マイブーム!(ただよび・現代文)

マイブーム!(ただよび・現代文)

今日はフィギュアスケートでもなく、将棋でもなく、完全な雑談です。

私自身は、大学受験を、英語・国語・世界史のみで乗り切ったド文系人間なんですけど、当時もっとも自信があったのは世界史、そこそこだったのは英語、苦手だったのは国語でした。特に、現代文については何が何だか分からず、フィーリングだけで解いていて、暗記量である程度戦える古文・漢文でカバーしていた記憶あります(古文・漢文もすっかり忘れましたが)。

ただよびのコンテンツの中では、森田鉄也先生の基礎英文法講座とTOEIC講座はすべて視聴しているんですが、7月4日に第1講がアップされた、宗慶二先生の現代文が、めちゃ面白いです。こんな凄い授業を高校生の頃に受けてたら、現代文が好きになってたかもしれない(得意になったかどうかは不明ですが)と、しみじみ感じます。

京大医学部に入学後、経済学部に編入。卒業後に、学習塾・予備校の講師になったという、異色の経歴の持ち主。コメント数と高評価の数を見ても、高校生、受験生、そして卒業生からも絶大な信頼を得ているのが分かります。

人生の楽しみがまた一つ増えました。読書好きな方、文章を書くことが好きな方にもオススメかなと思います。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. みつばち より:

    こんにちは お忙しい中、更新ありがとうございます

    私には姪が二人いるのですが、上は大規模な公立大で都市工学を学び、下は今年私立女子大で管理栄養学科に入学いたしました。

    ふたりともいまだにリモート授業なのですが、やはり規模の大きい大学のほうが準備、手順、設備が整っていて、これまでリモート授業を想定外にしてきた女子大の方は鯖落ちしたりして混乱しているそうです。

    予備校も大手で慣れてるところはもともとリモート対応ができてるところですよね。
    萬斎さんはじめ、伝統芸能の方たちも対応の素早い方、もたつく方、と様々ですよね。

    スポーツもこのままだとどうなるんでしょうか・・・・

    • Jun より:

      みつばちさま

      大学はいま基本的にオンライン講義で、8月まで授業があるようですね。

      受験生の方は、コロナで春頃は学校が休みだったにも関わらず、しかし入試の日は例年通りですから、本当に大変だと思います。

      私は、いわゆる「大人の学び直し」的な軽いノリで視聴していますが、この「ただよび」の動画で、受験生の皆さんも頑張ってもらいたいです。