謹賀新年

謹賀新年

お写真は、「web Sportiva」から、能登直さん撮影の1枚を拝借。

昨年来はたいへんお世話になりました。羽生さんのまさかの全日本出場からあの素晴らしい2本のプログラム、そして勝利・・・。あれから、あっという間に年越しという感じがします。

羽生さんの健康と充実という点で言えば、私自身もこんなに健やかな気持ちで年を越せたのは、ちょっと記憶にありません。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

各雑誌の発売予定が続々と出てきていますが、まずはマガジン(1月8日発売)ですね。きっと、山口真一さんは年末年始返上で、いまも作業に徹しておられることでしょう。

また、この忙しい中、報知の高木さん、共同の吉田さん、スポニチの小海途神を交えた(オンライン)座談会は、はたして実現したのでしょうか?まぁ、熱心な皆さんですから、やらないはずはありませんね・・・。

2021年の始まりを、まずはマガジンで祝おうと思っています。楽しみですね!

では、また明日!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 名無しの猫 より:

    新年明けましておめでとうございます。

    昨年も毎日のブログ更新ありがとうございました。
    今年もよろしくお願いします。

    全日本に出る??→いろいろ心配→新プロ??→感動!興奮!→幸せな年末。
    と、年の瀬をジェットコースターで過ごしました。

    あらゆる不利な条件をものともせず闘った羽生さんを応援して、心に灯った光と、
    生まれた感情を抱きしめ、進んでいきたいです(ちょっと大げさだけど本心です…)

    マガジンは楽しみですが、1月8日発売はどんなにか大変でしょう。
    最速号はマガジンに譲りましたが、通信も、いつも80頁くらいのところ、100頁のようで
    すね。Junさんのレビューも楽しみにしております。

    • Jun より:

      名無しの猫さま

      今年もどうぞよろしくお願いいたします。

      「辛くなったら、羽生結弦を思い出せ!」ですよね。

      時には、孤独感と無力感を感じながらも、それでも、技術と表現を磨き込むことに専心してきた。その結果が、あの2つのプログラムに結実しました。

      シットスピンの件で嫌がらせを受けても、「フリーで丁寧にやる」と気持ちを切り替えた。努力することの尊さと、クレバーに頭を切り替えることの大切さ。スケートだけでなく、彼のあらゆる行動と言動が、勇気と希望を間違いなく与えてくれましたよね。

      私も微力ながら日々を一生懸命生きたいと思っています。

  2. Sennin より:

    Junさん今年も宜しくお願いします。ブログ楽しみにしております。

    マガジン発売待っている私です。大変だと思いますが相変わらず熱意が伝わりますね?

    今月には「共に前へ」を観に行きたいです、コロナが恐ろしい人数になっているのでちょっと躊躇しなくもないですけど…。

    • Jun より:

      Senninさま

      本年もどうぞよろしくお願いします。

      マガジンは、実質、山口さんの「一人編集」状態ですから、大変かと思います。

      ただ、我々みんなが購入して、熟読して、ネットで自由に議論することで、その苦労も報われるかと思います。

      すべての仕事を終えてから、遅い正月を取ってリフレッシュしてほしいものですね。

  3. みつばち より:

    こんにちは 今年も更新ありがとうございます

    今年もよろしくお願いします。
    年末の全日本で雑誌社や新聞も一息ついていることでしょう
    特集の目玉が久しぶりにあるのですから。
    もちろんファンも、もしかするとスケ連も。

    事実を曲げて世間を甘く見てる人たちこそ鬼滅してくれますように。

    • Jun より:

      みつばちさま

      今年もどうぞよろしくお願いいたします。

      雑誌の発売予定は、私の把握している所では、マガジン、キスクラ、通信、FIGURE SKATERSの4誌ですね。すべて購入予定ですが、どのような写真を選んでくるのか注目です。

      鬼滅のコミックスの在庫が私の近所の書店でも戻ってきています。年末にようやく「外伝」も入手したんですが、予想以上に素晴らしい出来でした。

      外伝の作画を担当した平野稜二先生の絵は、原作の吾峠先生とほとんど違和感が無いですし、鬼滅のキャラの性格をとても研究して作られています。アマゾンの酷評レビューはまったくアテにならないですよ。あれは単なる嫉妬ですね。