプレゼントだとしても誰にも真似できないですよね)。そして、スケカナでの課題だった
    ステップもクリアしてレベルを上げている。
    大したものです。

    今回、前日までは調子が良さそうで楽観視していたんですが、当日の公開練習でのニアミスの報を知り、俄然心配になっただけに、素晴らしい演技に胸を撫で下ろしました。
    でも、相当緊張していましたね?TVを通しても伝わってくる程でした。でも、SPを無事終えたので、また新たな気持ちで挑めるのではと思っています。

    余談ですが、ライストを見た人によると3Aの高さが85cmと出ていたそうです。4A、手中に収めてきているのでは。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      Originでは、4T-1Eu-3Fまで決める羽生さんが、どうしてOtonalでは4T-3Tで毎回苦労するのかな?と不思議に思うこともあるんですが、「ミスのできないSP独特の緊張感」や、助走のコース等の技術的な難しさもありそうです。でも、平昌バラ1の4T-3Tを求めてしまってはいけませんよね。

      Originは、4Lo次第ですが、ループが乱れてもその後が安定しているので、むしろSPよりもプレッシャーなく滑りきってくれるのでは?と期待しています。やってくれるでしょう!