「フィギュアスケートLife Vol.21」(1)

「フィギュアスケートLife Vol.21」(1)

2020年5月29日発売。定価「1,980円」。

これまでのLifeの羽生さんの記事については、我々の愛読書たちと比べると、「遅く」て「薄い」という印象は否めません。

しかし、「ゆづ成分」がまったく無いのではなく、これはQuadrupleにも言えるのですが、他の選手の独占インタから「ゆづリスペクト発言」を発掘するのが楽しいのです。それを、皆さまにお伝えするのが、私の役目と思っています。

というわけで、友野君の独占インタから、4CCでのエピソードについて。

――そういえば四大陸で、羽生選手のフリーの時にグリーンルーム(暫定上位3位選手の控え室)で大騒ぎしていましたね。カナダのナム選手たちと。

「あはは!僕はもうグリーンルームにいる必要はなかったから『帰るわ』って言ったんですけど、優真くんから『一緒にいてください』と言われて『じゃあ一緒に見よう』となって。羽生選手を見ていて、やっぱりすげえなーって。何回見てもすごいんですよ、ほんとに。技術どうこうじゃないんです。本当に強い。技術は当たり前なんです。それが当たり前に備わったうえで、それを最大に活かしている選手なので本当にすごいと思って。僕が思ったのは、練習や準備をマックスでしてきて、あれだけの技術があって、さらに強い志や強い気持ちが一緒になって、ああいう演技が生まれるのかなと思いました。まだまだ僕のレベルではすごいとしか言えないですけど、あの練習や演技を見ちゃうと、こんな練習で満足してはいけないと思う。そう思わされるたびに僕も成長できるから、本当に僕の中で大きな存在です。まぁ、あの時ばかりは楽しく見てたんですけど、すごすぎて(笑)

――今度は自分が、後輩たちにとってそういう存在に。

「言われたら嬉しいなと思いますね」

ちなみに、こちらの映像だと、すでに友野君はいなくて、ジュンファン、鍵山君、ナム君がグリーンルームで待機していました。

しかし、友野君偉い!そして、Life偉い!この部分だけで1980円の元を取ったと勝手に思っています。私たち的には、やっぱり、駿君とか須本君とか山本君をひいき目に見てしまいがちですが、友野君のこのほとばしるゆづリスペクトも嬉しいじゃないですか!新シーズンも、ぜひ応援していきましょうね。

というわけで、つぎに、山本君の独占インタから。内容はガラっと変わります。

――羽生結弦選手と一緒に(N杯に)出場したことについてはいかがでしたか?

「久しぶりに一緒に試合に出られて、すごく学ぶことが……学ぶことしかなかったなと思いました」

――例えばどんなことがありましたか?

「んーー。多すぎて全部は言えないんですけど(笑)。ウォーミングアップから試合まですべて学ぶことがありましたし、練習中の氷の上での動きとか、そういったものを自分なりにたくさん見て学びました」

――一番すごいなと思ったことは?

他の方も言っているんですけど、羽生選手はバネがすごく強くて。それが氷の上でのジャンプの動作につながっているんだなって。俊敏な動きが強いなと思っていたので、そういうところが強みだなと思いました

――そのバネはアップの時とかに感じたのですか?

普段、歩いている時から?なんだろう、なんか俊敏っていうか(笑)。僕は調子が悪いとけっこう動きが鈍くなったりモタついたりしちゃうことがあるので、そういう部分を学んで活かしていけたらなと思いました」

ウチのブログでも、山本君の「ゆづリスペクト」発言はたくさん紹介していて、最近ですと「昨年の全日本」が印象的でした。

「歩いている時の俊敏さ」というと、カートを引きながらもあの大股の早歩きが印象的ですよね。ジスランやブライアンを気にせずにスタスタ行くんですが、あれが彼らの中で「ルーティン」ですからね。我々が心配する必要もないでしょう。

さあて、そろそろFaOIからメッセージが届くでしょうか?ネットの状況を見つつ、Lifeの続きのレビューも考えています。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. おの より:

    友野君の話ありがとうございます
    こちらの本はどうしようかと思っている所です
    友野君はもっと伸びる人と思っていますが…
    まだ大丈夫、色々大変だけど頑張って欲しい選手の1人です
    ジャンプが安定してくればなぁと
    コーチを変える事は出来ないのでしょうか?
    お金もかかるし難しいかな

    そう言えば唐突ですが、本郷理華さんが元気そうで安心しました
    今日やっとジュエルズ届きました
    かわいい羽生くんが沢山見れて幸せです
    まだまだお宝写真集が来るかと思うと、嬉しい悲鳴ですね

    • Jun より:

      おのさま

      まだ読めていないのですが、本郷さんのロングインタビューが収録されています。あとは、ジェイソンのインタもかなりのボリュームですので、機会があればご紹介する予定です。

      ジュエルズフォトブック到着、おめでとうございます。特に「狙った」部分もなく、安心してめくれる内容だと思いますね。

  2. るる より:

    Jun様
    記事のアップありがとうございます!!
    羽生君本人のインタ記事より他の人のゆづ語りを読む方がもっとスキかも・・・w
    他業界の方が褒めてくれるのもうれしいけど、実際目の当たりにしてる後輩君達の声、ホントにうれしいですね。

    • Jun より:

      るるさま

      スケート界(特に日本国内)は、いろんなしがらみがあるので、こういう発言はなかなか目に触れられないのですが、久々にスカっとする内容でした。

      友野君の今回の取材対応が、後輩たちにも確実に受け継がれていると思います。

  3. ととちゃん より:

    後輩選手達のインタを、惜しげもなく紹介して頂き、本当にありがとうございます!
    友野君の、ここまで長いコメントは、初めて読んだ気がします。リスペクトが溢れていて読んでいて本当に気持ちがいいです。こんな風に素直に言えるのも、資質のひとつなんじゃないかと。素直な選手って色々吸収出来るから、まだまだ伸びると思います。頑張って欲しいです。

    草太君の目の付け所もいいですね。そう言えば、羽生選手がダラダラ動いたり、姿勢が悪いところを見たことがないかも…。1分1秒の積み重ねが大事なんですね。
    後輩達のためには、羽生選手が全日本に出場する意味もあるのかなと思いました。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      友野君は今回のインタの中で「オリンピック」ということをはっきり口にしているんですよね。

      でも、駿君や鍵山君の台頭があり、「危機感」を感じているのだと思います。だからこそ、羽生さんについて語る部分が多かったように感じます。